基本情報

所属
東京大学 大学院総合文化研究科 超域文化科学専攻
京都大学 生存圏研究所附属生存圏未来開拓研究センター 技術補佐員
大阪国際大学 非常勤講師
学位
学士(学術)(2017年3月 九州大学)
修士(総合学術)(2020年3月 京都大学)
博士(総合学術)(2023年9月 京都大学)

ORCID ID
 https://orcid.org/0000-0001-8773-1305
J-GLOBAL ID
201901000392255929
researchmap会員ID
B000357957

外部リンク

主に災害と日常の研究や実践、思想を、フィールドやテクスト、日常、学問など行き来しながら自由に探究しています。それはなぜならば、例えば以下の問いを私たちに投げかけ、その応答に対していかようであるのか、いかようにありうるのか思索し構想する必要があるように思えるからです。
①「なぜ、どのようにして人びとはリスクのある地域に住まうのか?」、②「いかにして人びとや自然は生き抜くのか?」、③「誰が誰に誰の何をどのように書く、語る、残す、記録する、読む、語られるのか?」、④「これらの学問的あるいは実践的な見方が、結局は私たちに何をもたらすのか?」といった主題を考えています。 

① スリランカの水害と復興に抗する地域の成立過程と戦略に関する研究(自然と生業、文化と社会、都市や制度・技術の歴史的成立過程との相互作用 キーワード:リスク、レジリエンス、歴史、社会性・共同性、日常的実践)

災害研究における地域に内在する知識形成と組織、復興の問題について、主にスリランカをフィールドに包括的な研究を行っています。特に、近年スリランカ農村部で増加増大しつつある水害常襲地での調査から、国家や市場経済がもたらす近代化と農村社会が構築してきた伝統が交錯する現場において、地縁・血縁に基づく社会的関係や生存戦略が形成されつつあることに着目して研究してきました。

具体的には、博論ではラトゥナプラ市におけるフィールドワークや公的文書・手記などの読解を通した災害対応の歴史的変遷や戦略に着目し、内在する資源を活用した策を見出しつつ、国家や社会が示すレジリエンスにも包摂されないような実践や工夫が繰り広げられていることを扱いました。ただし、コロナ禍のなかでのままならない調査や執筆・考察であったため、フィールドワークや読解は十分であったとはいえません。今後は災害、脆弱性、リスク、主体といった諸テーマに加え、気候変動適応や文化的レジリエンスなどと呼ばれる概念やミクロな実践との相互作用にも注目していきます。

なお、最近は地域固有の文化や住民らの被災経験・知恵といった在来知が結びついた地域のレジリエンスはどのような歴史的変遷を経て構築されてきたかというテーマを研究しています。スリランカの水害常襲地における防災技術・制度とその時代下で実践された戦略との相互作用として形成されたレジリエンス、また、それらの歴史的変遷、被災の記憶と記録に関心を持っています。今後は上記と並行しつつ、洪水によって生まれるメリット(例えば宝石とその産業)とリスクをめぐる社会性や生活史、さらにSATREPSプロジェクトに携わりながら土砂災害と住民に対する避難や防災教育のあり方にも迫っていきます。

② 被災・復興とケアをめぐる実践の研究(危機、ケア、多元世界、情動の意味づけ、主体の継ぎはぎ、場所や空間の喪失と変容 キーワード:移動・移転、住まう、場所・空間の喪失と変容、行為、意志、選択、ケア、よさ、生社会性)

スリランカだけでなく、令和元年・令和3年九州北部豪雨で立て続けに被災した佐賀県武雄市でも調査してきました。さまざまな問題に直面し葛藤する災害頻発地域で生きること、被災すること、リスクの高い地域や被災地から移動すること/移動しないことの選択した行為と意志、そのケアのあり方とは何か。それを提示することがこれからの私たちの生存のありように何を加えることになるのか。具体的な人びとや経験とともに考え、今後継続して長く関わっていきます。

加えて、もともと災害研究あるいは水にまつわる研究をはじめることになった端緒を振り返ると、私自身が2005年、当時小学5年に地元・宮崎県宮崎市生目台で台風14号を被災し、長期断水を経験したことにあります。その時に短期的にも長期的にも垣間見たのは、ソルニットのいう「災害ユートピア」なのか、グレーバーのいう「基盤的コミュニズム」なのか、すぐにはわかり得ない互助的な関係性でした。健常で資源にアクセスしやすい人たちだけが社会をつないでいるわけではないでしょう。シングル世帯や心身に不自由がある人、社会的参加が難しい人、高齢者など多様でよるべない人たちをゆるやかにつなぐコミュニティを考えてみると、不思議な取り組みや仕組みがいくつかあるときに動員され、循環していきます。私の地元は昭和の終わりに台地を切り拓いてできたニュータウンで、当時はそれならではのコミュニティの存在や人やモノ、サービスのコンパクトさを間近に感じることもありました。ただし、当時の地域と現在とでは、例えば少子高齢化や学校合併化など大きく状況が動いています。今、再び地元に立ち返って変容する地域での困難さやケアのよさを考えていきます。

③ 環境・社会・人間の危機の記述・記録とオープンな/クローズドな公開(カタストロフィから取るに足らない日常の重さや暗さまでを扱う記述や読み方、感じ方の多様なあり方 キーワード:グラフィ、記述・分析の民主化、カテゴリー、モード、問題の当事者)

危機的な状況が立ち上がったりその渦中にいたり巻き込まれたりする時、記述・記録する私は何を見る/見ない/不可視化しているのか?書ける/書き得ないのか?身体や五感から経験する/しないセンサーをどのように切り替えているのか?伝える/伝え得ないのか?記述や記録を目の当たりにした時、引き込まれるのか、憚られるのか?こうした記述や分析を誰がどういったモードで書くのか?アカデミズムだけに研究の主権を持たせず、民主化を狙って市井が書き、記録し、分析するような実験性を持った記述ができるとなったら、どんな価値転換や方向性が見出せるのか?リアリティを描くことや近づくことを研究上のテーゼに掲げながらも、圧倒的な場や主体、行為、感情、語りをそのままゴロっと書き残すこともやっぱり書けないと躊躇うことも引き受けることなどで得られる「-グラフィ」の可能性について考えています。

④ 学際研究、課題解決の方法論・思想に関する研究(人類学的な実践や学際がもたらす反省性と公共性、価値の探究 キーワード:学際、課題解決、圏、多元性、共創、総合知)

これまで私はいわゆる一文字学部とか伝統的な学部ではなく、新しい学際的な学部から学際的・社会課題解決志向の大学院に身を置き、学問や研究とは何か探求したり議論したりしてきました。その経緯もあり、そもそも学際や専門とは何で、みなで何を目指し、何が生まれるのかに興味を持っています。実際、よく考えると私自身が何の専門であるのかもわからないし、仮に定位してもそれを何かの機会や場で主張することの意義がはっきりと見出せません。曖昧な立場だからこそ、文理融合のあり方や課題解決型の研究の方法論、さらには学際や共創の方向性や思想について考えています。これは現在自分の研究を違う切り口から見通すことや他の研究グループ・プロジェクトと交わることを通じて、メタ的に分析することを実験的に試みています。

 

気になるテーマやコラボしたい内容などがあれば、ぜひお気軽にご連絡ください。
所属は東京ですが、普段の住まいは京都です。たまにスリランカや九州に調査に行きます。
連絡先:tsuchida.ryo.74☆gmail.com (☆を@に変えてください)


研究キーワード

  6

主要な論文

  7

主要なMISC

  17

書籍等出版物

  3
  • サンドラ・ピシク(編著)本間健太郎, 前田昌弘(監訳) (担当:共訳, 範囲:「大陸性」「大陸性気候の季節変化と文化」「亜寒帯と北西海岸の先住民住居/北米(アルドナ・ジョナイティス)」「著者略歴」(pp. 362-373, pp. 478-482))
    柊風舎 2023年5月 (ISBN: 9784864981019)
  • 池田裕一編著, 京都大学総合生存学研究会編 (担当:分担執筆, 範囲:レジリエンスと総合生存学がつなぐもの)
    京都大学学術出版会 2021年1月
  • 池田 裕一, 編著, 京都大学総合生存学研究会 (担当:分担執筆, 範囲:開発と災害復興と総合生存学)
    京都大学学術出版会 2021年1月

主要な講演・口頭発表等

  35

担当経験のある科目(授業)

  3

主要な共同研究・競争的資金等の研究課題

  10

主要な社会貢献活動

  10

メディア報道

  3

その他

  3
  • 2022年7月
    国際連合人間居住計画(国連ハビタット)アジア太平洋担当(福岡本部)設立25周年に際して発行・翻訳をインターンチームと職員で担当
  • 2019年11月 - 2021年3月
    総合型選抜専門塾AOI(大阪校・京都校)において、高校生に対して小論文対策に関する授業や指導として講師を務めつつ、授業カリキュラムの開発やメンターの育成、授業動画作成などを総括するインターンとして務めてきました
  • 2017年3月
    卒業論文「場所の喪失が地域愛着に及ぼす影響に関する研究 -九州大学箱崎キャンパスとその周辺地域を事例として-」について、今はなき九州大学箱崎キャンパスの近くにオフィスを構えていた建築設計事務所のサイトに掲載していただきました。下記リンクよりアクセスできます。 http://love-kyudai.jp/journal/685