大山大樹

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/24 23:59
 
アバター
研究者氏名
大山大樹
所属
大阪市立大学
部署
都市文化研究センター
学位
博士(文学)(大阪市立大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2018年10月
 - 
現在
大阪産業大学 非常勤講師(ワークショップ)
 
2018年4月
 - 
現在
大阪府立大学 非常勤講師(フランス語)
 
2017年4月
 - 
現在
大阪市立大学 非常勤講師(フランス語)
 
2017年4月
 - 
現在
佛教大学 非常勤講師(フランス語)
 
2017年4月
 - 
現在
京都教育大学 非常勤講師(フランス語)
 
2017年4月
 - 
2018年3月
和歌山工業高等専門学校 非常勤講師(フランス語)
 
2015年4月
 - 
現在
大阪市立大学都市文化研究センター 研究員
 
2017年7月
 - 
2017年7月
大阪市立大学商学部 非常勤講師(日本語)
 
2016年7月
 - 
2016年7月
大阪市立大学商学部 非常勤講師(日本語)
 
2015年7月
 - 
2015年7月
大阪市立大学商学部 非常勤講師(日本語)
 

学歴

 
2012年4月
 - 
2017年3月
大阪市立大学大学院 文学研究科 言語文化学専攻(フランス語圏言語文化学領域)後期博士課程
 
2009年4月
 - 
2011年3月
大阪市立大学大学院 文学研究科 言語文化学専攻(フランス語フランス文学専修)前期博士課程
 
2004年4月
 - 
2008年3月
大阪市立大学 文学部 言語文化学科(フランス語フランス文学コース)
 

受賞

 
2017年3月
大阪市立大学文学部文学研究科教育促進支援機構 研究奨励賞
 
2016年3月
大阪市立大学文学部文学研究科教育促進支援機構 研究奨励賞
 
2012年3月
大阪市立大学文学部文学研究科教育促進支援機構 優秀修士論文賞
 

論文

 
大山大樹
都市文化研究(大阪市立大学大学院文学研究科都市文化研究センター)   20 31-41   2018年3月   [査読有り]
グループワークにおける参加と不参加の繰り返しによるリフレクションの生成
大山大樹
Мовні і концептуальні картини світу(Київський національний університет імені Тараса Шевченка)   60 164-169   2017年5月   [査読有り]
大山大樹
大学教育(大阪市立大学大学教育センター)   14(2) 1-11   2017年4月   [査読有り]
大山大樹
都市文化研究(大阪市立大学大学院文学研究科都市文化研究センター)   19: 15-26   2017年3月   [査読有り]
グループワークにおいて発言の順番を待っている学習者のふりかえりの実際――日本語会話クラスの相互行為分析から――
大山大樹
Мовні і концептуальні картини світу(Київський національний університет імені Тараса Шевченка)   58: 133-138   2016年6月   [査読有り]

講演・口頭発表等

 
不参加の機会を利用してリフレクションを促すグループワーク――発音練習への導入の試み――
大山大樹
大阪市立大学大学院文学研究科大学院研究フォーラム   2018年11月23日   
《他者》をむかえいれる/つくりだす
福島祥行・中條健志・大山大樹
第32回関西フランス語教育研究会   2018年3月27日   
グループワーク中にリフレクションを促す「書き込まれたもの」 ――フランス語初級クラスの相互行為分析――
大山大樹
大阪市立大学フランス文学会   2017年12月17日   
「アクティブ」とは何か?――理論と実践――
福島祥行・中條健志・有田豊・大山大樹
第31回関西フランス語教育研究会   2017年3月27日   
グループワークにおける参加と不参加の繰り返しによるリフレクションの生成
大山大樹
第9回全ウクライナ国際公開シンポジウム   2017年3月17日   
学びの瞬間発見――フランス語初級クラスの相互行為分析から――
大山大樹
大阪市立大学文学部・文学研究科 Open Faculty 2016 「文学部の逆襲 漂流する現代を生きのびるためのガクモン」   2016年11月   
グループワークにおける学習者から教師への質問――フランス語初級クラスの相互行為分析から――
大山大樹
大阪市立大学フランス文学会   2016年6月5日   
グループワークにおける協働の開始と教師の介入――フランス語初級クラスの相互行為分析から――
大山大樹
日本フランス語教育学会春季大会   2016年5月28日   
グループワークにおいて発言の順番を待っている学習者は何をしているのか――日本語会話クラスの相互行為分析から――
大山大樹
第8回全ウクライナ国際公開シンポジウム   2016年3月18日   
地域防災劇の上演にかんする協働学習研究の知見の応用について
大山大樹・福島祥行
第12回三大学連携事業「いのち・くらし・まちを守る力―日常からつながる自助・共助のしくみ―」   2015年10月17日   
グループワークにおける教え手の「介入」の協働的生成
大山大樹
大阪市立大学フランス文学会   2015年9月27日   
グループワークにおける学習者たちのふるまい
大山大樹
日本フランス語教育学会春季大会   2015年5月30日   
グループ・ワークにおける「書く」の協働的達成
大山大樹
大阪市立大学フランス文学会   2015年3月28日   
日本語学習場面における学習者たちの「わからない言葉を調べない」ふるまいに対する積極的な評価
大山大樹
第6回全ウクライナ国際公開シンポジウム   2014年3月21日   
Ethnomethodological Studies in Japanese Language Learning Process
Daiki OYAMA
Ukraine and the World ―Dialogue of Languages and Cultures―   2013年4月3日   
日本語学習の修正場面における「会話」の協働的達成
大山大樹
第5回全ウクライナ国際公開シンポジウム   2013年3月22日   
フランス語が学ばれる瞬間――相互行為のミクロ分析の結果から――
大山大樹・福島祥行
第25回獨協大学フランス語教授法研究会   2011年12月11日   
Interaction Analysis of Yuko's Understanding
Daiki OYAMA
大阪市立大学   2011年9月20日   

Misc

 
不参加の機会を利用してリフレクションを促すグループワーク――発音練習への導入の試み――
大山大樹
大阪市立大学大学院文学研究科 大学院研究フォーラム   20-21   2018年11月
《他者》をむかえいれる/つくりだす
福島祥行・中條健志・大山大樹
RENCONTRES   32 50-54   2018年7月
「アクティブ」とは何か?――理論と実践――
福島祥行・中條健志・有田豊・大山大樹
RENCONTRES   31 21-25   2017年7月
グループワークにおける音声発話していない学習者の学びのありよう――フランス語初習者クラスの相互行為分析から――
大山大樹
Revue japonaise de didactique du français   11 130-139   2016年9月
ウクライナでの業務を終えて
大山大樹
国際交流基金日本語専門家活動報告会      2015年7月
日本語教育の現場から ~イベント開催報告~
大山大樹
ウクライナ日本センター(UAJC)ニュースレター   5(2) 9-10   2014年6月
フランス語が学ばれる瞬間――相互行為のミクロ分析の結果から――
大山大樹・福島祥行
第25回獨協大学フランス語教授法研究会報告(獨協大学外国語学部フランス語学科)   38-40   2012年3月

担当経験のある科目

 
 
  • フランス語 (大阪市立大学, 京都教育大学, 佛教大学, 和歌山工業高等専門学校)
  • 日本語 (Chatham Primary School, Koonung Secondary College, 大阪市立大学, キエフ国立言語大学)