佐々木英子

J-GLOBALへ         更新日: 19/01/14 20:15
 
アバター
研究者氏名
佐々木英子
eメール
appliedtheatre17gmail.com
URL
https://appliedtheatre.wixsite.com/labo
学位
MA(ロンドン大学), 社会学士(早稲田大学)

研究分野

 
 
  • 芸術学 / 芸術一般 / 応用演劇
  • 健康・スポーツ科学 / 応用健康科学 / 応用ドラマ
  • 教育学 / 教育学 / ドラマ教育、教育哲学、インクルーシブ教育

学歴

 
1987年4月
 - 
1991年3月
早稲田大学 人間科学部 人間健康科学科
 
2007年9月
 - 
2008年7月
ミドルセックス大学 中高ドラマ教師養成(聴講) 
 
2010年10月
 - 
2011年12月
ロンドン大学ロイヤル セントラルスクール・オブ・スピーチアンドドラマ 応用演劇学 修士 
 

受賞

 
2006年
文化庁 新進芸術家海外研修員制度 奨学金(演劇分野/英国/1年)
 
2018年
落合聰三郎 児童青少年演劇基金 助成金(国際演劇教育学会 発表)
 

Misc

 
「アプライドシアター/ドラマ(Applied Theatre/ Drama)とは何か?ー変容する用語と場のパラダイムー」
演劇教育研究   (6) 15-23   2015年10月   [査読有り]
「実践ドラマ教育―想像と表現の参加型学習ー」(書評)
演劇教育ジャーナル「げき12」晩成書房      2013年11月
「ドラマと学びの場ー3つのワークショップから教育空間を考えるー」(書評)
演劇教育ジャーナル「げき13」晩成書房      2014年7月
「多様性を育むドラマと異文化コミュニケーション教育 ー『みんなちがってみんないい』の精神ー」
演劇教育ジャーナル「げき14」 晩成書房   78-80   2015年3月
「活動への発 達的介入を考える」(シンポジウム記録)
日本認知科学会 教育環境のデザイン分科会 活動記録 No.7   41-52   2017年5月
「パラダイムシフトする場ー21世紀のドラマへー」JG06 活動への発達的介入を考える「発達の最近接領域」の観点から(自主企画シンポジウム)
日本教育心理学会総会発表論文集(一般社団法人 日本教育心理学会)   101-101   2015年7月
「応用演劇の基礎知識」
アプライドシアタープラクティショナー基礎認定コーステキスト   9-11   2017年11月
「ドラマエデュケーションの基礎知識」
ドラマエデュケーター基礎認定コーステキスト   9-10   2018年4月
「応用演劇実践のための基礎知識」
アプライドシアタープラクティショナー実践認定コーステキスト   9-10   2018年11月
「第9回国際演劇教育研究学会に参加してーKAI ARIKIを必要とする時代にー」
演劇教育ジャーナル「げき20」 晩成書房   42-45   2018年12月

書籍等出版物

 
「ドラマ教育ガイドブックーアクティブな学びのためのアイデアと手法ー」(単訳)
新曜社   2017年6月   
「インプロを全ての教室へー学びを革新する即興ゲーム・ガイドー」 (共訳)
新曜社   2016年5月   

講演・口頭発表等

 
Applying the Power of Theatre in the Field of Universal Design: Focusing on the Effects of “Katharsis”, “Verfremdungs-effekt”, and “Empathy” through the Mirror Neuron Systems [招待有り]
国際演劇教育学会 (IDIERI 9) オークランド大学   2018年7月   
「Verbatim Theatreと倫理」
演劇学会年次大会 大阪大学   2016年6月   
「アプライドシアター/ドラマ (Applied Theatre/ Drama)とは何か?ー変容する用語と場のパラダイムー」
演劇学会 演劇と教育研究会合評会 東京学芸大学   2016年1月   
「ドラマ手法を使った異文化コミュニケーション授業の実践と考察」
異文化コミュニケーション学会年次大会 桜美林大学   2015年9月   
「活動への発達的介入を考えるー『発達の最近接領域』の視点から」 シンポジウム
教育心理学会年次大会 話題提供 新潟大学(日本認知科学会 教育環境のデザイン分科会企画)   2015年8月   
「応用演劇のコミュニケーション能力の発達に関 する考察」
演劇学会年次大会 桜美林大学   2015年6月   
「エジンバラ演劇祭における『福島朗読劇』 ー国境を越えて被災地の『心』をつなぐー」
演劇学会 近現代演劇研究会 大阪大学   2015年2月   
「横浜の私立中学校におけるドラマ手法を活用した異文化コミュニケーション授業の試み」
演劇学会 演劇と教育研究会 東京学芸大学   2014年9月   
「英国における『福島朗読劇』」
基盤研究(B)(課題番号22320035)「アジアにおける近現代演劇の国際的比較共同研究」研究協力 京都産業大学    2013年12月   

担当経験のある科目

 
 

Works

 
<Twitter from Tohoku × Traditional Japanese Arts> 朗読劇‘Silent Prayer of Poetry’(詩の黙礼)チャリティ公演 (エジンバラ)
芸術活動   2012年8月 - 2012年8月
被災地の声をエジンバラに届け、公演後の会場と対話を設け、会場からの声を現地に戻すという懸け橋としての応用演劇実践
詩と写真(ツイッターのつぶやきより):和合亮一/音楽作曲・監修:廣田丈自/翻訳:ジョー・アラン/後援:在英国日本国大使館、在エジンバラ日本国総領事館/主催:ドラマエデュケーションカンパニー
<Twitter from Tohoku × Traditional Japanese Arts> 朗読劇‘Silent Prayer of Poetry’(詩の黙礼)チャリティ公演 (ロンドン)
芸術活動   2012年3月 - 2012年3月
東北大震災のロンドン連絡会主宰の1周年メモリアルチャリティイベントとしてドキュメンタリーシアターの実践
詩と写真(ツイッターのつぶやきより):和合亮一/翻訳:ジョー・アラン/美術:松生紘子(劇団四季)/特別協力:伊川東吾/後援:東北被災地連絡会タープロンドン 主催:文化祭クラブロンドン
ドラマ教育イベント「ドラマエデュケーション・フェスタ!」 (こどもの城・青山円形劇場)
その他   2003年8月 - 2003年8月
様々な演劇ワークショップに誰もが参加できる参加型ショーケースであり、劇場を「あそび場」にする試み/元東京学芸大学副学長・LD学会会長 上野一彦×振付師 香瑠鼓 対談など/ 司会とうた:あらたに葉子/後援:日本児童青少年演劇協会、日本演劇教育連盟、全国特殊教育推進連盟ほか/主催:ドラマエデュケーションカンパニー
夏休みチャリティ公演「ビバ・メヒコ!」(こどもの城・青山円形劇場)
芸術活動   2001年7月 - 2001年7月
タイガーマスクのモデルであるメキシコのセルヒオ・グティエレス(暴風神父)とストリートチルドレンの実話を元にした演劇公演 /暴風神父とジュニア招聘、発達障害児の参加、上演後の観客とのオープン対話、上演後の子ども達主導の観客とのワークショップ、現地写真展、孤児手作り工芸品チャリティ販売の同時開催、プロ×アマチュア×発達障害児の協働の実践/協賛:株式会社明光ネットワークジャパン/協力:株式会社クロスメディア、手話劇団羽音、YMCA発達障がい児支援ASCAクラス他/主催:ドラマエデュケーションカンパニー

社会貢献活動

 
演劇×哲学対話「演劇で現象をとらえなおす」
【助言・指導, 企画】  アプライドシアター研究所  こまば哲学カフェ(東大駒場祭)  2018年11月25日 - 2018年11月25日
アプライドシアタープラクティショナー実践認定コース
【講師, 企画】  アプライドシアター研究所  2018年11月10日 - 2018年12月2日
ドラマエデュケーター基礎認定コース
【講師, 企画】  アプライドシアター研究所  2018年4月30日 - 2018年5月6日
「ドラマをつかって困りごとをとらえ直したり、生きのびる方法を学びあったりするワークショップ」
【講師, 企画】  こまば当事者カレッジ  2018年3月21日 - 2018年3月21日
「英国の応用演劇とドラマ教育」講座
【講師】  NPO日本学校演劇教育会 演劇教育研究ゼミ  2018年3月8日 - 2018年3月8日

その他

 
2018年4月   サイコドラマ基礎研修受講 講師:精神科医 増野肇氏
2018年1月   こまば当事者カレッジ 2017年度冬期コース(パイロット版)受講(東京大学駒場校舎)
2013年11月   心理学・脳科学研究所国際会議出席 イタリア・トレント大学(トレント)
2012年4月   サイコドラマ研修受講 サイコドラマ・ロンドンセンター アナ・チェイサー講師(ロンドン)
2011年11月   ホールパーソン・コミュニケーション研修受講 ホクストンホール(ロンドン)