久米出

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/12 16:50
 
アバター
研究者氏名
久米出
所属
奈良先端科学技術大学院大学
科研費研究者番号
10301285

プロフィール

出身:
愛知県出身

所属:
奈良先端科学技術大学院大学

研究分野:
ソフトウェア工学、プログラム理解、トレース解析、動的解析、デバッグ支援、ソフトウェア工学教育、オブジェクト指向ソフトウェア開発、Feature Interactions

研究分野

 
 

論文

 
Java デバッガによる式の監視機能の必要性と実現に関して
久米出、新田直也、柴山 悦哉、中村 匡秀
ウィンターワークショップ2019・イン・福島飯坂      2019年1月   [査読有り]
Revealing Implicit Correspondence between Bytecode Instructions and Expressions Determined by Java Compilers
Izuru Kume, Masahide Nakamura, Naoya Nitta
25th Australasian Software Engineering Conference (ASWEC) and Australasian Software Week (ASW)      2018年11月   [査読有り]
A Graph Partitioning Approach for Efficient Dependency Analysis using a Graph Database System
Kazuma Kusu, Izuru Kume, Kenji Hatano
International Journal on Advances in Networks and Services   10(3&4) 82-91   2017年12月   [査読有り]
デバッグ作業者の内面分析支援を目的とした障害発生過程の実体化手法
久米出、中村 匡秀、新田 直也、柴山 悦哉
日本ソフトウェア科学会大会 第34回大会 予稿集      2017年9月
Analyzing execution traces of failed programs for materializing chain of infection
久米出、中村匡秀、新田直也
2nd International Conference on Big Data, Cloud Computing, and Data Science Engineering (BCD 2017)      2017年7月   [査読有り]
A Node Access Frequency based Graph Partitioning Technique for Efficient Dynamic Dependency Analysis
Kazuma Kusu, Izuru Kume, Kenji Hatano
The Ninth International Conferences on Advances in Multimedia (MMEDIA 2017)   73-78   2017年4月   [査読有り]
プログラムの動的解析効率化のための参照頻度を考慮したグラフ属性分割格納法
楠 和馬、久米出、波多野 賢治
第9回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (第15回日本データベース学会年次大会)      2017年3月
A Trace Partitioning Approach for Memory Efficiency on a Trace Analysis Environment
Kazuma Kusu, Izuru Kume, Kenji Hatano
4th International Conference on Applied Computing & Information Technology (ACIT 2016)      2016年12月   [査読有り]
デバッグ支援を目的とした大域的動的依存性解析の効率化
楠 和馬、久米出、波多野 賢治
FIT2016 情報科学技術フォーラム 講演論文集第 1 分冊, B-017      2016年9月
デバッグ時の診断作業の質的な分析に向けた事例研究
久米出、中村 匡秀、田中 康之、新田 直也、柴山 悦哉
日本ソフトウェア科学会第 33 回大会, FOSE3-2      2016年9月
Evaluation of diagnosis support methods in program debugging by trace analysis: An exploratory study
Izuru Kume, Masahide Nakamura, Yasuyuki Tanaka, Etsuya Shibayama
15th IEEE/ACIS International Conference on Computer and Information Science   1-6   2016年6月   [査読有り]
グラフ処理を用いたトレース解析システムの構築
楠 和馬、久米出、波多野 賢治
2016 年度電子情報通信学会総合大会, D-3-3      2016年3月
逆回しデバッグ支援の個別化に向けて
久米出, 中村匡秀, 波多野賢治, 柴山悦哉
日本ソフトウェア科学会第32 回大会(2015 年度) 講演論文集      2015年9月
久米出, 中村 匡秀、 新田 直也、柴山 悦哉
International Journal of Software Innovation (IJSI)   3(3) 26-40   2015年9月   [査読有り]
オブジェクト指向プログラム固有なデバッグの困難性を克服する Back-in-Time デバッガの実現に向けて
久米出, 波多野賢治, 中村匡秀, 柴山悦哉
情報処理学会研究報告   205-SE-187(37)    2015年3月
作業者の知識を効率的に活用する全知デバッガの設計
久米出, 中村匡秀, 波多野賢治, 柴山悦哉
ウィンターワークショップ2015・イン・宜野湾      2015年1月
Toward A Dynamic Analysis Technique to Locate Framework Misuses That Cause Unexpected Side Effects
久米出, 中村匡秀、新田直也、柴山悦哉
15th IEEE/ACIS International Conference on Software Engineering, Artificial Intelligence, Networking and Parallel/Distributed Computing (SNPD 2014)      2014年7月   [査読有り]
Naoya Nitta, Izuru Kume, Yasuhiro Takemura
European Conference on Object-Oriented Programming (ECOOP)      2014年7月   [査読有り]
Izuru Kume, Naoya Nitta, Masahide Nakamura, Etsuya Shibayama
ACM Symposium on Applied Computing (SAC)   1176-1178   2014年3月   [査読有り]
フレームワーク・アプリケーションに於ける予期せぬ副作用の効率的なデバッグに向けて
久米出, 新田直也、中村匡秀、柴山悦哉
ソフトウェアサイエンス研究会(SS)      2014年3月
フレームワーク誤用による副作用の可視化手法
久米出、中村匡秀、新田直也、柴山悦哉
ウィンターワークショップ2014・イン・大洗      2014年1月
Naoya Nitta, Izuru Kume and Yasuhiro Takemura
Asia-PasificSoftware Engineering Conference (APSEC)   517-522   2013年12月   [査読有り]
フレームワークアプリケーションに於ける副作用の兆候を抽出する動的解析手法
久米出、新田直也、中村匡秀、柴山悦哉
第182回ソフトウェア工学研究発表会      2013年10月
Izuru Kume, Masahide Nakamura, Naoya Nitta, and Etsuya Shibayama
14th IEEE/ACIS International Conference on Software Engineering, Artificial Intelligence, Networking and Parallel/Distributed Computing (SNPD 2013)   511-516   2013年7月   [査読有り]
フレームワークアプリケーションの抽象化のための動的解析手法
久米出、中村匡秀、新田直也、柴山悦哉
第179回ソフトウェア工学研究発表会      2013年3月
動的解析によるフレームワーク学習に向けて
久米出、中村匡秀、新田直也、柴山悦哉
ウィンターワークショップ2013・イン・那須      2013年1月   [査読有り]
TOWARD UNDERSTANDING SIDE EFFECTS IN FRAMEWORK APPLICATIONS
Izuru Kume, Masahide Nakamura, Etsuya Shibayama
International Conference on Software Technology and Engineering      2012年9月   [査読有り]
フレームワークアプリケーションの副作用の特徴付け手法
久米出、中村匡秀、柴山悦哉
第177回情報処理学会ソフトウェア工学研究会      2012年7月
トレース解析手法を利用した逸脱コードの特定
久米出、柴山悦哉
第175回情報処理学会ソフトウェア工学研究会      2012年3月
イベント駆動プログラム理解のための動的解析手法
久米、柴山悦哉
ウィンターワークショップ2012・イン・琵琶湖      2012年1月
Izuru Kume, Masahide Nakamura, and Etsuya Shibayama
The 19th Asia-Pacific Software Engineering Conference (APSEC 2012)      2012年   [査読有り]
Naoya Nitta, Yasuhito Takemura, Izuru Kume
The 39th Annual Frontiers in Education (FIE) Conference      2009年10月   [査読有り]
A Conceptual Model for Comprehension of Object-Oriented Interactive Systems
Izuru Kume, Etsuya Shibayama
The 21st International Conference on Software Engineering and Knowledge Engineering      2009年7月   [査読有り]
Izuru Kume, Etsuya Shibayama
10th International Conference on Feature Interactions      2009年6月   [査読有り]
A Method for Creating Teaching Materials of Practical Object-Oriented Methods Education
Izuru Kume, Naoya Nitta, Yasuhiro Takemura
International Conference on Computers in Education (ICCE2006)      2006年11月   [査読有り]

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2015年 - 2017年    代表者: 久米 出
デバッグ支援を目的とした熟練技術者の作業ノウハウの知識化に関する研究
一般財団法人人工知能研究振興財団: 研究助成
研究期間: 2015年4月 - 2017年3月    代表者: 久米出
ブレイクポイントを必要としない実用的な全知デバッガとその利用技法の開発
公益財団法人栢森情報科学振興財団: 情報科学に関する研究
研究期間: 2014年12月 - 2016年11月    代表者: 久米出
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2011年 - 2013年    代表者: 久米出
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 1999年 - 2001年    代表者: 西田豊明, 武田英明
本研究ではネットワークにおけるコミュニケーション支援のための知識ライフサイクルを実現するために「メディアとしての知識」という概念を提起した.ここでは知識は個別の人や計算機(エージェント)の内部にあるのではなく,コミュニケーションを可能としているものが知識であるという概念である.このように考えるとき知識は閉じたものではなく開いたものになり,個々の人や計算機の内部でなくそれらの中間にあることになる.メディアとしての知識を再定義することで,本研究の各研究は体系的に位置付けられる.すなわち,オント...