基本情報


J-GLOBAL ID
201901012766679289
researchmap会員ID
B000372149

現在、ICT機器の発展により、スポーツ現場だけでなく、学校現場の体育でも自分自身の動作を撮影することで、動作修得に対して、効果的にスキルアップを出来るようになっています。しかしながら、運動の特徴を専門家ではない生徒や学生が捉えることは難しいです。そこで私の研究は、バイオメカニクス的観点から、スポーツパフォーマンス向上や身体教育(体育科教育)などに対して、簡易的なフィードバックシステムを用いて、自分自身がどのように動いているのかということを運動学的な観点からデータ化し、指導に活かせる知見を得ることを目的としています。 よって、研究ではシステム開発やデータ収集を行ない、得られた知見を現場にフィードバックすることで、どのような学修効果が生まれるのかについて検討していきます。


論文

  22

MISC

  43

講演・口頭発表等

  22

共同研究・競争的資金等の研究課題

  2

社会貢献活動

  1