共同研究・競争的資金等の研究課題

2017年4月 - 2020年3月

作曲・演奏・信号の数理モデルに基づく音楽の生成と解析の研究

日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(A)  基盤研究(A)

課題番号
17H00749
体系的課題番号
JP17H00749
配分額
(総額)
45,630,000円
(直接経費)
35,100,000円
(間接経費)
10,530,000円

音楽情報処理研究分野で多彩な研究を行った。音楽情報は、楽譜階層、演奏階層、信号階層の3段の階層構造を持つ分野である捉え、階層内および階層間の情報変換、およびそれらの人間とのインタラクションの観点から、様々な課題に取り組み、多数の研究成果を得た。若干の成果例を挙げると、(1)楽曲の自動補完:メロディ断片や部分的な和声など穴あきだらけの曲を補完・完成する問題の世界初の提唱と解法、(2)楽譜を用いた音楽信号のonset時刻の詳細な解析分離、(3)自動運指決定のための新しい理論とアルゴリズム、(4)自動伴奏システムの福祉応用、(5)自動作曲システムOrpheusの社会への普及、など多数。

リンク情報
URL
https://kaken.nii.ac.jp/file/KAKENHI-PROJECT-17H00749/17H00749seika.pdf
KAKEN
https://kaken.nii.ac.jp/grant/KAKENHI-PROJECT-17H00749
ID情報
  • 課題番号 : 17H00749
  • 体系的課題番号 : JP17H00749

この研究課題の成果一覧

論文

  10

講演・口頭発表等

  1