高尾大輔

J-GLOBALへ         更新日: 18/06/26 14:25
 
アバター
研究者氏名
高尾大輔
eメール
dtakaomol.f.u-tokyo.ac.jp
URL
https://daisuketakao.wixsite.com/labwork
所属
東京大学
部署
大学院薬学系研究科 生理化学教室
職名
助教
学位
PhD(東京大学大学院)

論文

 
【一次繊毛の世界 細胞から突き出した1本の毛を巡る論争】 繊毛のアンテナ機能を保証するコンパートメント化メカニズム
高尾 大輔
実験医学   36(6) 926-932   2018年4月
繊毛基部でタンパク質の出入りを制御するゲートメカニズムと繊毛内の能動輸送メカニズムにより、繊毛機能に必要なタンパク質は適切に配置される。繊毛基部の幾何学的構造や繊毛内輸送プロセスの存在は古くから知られていたが、近年はシグナル伝達や繊毛病の観点からもその重要性が注目され、多くの知見が得られてきた。一方、アンテナである繊毛と細胞内のシステムとをうまく連携してシグナルを伝達する包括的なメカニズムの理解など、重要な課題も残されている。繊毛をただの突起ではない機能的コンパートメントに仕立て上げるメカ...
Luo W, Ruba A, Takao D, Zweifel LP, Lim RYH, Verhey KJ, Yang W
Scientific reports   7(1) 15793   2017年11月   [査読有り]
Takao D, Wang L, Boss A, Verhey KJ
Current biology : CB   27(15) 2296-2306.e3   2017年8月   [査読有り]
Takao D, Kamimura S
Development, growth & differentiation   59(5) 415-422   2017年6月   [査読有り]
Takao D, Verhey KJ
Cellular and molecular life sciences : CMLS   73(1) 119-127   2016年1月   [査読有り]
Takao D, Verhey KJ
Methods in molecular biology (Clifton, N.J.)   1454 1-14   2016年   [査読有り]
Takao D, Dishinger JF, Kee HL, Pinskey JM, Allen BL, Verhey KJ
Current biology : CB   24(19) 2288-2294   2014年10月   [査読有り]
Takao D, Nemoto T, Abe T, Kiyonari H, Kajiura-Kobayashi H, Shiratori H, Nonaka S
Developmental biology   376(1) 23-30   2013年4月   [査読有り]
Nishiura M, Toba S, Takao D, Miyashiro D, Sakakibara H, Matsuo T, Kamimura S, Oiwa K, Yagi N, Iwamoto H
Journal of structural biology   178(3) 329-337   2012年6月   [査読有り]
Takao D, Taniguchi A, Takeda T, Sonobe S, Nonaka S
PloS one   7(12) e50846   2012年   [査読有り]
Takao D, Kamimura S
Biophysical journal   98(8) 1582-1588   2010年4月   [査読有り]
Takao D, Kamimura S
Zoological science   27(3) 279-284   2010年3月   [査読有り]
Sugiyama T, Miyashiro D, Takao D, Iwamoto H, Sugimoto Y, Wakabayashi K, Kamimura S
Biophysical journal   97(12) 3132-3138   2009年12月   [査読有り]
Takao D, Kamimura S
The Journal of experimental biology   211(Pt 22) 3594-3600   2008年11月   [査読有り]