辻 大樹

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/28 12:43
 
アバター
研究者氏名
辻 大樹
 
ツジ ダイキ
eメール
d-tsujiu-shizuoka-ken.ac.jp
URL
http://w3pharm.u-shizuoka-ken.ac.jp/clinphar/
所属
静岡県立大学
部署
薬学部
職名
講師
学位
博士(薬学)(静岡県立大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
静岡県立大学 薬学部 臨床薬効解析学分野 講師
 
2009年8月
 - 
2017年3月
静岡県立大学 薬学部 臨床薬効解析学分野 助教
 
2005年4月
 - 
2009年7月
社会福祉法人聖隷浜松病院薬剤部 係長
 
2004年4月
 - 
2005年3月
社会福祉法人聖隷淡路病院 薬剤科
 
2000年4月
 - 
2004年3月
社会福祉法人聖隷浜松病院 薬剤部
 

学歴

 
2000年3月
   
 
明治薬科大学 大学院 臨床薬学専攻博士前期課程  
 
1998年3月
   
 
明治薬科大学 薬学部  
 

受賞

 
2018年10月
第56回日本癌治療学会 優秀演題賞【共同演者・指導教員】
 
2017年10月
第55回日本癌治療学会 優秀演題賞【共同演者・指導教員】
 
2016年11月
第54回日本癌治療学会 優秀演題賞【共同演者・指導教員】
 
2013年9月
第1回 江口記念がん優秀論文賞
 

論文

 
Economic analysis of palonosetron versus granisetron in the standard triplet regimen for preventing chemotherapy-induced nausea and vomiting in patients receiving highly emetogenic chemotherapy in Japan (TRIPLE phase III trial)
Shimizu H, Suzuki K, Uchikura T, Tsuji D, Yamanaka T, Hashimoto T, Goto K, Matsui R, Seki N, Shimada T, Ikeda S, Ikegami N, Hama T, Yamamoto N, Sasaki T.
J Pharm Health Care Sci. in press      2018年   [査読有り]
Risk factors associated with chemotherapy-induced nausea and vomiting in the triplet antiemetic regimen including palonosetron or granisetron for cisplatin-based chemotherapy: analysis of a randomized, double-blind controlled trial
Tsuji D, Suzuki K, Kawasaki Y, Goto K, Matsui R, Seki N, Hashimoto H, Hama T, Yamanaka T, Yamamoto N, Itoh K.
Support Care Cancer doi: 10.1007/s00520-018-4403-y      2018年   [査読有り]
Genetic risk factors for chemotherapy-induced nausea and vomiting in patients with cancer receiving cisplatin-based chemotherapy
Support Care Cancer   26 1505-1513   2018年   [査読有り]
Hirai K, Shirai T, Suzuki M, Akamatsu T, Suzuki T, Hayashi I, Yamamoto A, Akita T, Morita S, Asada K, Tsuji D, Inoue K, Itoh K.
Clin Exp Allergy   47 1374-1382   2017年   [査読有り]
Influence of ABCB1 and ABCG2 polymorphisms on the antiemetic efficacy in patients with cancer receiving cisplatin-based chemotherapy: a TRIPLE pharmacogenomics study
Tsuji D, Yokoi M, Suzuki K, Daimon T, Nakao M, Ayuhara H, Kogure Y, Shibata K, Hayashi T, Hirai K, Inoue K, Hama T, Takeda K, Nishio M, Itoh K.
Pharmacogenomics J.   17 435-440   2017年   [査読有り]

Misc

 
薬物療法問題集 コモンな50疾患・150題で実力がつく!: 前立腺癌
山本 圭祐,辻 大樹
月刊薬事      2018年
薬物療法問題集 コモンな50疾患・150題で実力がつく!: 肺がん(腺がん)
辻 大樹
月刊薬事      2018年
実務実習をより良くするために 静岡県立大学薬学部・薬学教育研究センターの役割
井上 和幸、辻 大樹、平井 啓太、宮嵜 靖則、内野 智信、川崎 洋平、山田 浩、賀川 義之、伊藤 邦彦
医薬ジャーナル   52 129-131   2016年
遠隔転移を有する膵癌に対する一次治療:ナブパクリタキセルの位置づけは?
辻 大樹
ファルマシア   50 819   2014年

講演・口頭発表等

 
がん化学療法における支持療法の個別化(シンポジウム6 【がん化学療法の個別化医療に向けた薬剤師の挑戦】)
辻 大樹
医療薬学フォーラム2018/第26回クリニカルファーマシーシンポジウム   2018年6月23日   
悪心・嘔吐対策の個別化(シンポジウム2【薬剤師が拓く支持療法個別化への道 〜高質安全ながん化学療法のために、薬剤師ができること〜】)
辻 大樹、清水 久範、鈴木 賢一
第27回日本医療薬学会年会   2017年11月3日   
臨床研究に基づいた制吐療法のエビデンス作り. (シンポジウム6【支持療法のサイエンス〜基礎から臨床まで〜】)
辻 大樹
医療薬学フォーラム2016/第24回クリニカルファーマシーシンポジウム   2016年6月25日   
遺伝子多型情報を活用した有害反応発現のリスク因子解析. 薬剤部との連携による臨床研究の実践‐(シンポジウム【がん化学療法に伴う有害事象の発現メカニズムと対処法 ~薬剤師による 臨床的・基礎薬学的な研究アプローチ~】)
辻 大樹、塩川 満、鈴木 賢一、伊藤 邦彦
第25回日本医療薬学会年会   2015年11月22日   
臨床試験論文の探し方・読み方・使い方. (教育講演3)
辻 大樹
第47回東海薬剤師学術大会   2014年11月30日   

競争的資金等の研究課題

 
細胞外マトリックスCSPG4を分子標的としたがん治療戦略の構築
日本学術振興会: 科学研究費補助金(基盤研究(C))分担
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 伊藤 邦彦
個別化制吐療法の実現に向けた遺伝子多型解析を伴う多施設共同臨 床試験
日本学術振興会: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2014年4月 - 2016年3月    代表者: 辻 大樹
遺伝子多型情報に基づく個別化制吐療法の確立
日本学術振興会: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2012年4月 - 2014年3月    代表者: 辻 大樹