共同研究・競争的資金等の研究課題

2014年4月 - 2017年3月

電磁波加熱と加水によるベントナイト材料の接合可能性

日本学術振興会  科学研究費助成事業 挑戦的萌芽研究
  • 小峯 秀雄
  • ,
  • 小栗 光
  • ,
  • 谷野 由宗
  • ,
  • 石川 麻衣
  • ,
  • 伊藤 大知

課題番号
26630217
配分額
(総額)
4,030,000円
(直接経費)
3,100,000円
(間接経費)
930,000円

高レベル放射性廃棄物の地層処分施設で用いられるブロック型ベントナイト緩衝材は,単体では非常に低い透水性を有しているが,処分孔を充填するには,多数のベントナイトブロックを積み上げて施工しなければならない.この場合,単体としての遮水性は十分であるものの,ブロック間の隙間部分における遮水性能が懸念事項として挙げられている.本研究では,この懸念事項の解決を目指して,若干の水分添加と電磁波照射により生じる「電磁波加熱」を活用したベントナイトブロック間の接合技術の可能性を実験的に追求した.その結果,一定の条件において,ベントナイトブロックの接合できることを確認することができた.

リンク情報
URL
https://kaken.nii.ac.jp/file/KAKENHI-PROJECT-26630217/26630217seika.pdf