MISC

2020年

明治・大正期における「家産制度」論 : 臨時法制審議会の議論を中心に

法学政治学論究 : 法律・政治・社会
  • 白石 大輝

124
開始ページ
281
終了ページ
314
記述言語
日本語
掲載種別
出版者・発行元
慶應義塾大学大学院法学研究科内『法学政治学論究』刊行会

はじめに 一 臨時法制審議会以前の動向 (一) 明治時代以降の「家」の財産の扱い (二) 穂積八束と奥田義人の家産論 (三) 華族世襲財産法改正議論における家産論二 臨時法制審議会と「家産制度」に対する法学者・経済学者の意見 (一) 法学者の意見 (二) 経済学者の意見三 穂積重遠・中島玉吉の意見と会議の経過 (一) 穂積重遠の意見 (二) 中島玉吉の意見 (三) 会議における議論おわりに

リンク情報
CiNii Articles
http://ci.nii.ac.jp/naid/120006847477
CiNii Books
http://ci.nii.ac.jp/ncid/AN10086101
URL
http://id.ndl.go.jp/bib/030333103
URL
https://koara.lib.keio.ac.jp/xoonips/modules/xoonips/detail.php?koara_id=AN10086101-20200315-0281
ID情報
  • ISSN : 0916-278X
  • CiNii Articles ID : 120006847477
  • CiNii Books ID : AN10086101

エクスポート
BibTeX RIS