藤田耕史

J-GLOBALへ         更新日: 17/12/18 09:38
 
アバター
研究者氏名
藤田耕史
URL
http://www.cryoscience.net/
所属
名古屋大学
部署
大学院環境学研究科 地球環境科学専攻
職名
准教授
学位
博士(理学)(名古屋大学)

プロフィール

ヒマラヤの氷河変動、アジアの山岳アイスコアを用いた古環境復元、南極内陸の積雪中の水安定同位体変化などに取り組んでいます。

18 Dec 2017 論文1本追加(Lamsal+TC)、ニュースレター追加(藤田JGL)、発表歴更新
24 Nov 2017 論文2本追加(Sakai+SR, Furukawa+JGR)、調査歴追加
21 Sep 2017 論文3本追加(Nagai+Geosci, Nuimura+QI, Ojha+QI)

研究分野

 
 

経歴

 
2007年4月
 - 
現在
名古屋大学 大学院環境学研究科 准教授
 
2002年11月
 - 
2004年3月
第44次 南極地域観測隊 ドームふじ越冬隊員
 
2001年4月
 - 
2007年3月
名古屋大学 大学院環境学研究科 助教授
 
1998年2月
 - 
2001年3月
名古屋大学 大気水圏科学研究所 助手
 

学歴

 
1992年4月
 - 
1998年1月
名古屋大学 大学院理学研究科 
 
1987年4月
 - 
1992年3月
京都大学 理学部 
 

受賞

 
2014年9月
日本雪氷学会 学術賞 アジアにおける氷河変動の実態解明研究
 
2007年9月
日本雪氷学会 論文賞(共同) Spatial distribution of thermal properties on debris-covered glaciers in the Himalayas derived from ASTER data
受賞者: 鈴木亮平, 藤田耕史, 上田豊
 
2002年10月
日本雪氷学会 平田賞 アジア高山域における氷河収支の特徴と気候変化への応答
 
1998年2月
第2回中谷宇吉郎科学奨励賞 チベット高原の寒冷氷河における上積氷の研究
 
1992年3月
第28回秩父宮記念学術賞 (共同)
 

論文

 
Sakai A, Fujita K
Scientific Reports   7(1) 13717   2017年10月   [査読有り]
Furukawa R, Uemura R, Fujita K, Sjolte J, Yoshimura K, Matoba S, Iizuka Y
Journal of Geophysical Research - Atmospheres   122(20) 10873-10887   2017年10月   [査読有り]
Nagai H, Ukita J, Narama C, Fujita K, Sakai A, Tadono T, Yamanokuchi T, Tomiyama N
Geosciences   7(3) 77   2017年9月   [査読有り]
Nuimura T, Fujita K, Sakai A
Quaternary International   455 93-101   2017年9月   [査読有り]
Ojha S, Fujita K, Sakai A, Nagai H, Lamsal D
Quaternary International   455 82-92   2017年9月   [査読有り]
Salerno F, Thakuri S, Tartari G, Nuimura T, Sunako S, Sakai A, Fujita K
Earth and Planetary Science Letters   471 19-31   2017年8月   [査読有り]
Fujita K, Inoue H, Izumi T, Yamaguchi S, Sadakane A, Sunako S, Nishimura K, Immerzeel WW, Shea JM, Kayastha RB, Sawagaki T, Breashears DF, Yagi H, Sakai A
Natural Hazards and Earth System Sciences   17(5) 749-764   2017年5月   [査読有り]
Dome Fuji Ice Core Project Members: Kawamura K, Abe-Ouchi A, Motoyama H, Ageta Y, Aoki S, Azuma N, Fujii Y, Fujita K, Fujita S, Fukui K, Furukawa T, Furusaki A, Goto-Azuma K, Greve R, Hirabayashi M, Hondoh T, Hori A, Horikawa S, Horiuchi K, Igarashi M, Iizuka Y, Kameda T, Kanda H, Kohno M, Kuramoto T, Matsushi Y, Miyahara M, Miyake T, Miyamoto A, Nagashima Y, Nakayama Y, Nakazawa T, Nakazawa F, Nishio F, Obinata I, Ohgaito R, Oka A, Okuno J, Okuyama J, Oyabu I, Parrenin F, Pattyn F, Saito F, Saito T, Saito T, Sakurai T, Sasa K, Seddik H, Shibata Y, Shinbori K, Suzuki K, Suzuki T, Takahashi A, Takahashi K, Takahashi S, Takata M, Tanaka Y, Uemura R, Watanabe G, Watanabe O, Yamasaki T, Yokoyama K, Yoshimori M, Yoshimoto T (64 authors)
Science Advances   3(2) e1600446   2017年2月   [査読有り]
Iizuka Y, Miyamoto A, Hori A, Matoba S, Furukawa R, Saito T, Fujita S, Hirabayashi M, Yamaguchi S, Fujita K, Takeuchi N (11 authors)
Arctic, Antarctic, and Alpine Research   49(1) 13-27   2017年2月   [査読有り]

Misc

 
Fujita K
Third Pole Environment Newsletter   11 3   2017年9月   [依頼有り]
藤田耕史
Japan Geoscience Letters   13(3) 1-3   2017年8月   [依頼有り]
藤田耕史, 坂井亜規子
Japanese Scientists in Science 2016   2016 15   2017年3月   [依頼有り]
雪氷研究大会(2016・名古屋)開催報告
実行委員会 (藤田耕史, 青木輝夫, 松田益義, 坂井亜規子, 本山秀明, 大畑哲夫, 高橋徹, 中村一樹, 三上正洋, 澤田結基, 西村浩一)
雪氷   79(1) 150-155   2017年1月
藤田耕史
Newsletter   11 6-7   2016年11月   [依頼有り]

書籍等出版物

 
Remote Sensing - An Introductory Textbook (The Remote Sensing Society of Japan eds.)
Fujita K (担当:分担執筆, 範囲:3.11 Glacier and glacial lakes, p52-54)
Maruzen Planet   2013年12月   ISBN:978-4-86345-185-8
図説地球環境の事典 (吉崎正憲, 野田彰, 他編)
藤田耕史 (担当:分担執筆, 範囲:8.11 氷河湖決壊洪水)
朝倉書店   2013年10月   ISBN:978-4-254-16059-8
水の環境学 (清水裕之, 檜山哲哉, 河村則行 編)
藤田耕史 (担当:共著, 範囲:ヒマラヤの氷河湖, p39)
名古屋大学出版会   2011年8月   ISBN:978-4-8158-0675-0
基礎からわかるリモートセンシング (日本リモートセンシング学会 編)
藤田耕史 (担当:共著, 範囲:3.11 氷河・氷河湖 p55-57)
理工図書   2011年6月   ISBN:978-4-8446-0779-3
宇宙から見た地形-日本と世界- (加藤碵一, 山口靖, 渡辺宏, 山崎晴雄, 汐川雄一, 薦田麻子 編)
藤田耕史 (担当:共著, 範囲:ヒマラヤの氷河湖-決壊洪水GLOFの爪痕 p32-35)
朝倉書店   2010年2月   ISBN:978-4-254-16347-6

講演・口頭発表等

 
In-situ measurement of mass balance on a debris-covered Trambau Glacier, Nepal Himalaya
Fujita K, Sunako S, Sakai A, Fukui K, Sugiyama S, Kayastha RB
American Geophysical Union Fall Meeting 2017   2017年12月15日   American Geophysical Union
Anomalous winter-snow-amplified earthquake-induced disaster of the 2015 Langtang avalanche in Nepal [招待有り]
Fujita K, Inoue H, Izumi T, Yamaguchi S, Sadakane A, Sunako S, Nishimura K, Immerzeel WW, Shea JM, Kayastha RB, Sawagaki T, Breashears DF, Yagi H, Sakai A
Third Pole Science Summit - TPE-CSTP-HKT Joint Conference   2017年7月12日   
Contrasting glacier responses to recent climate change in high-mountain Asia [招待有り]
Sakai A, Fujita K
Third Pole Science Summit - TPE-CSTP-HKT Joint Conference   2017年7月10日   
冬季の異常積雪によって増幅された2015年ランタン大なだれ災害
藤田耕史, 井上公, 泉岳樹, 山口悟, 貞兼綾子, 砂子宗次朗, 西村浩一, Immerzeel WW, Shea JM, Kayastha RB, 澤柿教伸, Breashears DB, 八木浩司,坂井亜規子
雪氷研究大会   2016年9月29日   
現地調査報告・ランタン村に何がおきたか? [招待有り]
藤田耕史
2015ランタン大なだれ復興支援シンポジウム   2016年1月10日   

競争的資金等の研究課題

 
基盤研究(A) アジア高山域における大型氷河の動態把握と変動メカニズムの解明
日本学術振興会: 科学研究費補助金
研究期間: 2014年4月 - 2018年3月    代表者: 藤田耕史
基盤研究(A) 地球規模環境変動が氷河生態系に及ぼす影響評価
日本学術振興会: 科学研究費補助金
研究期間: 2014年4月 - 2018年3月    代表者: 幸島司郎
基盤研究(S) 北極域における積雪汚染及び雪氷微生物が急激な温暖化に及ぼす影響評価に関する研究
日本学術振興会: 科学研究費補助金
研究期間: 2014年4月 - 2016年3月    代表者: 青木輝夫
基盤研究(A) 地球規模環境変動に対する氷河生態系の応答予測と影響評価
日本学術振興会: 科学研究費補助金
研究期間: 2010年4月 - 2014年3月    代表者: 幸島司郎
地球学から基礎・臨床環境学への展開
日本学術振興会: グローバルCOEプログラム
研究期間: 2009年 - 2014年3月    代表者: 安成哲三

委員歴

 
2012年4月
 - 
現在
国立極地研究所  氷床コア研究委員会
 
2011年4月
 - 
現在
海外学術調査総括班  海外調査専門委員会
 
2009年4月
 - 
現在
国立極地研究所  南極観測気水圏専門部会
 
2007年5月
 - 
現在
日本雪氷学会  電子情報委員会
 
2005年5月
 - 
現在
日本雪氷学会  雪氷編集委員会
 
2006年4月
 - 
2016年12月
水文水資源学会  編集出版委員会
 
2014年4月
 - 
2016年3月
北海道大学低温科学研究所  共同利用・共同研究拠点課題等審査委員会
 
2014年11月
 - 
2015年12月
International Glaciological Society  Editorial Board of Annals of Glaciology, 57(71)
 
2007年4月
 - 
2013年3月
日本学術会議  IGBP/WCRP合同分科会PAGES小委員会
 
2008年3月
 - 
2008年11月
International Glaciological Society  Editorial Board of Annals of Glaciology, 50(50)
 
2007年5月
 - 
2011年5月
日本雪氷学会  学術委員会
 
2007年4月
 - 
2010年3月
地球温暖化観測推進ワーキングループ
 
2007年4月
 - 
2009年3月
国立極地研究所  南極観測気水圏分科会
 
2007年4月
 - 
2009年3月
日本学術会議  IGBP/WCRP合同分科会CliC小委員会
 
2004年5月
 - 
2009年5月
日本雪氷学会  Bulletin of Glaciological Research編集委員会
 
1997年
 - 
1998年
日本雪氷学会  雪氷編集委員会
 

その他

 
On media
9 Jul 2013 Satellites Could Predict Hazards of Glacial Lake Outbursts on Science
http://news.sciencemag.org/sciencenow/2013/07/satellites-could-predict-hazards.html
26 Apr 2013 Pollen trapped in glaciers could reveal plant species as well as family on environmentalresearchweb
http://environmentalresearchweb.org/cws/article/news/53194
30 Nov 2009 Himalayan lake's flood threat overstated on environmentalresearchweb
http://environmentalresearchweb.org/cws/article/news/41125
Research trips 2011-
Oct-Nov 2017 Trakarding and Trambau Glaciers in Rolwaling, Nepal
Jul-Aug 2016 Ice-core drilling, Mt. Lenin, Kyrgyzstan
May-Jun 2016 Trakarding and Trambau Glaciers in Rolwaling, Nepal
Oct-Nov 2015 Langtang Valley, Nepal
Sep-Oct 2014 Gangjula Glacier, Bhutan
Apr-Jun 2014 Greenland Ice Sheet
Sep-Oct 2013 Gangjula Glacier, Bhutan
Sep-Oct 2012 Gangjula Glacier, Bhutan
Apr-May 2012 Glaciers in Langtang, Nepal
Sep-Oct 2011 Glaciers in Lunana, Bhutan
Paper reviews 2011-
2016: Journal of Geophysical Research – Atmospheres, Scientific Reports, The Cryosphere, Nature Geoscience, Frontiers in Earth Science – Cryospheric Sciences
2015: Geografia Fisica e Dinamica Quaternaria, Journal of Geophysical Research – Atmospheres
2014: Journal of Geophysical Research – Atmospheres, The Cryosphere, Remote Sensing of Environment, Journal of Glaciology, Advances in Water Resources, Journal of Glaciology, Nature Climate Change
2013: Environmental Research Letters, Hydrological Research Letters, Geografiska Annaler: Series A, Natural Hazards, Journal of Glaciology, Annals of Glaciology, Annals of Glaciology, The Cryosphere, Journal of Geophysical Research – Atmospheres, Geophysical Research Letters, Quaternary International
2012: Journal of Hydrology, Journal of Glaciology, Global and Planetary Change, Environmental Research Letters, The Cryosphere, Science of the Total Environment, Journal of Geophysical Research – Atmospheres, Earth and Planetary Science Letters
2011: Mountain Research and Development, Hydrological Processes, Water Resources Management, Natural Hazards, Global and Planetary Change, Geomorphology, Nature, Advances in Water Resources
Grant application reviews 2011-
2015: European Research Council
2013: Netherlands Organization for Scientific Research, The Italian Programma Nazionale di Ricerche in Antartide
2012: Netherlands Organisation for Scientific Research (Vernieuwingsimpuls, Innovational Research Incentives Scheme), Austrian Science Fund
2011: The Danish Council for Independent Research | Natural Sciences, The Swiss National Science Foundation
博士学位審査歴 2011-
2017年3月 主査 Sunal OJHA 名古屋大学・大学院環境学研究科・地球環境科学専攻
2016年7月 副査 庭野匡思 名古屋大学・大学院環境学研究科・地球環境科学専攻
2015年4月 主査 保科優 名古屋大学・大学院環境学研究科・地球環境科学専攻
2014年11月 副査 Silvan RAGETTLI スイス連邦工科大学・環境工学研究所
2014年4月 主査 永井裕人 名古屋大学・大学院環境学研究科・地球環境科学専攻
2013年9月 副査 Chenxi Xu 名古屋大学・大学院環境学研究科・地球環境科学専攻
2012年3月 主査 岡本祥子 名古屋大学・大学院環境学研究科・地球環境科学専攻
2011年3月 主査 縫村崇行 名古屋大学・大学院環境学研究科・地球環境科学専攻
Research trips 2001-2010
Oct-Nov 2010 Trakarding and Trambau Glaciers in Rolwaling, Nepal
Apr-May 2010 Rikha Samba Glacier, Hidden Valley, Nepal
Oct-Nov 2009 Yala Glacier in Langtang, Nepal
Aug 2009 Fedchenko Glacier, Pamir, Tajikistan
Nov 2008 Glaciers in Tibetan Himalaya
Oct 2008 Glaciers in Shorong, Nepal
Sep-Oct 2008 Glaciers in Langtang, Nepal
Oct-Nov 2007 Glaciers in Khumbu, Nepal
Aug-Sep 2007 Gregoriev Glacier in Tien Shan, Kyrgyzstan
Aug 2006 Gregoriev Glacier in Tien Shan, Kyrgyzstan
Jun-Jul 2005 Qiyi Glacier, Qilian, China
Sep-Oct 2004 Glaciers in Lunana, Bhutan
Jul 2004 Qiyi Glacier, Qilian, China
Nov 2002 - Apr 2004 JARE44, Overwintering at Dome Fuji, Antarctica
Jul 2002 Belkuha Glacier, Altai, Russia
Jun 2002 Qiyi Glacier, Qilian, China
Mar-Apr 2002 Imja Glacial Lake, Khumbu, Nepal
Jul 2001 Belkuha Glacier, Altai, Russia
Paper reviews 2001-2010
2010: Journal of Glaciology, Global and Planetary Change, 南極資料, Journal of Hydrology, Annals of Glaciology, 雪氷, Hydrological Processes, IPCC Special Report on Managing the Risks of Extreme Events and Disasters to Advance Climate Change Adaptation (SREX)
2009: Journal of Asian Earth Sciences, Nature, Climate Dynamics, Journal of Glaciology, Environmental Research Letters, Global and Planetary Change, Climate of the Past
2008: Remote Sensing of Environment, Journal of Geophysical Research, Journal of Glaciology, Annals of Glaciology, IEEE Transactions on Geoscience and Remote Sensing
2007: International Journal of Climatology, Journal of Glaciology
2005: Annals of Glaciology
2004: Bulletin of Glaciological Research
2002: Journal of the Meteorological Society of Japan, 地学雑誌
2001: Journal of Geophysical Research
博士学位審査歴 2005-2010
2010年9月 主査 張勇 名古屋大学・大学院環境学研究科・地球環境科学専攻
2010年6月 副査 Evgeniy A. Podolskiy 名古屋大学・大学院環境学研究科・地球環境科学専攻
2009年11月 副査 山岸孝輝 東京大学・大学院理学系研究科・地球惑星科学専攻
2008年3月 主査 松田好弘 名古屋大学・大学院環境学研究科・地球環境科学専攻
2007年3月 主査 秋山知宏 名古屋大学・大学院環境学研究科・地球環境科学専攻
2007年3月 副査 鈴木亮平 名古屋大学・大学院環境学研究科・地球環境科学専攻
2007年3月 副査 鈴木香寿恵 総合研究大学院大学・複合科学研究科・極域科学専攻
2005年3月 主査 中澤文男 名古屋大学・大学院理学研究科・大気水圏科学専攻
Research trips 1992-2000
Jul-Aug 2000 West Kunlun, Tibet
Sep-Nov 1999 Rikha Samba Glacier in Hidden Valley, & Glacier AX010 in Shorong, Nepal
Sep-Nov 1998 Rikha Samba Glacier in Hidden Valley, & Glacier AX010 in Shorong, Nepal
Oct-Nov 1997 Glacier AX010 in in Shorong, Nepal
Apr-Nov 1996 Glaciers in Langtang, Nepal
Sep-Nov 1995 Glaciers in Shorong & Khumbu, Nepal
Apr-May 1995 Glaciers in Rolwaling & Shorong, Nepal
Sep-Nov 1994 Rikha Samba Glacier in Hidden Valley, Nepal
May-Aug 1994 Glaciers in Tanggula, Tibet & Glacier in Langtang, Nepal
Aug-Oct 1993 Glaciers in Tanggula, Tibet
Apr-May 1992 Glaciers in Tanggula, Tibet
Sep-Oct 1992 Glaciers in Tanggula, Tibet