基本情報

所属
国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 野菜花き研究部門 野菜育種・ゲノム研究領域 ゲノム解析U 任期付研究員

J-GLOBAL ID
201601013105520059

学生時代には栽培イネや野生イネを用いて、倍数性や種の異なる交雑によって生じる胚乳の発生異常の解析を行ってきました。ポスドクではダイズを用いて、収量や種子成分等の多くの遺伝子によって制御されている形質を効率的に改良するための選抜方法の開発、実証試験を行いました。今年度から野菜研究に移り、タマネギの育種効率化に向けた「ゲノム情報を活用した選抜技術の開発」を行います。また、タマネギは播種から開花、結実まで2年かかることが育種の律速になっているため、「世代促進栽培法の開発」にも取り組みます。

受賞

  1

論文

  3