基本情報

所属
京都大学大学院総合生存学館 総合生存学専攻 博士後期課程
学位
学士(学術)(2017年3月 九州大学)
修士(総合学術)(2020年3月 京都大学)

ORCID ID
 https://orcid.org/0000-0001-8773-1305
J-GLOBAL ID
201901000392255929
researchmap会員ID
B000357957

外部リンク

5年制博士一貫課程 博士課程5年。
災害研究における地域に内在する知識と組織、復興の問題について、主にスリランカをフィールドに包括的な研究を行っています。特に、近年スリランカ農村部で増加増大しつつある水害常襲地での調査から、国家や市場経済がもたらす近代化と農村社会が構築してきた伝統が交錯する現場において、地縁・血縁に基づく社会的関係や生存戦略が形成されつつあることに着目して研究しています。具体的には、フィールドワークや公的文書を通した災害対応の歴史的変遷や戦略に着目し、そうした内在する資源を活用した適応策を構築することを目指しています。災害、知識、脆弱性といった諸テーマに加え、広義の「レジリエンス」「気候変動適応」と呼ばれる概念やミクロな実践にも関心があります。

最近は地域固有の文化や住民らの被災経験・知恵といった在来知が結びついた地域のレジリエンスはどのような歴史的変遷を経て構築されてきたかというテーマをもとに、スリランカの水害常襲地における防災技術・制度とその時代下で実践された生存戦略との相互作用として形成されたレジリエンス、また、それらの歴史的変遷に関心を持っています。


研究キーワード

  4

論文

  3

MISC

  9

書籍等出版物

  2
  • 池田裕一編著, 京都大学総合生存学研究会編 (担当:分担執筆, 範囲:レジリエンスと総合生存学がつなぐもの)
    京都大学学術出版会 2021年1月
  • 池田 裕一, 編著, 京都大学総合生存学研究会 (担当:分担執筆, 範囲:開発と災害復興と総合生存学)
    京都大学学術出版会 2021年1月

講演・口頭発表等

  18

共同研究・競争的資金等の研究課題

  6

その他

  1