赤松 大輔

J-GLOBALへ         更新日: 18/09/18 01:16
 
アバター
研究者氏名
赤松 大輔
 
アカマツ ダイスケ
eメール
akamatsu.daisukei.mbox.nagoya-u.ac.jp
URL
https://www.researchgate.net/profile/Daisuke_Akamatsu
所属
名古屋大学
部署
大学院教育発達科学研究科
学位
修士(教育学)(京都教育大学)

研究分野

 
 

学歴

 
2017年4月
 - 
現在
名古屋大学大学院 教育発達科学研究科 博士課程後期課程  
 
2014年4月
 - 
2016年3月
京都教育大学大学院 教育学研究科 修士課程  
 
2010年4月
 - 
2014年3月
京都教育大学 教育学部  
 
2007年4月
 - 
2010年3月
大阪府立槻の木高等学校  
 

経歴

 
2018年9月
 - 
現在
名古屋市医師会看護専門学校 非常勤講師(情報科学Ⅱ)
 
2018年7月
 - 
現在
東海医療科学専門学校 言語聴覚科昼間課程 非常勤講師(心理測定法)
 
2018年4月
 - 
2018年7月
中部大学 人文学部 非常勤講師(心理演習(実験))
 
2017年4月
 - 
現在
名古屋大学大学院 教育発達科学研究科 TA
 
2016年4月
 - 
2017年3月
大阪府立高等学校 非常勤講師(英語科)
 

受賞

 
2016年11月
関西心理学会 第127回大会 研究奨励賞
 

論文

 
学習観と学習方略の相互因果関係の検証
赤松 大輔・中谷 素之・小泉 隆平
パーソナリティ研究   27(2)    2018年   [査読有り]
印刷中
Reciprocal relationships between learner beliefs and learning strategy use
Akamatsu, D.
Educational Technology Research   40(1) 107-119   2017年12月   [査読有り]
高校生の英語の学習観と学習方略,学業成績との関連―学習観内,学習方略内の規定関係に着目して―
赤松 大輔
教育心理学研究   65(2) 265-280   2017年6月   [査読有り]
学習観と学習方略の相互形成モデルの検証
赤松 大輔
日本教育工学会論文誌   41(1) 29-40   2017年5月   [査読有り]
英語科に関する学習観と英単語学習方略との関連
赤松 大輔・藤岡 秀樹
京都教育大学教育実践研究紀要   15 153-162   2015年3月

講演・口頭発表等

 
効果的な学習方略使用はいかにして方略志向に結びつくのか―有効性の認知の媒介過程―
赤松 大輔・中谷 素之
日本教育心理学会第60回総会   2018年9月16日   
英語学習観が動機づけ調整方略と学習行動を予測する過程
赤松 大輔・中谷 素之
日本パーソナリティ心理学会第27回大会   2018年8月27日   
Emotional quotients and school adaptation of Japanese high school students (2)
Akamatsu, D. & Koizumi, R.
the 40th annual Conference of the International School Psychology Association   2018年7月26日   
Emotional quotients and school adaptation of Japanese high school students (1)
Koizumi, R. & Akamatsu, D.
the 40th annual Conference of the International School Psychology Association   2018年7月26日   
Motivational regulation strategies in English learning of Japanese EFL undergraduates
Akamatsu, D. & Nakaya, M.
the 29th International Congress of Applied Psychology   2018年6月26日   

委員歴

 
2018年
   
 
2018年度日本パーソナリティ心理学会 ヤングサイコロジストプログラム (YPP2018) 企画担当
 

競争的資金等の研究課題

 
Motivational regulation strategies in English learning of Japanese EFL undergraduates
日本心理学会: 国際学会等派遣助成
研究期間: 2018年6月       代表者: 赤松 大輔