福岡 大輔

J-GLOBALへ         更新日: 19/02/14 17:01
 
アバター
研究者氏名
福岡 大輔
 
フクオカ ダイスケ
所属
岐阜大学
部署
教育学部 技術教育講座
職名
准教授
学位
博士(工学)(岐阜大学)
科研費研究者番号
60321436

プロフィール

医用画像を対象としたコンピュータ画像処理/コンピュータを用いた画像処理、画像認識に関する研究を行っており、その画像処理技術を応用し、X線やCT画像などの医用画像から病変を自動検出するシステムの開発を行っている。/情報教育のための教材開発

研究分野

 
 

経歴

 
2007年4月
   
 
岐阜大学教育学部 技術教育講座 准教授
 
2005年4月
 - 
2007年3月
岐阜大学教育学部 技術教育講座 助教授
 
2003年4月
 - 
2005年3月
岐阜工業高等専門学校 電気情報工学科 講師
 
2000年4月
 - 
2003年3月
岐阜工業高等専門学校 電気情報工学科 助手
 
1999年4月
 - 
2000年3月
岐阜工業高等専門学校 電気工学科 助手
 

学歴

 
1995年4月
 - 
1997年3月
岐阜大学 工学部 電子情報工学科
 
1997年4月
 - 
1998年3月
岐阜大学 工学研究科 電子情報システム工学専攻 博士前期課程(学位期間短縮修了)
 
1998年4月
 - 
2001年3月
岐阜大学 工学研究科 電子情報システム工学専攻 博士後期課程
 

受賞

 
2000年6月
医用画像情報学会 金森奨励賞 超音波断層像における腫瘤像の自動検出法
 
2000年11月
北米医学放射線学会 Certificate of Merit賞
 
2001年11月
北米医学放射線学会 Certificate of Merit賞
受賞者: H.Fujita;T.Hara; D.fukuoka; Y.Lee; T.Matsubara; Y.Haranaka et.al.
 
2006年2月
SPIE Medical Imaging2006 Poster Award,Honorable Mention Computer-aided detection system of breast masses on ultrasound images
 
2007年2月
SPIE Medical Imaging2007 Poster Award,Honorable Mention
 
2008年11月
北米医学放射線学会2008 Certificate of Merit賞 Real-time CAD System for Automated Detection of Calcifications in Breast Ultrasonography
受賞者: Fukutaro Ishihara , Daisuke Fukuoka, Yuji Ikedo,Takeshi Hara,Hiroshi Fujita,Takako Morita: Real-time CAD System for Automated Detection of Calcifications in Breast Ultrasonography
 
2009年3月
欧州医学放射線会議2009 Certificate of Merit賞 Computer-aided diagnostic tools in cancer detection and therapy using statistical modeling of normal torso FDG-PET scans, European Society of Radiology 2009 (ECR2009), 2009.3.6-10, Vienna.
受賞者: T. Hara, T. Katafuchi, S. Ito, D. Fukuoka, G.N. Lee, T. Kobayashi, X. Zhou, H. Fujita, K. Doi:
 
2011年12月
北米医学放射線学会2011 Certificate of Merit賞 GetHigher AUC! A Real-time ROC Software for Interpretation Training
受賞者: M.Matsusako; J.Shiraishi; D.Fukuoka; T.Hara; H/Abe; A.Yamada; S.Mori; K.Sugimoto; T.Matsumoto; X.Zhou; C.Muramatsu; H.Fujita
 
2013年2月
SPIE Medical Imaging2013 Poster Award,Honorable Mention Temporal subtraction system on torso FDG-PET scans based on statistical image analysis
受賞者: Y.shimizu, T.Hara,D.Fukuoka X.Zhou, C.Muramatsu, S.Ito, K.Hakozaki, S.Kumita, K.Ishihara, T.Katafuchi
 

論文

 
Shiraishi J, Fukuoka D, Iha R, Inada H, Tanaka R, Hara T
Radiological physics and technology   11(4)    2018年12月   [査読有り]
渡邉恒夫, 寺林伸夫, 福岡大輔, 藤田広志, 松岡敏男, 清島満
臨床病理   65(12) 1263‐1268   2017年12月
双方向通信を用いた計測制御教材の開発
大野裕司,野村拳也,福岡大輔
第35回日本産業技術教育学会東海支部大会 講演論文集   21-22   2017年12月
新たな情報化と人材育成
福岡 大輔
産業と教育,産業教育振興中央会   (780) 2-7   2017年10月
Watanabe T, Murakami H, Fukuoka D, Terabayashi N, Shin S, Yabumoto T, Ito H, Fujita H, Matsuoka T, Seishima M
Journal of ultrasound in medicine : official journal of the American Institute of Ultrasound in Medicine      2017年4月   [査読有り]
横井翔伍, 竹田優太, 原武史, 田中悠貴, 片渕哲朗, 福岡大輔, 野崎太希, 松迫正樹, 藤田広志
電子情報通信学会技術研究報告   116(393(MI2016 71-121)) 77‐78   2017年1月
胸部X線画像との画像融合を用いたMIBG心筋シンチグラムにおける心臓縦隔比測定ソフトウェア開発の現状,総説(学会賞技術部門受賞)
福岡 大輔
日本心臓核医学会誌   19(1) 27-32   2017年
籾内政哉, 原武史, 福岡大輔, 多湖博史, 後藤裕夫, 片渕哲朗, 藤田広志
日本医用画像工学会大会予稿集(CD-ROM)   36th ROMBUNNO.OP8‐7   2017年
竹田優太, 横井翔伍, 田中悠貴, 原武史, ZHOU Xiangrong, 片渕哲朗, 福岡大輔, 松迫正樹, 藤田広志
日本医用画像工学会大会予稿集(CD-ROM)   36th ROMBUNNO.OP8‐4   2017年
竹田優太, 横井翔伍, 原武史, 田中悠貴, 片渕哲朗, 福岡大輔, 松迫正樹, 藤田広志
核医学技術   36 432   2016年9月
横井翔伍, 竹田優太, 原武史, 田中悠貴, 片渕哲朗, 福岡大輔, 松迫正樹, 藤田広志
核医学技術   36 457   2016年9月
東果穂, 三木一孝, 原武史, 福岡大輔, 片渕哲朗
核医学技術   36 469   2016年9月
小保田智彦, 原武史, 福岡大輔, 三木一孝, 石原匡彦, 多湖博史, 片渕哲朗, 安部美輝, 藤田広志
心臓核医学   18(2) 61   2016年6月
高田悦雄, 福岡大輔, 藤田廣志
乳腺甲状腺超音波医学   5(2) 115   2016年4月
Hiroki Murakami, Tsuneo Watanabe, Daisuke Fukuoka, Nobuo Terabayashi, Takeshi Hara, Chisako Muramatsu, Hiroshi Fujita
Progress in Biomedical Optics and Imaging - Proceedings of SPIE   9790(979012) 1-6   2016年1月
© 2016 SPIE.The word Locomotive syndrome has been proposed to describe the state of requiring care by musculoskeletal disorders and its high-risk condition. Reduction of the knee extension strength is cited as one of the risk factors, and the accu...
計測・制御における黒板提示用教材の開発
大野裕司,福岡大輔
第34回日本産業技術教育学会東海支部大会 講演論文集   33-36   2016年
Shinoda Koichi, Hayashi Shogo, Fukuoka Daisuke, Torii Ryo, Watanabe Tsuneo, Nakano Takashi
BioMed research international   2016 6492183   2016年   [査読有り]
The three-dimensional (3D) structures of the right atrial appendage (RAA) and left atrial appendage (LAA) were compared to clarify why thrombus formation less frequently occurs in RAA than in LAA. Morphological differences between RAA and LAA of 3...
Rie Tanaka,Fujiyo Akita,Daisuke Fukuoka,Yusuke Bamba,Junji Shiraishi
Breast Imaging - 13th International Workshop, IWDM 2016, Malmö, Sweden, June 19-22, 2016, Proceedings   83-88   2016年   [査読有り]
小保田智彦, 多湖博史, 原武史, 福岡大輔, 片渕哲朗, 後藤裕夫, 藤田広志
電子情報通信学会技術研究報告   115(139(MI2015 32-47)) 23-26   2015年7月
Watanabe T, Terabayashi N, Fukuoka D, Murakami H, Ito H, Matsuoka T, Seishima M
Ultrasound in medicine & biology   41(6) 1779-1783   2015年6月   [査読有り]
[JSRT Member"Mr. Yoshie Kodera"interviewed by Takeshi Hara].
Kodera Yoshie, Fukuoka Daisuke, Hara Takeshi
Nihon Hōshasen Gijutsu Gakkai zasshi   71(4) 365-370   2015年4月   [査読有り][招待有り]
中学校技術分野の大学連携6年目研修の取り組み
尾高 広昭,福岡 大輔
教師教育研究   11 47-52   2015年3月
小保田智彦, 原武史, 多湖博史, 福岡大輔, 片渕哲朗, 後藤裕夫, 藤田広志
電子情報通信学会技術研究報告   114(482(MI2014 53-118)) 115-118   2015年2月
A02-3 Function integrated diagnostic assistance based on multidisciplinary computational anatomy – Plan of five years and progress overview FY2014
H.Fujita, T.Hara, X.Zhou, H.Chen, D.Fukuoka, N.Kamiya, M.Kanematsu, T.Katafuchi, C.Muramatsu, A.Teramoto, and Y.Uchiyama:
45-51   2015年
動力伝達の学習を支援する教材の開発
佐藤優太,宮川景行,福岡大輔
103-106   2014年12月
渡邉恒夫, 寺林伸夫, 名和寛文, 福岡大輔, SHIN Sohee, 松岡敏男
日本整形外科超音波学会会誌   25(1) 100-105   2014年3月
清水 勇介, 原 武史, 福岡 大輔, 周 向栄, 村松 千左子, 伊藤 哲, 箱崎 謙太, 汲田 伸一郎, 石原 圭一, 片渕 哲朗, 藤田 広志
電子情報通信学会技術研究報告. MI, 医用画像   113(410) 97-101   2014年1月
我々は,体幹部FDG-PET画像を用いて統計的に正常なSUV分布モデルの構築に関する研究を行なってきた.本研究では,SUVを除脂肪体重で補正したSULを用いてFDG-PET画像の正常SUL分布モデルの構築を新たに行った.そして,それを用いた統計学的画像解析における異常集積の解析を行った.従来のSUVを用いたZ-scoreと比較した結果,10症例13箇所の肺における異常集積の中で,10症例12箇所でZ-scoreの上昇が見られた.
Model Construction for Computational Anatomy: Progress Overview FY2009-FY2013, Proc. of the Fifth International Symposium on the Project “Computational Anatomy”
H.Fujita, T.Hara, X.Zhou, C.Muramatsu, N.Kamiya, M.Zhang, D.Fukuoka, Y.Hatanaka, T.Matsubara, A.Teramoto, Y.Uchiyama, H.Chen, and H.Hoshi
25-35   2014年
Daisuke Fukuoka
Nihon Hoshasen Gijutsu Gakkai zasshi   69(11) 1313-1319   2013年11月
福岡 大輔, 藤田 広志
乳腺甲状腺超音波医学 = Journal of breast and thyroid sonology   2(3) 18-24   2013年7月
Yusuke Shimizu, Takeshi Hara, Daisuke Fukuoka, Xiangrong Zhou, Chisako Muramatsu, Satoshi Ito, Kenta Hakozaki, Shin Ichiro Kumita, Kei Ichi Ishihara, Tetsuro Katafuchi, Hiroshi Fujita
Proceedings of SPIE - The International Society for Optical Engineering   8670    2013年6月
Diagnostic imaging on FDG-PET scans was often used to evaluate chemotherapy results of cancer patients. Radiologists compare the changes of lesions' activities between previous and current examinations for the evaluation. The purpose of this study...
名和 寛文, 渡邉 恒夫, 福岡 大輔, 寺林 伸夫, 原 武史, 藤田 広志
電子情報通信学会技術研究報告. MI, 医用画像   112(411) 69-72   2013年1月
近年、運動器の障害により要介護リスクが高い状態を表すロコモティブシンドロームが提唱されている。そのため、簡便かつ定量的に筋肉を評価する方法が求められるが、その方法は確立されていない。本研究では、より定量的な評価を行うために腓腹筋の3次元超音波画像から羽状角を自動測定する方法を提案する。まず、上下の腱膜を曲面近似することにより決定し、それらの上下膜に挟まれた領域を筋繊維領域として抽出した。つぎに、筋繊維領域から筋繊維を抽出し、3次元フーリエ変換を行いてパワースペクトルを算出した。また、パワー...
Shiraishi Junji, Fukuoka Daisuke, Hara Takeshi, Abe Hiroyuki
Radiological physics and technology   6(1) 35-41   2013年1月
In this study, we initially investigated various aspects of requirements for a computer interface employed in receiver operating characteristic (ROC) and free-response ROC (FROC) observer studies which involve digital images and ratings obtained b...
ロコモティブシンドローム定量評価のための腓腹筋の3次元超音波画像解析
渡邉恒夫,寺林伸夫,名和寛文,福岡大輔,辛 紹熙,松岡敏男
日本整形外科超音波学会会誌   25(1) 100-105   2013年   [査読有り]
力の運動の伝達機構に関する教材の開発
佐藤優太、常冨真弘、福岡大輔、宮川景行
103-106   2013年
A01-3 Model Construction for Computational Anatomy: Progress Overview FY2012
H.Fujita, T.Hara, X.Zhou, C.Muramatsu, N.Kamiya, M.Zhang, D.Fukuoka, Y.Hatanaka, T.Matsubara, A.Teramoto, Y.Uchiyama, H.Chen, and H.Hoshi
22-42   2013年
乳腺超音波におけるCAD研究の現状と展望
福岡大輔,藤田広志
乳腺甲状腺超音波医学   2(3) 18-24   2013年
Haramizu S, Shimotoyodome A, Fukuoka D, Murase T, Hase T
European journal of applied physiology   112(9) 3409-3416   2012年9月   [査読有り]
江馬 諭, 小原 光博, 福岡 大輔, 船越 久敏
岐阜大学教育学部研究報告. 教育実践研究   14(2) 59-70   2012年4月
佐藤正夫, 竹村正男, 渡邊恒夫, 福岡大輔, 関根綾子, 清島満, 松岡敏男, 清水克時
日本整形外科超音波研究会会誌   23(1) 40-43   2012年3月
Watanabe T, Takemura M, Sato M, Sekine A, Fukuoka D, Seishima M, Shimizu K, Matsuoka T
Clinical rheumatology   31(2) 299-307   2012年2月   [査読有り]
名和 寛文, 渡邉 恒夫, 福岡 大輔, 寺林 伸夫, 原 武史, 藤田 広志
電子情報通信学会技術研究報告. MI, 医用画像   111(389) 311-314   2012年1月
運動器の障害による要介護の状態や,要介護リスクの高い状態を表す「ロコモティブシンドローム」が提唱されている.ロコモティブシンドロームを評価する方法として,腓腹筋を撮影した超音波画像を解析し,羽状角などを評価する方法が注目されている.本研究では,超音波装置で撮影した腓腹筋の筋繊維の角度の自動測定法を提案する.まず、Bモードで撮影した腓腹筋の超音波画像から手動で筋繊維領域を設定し,つぎに,筋繊維領域から同時生起行列(GLCM)を作成し,コントラストが最小となった変位角度θ(-30°≦θ≦30°...
超音波三次元イメージングを用いた関節リウマチ手指関節内血流数量化の試み
佐藤正夫、武村正男、渡辺恒夫、福岡大輔、志水克時
別冊整形外科   62 188-193   2012年
日高 義浩, 東 正之, 大迫 昭彦, 山崎 啓広, 福岡 大輔
教育情報研究 : 日本教育情報学会学会誌   27(2) 31-38   2011年10月
本論は,国家資格である技能検定「電気機器組立てシーケンス制御作業」で使用するプログラマブルコントローラの教材開発に焦点を当てた実践研究である.技能検定は,平成22年度現在において124職種実施されており,全職種とも学科試験及び実技試験が受験者に課される.実技試験において必要な工具類は,その受験者が準備することになっている.上述した「電気機器組立てシーケンス制御作業」で使用するプログラマブルコントローラは,比較的高価であり,それを動作させるソフトウェアも準備しなければならない.その両者を準備...
白石順二, 福岡大輔, 原武史, 阿部裕之
日本放射線技術学会雑誌   67(9) 1061   2011年9月
日高 義浩, 大迫 昭彦, 東 正之, 福岡 大輔
教育情報研究 : 日本教育情報学会学会誌   26(4) 37-43   2011年3月
本論では,工業高校生の資格取得に関する先行研究の結果を踏まえ,資格の関連性について追究する.そのことから,工業高校生がどのような資格を取得しているのかを更に明確にすることを第1の目的とした.さらに,取得している資格にどのような関連性があるのかを明確にすることを第2の目的として,そこから,資格取得向上のために必要な指導法なども検討することを目的としている.その結果,(1)計算技術検定,情報技術検定,危険物取扱者試験の3つの資格が工業高校生の最も基礎的な資格として位置づけられていること,(2)...
石原 福太郎, 福岡 大輔, 村松 千左子, 原 武史, 高田 悦雄, 遠藤 登喜子, 森田 孝子, 藤田 広志
電子情報通信学会技術研究報告. MI, 医用画像   110(364) 87-91   2011年1月
集団検診では受診者の数が多く大量の画像データが撮影されるため,医師の読影負担が大きくなり病変の見落としの可能性が高くなることが予想される.本研究では,全乳房超音波画像を対象に,医師の読影負担の軽減を目的とした腫瘤像の自動検出法を提案する.まず,処理対象となる乳房領域を抽出した.次に,腫瘤像は周辺の乳腺組織よりも低濃度に描画される傾向があることから,注目画素と周辺画素における相対的な濃淡差を算出し,候補領域を決定した.最後に,候補領域から特徴量を抽出し,偽陽性を削除することで腫瘤像を検出した...
ロコモティブシンドームの定量評価とその画像解析手法開発
名和寛文,渡邉恒夫,福岡大輔,寺林伸夫,原 武史,藤田広志
電子情報通信学会技術報告   MI2011-133(111 (389),) 311-314   2011年
鈴木 鷹也, 内山 良一, 原 武史, 福岡 大輔, 岩間 亨, 星 博昭, 紀ノ定 保臣, 藤田 広志
電子情報通信学会技術研究報告. MI, 医用画像   109(407) 341-344   2010年1月
無症候性ラクナ梗塞の存在は後に起こり得る重篤な脳梗塞との関係が示唆されているために,MR画像においてラクナ梗塞を検出することは重要である.しかし,すべてのラクナ梗塞を正確に検出することは血管周囲腔拡大との鑑別がしばしば困難なために難しい.本研究では,病変の解剖学的位置情報を考慮することによって従来のCADシステムを改良した.解剖学的位置情報は,Visible Human Projectの低温切開片画像をレジストレーションにおける参照画像として用いることで得た.抽出された病変から解剖学的位置...
Whole-breast ultrasound brings significant screening benefits
G.N. Lee(岐阜大学),D Fukuoka(岐阜大学),T Morita(中日病院),H Fujita(岐阜大学)
Diagnostic Imaging Asis-Apcific   WINTER 2010 7-15   2010年1月
Gobert N. Lee,Toshiaki Okada,Daisuke Fukuoka,Chisako Muramatsu,Takeshi Hara,Takako Morita,Etsuo Takada,Tokiko Endo,Hiroshi Fujita 0001
Digital Mammography, 10th International Workshop, IWDM 2010, Girona, Catalonia, Spain, June 16-18, 2010. Proceedings   636-642   2010年   [査読有り]
宮崎県の工業高等学校における資格取得の取り組みの動向とその一考察
大迫昭彦 , 東 正之 , 日高義浩,福岡大輔
日本産業技術教育学会九州支部論文集   18 73-79   2010年
藤田 広志, 内山 良一, 畑中 裕司, 福岡 大輔
医用画像情報学会雑誌   27(2) 42-49   2010年
The need for utilizing image diagnosis has become important because of the recent increase in the number of screening cases in the aging population and the number of images that need to be analyzed in a sophisticated diagnostic imaging environment...
Hiroshi Fujita 0001,Jane You,Qin Li,Hidetaka Arimura,Rie Tanaka,Shigeru Sanada,Noboru Niki,Gobert N. Lee,Takeshi Hara,Daisuke Fukuoka,Chisako Muramatsu,Tetsuro Katafuchi,Gen Iinuma,Mototaka Miyake,Yasuaki Arai,Noriyuki Moriyama
Medical Biometrics, Second International Conference, ICMB 2010, Hong Kong, China, June 28-30, 2010. Proceedings   296-305   2010年   [査読有り]
Ikedo Y, Morita T, Fukuoka D, Hara T, Lee G, Fujita H, Takada E, Endo T
International journal of computer assisted radiology and surgery   4(3) 299-306   2009年5月   [査読有り]
Y Ikedo(岐阜大学),D Fukuoka(岐阜大学),D Fukuoka(岐阜大学),H Hara(岐阜大学),G Lee(岐阜大学),E Takada(獨協医科大学),T Endo(名古屋医療センター)
International Journal of Computer AssistedRadiology and Surgery   4(3) 299-306   2009年4月
IKEDO Yuji, FUKUOKA Daisuke, LEE Gobert, HARA Takeshi, FUJITA Hiroshi, TAKADA Etsuo, ENDO Tokiko, MORITA Takako
電子情報通信学会技術研究報告. MI, 医用画像   108(385) 41-42   2009年1月
We have developed a whole breast ultrasound (US) system for breast cancer screening. The system consisted of a whole breast US scanner and a viewing system with computerized mass detection and classification functions. A 7.5MHz linear probe on the...
Fujita Hiroshi(岐阜大学医学系研究科),Gao X(岐阜大学医学系研究科),Zhou X(岐阜大学医学系研究科),Uchiyama Yoshikazu(岐阜大学医学系研究科),Nakagawa Toshiaki(岐阜大学医学系研究科),Fukuoka Daisuke(岐阜大学医学系研究科),Hatanaka Yuji(滋賀県立大学),Hara Takeshi(岐阜大学医学系研究科),G Lee(岐阜大学医学系研究科),Hayashi Y(岐阜大学医学系研究科),Ikedo Y(岐阜大学医学系研究科)
Computer Methods and Programs in Biomedicine   92(3) 238-248   2008年9月
Hara Takeshi(岐阜大学医学系研究科),Fukuoka Daisuke(岐阜大学教育学部),Ikedo Yuji(岐阜大学医学系研究科),Takada Etsuo(獨協医科大学),Fujita Hiroshi(岐阜大学医学系研究科),Endo Tokiko(名古屋医療センター),Morita Takako(中日病院)
Digital Mammography, E.A.Krupinski (Ed.), Springer Lectures Notes in Computer Science (LNCS) series   LNCS5116 455-462   2008年7月
Ikedo Yuji(岐阜大学医学系研究科),Morita Takako(中日病院),Fukuoka Daisuke(岐阜大学教育学部),Hara Takeshi(岐阜大学医学系研究科),Fujita Hiroshi(岐阜大学医学系研究科),Takada Etsuo(獨協医科大学),Tokiko Endo(名古屋医療センター)
Digital Mammography, E.A.Krupinski (Ed.), Springer Lectures Notes in Computer Science (LNCS) series   LNCS5116 188-195   2008年7月
池戸 祐司, 福岡 大輔, 原 武史, 藤田 広志, 高田 悦雄, 遠藤 登喜子, 森田 孝子
電子情報通信学会論文誌. D, 情報・システム   91(7) 1923-1926   2008年7月
乳腺超音波画像における腫瘤像自動検出アルゴリズムの性能向上のための,偽陽性削除法を提案する.左右乳房画像の位置合せにおいて,乳頭と皮膚領域の利用が有効であった.位置合せ後の左右乳房画像の濃度値の比較による偽陽性削除法の有効性を確認した.
Yuji Ikedo, Daisuke Fukuoka, Takeshi Hara, Hiroshi Fujita, Etsuo Takada, Tokiko Endo, Takako Morita
Progress in Biomedical Optics and Imaging - Proceedings of SPIE   6915 691523-1-691523-8   2008年6月
Ultrasonography is one of the most important methods for breast cancer screening in Japan. Several mechanical whole breast ultrasound (US) scanners have been developed for mass screening. We have reported a computer-aided detection (CAD) scheme fo...
Gobert N. Lee,Daisuke Fukuoka,Yuji Ikedo,Takeshi Hara,Hiroshi Fujita 0001,Etsuo Takada,Tokiko Endo,Takako Morita
Digital Mammography, 9th International Workshop, IWDM 2008, Tucson, AZ, USA, July 20-23, 2008, Proceedings   433-439   2008年   [査読有り]
Yuji Ikedo,Takako Morita,Daisuke Fukuoka,Takeshi Hara,Hiroshi Fujita 0001,Etsuo Takada,Tokiko Endo
Digital Mammography, 9th International Workshop, IWDM 2008, Tucson, AZ, USA, July 20-23, 2008, Proceedings   188-195   2008年   [査読有り]
Takeshi Hara,Daisuke Fukuoka,Yuji Ikedo,Etsuo Takada,Hiroshi Fujita 0001,Tokiko Endo,Takako Morita
Digital Mammography, 9th International Workshop, IWDM 2008, Tucson, AZ, USA, July 20-23, 2008, Proceedings   455-462   2008年   [査読有り]
福岡 大輔
日本放射線技術學會雜誌   63(12) 1429-1434   2007年12月
抄録はありません.
Fukuoka D
Nihon Hoshasen Gijutsu Gakkai zasshi   63(12) 1429-1434   2007年12月   [査読有り]
Ikedo Y, Fukuoka D, Hara T, Fujita H, Takada E, Endo T, Morita T
Medical physics   34(11) 4378-4388   2007年11月   [査読有り]
Yuji Ikedo, Daisuke Fukuoka, Takeshi Hara, Hiroshi Fujita, Etsuo Takada, Tokiko Endo, Takako Morita
Progress in Biomedical Optics and Imaging - Proceedings of SPIE   6514    2007年10月
The comparison of left and right mammograms is a common technique used by radiologists for the detection and diagnosis of masses. In mammography, computer-aided detection (CAD) schemes using bilateral subtraction technique have been reported. Howe...
Etsuo Takada, Yuji Ikedo, Daisuke Fukuoka, Takeshi Hara, Hiroshi Fujita, Tokiko Endo, Takako Morita
Progress in Biomedical Optics and Imaging - Proceedings of SPIE   6513    2007年10月
Breast cancer mass screening is widely performed by mammography but in some population with dense breast, ultrasonography is much effective for cancer detection. For this purpose it is necessary to develop special ultrasonic equipment and the syst...
CAD on brain, fundus, and breast images
Fujita Hiroshi(岐阜大学医学系研究科),X Gao(岐阜大学医学系研究科),X Zhou(岐阜大学医学系研究科),Uchiyama Yoshikazu(岐阜大学医学系研究科),Nakagawa Toshiaki(岐阜大学医学系研究科),Fukuoka Daisuke(岐阜大学医学系研究科),Hatanaka Yuji(岐阜大学医学系研究科),Hara Takeshi(岐阜大学医学系研究科),HayashiY(岐阜大学医学系研究科),Ikedo Yuji(岐阜大学医学系研究科),G Lee(岐阜大学医学系研究科)
Proc. of International Conference on Medical Imagingand Informatics   278-301   2007年8月
池戸 祐司, 福岡 大輔, 原 武史, 藤田 広志, 高田 悦雄, 遠藤 登喜子, 森田 孝子
Journal of medical ultrasonics = 超音波医学   34(0)    2007年4月
”Semi-automatic ultrasonic full-breast scanner and computerassisted
TAKADA Etsuo(獨協医科大学),IKEDO Yuji( 岐阜大学大学院医学研究科再生医科学専攻知能イメージ情報分野),HARA Takeshi(岐阜大学大学院医学研究科再生医科学専攻知能イメージ情報分野),FUJITA Hiroshi(岐阜大学大学院医学研究科再生医科学専攻知能イメージ情報分野),ENDO Tokiko(名古屋医療センター),MORITA Takako(中日病院)
SPIE Medical Imaging 2007   in press-in press   2007年2月
Computerized mass detection in whole breast ultrasound images
IKEDO Yuji( 岐阜大学大学院医学研究科再生医科学専攻知能イメージ情報分野),FUKUOKA Daisuke(岐阜大学教育学部技術教育講座),HARA Takeshi(岐阜大学大学院医学研究科再生医科学専攻知能イメージ情報分野),FUJITA Hiroshi(岐阜大学大学院医学研究科再生医科学専攻知能イメージ情報分野),TAKADA Etsuo(獨協医科大学),ENDO Tokiko(名古屋医療センター),MORITA Takako(中日病院)
SPIE Medical Imaging 2007      2007年2月
藤田 広志, 内山 良一, 福岡 大輔, 林 佳典, 畑中 裕司, 中川 俊明, 池戸 祐司, 原 武史, 周 向栄
Journal of Japan Society of Computer Aided Surgery : J.JSCAS   8(3) 132-133   2006年12月
Yuji Ikedo, Daisuke Fukuoka, Takeshi Hara, Hiroshi Fujita, Etsuo Takada, Tokiko Endo, Takako Morita
Progress in Biomedical Optics and Imaging - Proceedings of SPIE   6144 III 61445L-1-61445L-8   2006年6月
We have investigated Computer-aided detection (CAD) system for breast masses on screening ultrasound (US) images. A lot of methods of Computer-aided detection and diagnosis system on US images have been developed by many researchers in the world. ...
Daisuke Fukuoka,Yuji Ikedo,Takeshi Hara,Hiroshi Fujita 0001,Etsuo Takada,Tokiko Endo,Takako Morita
Digital Mammography, 8th International Workshop, IWDM 2006, Manchester, UK, June 18-21, 2006, Proceedings   392-398   2006年6月   [査読有り]
Y. Ikedo, D. Fukuoka, T. Hara, H. Fujita, E. Takada, T. Endo, T. Morita
International Journal of Computer Assisted Radiology and Surgery   1 519   2006年6月
藤田 広志, 原 武史, 松原 友子, 福岡 大輔
医用画像情報学会雑誌 = Japanese journal of imaging and information sciences in medicine   23(2) 19-26   2006年5月
This paper reviews the developments of computer-aided diagnosis(CAD) for breast cancer. The current status of commercialization of the CAD is described. Then, the techniques for the detection of architectural distortion are mentioned. Clinical eva...
Daisuke Fukuoka, Takeshi Hara, Hiroshi Fujita
Recent Advances in Breast Imaging, Mammography, and Computer-Aided Diagnosis of Breast Cancer   557-567   2006年4月
原 武史, 中川 俊明, 篠原 範充, 松原 友子, 福岡 大輔, 畑中 裕司
日本放射線技術學會雜誌   62(3) 356-360   2006年3月
乳腺超音波画像におけるCADシステム
福岡 大輔(岐阜大学教育学部技術教育講座)
臨床画像   21(12) 1348-1351   2005年12月
T. Matsubara, D. Fukuoka, N. Yagi, T. Hara, H. Fujita, Y. Inenaga, S. Kasai, A. Kano, T. Endo, T. Iwase
International Congress Series   1281 1036-1040   2005年5月
Architectural distortions, as well as clustered microcalcifications and masses, are important findings in interpreting breast cancer on mammogram. We have developed an automated detection algorithm for distorted areas based on the concentration of...
岐阜工業高等専門学校電気情報工学科のコース別教育課程
稲葉 成基(岐阜工業高等専門学校電気情報工学科),北川 恵一(岐阜工業高等専門学校電気情報工学科),山田 功(岐阜工業高等専門学校電気情報工学科),所 哲郎(岐阜工業高等専門学校電気情報工学科),熊崎 裕教(岐阜工業高等専門学校電気情報工学科),出口 利憲(岐阜工業高等専門学校電気情報工学科),冨田 睦雄(岐阜工業高等専門学校電気情報工学科),羽渕 仁恵(岐阜工業高等専門学校電気情報工学科),福岡 大輔(岐阜工業高等専門学校電気情報工学科)
独立行政法人国立高等専門学校機構論文集「高専教育」   28 -----   2005年3月
福岡 大輔
岐阜工業高等専門学校紀要   40(0) 67-70   2005年3月
We have developed a computer-aided diagnosis (CAD) system for detecting colonic polyps in CT colonography. The CAD scheme consists of the following two main steps : (1) producing cross-sectional images along a centerline in the colon region and (2...
乳がん画像診断領域におけるコンピュータ支援診断
藤田 広志(岐阜大学大学院医学系知能イメージ情報分野),原 武史(岐阜大学大学院医学系知能イメージ情報分野),松原 友子(名古屋文理大学情報文化学部情報文化学科),福岡 大輔(岐阜大学教育学部技術教育講座)
日本がん健診・診断学会   Vol.12(No.2) 116-124   2005年2月
稲葉 成基, 北川 恵一, 羽渕 仁恵, 福岡 大輔, 西田 鶴代, 三代 邦彦
工学教育   53(1) 89-93   2005年1月
The Department of Electrical Engineering in Gifu National College of Technology was newly reorganized to become the Department of Electrical and Computer Engineering in the spring of 2000. All contents of problem/project based learning were checke...
稲葉 成基, 北川 恵一, 羽渕 仁恵, 福岡 大輔, 西田 鶴代, 三代 邦彦
工学・工業教育研究講演会講演論文集   16(0) 399-400   2004年7月
藤田 広志, 原 武史, 福岡 大輔
映像情報medical   36(4) 410-414   2004年4月
山田 功, 福岡 大輔, 田中 嘉津夫, 蔡 篤儀
岐阜工業高等専門学校紀要   39(0) 43-46   2004年3月
The x-ray CT scanner is one of the most important kinds of medical equipment. Especially important is the multislice CT, which presents the new modality of faster gantry rotation speed and multiple detector row system, which produces higher resolu...
久山 慶子, 福岡 大輔, 原 武史, 小倉 敏裕, 藤田 広志
電子情報通信学会技術研究報告. MI, 医用画像   103(599) 35-38   2004年1月
腹部X線CT像における大腸ポリープの自動検出法として,複素PARCOR係数を利用した手法を提案する.われわれが開発したコンピュータ支援検出システムは,2つの主要な方法で構成される.(1)大腸の傾斜断画像の生成,(2)複素PARCOR係数を利用した大腸ポリープの自動検出.本手法を,大腸ポリープが含まれる7症例に適用した結果,ポリープの検出率は100%(9/9),偽陽性数は36となった.以上の結果から,本研究が腹部X線CT像における大腸がんのコンピュータ支援診断システムの要素技術になりうる可能...
久山 慶子, 福岡 大輔, 原 武史, 小倉 敏裕, 藤田 広志
医用画像情報学会雑誌 = Japanese journal of imaging and information sciences in medicine   21(1) 137-142   2004年1月
<はじめに> 本論文では,これまでに,開発した複素PARCOR 係数による凹領域認識による手法を用いて,大腸ポリープの自動検出システムを開発している.<BR>< 方 法> 本検出システムは,(1) 大腸の傾斜断面画像の生成.(2) 複素PARCOR係数を利用した検出処理.の2つの処理により構成される.「傾斜断面画像の生成処理」においては,大腸管腔の三次元の芯線を算出し,芯線方向に垂直な断面を算出し,大腸の輪切り画像を生成する.「複素PARCOR 係数を利用した検出処理」においては,実験とし...
福岡 大輔
医用画像情報学会雑誌 = Japanese journal of imaging and information sciences in medicine   21(1) 57-58   2004年1月
複素PARCOR 係数による凹領域の認識と腹部X 線CT 像における大腸ポリープ像の自動検出への応用
久山 慶子(岐阜大学工学部応用情報学科),福岡 大輔(岐阜工業高等専門学校電気情報工学科),原 武史(岐阜大学工学部応用情報学科),藤田 広志(岐阜大学工学部応用情報学科),小倉 敏裕(癌研究会附属病院放射線部)
電子情報通信学会技術報告   MI2002-112 1-4   2003年1月
<はじめに> 大腸ポリープの新たな検出方法として,複素PARCOR 係数によるパターン認識の有効性を検討する.本論文では,複素PARCOR係数の算出法について述べ,実験として,模擬大腸ポリープモデルとして作成した凹領域を持つ画像と,持たない画像との識別を行った.< 方 法> 実験画像12 枚と,それぞれの縮小画像(12 枚)を実験に用いた.実験においては,24 枚のうち1 枚を学習用画像とし,のこり23 枚を未知データとして用いた.<結果とまとめ> 実験においては,複素PARCOR 係数を...
藤田 広志, 石垣 武男, 岩瀬 拓士, 遠藤 登喜子, 小寺 吉衞, 佐井 篤儀, 白石 順二, 原 武史, 福岡 大輔, 堀田 勝平
日本放射線技術學會雜誌   59(1) 89-96   2003年1月
福岡 大輔, 原 武史, 藤田 広志
医用画像情報学会雑誌 = Japanese journal of imaging and information sciences in medicine   19(3) 145-149   2002年9月
医学分野におけるコンピュータを利用した画像処理技術は飛躍的に増大している.医用画像処理は,一般的な画像処理と異なり,(1) 対象が柔軟であること.(2) 対象となる領域形状が一定ではない(個体差がある).(3) 対象領域の境界も不明瞭.などの特徴をもつため,従来の濃淡画像処理と2値化処理の組み合わせでは,良好な結果が得られない場合が多い.本論文においては,このような医用画像から領域を抽出する技法の一つとして,動的輪郭抽出法(Active Contour Model: SNAKES) につい...
畑中 裕司(岐阜大学工学部応用情報学科),松原 友子(名古屋文理大学情報文化学部情報文化学科),原 武史(岐阜大学工学部応用情報学科),篠原 範充(岐阜大学工学部応用情報学科),福岡 大輔(岐阜工業高等専門学校電気情報工学科),藤田 広志(岐阜大学工学部応用情報学科),遠藤 登喜子(国立名古屋病院放射線科)
日本放射線技術学会雑誌   58(3) 375-382   2002年3月
<はじめに> 本論文においては,われわれの研究グループで開発を行った乳房X 線写真を対象としたCAD システムの,有効性を検討するため579 名の医師の読影結果と,CAD の検出結果との比較検討を行った.これまでに40 名の医師を対象とした同様の実験(論文番号6)を行っている.本研究では,医師の数を増し,より信頼性の高い実験結果を得た.< 方 法> 実験に用いた画像は,正常79 乳房,異常21 症例(微小石灰化像6乳房,腫瘤陰性14 乳房,構築の乱れ6乳房,重複しているケース6症例)を用い...
Hatanaka Y, Matsubara T, Hara T, Shinohara N, Fukuoka D, Fujita H, Endo T
Nihon Hoshasen Gijutsu Gakkai zasshi   58(3) 375-382   2002年3月   [査読有り]
We have been developing automated detection algorithms for masses and clustered microcalcifications in a mammography computer-aided diagnosis (CAD) system. In this study, we investigated the potential of our CAD system by comparing 579 physicians'...
篠原 範充, 畑中 裕司, 原 武史, 松原 友子, 福岡 大輔, 中川 俊明, 牛場 洋明, 藤田 広志, 岩瀬 拓士, 遠藤 登喜子
電子情報通信学会技術研究報告. MI, 医用画像   101(581) 133-138   2002年1月
われわれは, これまで乳房X線写真を対象としたコンピュータ支援診断システム(computer-aided diagnosis : CAD)システムの開発を行い, その性能評価を報告してきた.その潜在的な有効性を検討するため, 読影講習会で提示した100症例200枚の乳房X線写真に対し142名の医師の読影結果とCADの検出性能との比較を行った.データの解析は, 医師の読影経験に基づき行った.その結果, 医師の見落とし例の中にはCADが正しく指摘することができる症例があった.以上のことより, ...
福岡 大輔, 原 武史, 小倉 敏裕, 藤田 広志
電子情報通信学会技術研究報告. MI, 医用画像   101(581) 37-40   2002年1月
大腸がんの「前がん状態」であるポリープの早期発見は重要であり, 最近ではCT画像を用いた診断も行われるようになった.しかし, CT画像による画像診断は多量に発生する断層画像を読影するため非常に読影負担は大きいのが現状である.そこでわれわれは大腸ポリープ検出用コンピュータ支援診断(Computer-aided Diagnosis)システムの開発を行った.本報告では, 初期の結果ではあるが, CADシステムのポリープ検出率において概ね良好な結果を得たので, 開発したCADシステムの処理の概要と...

Misc

 
松野寛子, 渡邉恒夫, 福岡大輔, 高田彩永, 野久謙, 藤田広志, 伊藤弘康
臨床病理   66 256   2018年10月
国際交流 実績報告 ロコモティブシンドローム早期発見のための超音波を用いた大腿四頭筋定量評価法の開発
渡邉 恒夫,寺林 伸夫,福岡 大輔
福田記念医療技術振興財団情報   (28) 41-44   2015年12月
日本放射線技術学会元代表理事 小寺吉衞先生
小寺 吉衞,福岡 大輔,原 武史
日本放射線技術学会雑誌   71(4) 365-370   2015年
【最新関節リウマチ学-寛解・治癒を目指した研究と最新治療-】 関節リウマチの検査・診断 検査 画像検査 超音波三次元イメージングによる手指関節内血流数量化
佐藤 正夫, 竹村 正男, 渡邉 恒夫, 福岡 大輔
日本臨床   72(増刊3 最新関節リウマチ学) 258-261   2014年4月
渡邉恒夫, 松岡敏男, 寺林伸夫, 名和寛文, 福岡大輔
日本整形外科超音波学会学術集会プログラム・抄録集   25th 34   2013年
佐藤正夫, 竹村正男, 渡邊恒夫, 福岡大輔, 清水克時
別冊整形外科   (62) 188-193   2012年10月
田中じゅん, 南里和秀, 米山昌司, 岡山有希子, 川瀬瑞樹, 瓜倉久美子, 望月幸子, 植松孝悦, 福岡大輔, 藤田広志, 吉中朋美
超音波検査技術   36(6) 632-633   2011年12月
藤田広志, 原武史, ZHOU Xiangrong, 福岡大輔, 村松千左子, 林達郎
非破壊検査   60(12) 686-693   2011年12月
藤田 広志, 原 武史, 周 向栄, 福岡 大輔, 村松 千左子, 林 達郎
非破壊検査 : journal of N.D.I   60(12) 686-693   2011年12月
福岡 大輔, 藤田 広志
月刊新医療   36(10) 112-116   2009年10月
米山 昌司, 南里 和秀, 井村 有希子, 戸原 瑞樹, 川中 幸子, 刀稱 亀代志, 福岡 大輔, 藤田 広志, 吉中 朋美, 馬木 清隆
超音波検査技術抄録集   34(0) 232-232   2009年
池戸 祐司, 福岡 大輔, 原 武史, 藤田 広志, 高田 悦雄, 遠藤 登喜子, 森田 孝子
日本放射線技術學會雜誌   63(9) 1054-1055   2007年9月
エキスパートによるRSNA最新リポート CAD(コンピュータ支援診断)システムの最新動向
藤田 広志(岐阜大学大学院医学系知能イメージ情報分野),内山 良一(岐阜大学大学院医学系知能イメージ情報分野),林 佳典(岐阜大学大学院医学系知能イメージ情報分野),中川俊明(岐阜大学大学院医学系知能イメージ情報分野),周 向栄(岐阜大学大学院医学系知能イメージ情報分野),原 武史(岐阜大学大学院医学系知能イメージ情報分野),福岡 大輔(岐阜大学教育学部技術教育講座),張 学軍(岐阜大学大学院医学系知能イメージ情報分野)
インナービジョン   21(3) 35-39   2006年2月
RSNA(北米放射線学会)におけるコンピュータ支援診断システムの最新動向を報告.
乳腺疾患のCAD 特集CAD最前線
藤田広志(岐阜大学大学院医学研究科再生医科学専攻知能イメージ情報部門),原 武史(岐阜大学大学院医学研究科再生医科学専攻知能イメージ情報部門),松原 友子(名古屋文理大学情報文化学部情報文化学科),福岡 大輔(岐阜工業高等専門学校電気情報工学科)
インナービジョン   19(10) 46-51   2004年10月
マンモグラフィ典型症例データベース(CD-ROM)
藤田 広志(岐阜大学工学部応用情報学科),堀田勝平(愛知県がんセンター病院放射線診断部),石垣 武男(名古屋大学医学部放射線医学教室),岩瀬 拓士(愛知県がんセンター病院乳腺外科),遠藤 登喜子(国立名古屋病院放射線科),小寺 吉衛(名古屋大学医学部保健学科),佐井 篤儀(新潟大学医学部保健学科),白石 順二(大阪市立大学医学部附属病院中央放射線部),原 武史(岐阜大学工学部応用情報学科),福岡 大輔(岐阜工業高等専門学校電気情報工学科)
日本放射線技術学会委員会   ---   2003年2月

書籍等出版物

 
医用画像情報工学
藤田広志・寺本篤司・岡部哲夫 編 (担当:分担執筆, 範囲:超音波診断装置の画像形成理論,超音波画像を対象としたCAD)
医歯薬学出版   2018年2月   ISBN:978-4-263-20648-5
実践医用画像解析ハンドブック
オーム社   2012年11月   ISBN:978-4-274-21282-6
医用画像ハンドブック
オーム社   2010年11月   ISBN:978-4-274-20955-0

講演・口頭発表等

 
原子解像度タンパク構造解析法の応用による 新規マクロ3D形態定量解析法の開発 (第2報) 自動座標抽出解析ソフト開発
加藤善一郎,福岡大輔,岸田宗範,中田浩平,神志那弘明,川瀬成吾,富永浩史,原 武史
2018年度日本魚類学会年会   2018年10月7日   
加藤善一郎, 福岡大輔, 岸田宗範, 中田浩平, 神志那弘明, 川瀬成吾, 富永浩史, 原武史
日本魚類学会年会講演要旨   2018年10月4日   
双方向通信を用いた計測制御教材の開発
大野裕司,野村拳也,福岡大輔
第 35 回 日本産業技術教育学会東海支部大会   2017年12月10日   
班報告:ROC解析用ソフトウェアの再生と統合型観察者実験キットの開発
福岡大輔,白石順二,原武史,田中利恵
第45回日本放射線技術学会秋季学術大会   2017年10月19日   
Raspberry Piを用いた計測・制御教材の開発
大野裕司,福岡大輔,宮川景行
日本産業技術教育学会 第60回全国大会   2017年8月26日   
ROC観察者実験用ソフトウエアを用いた一対比較法による画質評価
白石順二,福岡大輔,田中利恵,原 武史
第19回医用画像認知研究会   2017年7月29日   
脳血流シンチグラフィ検査におけるPatlak plot法に基づく平均脳血流量の自動測定システムの開発
籾内政哉, 原武史, 福岡大輔, 多湖博史, 後藤裕夫, 片渕哲朗, 藤田広志
第36回日本医用画像工学会大会   2017年7月27日   
ドパミントランスポーターイメージングにおけるCT像とMR像の位置合わせを利用した定量解 析システム
竹田優太, 横井翔伍, 田中悠貴, 原武史, ZHOU Xiangrong, 片渕哲朗, 福岡大輔, 松迫正樹, 藤田広志
第36回日本医用画像工学会大会   2017年7月27日   
福岡大輔
画像通信(Web)   2017年3月1日   
Patlak plot法に基づく脳血流量自動解析における測定領域の最適な形状モデルの検討
小保田智彦,原 武史,多湖博史,福岡大輔,片渕哲朗,後藤裕夫,藤田広志
電子情報通信学会医用画像研究会   2017年1月   
計測・制御における黒板提示用教材の開発
大野裕司,福岡大輔
第34回日本産業技術教育学会東海支部大会   2016年12月   
Quantitative measurements of brain SPECT images for dopamine transporter imaging by using image registration of CT and MR images
Masaki Matsusako, Yuta Takeda, Takeshi Hara, Daisuke Fukuoka, Xiangrong Zhou, Tetsuro Katafuchi, Hiroshi Fujita
RSNA2016   2016年11月27日   
脳SPECT/CT像とMR像の画像位置合わせの高速化のためのCT像とMR像のOMラインの自動抽出法
横井翔伍, 竹田優太, 原 武史, 田中悠貴, 片渕哲朗, 福岡大輔, 松迫正樹, 藤田広志
核医学技術学会   2016年11月3日   
DATイメージングにおけるSPECT像とMR像の画像位置合わせに基づくSBR測定法
竹田優太, 横井翔伍, 原 武史, 田中悠貴, 片渕哲朗, 福岡大輔, 松迫正樹, 藤田広志
核医学技術学会   2016年11月3日   
ディジタル乳腺画像評価のための簡易FROC観察者実験手法の提案
秋田富士代,田中利恵, 福岡大輔, 伴場裕介, 白石順二
第18回医用画像認知研究会   2016年9月   
胸部X線画像との融合画像を用いたMIBG心筋シンチグラムにおける心臓縦 隔比の半自動測定システムの開発
小保田智彦,原 武史,福岡大輔,三木一孝,多湖博史,片渕哲朗,安部美輝,藤田広志
第26回日本心臓核医学会総会・学術大会   2016年7月   
Development of estimation system of knee extension strength using image features in ultrasound images of rectus femoris
Hiroki Murakami, Tsuneo Watanabe, Daisuke Fukuoka, Nobuo Terabayashi, Takeshi Hara, Chisako Muramatsu, Hiroshi Fujita
SPIE Medical Imaging 2016   2016年2月   
Multi-Reader Multi-Case ROC/FROC解析ソフトウエア対応型の観察者実験用ソフトウエアの開発
福岡大輔,原武史,白石順二
第17回医用画像認知研究会   2015年8月   
大腿四頭筋の超音波画像における特徴量を利用した膝伸展筋力推定システムの開発
村上大樹,渡邉恒夫,福岡大輔,寺林伸夫,原武史,藤田広志
第34回日本医用画像工学会大会   2015年7月   
Quantitative Assessment of the Quadriceps Femoris Muscle for Early Detection of Musculoskeletal Disorder using Ultrasonography
Tsuneo Watanabe, Nobuo Terabayashi, Daisuke Fukuoka, Hiroki Murakami, Tamotsu Yabumoto, Sohee Shin, Hiroyasu Ito, Toshio Matsuoka, Mitsuru Seishima
AIUM(American Institute of ultrasound in medicine)   2015年3月   AIUM(American Institute of ultrasound in medicine)
手根管症候群の定量評価のための超音波画像解析
猿渡遥介,福岡大輔,渡邉恒夫,伊藤亜子,原 武史,藤田広志
医用画像情報学会(MII)平成26年度春季(第171回)大会   2015年2月   医用画像情報学会(MII)
動力伝達の学習を支援する教材の開発
佐藤優太,宮川景行,福岡大輔
日本産業技術教育学会東海支部   2014年12月   第32回日本産業技術教育学会東海支部
力や運動の伝達機構に関する教材の開発
佐藤優太,常冨真弘,福岡大輔,宮川景行
第31回 日本産業技術教育学会東海支部大会   2013年12月   
Temporal subtraction system on torso FDG-PET scans based on statistical image analysis
Shimizu, Takeshi Hara, Gifu Univ. School of Medicine (Japan); Daisuke Fukuoka, Gifu Univ. (Japan); Xiangrong Zhou,Chisako Muramatsu, Gifu Univ. School of Medicine (Japan); Satoshi Ito, Daiyukai General Hospital (Japan); Kenta Hakozaki,Shin-ichiro Kumita, Kei-ichi Ishihara, Nippon Medical School (Japan); Tetsuro Katafuchi, GifuUniv. of Medical Science (Japan); Hiroshi Fujita, Gifu Univ. School of Medicine (Japan)
SPIE Medical Imaging   2013年2月   
8670-124
ロコモティブシンドローム定量評価のための腓腹筋の3次元画像解析
名和寛文・渡邉恒夫・福岡大輔・寺林伸夫・原 武史・藤田広志(岐阜大)
電子情報通信学会医用画像研究会   2013年1月   
ロコモティブシンドローム定量評価のための腓腹筋の画像特徴解析
名和寛文,渡邉恒夫,福岡大輔,寺林伸夫,原武史,藤田広志
医用画像情報学会(MII) 平成25年度春季(第168回)大会   2013年   
Importance of Volumetry and Linear Structure Analysis around Nodules on Chest CT Scans
Masaki MatsusakoMD, PhD,Seiichiro Iida, Takeshi Hara PhD, Daisuke Fukuoka PhD, Xiangrong Zhou PhD,Yukihisa Saida MD, Hiroshi Fujita PhD
Radiological Society of North America(RSNA) 2012   2012年11月   
OP8-7: ロコモティブシンドロームの定量評価のための画像解析法の開発
名和寛文・渡邉恒夫・福岡大輔・寺林伸夫・原 武史・藤田広志(岐阜大)
第31回日本医用画像工学会   2012年8月   
User-friendly tools on hand-held devices for observer performance study
T.Matsumoto, T.Hara, J.Shiraishi, D.Fukuoka, H.Abe, M.Matsusako, X.Zhou, and H.Fujita
SPIE Medical Imaging   2012年2月   
ロコモティブシンドロームの定量評価とその画像解析手法の開発
名和寛文・渡邉恒夫・福岡大輔・寺林伸夫・原 武史・藤田広志(岐阜大)
電子情報通信学会医用画像研究会   2012年1月   
THREE-DIMENSIONAL POWER DOPPLER SONOGRAPHIC EVALUATION OF FINGER JOINTSIN PATIENTS WITH RHEUMATOID ARTHRITIS
Sato M, Takemura M, Shimizu K, Watanabe T, Fukuoka D, Shinohe R, Shinohe Y
EULAR Congress 2012   2012年   
Information Fusion of Whole Breast Ultrasonography and Breast MRI
Chisako Muramatsu PhD , Daisuke Fukuoka PhD , Etsuo Takada MD, PhD , Takako Morita MD , TakeshiHara PhD , Hiroshi Fujita PhD ,Tokiko Endo MD
Radiological Society of North America(RSNA) 2011   2011年12月   
Get Higher AUC!A Real-time ROC Software for Interpretation Training
Masaki MatsusakoMD, PhD , Junji Shiraishi , Daisuke Fukuoka PhD , Takeshi Hara PhD , Hiroyuki Abe MD , Akira Yamada MD , Shintaro Mori DDS, PhD , Katsutoshi Sugimoto MD, PhD , Takuya Matsumoto BS , Xiangrong ZhouPhD , Chisako Muramatsu PhD , Hiroshi Fujita PhD
Radiological Society of North America(RSNA) 2011   2011年12月   
Comprehensive Quality Assurance and Control Method for Ultrasound Beginners
Norimitsu Shinohara PhD , Daisuke Fukuoka PhD , Naoki Kamiya PhD , Yusuke Yamane BS ,Takeshi Hara PhD , Tokiko Endo MD , Hiroshi FujitaPhD
Radiological Society of North America(RSNA) 2011   2011年12月   
乳腺超音波画像におけるコンピュータ支援診断システムに関する研究
岡田俊明,福岡大輔,原武史,村松千左子,高田悦男,遠藤登喜子,森田孝子,藤田広志
第54回自動制御連合講演会   2011年11月   
全自動乳癌超音波集検機(ASU-1004B)について
高田悦雄1), 福岡大輔2), 藤田広志3)
第21回日本乳癌検診学会   2011年9月   
全乳房超音波画像における3次元的情報に基づいた腫瘤像の自動検出法の開発
石原福太郎・福岡大輔・村松千左子・原 武史(岐阜大)・高田悦雄(獨協医科大)・遠藤登喜子(名古屋医療センター)・森田孝子(中日病院)・藤田広志(岐阜大)
電子情報通信学会医用画像研究会   2011年1月   
乳腺超音波検査におけるQFAの開発とその評価
田中じゅん1), 南里和秀1), 米山昌司1), 岡山有希子1), 川瀬瑞樹1), 瓜倉久美子1), 望月幸子1), 植松孝悦1), 福岡大輔2), 藤田広志3), 吉中朋美4)
JSS中部 第15回地方会抄録「一般演題」   2011年   
Power Doppler Ultrasonography Evaluation of Inflammation in Rheumatoid Finger Joint: correlation between synovial blood flow signals and serum markers
Watanabe T, Takemura M, Sato M, Sekine A, Fukuoka D, Yabumoto T, Seishima M, Shimizu K, Matsuoka T
2011American Institute ofUltrasound in Medicine Annual convention   2011年   
Evaluation of rheumatoid arthritis disease activity using power Doppler ultrasonography
SATO M, TAKEMURA M, WATANABE T, SEKINE A, FUKUOKA D, SEISHIMA M, MATSUOKA T, SHIMIZU K
Symposium of the Asia Pacific League of Associations for Rheumatology 2011   2011年   
Mass Likelihood Based on the Contralateral and Longitudinal Comparisons for Computer-aided Mass Detection in Whole Breast Ultrasonography
Chisako Muramatsu , Daisuke Fukuoka PhD , Etsuo Takada MD, PhD , Takako Morita MD , Takeshi Hara PhD , Hiroshi Fujita PhD , Tokiko Endo MD , Fukutaro Ishihara
Radiological Society of North America(RSNA) 2010   2010年12月   
Development of User-friendly Application for ROC Study on Personal Hand-held Devices
Takuya Matsumoto , Takeshi Hara PhD , Daisuke Fukuoka PhD , HiroyukiAbe MD , Junji Shiraishi , Hiroshi Fujita PhD
Radiological Society of North America(RSNA) 2010   2010年12月   
宮崎県の工業高等学校における資格取得の取り組みの動向とその一考察
大迫昭彦 , 東 正之 , 日高義浩,福岡大輔
日本産業技術教育学会第22回九州支部大会   2010年10月   
全乳房超音波画像における経年画像の位置合わせに関する研究
宮田大輔, 福岡 大輔, 村松 千左子, 原 武史, 藤田 広志, 高田 悦雄,遠藤登喜子,森田孝子
医用画像情報学会(第156回)   2010年2月   
Detection of breast masses and false positive reduction by bilateral analysis on whole breast ultrasound images
T. Hara, D. Fukuoka, C. Muramatsu, F. Ishihara, T. Okada, , E. Takada, T.Morita, T. Endo, H. Fujita
SPIE Medical Imaging   2010年2月   
Visible Human画像を用いたラクナ梗塞と血管周囲腔拡大の分類法
鈴木鷹也・内山良一・原 武史・福岡大輔・岩間 亨・星 博昭・紀ノ定保臣・藤田広志(岐阜大)
電子情報通信学会医用画像研究会   2010年1月   
全自動乳癌超音波集検機の改良について
高田悦雄1, 福岡大輔2, 村松千左子3, 原武史3, 藤田広志3
第20回日本乳癌検診学会   2010年   
Sonographic Signs of True Breast Masses and Suspected Regions in WholeBreast Ultrasound Images
Chisako Muramatsu , Fukutaro Ishihara , Takako Morita , Daisuke Fukuoka , Etsuo Takada , Hiroshi Fujita , Takeshi Hara , Tokiko Endo
Radiological Society of North America(RSNA) 2009   2009年12月   
Real-time Mass Detection System in Breast Ultrasonography
Daisuke Fukuoka , Kazuhide Nanri , Takayoshi Uematsu , Chisako Muramatsu,Toshiaki Okada , Hiroshi Fujita , Takeshi Hara
Radiological Society of North America(RSNA) 2009   2009年12月   
Diagnostic Utility of Whole Breast Ultrasound and Breast MR Image Information Fusion
Hiroshi Fujita, Takako Morita , Chisako Muramatsu , Daisuke Fukuoka , Takeshi Hara , Etsuo Takada , Tokiko Endo , Gobert Lee
Radiological Society of North America(RSNA) 2009   2009年12月   
Automated Recognition and Registration of Breast Lesions in Whole Breast Ultrasound Data and Screening Mammography
Daisuke Fukuoka , Takako Morita , Chisako Muramatsu , Takeshi Hara , Hiroshi Fujita , Gobert Lee , Tokiko Endo , Etsuo Takada
Radiological Society of North America(RSNA) 2009   2009年12月   
乳房超音波診断装置に関する精度管理の試み~Massターゲットに関する検出~
和田亜由美1), 篠原範充1), 森田孝子2), 遠藤登喜子3), 福岡大輔4), 石原福太郎5), 藤田広志5)
第19回日本乳癌検診学会   2009年11月   
超音波装置付属モニタのコントラスト応答の測定
阿部紗也加1), 篠原範充1), 和田亜由美1), 福岡大輔2), 森田孝子3), 遠藤登喜子4), 藤田広志5)
第19回日本乳癌検診学会   2009年11月   
リアルタイムCAD(仮称)による乳腺腫瘤の検出について
米山昌司1, 南里和秀1, 井村有希子1, 戸原瑞樹1, 川中幸子1, 刀稱亀代志1, 福岡大輔2, 藤田広志2, 吉中朋美3, 馬木清隆3
第34回超音波検査学会   2009年6月   
Computer-aided diagnostic tools in cancer detection and therapy using statisticalmodeling of normal torso FDG-PET scans
T. Kara, T. Katafuchi, S. Ito, D.Fukuoka, G. N. Lee, T. Kobayashi, X. Zhou, H. Fujita, K. Doi
Europian Congress of Radiology   2009年3月   
20090306-20090310
Scoring methods for torso FDG-PET images by using normal body statistical models
Takeshi Hara, Tatsunori Kobayashi, Xiangrong Zhou,Hiroshi Fujita, Daisuke Fukuoka, Satoshi Ito , Tetsuro Katafuchi,Kunio Doi
SPIEMedical Imaging   2009年2月   
乳腺超音波画像における腫瘤のリアルタイム検出法の開発
大見祐輝,福岡大輔,原武史,藤田広志,高田悦雄,遠藤登喜子,森田孝子
医用画像情報学会(第153回)   2009年1月   
Whole Breast Ultrasonography: Its Effectiveness and Applications
Takeshi Hara, Takako Morita, Daisuke Fukuoka, Yuji Ikedo, Hiroshi Fujita, Tokiko Endo
Radiological Society of North America(RSNA) 2008   2008年12月   
Sonographic Differentiation of Breast Masses: Computer-aided Diagnosis Based on Echogenic and Shape Characteristics in Volumetric Data
G.Lee, Daisuke Fukuoka, Yuji Ikedo, Takeshi Hara, Hiroshi Fujita, Etsuo Takada
Radiological Society of North America(RSNA) 2008   2008年12月   
Real-time CAD System for Automated Detection of Calcifications in Breast Ultrasonography
F.Ishihara, D.Fukuoka, Y. Ikedo, T.Hara, H.Fujita, T.Morita
Radiological Society of North America(RSNA) 2008   2008年12月   
Computerized Assessment of Mammary Gland Patterns in Whole Breast Ultrasound Images
Y.Ikedo, T.Morita, D.Fukuoka, T.Hara, H.Fujita, T.Endo
Radiological Society of North America(RSNA) 2008   2008年12月   
Breast Cancer Signs in Volumetric Whole Breast Ultrasound Data
D.Fukuoka, G.Lee, Y.Ikedo, T.Hara, E.Takada, H.fujita
Radiological Society of North America(RSNA) 2008   2008年12月   
Automated Recognition of Anatomical Structure in Whole Breast Ultrasound Images
Daisuke Miyata, Yuji Ikedo, Daisuke Fukuoka, Takeshi Hara, Hiroshi Fujita, Etsuo Takada
Radiological Society of North America(RSNA) 2008   2008年12月   
全乳房超音波画像における正常構造の認識-皮膚と乳頭と肋骨の自動抽出-
宮田大輔, 池戸祐司, 福岡大輔, 原武史,藤田広志, 高田悦雄, 遠藤登喜子, 森田孝子
医用画像情報学会(第151回)   2008年5月   
乳癌超音波集検システムASU-1004 により得られた興味ある画像について
髙田 悦雄、福岡 大輔,池戸 祐司、原 武史、藤田 広志、遠藤 登喜子、森田 孝子、馬木 清隆、加藤 恵司
日本乳腺甲状腺超音波診断会議   2008年4月   
超音波による乳がん集団検診のための読影支援システムの開発
池戸祐司, 福岡大輔,原武史, 藤田広志, 高田悦雄, 遠藤登喜子, 森田孝子:
第64回日本放射線技術学会   2008年4月   
Computerized scheme for detection of masses in whole breast ultrasound images
Y.Ikedo, D.Fukuoka, T.Hara, H.Fujita, E.Takada, T.Endo,T.Morita ,
European Society of Radiology(ECR)   2008年3月   
Improving mass detection performance by use of 3D difference filterin a whole breast ultrasonography screening system
Y.Ikedo, D.Fukuoka, T.Hara, H.Fujita, E.Takada, T.Endo,T.Morita ,
SPIE Medical Imaging   2008年2月   
Developmentof whole breast ultrasound scanner and viewer for mass screening
D.Fukuoka, Y.Ikedo, K.Umaki, T.Hara, H.Fujita, E.Takada, T.Endo, T.Morita
SPIE Medical Imaging   2008年2月   
ロボットアームを活用した制御教材の開発
石原政明,福岡大輔
日本産業技術教育学会東海支部   2007年12月   
ネットワークを利用した制御教材開発と実践
石原政明, 福岡大輔,
日本産業技術教育学会東海支部   2007年12月   
CNCフライスを用いた加工及びユーザインターフェースの開発
伊藤嘉昭.福岡大輔,
日本産業技術教育学会東海支部   2007年12月   
乳腺超音波CAD の開発の現状と将来
福岡大輔,池戸祐司, 原武史, 藤田広志, 高田悦雄, 遠藤登喜子, 森田孝子:
第17回日本乳癌検診学会総会   2007年11月   
全乳房超音波画像における腫瘤像の検出法の開発
池戸祐司, 福岡大輔,原武史, 藤田広志, 高田悦雄, 遠藤登喜子, 森田孝子:
コンピュータ支援画像診断学会   2007年11月   
Automated Detection of Masses in Whole Breast Ultrasound Images for Large-Volume Screening
Y.Ikedo, D.Fukuoka, T.Hara, H.Fujita, E.Takada, T.Endo, T.Morita
Radiological Society of North America(RSNA) 2007   2007年11月   
乳癌集団検診のための全乳房超音波診断支援システムの開発
池戸祐司,福岡大輔,原武史,藤田広志,高田悦雄,遠藤登喜子,森田孝子
第35回日本放射線技術学会秋季学術大会   2007年10月   
乳癌集団検診のための全乳房超音波診断システムの開発
池戸祐司, 福岡大輔,原武史, 藤田広志, 高田悦雄, 遠藤登喜子, 森田孝子:
第35回日本放射線技術学会秋季学術大会   2007年10月   
乳がん集団検診のための超音波CADシステムの開発
,福岡大輔,池戸祐司, 原武史, 藤田広志, 高田悦雄, 遠藤登喜子, 森田孝子:
日本超音波医学会第25回中部地方会学術集会   2007年7月   
乳癌集検用超音波読影支援システムの開発
福岡大輔,池戸祐司, 原武史,藤田広志, 高田悦雄, 遠藤登喜子, 森田孝子:
日本超音波医学会第80回学術集会   2007年5月   
乳癌超音波集検用自動スキャナと読影システム
高田悦雄,福岡大輔,池戸祐司,
第18回日本乳腺甲状腺診断会議   2007年4月   
乳がん集検用超音波における全乳房読影システムの開発
池戸祐司,福岡大輔,藤田広志,原武史,遠藤登喜子,森田孝子
第16回乳癌画像研究会   2007年2月   
超音波診断装置の音速設定と画質の関係についての検討
池戸祐司,福岡大輔,藤田広志,原武史,遠藤登喜子,森田孝子
第16回乳癌画像研究会   2007年2月   
Semi-automatic ultrasonic full-breast scanner and computer-assisteddetection system for breast cancer mass screening
E.Takada, Y. Ikedo, D. Fukuoka, T. Hara, H. Fujita, T. Endo,T. Morita
SPIE Medical Imaging   2007年2月   
Computerized mass detection in whole breast ultrasound images : reduction of false positives using bilateralsubtraction technique
Y.IKEDO, D.FUKUOKA, T.HARA, H.FUJITA, E.TAKADA, T.ENDO, T.MORITA
SPIE Medical Imaging   2007年2月   
乳腺USを対象としたCADシステムの開発現状
藤田広志,原武史,福岡大輔,池戸祐司,高田悦雄,遠藤登喜子,森田孝子,名和正人
厚生労働省大内班会議   2006年11月   
乳癌超音波集検システムについて
高田悦雄,福岡大輔,池戸祐司,原 武史,藤田広志,遠藤登喜子,森田孝子,馬木清隆,加藤恵司
乳がん検診学会   2006年11月   
乳がん集検用コンピュータ支援診断システムの開発
福岡大輔,池戸祐司,原 武史,藤田広志,高田悦雄,遠藤登喜子,森田孝子
第17回日本乳腺甲状腺超音波診断会議   2006年11月   
超音波画像による全乳房読影ビューアの開発
池戸祐司,福岡大輔,原 武史,藤田広志,高田悦雄,遠藤登喜子,森田孝子
乳がん検診学会   2006年11月   
全乳房超音波画像における腫瘤検出支援システムの開発
池戸祐司,福岡大輔,原 武史,藤田広志,高田悦雄,遠藤登喜子,森田孝子
第16回コンピュータ支援画像診断学会大会   2006年10月   
全乳房超音波画像におけるCADシステムの開発
池戸祐司,福岡大輔,原武史,藤田広志,高田悦雄,遠藤登喜子,森田孝子
第146回医用画像情報学会   2006年10月   
乳癌超音波集検システムの現況
高田悦雄,福岡大輔,原 武史,藤田広志
第16回日本乳腺甲状腺超音波診断会議(JABTS)   2006年6月   
Fullyautomatic detection system for breast masses on ultrasound images
Yuji IKEDO, Daisuke FUKUOKA, Takeshi HARA, Hiroshi FUJITA, EtsuoTAKADA, Tokiko ENDO, Takako MORITA
Computer Assisted Radiology and Surgery(CARS 2006)   2006年6月   
Development of Breast Ultrasound CAD System for Screening
Daisuke FUKUOKA, Yuji IKEDO, Takeshi HARA, Hiroshi FUJITA,Etsuo TAKADA, Tokiko ENDO, Takako MORITA
International Workshop of Digital Mammography   2006年6月   
集団検診用乳房超音波CADシステム
福岡大輔,池戸祐司,原 武史,藤田広志,高田悦雄,遠藤登喜子,森田孝子:
日本超音波医学会   2006年5月   
ファントム画像による乳房超音波診断装置の精度管理
池戸祐司,福岡大輔,森田孝子,遠藤登喜子,原 武史,藤田広志:
日本超音波医学会   2006年5月   
乳腺超音波画像におけるエッジ画像を利用した腫瘤像の自動検出
池戸祐司,福岡大輔,原 武史,藤田広志,高田悦雄,遠藤登喜子,森田孝子
第144回医用画像情報学会   2006年2月   
Computer-aided detection system of breast masses on ultrasound images
Y. Ikedo, D.Fukuoka, T.Hara, H. Fujita, E. Takada, T. Endo, T. Morita:
Medical Imaging SPIE   2006年2月   
Computer-aided Detection (CAD) Scheme for Breast Mass on Screening Breast Ultrasonograms
D.Fukuoka, Y. Ikedo, T. Hara, H. Fujita, E. Takada, T. Endo, T. Morita:
Radiological Society ofNorth America(RSNA) 2005   2005年12月   
超音波乳癌集検システムの開発
高田悦雄1), 遠藤登喜子2), 森田孝子3), 福岡大輔4), 原武史5), 藤田広志5), 馬木清隆6), 加藤恵司6)
第15回日本乳癌検診学会   2005年11月   
Computer-aidedDetection (CAD) Scheme for Breast Mass on Screening Breast Ultrasonograms
D.Fukuoka, Y. Ikedo,T. Hara, H. Fujita, E. Takada, T. Endo, T. Morita:
RSNA2005   2005年11月   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
観察者実験の信頼性向上を目的としたROC・FROC解析システムの開発
科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2017年4月 - 2022年3月    代表者: 福岡大輔
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2011年 - 2016年    代表者: 福岡大輔
医療用超音波診断装置における撮影および診断の客観性の向上を図るため,広範囲な領域を撮影できる超音波ボリュームスキャナの開発と,撮影後の医用画像を解析するコンピュータ支援システムの開発が望まれている.本年度の研究成果として,ボリュームスキャナのハードウェア開発と,画像解析を行うソフトウェアであるコンピュータ支援システムの2つが挙げられる.下肢の超音波検査を目的として,術中探触子(幅50mm)を,直動機構により200mm自動走査し,撮影するボリュームスキャナを開発し動作検証を行った.音響波の透...
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2007年 - 2010年    代表者: 福岡大輔
本邦における乳がんの罹患率は年々増加しており,従来のマンモグラフィ検診に加え超音波併用検診の導入も検討されている.超音波を用いた検診においては,ホールブレスト超音波検査も一手法として期待されている.本課題では乳がん超音波併用検診の定量性の向上を目的として,マルチモダリティ画像(ホールブレスト超音波画像,マンモグラフィおよびMR画像)を対象としたコンピュータ支援診断(Computer-aided Diagnosis: CAD)システムの開発を行った.
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2004年 - 2006年    代表者: 福岡大輔
乳房超音波検査のための超音波読影支援システムを開発し性能評価を行った.1)リアルタイム病変検出処理の開発超音波装置より出力されたNTSCビデオ信号を,リアルタイムに画像処理を行い病変検出し,画像の定量的特徴(円形度,縦横比,後方エコー欠損などの情報)をオペレータに提示できるシステムを構築した.2)ホールブレスト撮影を可能とする画像合成技術の開発超音波装置により撮影された画像をHDD上に記録し,画像合成技術によりホールブレスト像を生成するシステムを開発した.また,得られたホールブレスト像から...
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間: 2003年 - 2007年    代表者: 藤田廣志
本研究では,人体の正常な解剖学構造の理解に基づき異常を検出する新しいタイプのCADシステムの開発方針を提案し,計算機による人体の解剖学的な構造を自動で認識する手順の開発を中心に研究を行った.以下の研究成果を得た.(1)大規模症例の高精度な体幹部CT画像データベースを構築した.また, CT画像,撮影パラメータ,患者情報,診断レポート,および実験結果を含むすべての情報を電子化し,計算機で容易に検索ができるように構築した.(2)人体の解剖学的構造の自動認識手順を開発し, 332症例の体幹部CT画...

特許

 
藤田 廣志, 福岡 大輔, 原 武史, 加藤 恵司, 馬木 清隆
藤田 廣志, 福岡 大輔, 原 武史, 加藤 恵司, 馬木 清隆
藤田 廣志, 福岡 大輔, 原 武史, 加藤 恵司
藤田 廣志, 福岡 大輔, 原 武史, 加藤 恵司
藤田 廣志, 福岡 大輔, 原 武史, 加藤 恵司, 林 佳典
特願2006-268087 : 乳房画像診断システム
藤田 広志(岐阜大学医学研究科),福岡 大輔(岐阜大学教育学部),原 武史(岐阜大学医学研究科)
特願2006-257169 : 超音波乳房診断システム
藤田 広志(岐阜大学医学研究科),福岡 大輔(岐阜大学教育学部),原 武史(岐阜大学医学研究科)
特願2006-257170 : 超音波乳房診断システム
藤田 広志(岐阜大学医学研究科),福岡 大輔(岐阜大学教育学部),原 武史(岐阜大学医学研究科)
PCT/JP2006/319164 : 超音波乳房診断システム
藤田 広志(岐阜大学医学研究科),福岡 大輔(岐阜大学教育学部),原 武史(岐阜大学医学研究科)
PCT/JP2006/319165 : 超音波乳房診断システム
藤田 広志(岐阜大学医学研究科),福岡 大輔(岐阜大学教育学部),原 武史(岐阜大学医学研究科)

社会貢献活動

 
平成30年度総合教育センター講座講師
【講師】  岐阜県教育委員会  非常勤講師  2018年8月3日 - 2018年8月3日
大学連携研修
【講師】  岐阜県教育委員会  非常勤講師  2018年8月21日 - 2018年8月21日
大学連携研修
【講師】  岐阜県教育委員会  非常勤講師  2018年8月23日 - 2018年8月23日
岐阜大会講師
【助言・指導】  東海・北陸地区中学校技術・家庭科研究会  非常勤講師  2018年10月19日 - 2018年10月19日