西邑隆徳

J-GLOBALへ         更新日: 19/01/10 16:54
 
アバター
研究者氏名
西邑隆徳
 
ニシムラ タカノリ
URL
http://kaken.nii.ac.jp/d/r/10237729.ja.html
所属
北海道大学
部署
(連合)農学研究科(研究院)
職名
教授
学位
博士(農学)(北海道大学)
科研費研究者番号
10237729
ORCID ID
0000-0002-1021-1763

研究分野

 
 

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
北海道大学 大学院農学研究院・農学院・農学部 副研究院長・副学院長・副学部長
 
2017年4月
 - 
現在
北海道大学 評議員
 
2014年4月
 - 
2017年3月
北海道大学 企画経営室 総長補佐
 
2010年4月
 - 
現在
北海道大学大学院農学研究院 教授
 
2007年
 - 
2010年
北海道大学 農学研究院 准教授
 

学歴

 
 
 - 
1983年3月
北海道大学 農学部 畜産学科
 

委員歴

 
2017年4月
 - 
現在
日本食肉研究会  副会長
 
2017年4月
 - 
現在
第7期北海道食の安全・安心委員会  委員
 
2016年4月
 - 
現在
北海道肉牛研究会  評議員
 
2015年4月
 - 
現在
日本食肉研究会  評議員、常任幹事
 
2016年4月
 - 
2017年3月
一般社団法人家畜改良事業団  牛肉のおいしさ分析・評価事業推進検討委員会委員
 

受賞

 
2014年3月
日本畜産学会 優秀論文賞 The role of intramuscular connective tissue in meat texture
 
2007年3月
日本畜産学会 日本畜産学会賞 食肉の物性に関与するプロテオグリカンの機能に関する研究
 
1993年9月
北海道畜産学会 北海道畜産学会賞 肉用牛の育種改良と飼養技術向上に関する一連の研究と普及
受賞者: 北海道立新得畜産試験場肉牛研究グループ
 

論文

 
Seo K, Suzuki T, Kobayashi K, Nishimura T
Animal science journal = Nihon chikusan Gakkaiho      2018年12月   [査読有り]
Terazawa T, Nishimura T, Mitani T, Ichii O, Ikeda T, Kosenda K, Tatsumi E, Nakayama Y
Journal of artificial organs : the official journal of the Japanese Society for Artificial Organs   21(3) 387-391   2018年9月   [査読有り]
Matsunaga K, Tsugami Y, Kumai A, Suzuki T, Nishimura T, Kobayashi K
Experimental cell research   370(2) 365-372   2018年9月   [査読有り]
Ojima K, Ichimura E, Suzuki T, Oe M, Muroya S, Nishimura T
American journal of physiology. Cell physiology   315(1) C104-C114   2018年7月   [査読有り]
Gotoh T, Nishimura T, Kuchida K, Mannen H
Asian-Australasian journal of animal sciences   31(7) 933-950   2018年7月   [査読有り]
Tsugami Y, Matsunaga K, Suzuki T, Nishimura T, Kobayashi K
Journal of agricultural and food chemistry   65(50) 11118-11124   2017年12月   [査読有り]
Tatsumi R, Suzuki T, Do MQ, Ohya Y, Anderson JE, Shibata A, Kawaguchi M, Ohya S, Ohtsubo H, Mizunoya W, Sawano S, Komiya Y, Ichitsubo R, Ojima K, Nishimatsu SI, Nohno T, Ohsawa Y, Sunada Y, Nakamura M, Furuse M, Ikeuchi Y, Nishimura T, Yagi T, Allen RE
Stem cells (Dayton, Ohio)   35(7) 1815-1834   2017年5月   [査読有り]
Tsugami Y, Matsunaga K, Suzuki T, Nishimura T, Kobayashi K
Molecular nutrition & food research      2017年6月   [査読有り]
Ojima K, Ichimura E, Yasukawa Y, Oe M, Muroya S, Suzuki T, Wakamatsu JI, Nishimura T
Animal science journal = Nihon chikusan Gakkaiho      2017年6月   [査読有り]
Sasaki K, Ooi M, Nagura N, Motoyama M, Narita T, Oe M, Nakajima I, Hagi T, Ojima K, Kobayashi M, Nomura M, Muroya S, Hayashi T, Akama K, Fujikawa A, Hokiyama H, Kobayashi K, Nishimura T
Journal of the science of food and agriculture      2017年1月   [査読有り]
Kobayashi K, Oyama S, Kuki C, Tsugami Y, Matsunaga K, Suzuki T, Nishimura T
Molecular and cellular endocrinology   440 16-24   2017年1月   [査読有り]
Ojima K, Oe M, Nakajima I, Muroya S, Nishimura T
FEBS open bio   6(8) 816-826   2016年8月   [査読有り]
Ezoe M, Wakamatsu J, Takahata Y, Hasegawa T, Morimatsu F, Nishimura T
Journal of nutritional science and vitaminology   62(2) 93-100   2016年   [査読有り]
Nishimura T
Meat science   109 48-55   2015年11月   [査読有り]
Mahdy MA, Lei HY, Wakamatsu J, Hosaka YZ, Nishimura T
Annals of anatomy = Anatomischer Anzeiger : official organ of the Anatomische Gesellschaft   202 18-27   2015年11月   [査読有り]
Ojima K, Ichimura E, Yasukawa Y, Wakamatsu JI, Nishimura T
American journal of physiology. Cell physiology   ajpcell.00170.2015   2015年9月   [査読有り]
Hayakawa T, Yoshida Y, Yasui M, Ito T, Wakamatsu J, Hattori A, Nishimura T
Journal of food science   80(8) C1641-5   2015年8月   [査読有り]
若松 純一, 加藤 亜也奈, 江副 美紗子, 西邑 隆徳
日本畜産学会報   86(4) 481-489   2015年
Ojima K, Oe M, Nakajima I, Shibata M, Muroya S, Chikuni K, Hattori A, Nishimura T
Animal science journal = Nihon chikusan Gakkaiho      2014年11月   [査読有り]
Wakamatsu JI, Murakami N, Nishimura T
Animal science journal = Nihon chikusan Gakkaiho      2014年11月   [査読有り]
Meat produced by Japanese Black cattle and Wagyu
Animal Frontiers   4(4) 46-54   2014年10月   [査読有り][招待有り]
Ojima, K., Oe, M., Nakajima, I., Shibata, M., Chikuni, K., Muroya, S. & Nishimura, T.
EuPA Open Proteomics   4(4) 1-9   2014年   [査読有り]
Yasaka N, Suzuki K, Kishioka Y, Wakamatsu J, Nishimura T
Animal science journal = Nihon chikusan Gakkaiho   84 663-668   2013年9月   [査読有り]
Suzuki K, Kishioka Y, Wakamatsu J, Nishimura T
Animal science journal = Nihon chikusan Gakkaiho   84 669-674   2013年9月   [査読有り]
Polkinghorne RJ, Nishimura T, Neath KE, Watson R
Animal science journal = Nihon chikusan Gakkaiho      2013年6月   [査読有り]
Wakamatsu J, Fujii R, Yamaguchi K, Miyoshi S, Nishimura T, Hattori A
Animal science journal = Nihon chikusan Gakkaiho   84 416-425   2013年5月   [査読有り]
Wakamatsu J, Takabayashi N, Ezoe M, Hasegawa T, Fujimura T, Takahata Y, Morimatsu F, Nishimura T
Journal of nutritional science and vitaminology   59 516-525   2013年   [査読有り]
Z Hosaka Y, Ishibashi M, Wakamatsu J, Uehara M, Nishimura T
Biomedical research (Tokyo, Japan)   33 355-361   2012年12月   [査読有り]
Polkinghorne RJ, Nishimura T, Neath KE, Watson R
Animal science journal = Nihon chikusan Gakkaiho   82 325-333   2011年4月   [査読有り]
Suzuki T, Takaishi H, Sakata T, Do MK, Hara M, Sato A, Mizunoya W, Nishimura T, Hattori A, Ikeuchi Y, Tatsumi R
Animal science journal = Nihon chikusan Gakkaiho   81 245-251   2010年4月   [査読有り]
Miura T, Kishioka Y, Wakamatsu J, Hattori A, Nishimura T
Animal science journal = Nihon chikusan Gakkaiho   81 102-107   2010年2月   [査読有り]
Nishimura T
Animal science journal = Nihon chikusan Gakkaiho   81 21-27   2010年2月   [査読有り]
Wakamatsu J, Hayashi N, Nishimura T, Hattori A
Meat science   84 125-128   2010年1月   [査読有り]
Wakamatsu J, Odagiri H, Nishimura T, Hattori A
Meat science   82 139-142   2009年5月   [査読有り]
Wakamatsu J, Uemura J, Odagiri H, Okui J, Hayashi N, Hioki S, Nishimura T, Hattori A
Animal science journal = Nihon chikusan Gakkaiho   80 198-205   2009年4月   [査読有り]
Nishimura T, Fang S, Wakamatsu J, Takahashi K
Animal science journal = Nihon chikusan Gakkaiho   80 85-90   2009年2月   [査読有り]
Nishimura T, Nozu K, Kishioka Y, Wakamatsu J, Hattori A
Biochemical and biophysical research communications   370 383-387   2008年6月   [査読有り]
Kishioka Y, Thomas M, Wakamatsu J, Hattori A, Sharma M, Kambadur R, Nishimura T
Journal of cellular physiology   215 856-867   2008年6月   [査読有り]
Nishimura T, Nakamura K, Kishioka Y, Kato-Mori Y, Wakamatsu J, Hattori A
Journal of muscle research and cell motility   29 37-44   2008年   [査読有り]
Wakamatsu J, Okui J, Hayashi N, Nishimura T, Hattori A
Meat science   77 580-586   2007年12月   [査読有り]
Nishimura T, Oyama K, Kishioka Y, Wakamatsu J, Hattori A
Biochemical and biophysical research communications   361 896-902   2007年10月   [査読有り]
Wakamatsu J, Ito T, Nishimura T, Hattori A
Meat science   76 385-387   2007年6月   [査読有り]
Miura T, Kishioka Y, Wakamatsu J, Hattori A, Hennebry A, Berry CJ, Sharma M, Kambadur R, Nishimura T
Biochemical and biophysical research communications   340 675-680   2006年2月   [査読有り]
McCroskery S, Thomas M, Platt L, Hennebry A, Nishimura T, McLeay L, Sharma M, Kambadur R
Journal of cell science   118 3531-3541   2005年8月   [査読有り]
Minamitani T, Ikuta T, Saito Y, Takebe G, Sato M, Sawa H, Nishimura T, Nakamura F, Takahashi K, Ariga H, Matsumoto K
Experimental cell research   298 305-315   2004年8月   [査読有り]
Meat Science   67 95-100   2004年   [査読有り]
Animal Science Journal   75 59-65   2004年   [査読有り]
Hattori A., Fujimoto T., Nishimura T., Tatsumi R., Wakamatsu J., Ito T.
Journal of Muscle Foods   14 1-10   2003年   [査読有り]
Nishimura T., Futami E., Wakamatsu J., Hattori A.
74 407-416   2003年   [査読有り]
Animal Science Journal   74 417-425   2003年   [査読有り]
Nishimura T., Futami E., Taneichi A., Mori T., Hattori A.
Cells Tissues Organs   171 199-214   2002年   [査読有り]
Mori K., Nishimura T., Yasukawa T., Takahashi K.
Journal of Food Science   66 524-529   2001年   [査読有り]
Relationship between development of intramuscular connective tissue and toughness of pork during growth of pigs
Fang S.H., Nishimura T., Takahashi, K.
Journal of Animal Science   77 120-130   1999年   [査読有り]
Structural changes in intramuscular connective tissue during the fattening of Japanese Black cattle: Effect of marbling on beef tenderization
Nishimura T., Hattori A., Takahashi K.
Journal of Animal Science   77 93-104   1999年   [査読有り]
森 建太, 河合 滋, 沖坂 浩一, 佐々木 博隆, 横山 高明, 西邑 隆徳, 安川 拓次
日本食品科学工学会誌 : Nippon shokuhin kagaku kogaku kaishi = Journal of the Japanese Society for Food Science and Technology   45(8) 478-483   1998年8月
Changes in mechanical strength of intramuscular connective tissue during postmortem aging of beef
Nishimura T., Liu A., Hattori A., Takahashi K.
Journal of Animal Science   76 528-532   1998年   [査読有り]
Nishimura T., Ojima K., Hattori A., Takahashi K.
Histochemistry and Cell Biology   107 215-221   1997年   [査読有り]
Nishimura T., Ojima K., Liu A., Hattori A., Takahashi K.
Tissue & Cell   28 527-536   1996年   [査読有り]
Arrangement and identification of proteoglycans in basement membrane and intramuscular connective tissue of bovine semitendinosus muscle
Nishimura T., Hattori A., Takahashi K.
Acta Anatomica   155 257-265   1996年   [査読有り]
Nishimura T., Hattori A., Takahashi K.
Meat Science   42 251-260   1996年   [査読有り]
Liu A., Nishimura T., Takahashi K.
Meat Science   43 43-49   1996年   [査読有り]
戸苅哲郎, 西邑隆徳, 斉藤利朗
日本緬羊研究会報   33 43-50   1996年
Nishimura T., Hattori A., Takahashi K.
Meat Science   39 127-133   1995年   [査読有り]
Liu A., Nishimura T., Takahashi K.
Meat Science   39 135-142   1995年   [査読有り]
Ultrastructure of the intramuscular connective tissue in bovine skeletal muscle: A demonstration using the cell-maceration/scanning electron microscope method
Nishimura T., Hattori A., Takahashi K.
Acta Anatomica   151 250-257   1994年   [査読有り]
肉用牛の成長に伴う筋肉内コラーゲンの変化
中村富美男, 西邑隆徳, 西海理之, 服部昭仁, 近藤誠司,小竹森訓央,朝日田康司
北海道大学農学部牧場研究報告   15 25-36   1994年   [査読有り]
飼料のTDN含量がアバディーンアンガス去勢牛の増体および枝肉構成に及ぼす影響
佐藤幸信, 西邑隆徳,斉藤利朗, 田村千秋, 裏 悦次
17北海道立新得畜産試験場研究報告   18 65-71   1991年   [査読有り]
冬期屋外肥育における濃厚飼料の給与量が産肉性に及ぼす影響
西邑隆徳,佐藤幸信, 斉藤利朗, 田村千秋, 裏 悦次
北海道立新得畜産試験場研究報告   18 37-45   1991年   [査読有り]
絶食・絶水期間中における群混合が肥育牛の血液性状に及ぼす影響
西邑隆徳,森 清一, 田村千秋, 裏 悦次
北海道立新得畜産試験場研究報告   18 13-19   1991年   [査読有り]
大麦ホールクロップサイレージ通年給与によるホルスタイン去勢牛の肥育
西邑隆徳, 佐藤幸信, 斉藤利朗, 裏 悦次
北海道立新得畜産試験場研究報告   17 67-70   1990年   [査読有り]
ホルスタイン去勢牛の育成期におけるトウモロコシサイレージ給与量が産肉性に及ぼす影響
西邑隆徳, 佐藤幸信, 斉藤利朗, 裏 悦次
北海道立新得畜産試験場研究報告   17 41-51   1990年   [査読有り]
黒毛和種去勢牛の肥育過程における血清脂質の変化と屠体形質との関係
西邑隆徳, 佐藤幸信, 川崎  勉, 森  清一
北海道立新得畜産試験場研究報告   16 19-24   1988年   [査読有り]

Misc

 
西邑 隆徳
食肉の科学   53(1) 131-133   2012年6月
早川 徹, 安川 裕也, 吉田 有里, 若松 純一, 西邑 隆徳
食肉の科学   53(1) 144-147   2012年6月
西邑 隆徳
食肉の科学   52(1) 35-37   2011年6月
西邑 隆徳
食肉の科学   50(2) 217-220   2009年11月
西邑 隆徳
食肉の科学   49(1) 9-15   2008年6月
沖浦 智紀, 飯倉 一雄, 大石 泰之, 森松 文毅, 若松 純一, 西邑 隆徳, 服部 昭仁, 山田 良司
食肉の科学   47(1) 159-163   2006年6月
西邑 隆徳
食肉の科学   46(2) 183-189   2005年11月
阿部 茂, 井上 貞仁, 西邑 隆徳, 瀧澤 克則
食肉の科学   42(1) 103-104   2001年6月
西邑 隆徳
食肉の科学   41(2) 127-134   2000年12月
泉本 勝利, 坂田 亮一, 森田 英利, 西村 敏英, 松石 昌典, 田邊 亮一, 西邑 隆徳, 渡辺 彰
食肉の科学   40(2) 210-239   1999年12月
田邊 亮一, 服部 昭仁, 辰巳 隆一, 西村 敏英, 西邑 隆徳, 六車 三治男
食肉の科学   39(1) 38-55   1998年6月
沖谷 明紘, 西邑 隆徳, 西村 敏英, 若松 純一, 渡辺 彰
食肉の科学   38(1) 69-86   1997年6月
日置 昭二, 加藤 秀雄, 板谷 一, 島田 謙一郎, 辰巳 隆一, 西邑 隆徳, 服部 昭仁
北海道大学農学部農場研究報告   30(0) 55-60   1997年
森 建太, 河合 滋, 沖坂 浩一, 西邑 隆徳, 安川 拓次, 高橋 興威
食肉の科学   37(1) 147-149   1996年6月
西邑 隆徳, 服部 昭仁, 高橋 興威
食肉の科学   36(1) 149-151   1995年6月
西邑隆徳,高橋興威
Japanese Journal of   44 165-176   1995年
粗飼料主体の肉用牛生産
西邑隆徳
日本畜産学会北海道支部会報   33 7-15   1991年
とうもろこしサイレージ通年給与による乳用雄子牛の育成肥育
西邑隆徳,佐藤幸信,斉藤利朗,裏 悦次
北農   56 18-31   1989年

書籍等出版物

 
肉の機能と科学
西邑隆徳 (担当:共編者)
朝倉書店   2015年4月   
Agriculture in Hokkaido
西邑隆徳 (担当:共著, 範囲:Chapter 9. Meat and Meat Products)
Research Faculty of Agriculture, Hokkaido University   2015年   
Frontiers of Agricultural Science
Shoukadoh Book Sellers, Kyoto   2015年   
最新畜産物利用学
西邑隆徳 (担当:共著)
朝倉書店   2006年   
乳肉卵の機能と利用
西邑隆徳 (担当:共著)
アイ・ケイコーポレーション   2005年   

講演・口頭発表等

 
Beef carcass grading system and consumers’ sensory perception of beef in Japan [招待有り]
西邑隆徳
Workshop: International meeting on Beef and Lamb carcase grading to underpin consumer satisfaction   2015年8月21日   
Role of extracellular matrix in skeletal muscle development and postmortem aging of meat [招待有り]
西邑隆徳
61th International Congress of Meat Science and Technology (ICoMST)   2015年8月23日   
佐々木啓介, 名倉直登, 本山三知代, 大江美香, 中島郁世, 萩達朗, 尾嶋孝一, 小林美穂, 野村将, 室谷進, 赤間京子, 林武司, 大井幹記, 藤川朗, 宝寄山裕直, 生田稔, 日置昭二, 千国幸一, 若松純一, 小林国之, 西邑隆徳
日本畜産学会大会講演要旨   2015年9月11日   
SEO Kangmin, 若松純一, 西邑隆徳
日本畜産学会大会講演要旨   2015年9月11日   
中山泰秀, 大家智憲, 大家智憲, 森脇健司, 西邑隆徳, 三谷朋弘, 古越真耶, 船山麻理菜
人工臓器(日本人工臓器学会)   2015年10月30日   
若松純一, 加藤亜也奈, 江副美紗子, 西邑隆徳
日本畜産学会報   2015年11月25日   
森綾音, 鈴木貴弘, 西邑隆徳, 生田稔, 日置昭二, 若松純一
日本畜産学会大会講演要旨   2016年3月27日   
黒田裕介, 鈴木貴弘, 西邑隆徳, 若松純一
日本畜産学会大会講演要旨   2016年3月27日   
大井幹記, 佐々木啓介, 名倉直登, 宝寄山裕直, 西邑隆徳
日本畜産学会大会講演要旨   2016年3月27日   
名倉直登, 佐々木啓介, 本山三知代, 成田卓美, 中島郁世, 小林美穂, 大江美香, 萩達朗, 尾嶋孝一, 室谷進, 野村将, 渡邊彰, 大井幹記, 宝寄山裕直, 若松純一, 西邑隆徳
日本畜産学会大会講演要旨   2016年3月27日   
佐々木啓介, 本山三知代, 成田卓美, 林武司, 赤間京子, 西邑隆徳
日本畜産学会大会講演要旨   2016年3月27日   
大屋桃, 川添穂高, 鈴木貴弘, 西邑隆徳, 若松純一
日本畜産学会大会講演要旨   2016年3月27日   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
骨格筋発達の統合的理解を目指す異種細胞間コミュニケーション機構の全容解明
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 西邑隆徳
赤身牛肉生産に関する若手研究者交流プログラム
豪州食肉家畜事業団: 受託事業
研究期間: 2016年1月 - 2017年5月    代表者: 西邑隆徳
筋再生活性化を目的としたサルコペニア原因遺伝子の解明
イムラ・ジャパン株式会社: 受託研究
研究期間: 2015年11月 - 2016年5月    代表者: 西邑隆徳
国産赤身型牛肉である乳用種牛肉の輸入牛肉に対する差別化技術の開発
農林水産省: 農林水産業・食品産業科学技術研究推進事業
研究期間: 2013年8月 - 2015年3月    代表者: 佐々木啓介
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 2012年 - 2014年    代表者: 西邑 隆徳
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2012年 - 2013年    代表者: 西邑 隆徳
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2009年 - 2011年    代表者: 西邑 隆徳
筋肉量や脂肪蓄積を制御する成長因子・ミオスタチンが細胞外マトリックス分子の一つであるデコリンによってどのように制御されているかを検討した結果、以下の成果を得た。1.デコリンが筋細胞に対するミオスタチンの抑制効果に及ぼす影響 細胞外マトリックス(ECM)成分のデコリンによるミオスタチン調節機構を解明することを目的に、デコリン過剰発現筋細胞を作製し、これに対してミオスタチンを添加したところ、ミオスタチンによる増殖抑制効果は、コントロール筋細胞に比べて低く抑えられていた。また、同様にミオスタチン...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2008年 - 2010年    代表者: 若松 純一
新規形態食肉製品(飲む食肉)の開発とその機能性に関する研究
(財) 日本食肉消費総合センター: 食肉に関する機能成分等の調査研究事業
研究期間: 2008年6月 - 2009年3月    代表者: 西邑隆徳
北海道食肉の品質評価・保証システム開発に関する研究
(株) 北洋銀行: 
研究期間: 2008年4月 - 2009年3月    代表者: 西邑隆徳
タンパク質系バイオマス資源の利活用技術実証試験
(財) 北海道科学技術総合振興センター: 先導的高度バイオマス資源利用支援調査
研究期間: 2005年4月 - 2006年3月    代表者: 西邑隆徳
文部科学省: 科学研究費補助金(萌芽研究)
研究期間: 2004年 - 2005年    代表者: 西邑 隆徳
家畜のと畜解体工程および食肉加工工程で生じる屑肉などはテーブルミートとしては利用できないが、良質なタンパク質が豊富に含まれており、これらのタンパク質の新たな利活用が求められている。近年、「水」を反応場としてタンパク質などの高分子を分解する亜臨界水・水熱反応が着目されており、本研究では、1.亜臨界水・水熱反応の諸条件(温度、時間)が食肉タンパク質の分解様相に及ぼす影響を明らかにするとともに、2.亜臨界水・水熱反応生成物の生理活性を調べることによって、亜臨界水・水熱反応を食肉タンパク質資源の利...
肉用家畜の骨格筋発達におけるミオスタチンとデコリンの役割に関する研究
OECD: 共同研究プログラム
研究期間: 2004年9月 - 2004年12月    代表者: 西邑隆徳
反芻肉用家畜における骨格筋発達機構に関する研究
日本学術振興会: 日仏交流促進事業(共同研究)
研究期間: 2003年4月 - 2004年9月    代表者: 西邑隆徳
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2002年 - 2004年    代表者: 西邑 隆徳
活性型ミオスタチンと相互作用する細胞外マトリックス成分を表面プラズモン共鳴法による分子間相互作用解析装置を用いて探索した結果、デコリン、フィブロモデュリン、ヘパラン硫酸プロテオグリカン、ラミニンおよびフィブロネクチンがミオスタチンと亜鉛イオン存在下且つ中性pH域で相互作用することを明らかにした。反応速度論的解析を行った結果、解離定数はデコリン、ヘパラン硫酸プロテオグリカン、ラミニンおよびフィブロネクチンで10^<-8>M、フィブロモデュリンで10^<-10>Mであった。また、デコリンからグ...
家畜骨格筋量制御因子・ミオスタチンに関する研究動向ならびにミオスタチン活性制御による家畜生産技術の開発動向に関する調査
文部科学省: 海外研究開発動向調査(短期在外研究員)
研究期間: 2002年12月 - 2003年1月    代表者: 西邑隆徳
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2001年 - 2003年    代表者: 服部 昭仁
文部科学省: 科学研究費補助金(萌芽的研究)
研究期間: 1998年 - 1999年    代表者: 服部 昭仁

特許

 
特願2015-248338 : 膜状結合組織体形成用基材
西邑隆徳,三谷朋弘,中山泰秀,大家智憲,森脇健司,古越真耶
西邑 隆徳, 服部 昭仁, 若松 純一, 竹脇 幸治, 森 徹
若松 純一, 池田 有希, 奥井 潤, 西邑 隆徳, 服部 昭仁

社会貢献活動

 
続、良いテーマが起業に至らなかった理由~VCがあきらめた技術を見事に起業した体験談~
【講師】  北海道大学産学・地域協働推進機構 Earth on Edge Hokkaido  北海道大学×技術ベンチャーセミナー・育成ピッチ:ミニBRAVE@北海道大学  2017年9月19日
家畜を食べる
【講師】  One World One Health(OWOH)研究会  市民公開講座「ワンヘルスってなんだろう?」  2017年7月8日
「良いシーズでもVC出資に至らなかった理由」
【講師】  BRAVE 運営事務局(Beyond Next Ventures 株式会社)及び北海道大学産学・地域協働推進機構  BRAVE セミナー・ベンチャーキャピタル体験報告会  2017年2月15日
第85回サイエンス・カフェ札幌「ラベルのない肉~細胞から見る食肉」
【講師】  科学技術コミュニケーション教育研究部門(CoSTEP)  2015年12月15日 - 2015年12月15日
時計台サロン 牛肉にまつわる話 −食卓に上るまで−
【講師】  北海道大学農学部・北海道新聞社  2014年2月18日