Dai Takeuchi

J-GLOBAL         Last updated: Sep 29, 2019 at 07:46
 
Avatar
Name
Dai Takeuchi
E-mail
daitakeuchimed.nagoya-u.ac.jp

Research Areas

 
 

Published Papers

 
Nakanishi K, Kikumori T, Miyajima N, Takano Y, Noda S, Takeuchi D, Iwano S, Kodera Y
Clinical nuclear medicine   43(7) 482-485   Jul 2018   [Refereed]
Shibata M, Kanda M, Shimizu D, Tanaka H, Umeda S, Miwa T, Hayashi M, Inaishi T, Miyajima N, Adachi Y, Takano Y, Nakanishi K, Takeuchi D, Noda S, Kodera Y, Kikumori T
Oncology letters   16(6) 7223-7230   Dec 2018   [Refereed]
Inaishi T, Kikumori T, Takeuchi D, Ishihara H, Miyajima N, Shibata M, Takano Y, Nakanishi K, Noda S, Kodera Y
Nagoya journal of medical science   80(1) 21-28   Feb 2018   [Refereed]
Morita S, Kikumori T, Tsunoda N, Inaishi T, Adachi Y, Ota A, Shibata M, Matsuoka A, Nakanishi K, Takeuchi D, Mizutani T, Shimokata T, Hayashi H, Maeda O, Ando Y
International journal of clinical oncology   23(1) 195-200   Feb 2018   [Refereed]
Shibata M, Inaishi T, Miyajima N, Adachi Y, Takano Y, Nakanishi K, Takeuchi D, Noda S, Aita Y, Takekoshi K, Kodera Y, Kikumori T
Surgical case reports   3(1) 131   Dec 2017   [Refereed]

Misc

 
局所進行甲状腺癌の外科治療 当院における気管全層浸潤を伴う甲状腺癌に対する気管合併切除および一期的吻合術の検討
菊森 豊根, 稲石 貴弘, 柴田 雅央, 宮嶋 則行, 高野 悠子, 中西 賢一, 武内 大, 角田 伸行
日本外科学会定期学術集会抄録集   119回 PD-10   Apr 2019
進行再発甲状腺癌に対する分子標的治療の現状と展望 当院における甲状腺癌に対する分子標的薬の使用経験
武内 大, 稲石 貴弘, 石原 博雅, 宮嶋 則行, 柴田 雅央, 高野 悠子, 中西 賢一, 角田 伸行, 菊森 豊根
日本外科学会定期学術集会抄録集   119回 WS-23   Apr 2019
乳癌におけるDerlin3の役割に関する検討
柴田 雅央, 神田 光郎, 石原 博雅, 稲石 貴弘, 宮嶋 則之, 高野 悠子, 武内 大, 菊森 豊根, 小寺 泰弘
日本外科学会定期学術集会抄録集   119回 SF-006   Apr 2019
当院における副腎摘出術の臨床的検討
稲石 貴弘, 石原 雅博, 宮嶋 則行, 柴田 雅央, 高野 悠子, 中西 賢一, 武内 大, 角田 伸行, 菊森 豊根
日本外科学会定期学術集会抄録集   119回 PS-011   Apr 2019
診断治療の工夫 ハイドロマークを留置した手術症例の検討
高野 悠子, 野田 純代, 石垣 聡子, 佐竹 弘子, 角田 伸行, 武内 大, 中西 賢一, 宮嶋 則行, 石原 博雅, 稲石 貴弘, 菊森 豊根
乳癌の臨床   34(1) 95-100   Feb 2019
近年、乳癌画像検査機器の進歩により微少病変や非触知乳癌が多く発見され、その病変位置の確認に、超音波視認マーカーの有用性が報告されている。しかし、わが国ではその報告がいまだ少ない。ハイドロマーク(デヴィコア・メディカル・ジャパン、日本)は、超音波視認マーカーの一つである。今回、当院でハイドロマークを留置し、手術を行った14症例について検討した。すべての症例で、留置による合併症は認められなかった。留置期間は、中央値48.5(7〜107)日ですべての症例において、術中超音波でハイドロマークの位置...