笹野 大輔

J-GLOBALへ         更新日: 17/08/30 08:49
 
アバター
研究者氏名
笹野 大輔
 
ササノ ダイスケ
所属
気象庁
学位
博士(環境学)(筑波大学)
ORCID ID
orcid.org/0000-0002-7228-823X

研究分野

 
 

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
気象庁 地球環境・海洋部 技術専門官
 
2013年5月
 - 
2017年3月
気象研究所 海洋・地球化学研究部 研究官
 
2007年4月
 - 
2013年4月
気象研究所 地球化学研究部 研究官
 
2003年4月
 - 
2007年3月
長崎海洋気象台 海洋課
 

論文

 
Naohiro Kosugi, Daisuke Sasano, Masao Ishii, Kazutaka Enyo, Shu Saito
Journal of Geophysical Research: Oceans      2016年8月
We made comprehensive surface water CO2 chemistry observations in the Japan Sea during each autumn from 2010 to 2014. The partial pressure of CO2 (pCO2) in surface water, 312–329 μatm, was 10–30 μatm lower in the Japan Sea than in the same latitud...
Takeo Hama, Tomoki Inoue, Risa Suzuki, Hiroto Kashiwazaki, Shigeki Wada, Daisuke Sasano, Naohiro Kosugi, Masao Ishii
Journal of Oceanography   72 207-223   2016年4月
Effects of nutrient enrichment on 400-L coastal phytoplankton community cultures were examined under 3 pCO2 levels [ambient (400), 800 and 1200 μatm]. Three days after addition of the nutrients, rapid increases in phytoplankton pigments and cell n...
Sayaka Yasunaka, Sayaka Yasunaka, Akihiko Murata, Akihiko Murata, Eiji Watanabe, Melissa Chierici, Melissa Chierici, Agneta Fransson, Steven van Heuven, Mario Hoppema, Masao Ishii, Truls Johannessen, Naohiro Kosugi, Siv K. Lauvset, Jeremy T. Mathis, Shigeto Nishino, Abdirahman M. Omar, Are Olsen, Daisuke Sasano, Taro Takahashi, Rik Wanninkhof
Polar Science      2016年3月
© 2016 The Authors.We produced 204 monthly maps of the air-sea CO2 flux in the Arctic north of 60°N, including the Arctic Ocean and its adjacent seas, from January 1997 to December 2013 by using a self-organizing map technique. The partial pressur...
OKA Eitarou, QIU Bo, TAKATANI Yusuke, ENYO Kazutaka, SASANO Daisuke, KOSUGI Naohiro, ISHII Masao, NAKANO Toshiya, SUGA Toshio
J Oceanogr   71(4) 389-400   2015年8月
Temperature and salinity data from Argo profiling floats during 2005–2014 were analyzed to examine the decadal variability of the North Pacific Subtropical Mode Water (STMW) in relation to that of the Kuroshio Extension (KE) system. The formation ...
Takahiro Toyoda, Yosuke Fujii, Tsurane Kuragano, Naohiro Kosugi, Daisuke Sasano, Masafumi Kamachi, Yoichi Ishikawa, Shuhei Masuda, Kanako Sato, Toshiyuki Awaji, Fabrice Hernandez, Fabrice Hernandez, Nicolas Ferry, Stéphanie Guinehut, Matthew Martin, K. Andrew Peterson, Simon A. Good, Maria Valdivieso, Keith Haines, Andrea Storto, Simona Masina, Simona Masina, Armin Köhl, Yonghong Yin, Li Shi, Oscar Alves, Gregory Smith, You Soon Chang, You Soon Chang, Guillaume Vernieres, Guillaume Vernieres, Xiaochun Wang, Gael Forget, Patrick Heimbach, Ou Wang, Ichiro Fukumori, Tong Lee, Hao Zuo, Magdalena Balmaseda
Climate Dynamics      2015年8月
The interannual-decadal variability of the wintertime mixed layer depths (MLDs) over the North Pacific is investigated from an empirical orthogonal function (EOF) analysis of an ensemble of global ocean reanalyses. The first leading EOF mode repre...
Daisuke Sasano, Yusuke Takatani, Naohiro Kosugi, Toshiya Nakano, Takashi Midorikawa, Masao Ishii
Global Biogeochemical Cycles   29 935-956   2015年7月
The rate of change of dissolved oxygen (O<inf>2</inf>) concentrations was analyzed over 1987-2011 for the high-frequency repeat section along 165°E in the western North Pacific. Significant trends toward decreasing O<inf>2</inf> were detected in t...
TAKATANI Yusuke, ENYO Kazutaka, IIDA Yosuke, KOJIMA Atsushi, NAKANO Toshiya, SASANO Daisuke, KOSUGI Naohiro, MIDORIKAWA Takashi, SUZUKI Toru, ISHII Masao
J Geophys Res Ocean   119(5) 2806-2814   2014年5月
Improved spatial and temporal representation of total alkalinity (TA) is expected to be an important component in monitoring changes in the oceanic carbon cycle and acidification over the coming decades. For this reason, previous authors have soug...
M. Ishii, R. A. Feely, K. B. Rodgers, G. H. Park, R. Wanninkhof, D. Sasano, H. Sugimoto, C. E. Cosca, S. Nakaoka, M. Telszewski, Y. Nojiri, S. E. Mikaloff Fletcher, Y. Niwa, P. K. Patra, V. Valsala, H. Nakano, I. Lima, S. C. Doney, E. T. Buitenhuis, O. Aumont, J. P. Dunne, A. Lenton, T. Takahashi
Biogeosciences   11 709-734   2014年2月
Air-sea CO2 fluxes over the Pacific Ocean are known to be characterized by coherent large-scale structures that reflect not only ocean subduction and upwelling patterns, but also the combined effects of wind-driven gas exchange and biology. On the...
KAMEYAMA Sohiko, TANIMOTO Hiroshi, INOMATA Satoshi, YOSHIKAWA‐INOUE Hisayuki, TSUNOGAI Urumu, TSUDA Atsushi, UEMATSU Mitsuo, ISHII Masao, SASANO Daisuke, SUZUKI Koji, NOSAKA Yuichi
Geophys Res Lett   40(15) 3986-3990   2013年8月
Although much attention has been paid to describing the distribution of oceanic dimethyl sulfide (DMS) concentrations, establishing robust relationships between DMS concentrations and biological, physical, and chemical variables is still challengi...
MIDORIKAWA Takashi, ISHII Masao, KOSUGI Naohiro, SASANO Daisuke, NAKANO Toshiya, SAITO Shu, SAKAMOTO Naoaki, NAKANO Hideyuki, INOUE Hisayuki Y.
Geophys Res Lett   39(12) L12601-L12601   2012年6月
Recent changes in oceanic CO<inf>2</inf> partial pressure (pCO <inf>2</inf>sea) have attracted increasing interest as they relate to the increase in atmospheric CO<inf>2</inf> and climate change. We report decadal changes in the growth ...

Misc

 
吉川久幸, 小林修一, 比文啓太, 橋田元, 中岡慎一郎, 笹野大輔
月刊海洋   42(1) 70-73   2010年1月

書籍等出版物

 
海洋観測ガイドライン
笹野 大輔 (担当:分担執筆, 範囲:pCO2)
日本海洋学会   2015年10月   
Marine Ecosystems of the North Pacific
Daisuke Sasano (担当:分担執筆, 範囲:Status and trends of the Oyashio region, 2003– 2008)
PICES Special Publication   2010年   ISBN:1-897176-66-X

所属学協会

 
 

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 2012年 - 2015年    代表者: 濱 健夫
沿岸域における酸性化が微細藻類に対する影響を評価するため、以下の項目について研究を実施した。1)静岡県下田市の筑波大学下田臨海実験センターの沖合(水深50m)において、pH、二酸化炭素分圧等の炭酸系および微細藻類の組成について、平成25年6月までは月2回、7月以降平成26年3月までは月1回の観測を行った。また、7月-3月においては、植物プランクトンの光合成生産量を測定するため、13Cトレーサーを用いた疑似現場法を実施した。植物プランクトン濃度は3月から6月にかけて上昇し、それに伴い全炭酸濃...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 2011年 - 2013年
本研究は、南大洋における二酸化炭素(CO2)および揮発性有機化合物 (volatile organic compounds, VOC)の大気-海洋間交換と、その変動要因(特に生物活動の影響)を解明することを目的として開始した。2012年度には、海洋地球研究船「みらい」に前年度開発したシステムを搭載し、南大洋広域で11月から2月まで海洋CO2・メタン(CH4)分圧、VOCなどの観測を行った。その結果、南緯60度以南の高緯度海域では海氷融解、鉛直・水平混合、生物活動などの影響によりCO2とCH...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2010年 - 2012年    代表者: 石井 雅男
海水中の炭酸系測定の技術を向上させながら、太平洋熱帯域の表面海水と海洋内部の炭酸系観測を行った。また、国内外の多くの研究者らと連携して、太平洋の炭酸系・化学データのデータベースPACIFICAを完成させた。これを使って、太平洋熱帯域でも海水中のCO_2が顕著に増加しており、海洋酸性化が進んでいることを明らかにした。原因は、大気から南太平洋と北太平洋の亜熱帯域に吸収された人為起源CO_2が、海洋内部の赤道潜流などを経由して熱帯域に輸送されているためと考えられる。
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2008年 - 2010年
本研究は、南極海の二酸化炭素(CO_2)吸収とその変動要因を観測により解明することを目的とし開始された。2009年度と2010年度の12月から1月に白鳳丸(海洋研究開発機構)及び海鷹丸(東京海洋大学)で南極海インド洋セクターでの炭酸系と溶存酸素の観測を行った。その結果、生物活動が大気海洋間二酸化炭素交換フラックスの分布と変動に大きな役割を果たしていることが明らかになった。一方、過去に観測された炭酸系データと本研究で得られた結果を解析した結果、二酸化炭素吸収が主要な原因である海洋二酸化炭素分...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2007年 - 2009年    代表者: 石井 雅男
北太平洋西部において、長期にわたって観測されてきた海水中の酸素濃度のデータをまとめ、酸素センサーの導入や統計的手法によってデータの品質をチェックした後に、酸素濃度が長期にどう変化してきたかを調べた。東経165度の亜熱帯域北部から亜寒帯域の水深500m~2000m付近などで、酸素濃度が減少していることが分かった。こうした減少傾向は海洋温暖化にともなう密度低下の効果である程度説明できるが、酸素濃度が最も低い水深1000m付近における酸素の低下傾向は、海洋の循環が変化しているためと考えられる。