基本情報

所属
国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 遺伝資源センター 上級研究員
学位
博士(農学)(岩手大学)

J-GLOBAL ID
200901000193208132

生物遺伝資源の長期保存技術開発とそれを可能にする基盤機構の解明に取り組んでいます。また、ガラス化メカニズムを利用して超低温保存から乾燥保存まで幅広く挑戦しています。超低温保存は一見単純そうですが、確実な保存技術開発をするためには論理的に設計を行う必要があります。共同研究による技術開発のご要望があれば、いつでもご連絡ください。

Cryopreservation Conference:
ガラス化に関する研究者コミュニティを毎年オーガナイズしています。
保存技術を求めている研究者やバイオバンク関係者の方々にご参加頂ければ幸いです。
https://ibbp.nibb.ac.jp/cryoconf2019/
https://ibbp.nibb.ac.jp/cryoconf2018/

第64回低温生物工学会大会:
http://square.umin.ac.jp/jscc/jp/activities/seminar/64.html
大会長:田中大介

タイで開催された「ジーンバンクにおける植物遺伝資源保存と利用の技術に関する二国間セミナー」
http://www.naro.affrc.go.jp/project/research_activities/laboratory/ngrc/077369.html

論文

  42

書籍等出版物

  8

共同研究・競争的資金等の研究課題

  7

産業財産権

  3