大谷誠

J-GLOBALへ         更新日: 18/09/11 12:03
 
アバター
研究者氏名
大谷誠
 
オオタニ マコト
所属
同志社大学
部署
文学部
職名
嘱託講師
学位
博士(文化史学)(同志社大学)
その他の所属
同志社大学人文科学研究所
科研費研究者番号
10536105

研究分野

 
 

経歴

 
2017年9月
 - 
現在
立命館大学 文学部 授業担当講師
 
2011年4月
 - 
2017年3月
追手門学院大学国際教養学部 非常勤講師
 
2010年4月
 - 
2013年3月
関西学院大学文学部 非常勤講師
 
2008年4月
 - 
現在
同志社大学人文科学研究所 嘱託研究員
 
2008年4月
 - 
現在
同志社大学文学部 嘱託講師
 

学歴

 
2002年4月
 - 
2008年3月
同志社大学大学院 文学研究科 文化史学専攻後期課程
 
2000年4月
 - 
2002年3月
同志社大学大学院 文学研究科 文化史学専攻前期課程
 
1997年4月
 - 
1999年3月
同志社大学大学院 文学研究科 英文学専攻前期課程
 
1993年4月
 - 
1997年3月
同志社大学 文学部 英文学科
 

委員歴

 
2011年4月
 - 
2013年3月
同志社大学人文科学研究所  『社会科学』編集委員
 

論文

 
「『教育不可能な精神薄弱児』とコミュニティ・ケア事業:1920-1950」
大谷誠
『教育「支援」とその「排除性」に関する比較史研究:最終報告書』   41-61   2014年3月   [査読有り][招待有り]
戦間期英国におけるコミュニティ・ケアとボランタリー団体
大谷誠
文化学年報   (59) 149-172   2010年3月
戦間期英国における精神薄弱者とシティズンシップ
大谷誠
歴史家協会年報   (3) 20-36   2007年12月   [査読有り]
戦間期イギリスにおける知的「境界線」
大谷誠
(60) 125-147   2004年11月   [査読有り]
世紀転換期イギリスにおけるFeeble-mindedness(精神薄弱)の概念について
大谷誠
文化史学   (59) 217-238   2003年11月   [査読有り]

書籍等出版物

 
三時眞貴子、岩下誠、江口布由子、河合隆平、北村陽子編著『教育支援と排除の比較社会史』
大谷誠 (担当:共著, 範囲:第4章 地域による「精神薄弱児」への支援と排除)
昭和堂   2016年10月   
志村真幸編著『異端者たちのイギリス』
大谷誠 (担当:共著, 範囲:イングランドにおける「低能児」136‐155頁)
共和国   2016年4月   
ダウン症の歴史
大谷誠 (担当:単訳)
明石書店   2015年2月   
山下麻衣編著『歴史のなかの障害者』
大谷誠 (担当:共著, 範囲:第5章 社会階層と「精神薄弱者」)
法政大学出版局   2014年2月   
松井彰彦・川島聡・長瀬修編著『障害を問い直す』
大谷誠・山下麻衣 (担当:共著, 範囲:第6章「知的障害の歴史」)
東洋経済新報社   2011年6月   

講演・口頭発表等

 
近現代日本におけるダウン症候群と小児科学
大谷誠
第119回日本医史学会学術大会   2018年6月3日   
知的障害児の親の声――1930年代~1950年代のイギリスを事例にして
大谷誠
障害の歴史ーー20世紀前半における英・米・独・日の事例からーー第67回日本西洋史学会大会シンポジウム6   2017年5月21日   
とびらを開けてーー20世紀イギリスにおける知的障害児の親の会
大谷誠
身体・環境史研究会(同志社大学人文科学研究所第19期第5研究班)   2016年12月17日   
社会階層と「精神薄弱者」 [招待有り]
大谷誠
経営史学会関西部会2016年度4月例会   2016年4月23日   
「『軽度の精神薄弱児』の『自立』と社会階層:1930年代-1950年代のイングランドを事例にして」
大谷誠
身体・環境史研究会(同志社大学人文科学研究所第18期第9研究班)   2014年7月26日   

担当経験のある科目