基本情報

所属
上智大学 経済学部経済学科 教授
(兼任)経済学研究科委員長
学位
修士(経済学)(東京大学)

連絡先
t-dejimasophia.ac.jp
研究者番号
70286756
J-GLOBAL ID
200901064127132948
researchmap会員ID
5000064254

 教育活動としては,労働経済学を毎年担当する一方,その分析手法に関して計量経済学も数年に1度のペースで担当した。
 このうち労働経済学では,経済学の理論モデルが日本の労働市場や賃金構造の動向をどこまで説明できるかを考慮した説明をした。とくに,労働供給面では少子化を加速していることの説明として,女性の人的資本の高まりと就業中断における逸失賃金の高額化を具体的なデータを挙げて説明した。また,労働需要が派生需要であることを踏まえ,古典的ではあるがマーシャルの法則にみられる財需要と労働需要の関係の理論的説明を行った。これをもとに,産業別の労働需要の動向について説明をした。さらに,賃金構造の説明としては,教育訓練の役割に関する2つの対立する見方として,人的資本理論とシグナリング理論を対比して説明するとともに,均等化差異にも触れた。また,それと関連するトピックとして,日本における男女間の賃金格差の実態を説明した。

(研究テーマ)
失業の履歴現象の原因の識別と定量化に関する計量経済分析


研究キーワード

  3

経歴

  9

論文

  20

書籍等出版物

  1

講演・口頭発表等

  4

共同研究・競争的資金等の研究課題

  2

社会貢献活動

  2