基本情報

所属
日本歴史学会
歴史研究会
放送大学大学院歴史研究会
(一財)熊本城顕彰会 理事
(公財)島田美術館 評議員
学位
学術修士(放送大学)

J-GLOBAL ID
201201097497161719

1948年長崎県生まれ。1985年より熊本県在住。2005年放送大学大学院文化科学研究科修士課程修了。1994年「宮本武蔵の夏の陣」(『歴史研究』400号)以来多くの武蔵論文を発表。2003年『宮本武蔵研究論文集』(歴研)で熊日マイブック出版賞受賞。2007年『加藤清正「妻子」の研究』(共著・ブイツーソリューション)で熊日出版文化賞受賞。近年は宮本武蔵・加藤清正・肥後加藤家研究家として講演・歴史講座講師、雑誌連載、NHK総合テレビなど各種歴史番組にも解説出演している。一般財団法人熊本城顕彰会理事・公益財団法人島田美術館評議員・熊本県文化協会理事・熊本県文化懇話会世話人(郷土史部門)・肥後の歴史物語と民話の会顧問


学歴

  1

論文

  17

書籍等出版物

  5

講演・口頭発表等

  17

所属学協会

  1

その他

  25
  • 2020年5月 - 2020年5月
    宮本武蔵研究家・福田正秀と土門拳の弟子の写真家・藤森武による対談。 不朽の古典『五輪書』を著し生涯無敗の剣豪宮本武蔵と写真の鬼と呼ばれた土門拳、二人の求道者はいかにして自らの道を歩み、極めていったのか。知られざる貴重なエピソードと共に二人の生き方とその教えを学ぶ。武蔵の画に現れた優しさの秘密。土門が意外なほど若き頃武蔵に入れ込んでいた事実など。
  • 2019年9月 - 2019年9月
    明らかになった巌流島の決闘の真実とは。通説の武蔵の遅刻も、細川藩の係わりも、櫂の木刀も根拠のない伝説だった。相手の名も佐々木小次郎ではなかった。 その後の武蔵が仕官を求めて回国する姿も虚構。真実は大坂夏の陣で徳川方水野勝成の客将として活躍勝利し、その後は譜代有力大名家に次々と招かれ、養子を藩主側近に仕官させ伊織は家老にまで出世、自らは兵法を極め、晩年には熊本・細川家に招かれて、多くの芸術作品と兵法書『五輪書』を残し勝利者人生を全うした。今や武蔵の勝利の哲学が世界に広まり実践されていることを多くの写真とともに紹介。
  • 2019年9月 - 2019年9月
    英傑加藤清正が築き上げた肥後加藤家はなぜ改易になったのか、江戸時代から諸説があった。中でも忠廣の改易は豊臣の忠臣であった清正が原因の、徳川による豊臣恩顧大名潰しの謀略とする説が強かった。しかし当時の史料を徹底的に調査した結果、諸説はすべて否定された。加藤家は将軍家に守られていたのに、忠廣が原因の改易であったこと。その陰に女の闘争があった事、改易後の加藤家家族の顛末まで明らかに。
  • 2019年6月 - 2019年6月
    スタジオにCGの宮本武蔵と佐々木小次郎をゲストに招いて、巌流島の決闘の真実をトークで質疑応酬する。 1、二人は青年同士で対決したのではなく、小次郎は老人だった? 2、武蔵は遅刻していなく、同時に相会した。 3、武蔵は小次郎を殺してなく、蘇生した小次郎を隠れていた武蔵の弟子たちに殺された?など…。 いずれも諸説あるところを暴露する。最後は和解してハッピーエンドに。
  • 2019年4月 - 2019年4月
    人類の歴史に影響を与えた時代や人物、それにまつわる物語をテーマに特別に仕立てられた万年筆を世界限定制作する企画。2019年は日本の侍と決まり、『五輪書』の思想が世界に影響を与え、芸術家としても知られる剣豪宮本武蔵を題材とすることとなり、ドイツの制作チームの制作アドバイザーとして依頼を受け、製品の意匠、パンフレットの解説にアドバイスして完成させた。4月2日東京にファーバーカステル伯爵を迎え、完成発表イベントが行われた。日本の侍文化や宮本武蔵の『五輪書』思想が世界に広まる機会となる。