藤崎英一郎

J-GLOBALへ         更新日: 17/06/14 01:00
 
アバター
研究者氏名
藤崎英一郎
 
フジサキ エイイチロウ
eメール
fujisakijaist.ac.jp
所属
北陸先端科学技術大学院大学
部署
先端科学技術研究科
職名
教授
学位
博士(理学)(東京工業大学)

プロフィール

2017年4月-現在:北陸先端科学技術大学院大学 (JAIST) 教授。専門は、暗号理論と情報セキュリティ技術。これまで電子マネーシステム、公開鍵暗号、署名、ゼロ知識証明プロトコルの提案や、プロトコルの相互接続時の安全性に関する研究、ネットワークプロトコルの安全性解析に携わる。

研究分野

 
 

論文

 
Eiichiro Fujisaki
Security and Cryptography for Networks - 10th International Conference, SCN 2016, Amalfi, Italy, August 31 - September 2, 2016, Proceedings   257-272   2016年   [査読有り]
Eiichiro Fujisaki,Keita Xagawa
Advances in Cryptology - ASIACRYPT 2016 - 22nd International Conference on the Theory and Application of Cryptology and Information Security, Hanoi, Vietnam, December 4-8, 2016, Proceedings, Part I   908-938   2016年   [査読有り]
Eiichiro Fujisaki,Keita Xagawa
Progress in Cryptology - LATINCRYPT 2015 - 4th International Conference on Cryptology and Information Security in Latin America, Guadalajara, Mexico, August 23-26, 2015, Proceedings   3-20   2015年   [査読有り]
Eiichiro Fujisaki,Akinori Kawachi,Ryo Nishimaki,Keisuke Tanaka,Kenji Yasunaga
IEICE Transactions   98-A(3) 853-862   2015年   [査読有り]
Eiichiro Fujisaki
Advances in Cryptology - ASIACRYPT 2014 - 20th International Conference on the Theory and Application of Cryptology and Information Security, Kaoshiung, Taiwan, R.O.C., December 7-11, 2014, Proceedings, Part II   426-447   2014年   [査読有り]
Atsushi Fujioka,Eiichiro Fujisaki,Keita Xagawa
IEICE Transactions   97-A(6) 1318-1334   2014年   [査読有り]
Eiichiro Fujisaki,Tatsuaki Okamoto
J. Cryptology   26(1) 80-101   2013年   [査読有り]
Eiichiro Fujisaki
Topics in Cryptology - CT-RSA 2012 - The Cryptographers' Track at the RSA Conference 2012, San Francisco, CA, USA, February 27 - March 2, 2012. Proceedings   136-155   2012年   [査読有り]
Ryo Nishimaki,Eiichiro Fujisaki,Keisuke Tanaka
IEICE Transactions   95-A(1) 176-184   2012年   [査読有り]
Ryo Nishimaki,Eiichiro Fujisaki,Keisuke Tanaka
IEICE Transactions   95-A(1) 167-175   2012年   [査読有り]
Eiichiro Fujisaki
IEICE Transactions   95-A(1) 151-166   2012年   [査読有り]
Eiichiro Fujisaki
Topics in Cryptology - CT-RSA 2011 - The Cryptographers' Track at the RSA Conference 2011, San Francisco, CA, USA, February 14-18, 2011. Proceedings   393-415   2011年   [査読有り]
Ryo Nishimaki,Eiichiro Fujisaki,Keisuke Tanaka
Information Security and Privacy - 15th Australasian Conference, ACISP 2010, Sydney, Australia, July 5-7, 2010. Proceedings   182-199   2010年   [査読有り]
Eiichiro Fujisaki,Ryo Nishimaki,Keisuke Tanaka
Provable Security, Third International Conference, ProvSec 2009, Guangzhou, China, November 11-13, 2009. Proceedings   118-128   2009年   [査読有り]
Ryo Nishimaki,Eiichiro Fujisaki,Keisuke Tanaka
Provable Security, Third International Conference, ProvSec 2009, Guangzhou, China, November 11-13, 2009. Proceedings   3-18   2009年   [査読有り]
Yang Cui,Eiichiro Fujisaki,Goichiro Hanaoka,Hideki Imai,Rui Zhang 0002
IEICE Transactions   92-A(1) 53-66   2009年   [査読有り]
Eiichiro Fujisaki,Koutarou Suzuki
IEICE Transactions   91-A(1) 83-93   2008年   [査読有り]
Yang Cui,Eiichiro Fujisaki,Goichiro Hanaoka,Hideki Imai,Rui Zhang 0002
Provable Security, First International Conference, ProvSec 2007, Wollongong, Australia, November 1-2, 2007, Proceedings   218-227   2007年   [査読有り]
Eiichiro Fujisaki,Koutarou Suzuki
Public Key Cryptography - PKC 2007, 10th International Conference on Practice and Theory in Public-Key Cryptography, Beijing, China, April 16-20, 2007, Proceedings   181-200   2007年   [査読有り]
Tetsutaro Kobayashi,Eiichiro Fujisaki
IEICE Transactions   90-A(7) 1395-1405   2007年   [査読有り]

Misc

 
井関 正也, 藤崎 英一郎
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   115(28) 31-38   2015年5月
藤崎 英一郎
電子情報通信学会誌 = THE JOURNAL OF THE INSTITUTE OF ELECTRONICS, INFOMATION AND COMMUNICATION ENGINEERS   90(6) 436-441   2007年6月
選択暗号文攻撃(CCA:Chosen-Ciphertext Attack)に対して証明可能安全な公関鍵暗号を構成することは,過去においてはもちろん,現在も一つの重要な課題と認識されている.本稿では,選択暗号文攻撃安全な公開鍵暗号の構成法について歴史的な研究の流れを説明しながら,既存の構成法を二つに分類してそれぞれの典型的な構成法を解説する.
山本 剛, 藤崎英一郎, 阿部 正幸
情報処理学会研究報告コンピュータセキュリティ(CSEC)   2005(70) 289-293   2005年7月
本論文では、通信料及び検証者の記憶領域と研鑚量を、知識の量に比べて非常に小さくできる知識のゼロ知識対話証明を提案する。このようなプロトコルは、通常のブラックボックスシミュレーションでは構成することが非常に困難と思われる。Dangardは文献[4]でDiffle-Hellman仮定に関係したある非標準的計算量仮定を導入したが、羽田と田中は文献[8]で、その仮定を用いた非ブラックボックスシミュレーションの三交信のゼロ知識証明を提案した。(最近BellareとPlacioは、別の非標準的計算量仮...
山本 剛, 藤崎 英一郎, 阿部 正幸
電子情報通信学会技術研究報告. ISEC, 情報セキュリティ   105(194) 41-45   2005年7月
本論文では, 通信量及び検証者の記憶領域と計算量を, 知識の量に比べて非常に小さくできる知識のゼロ知識対話証明を提案する.このようなプロトコルは, 通常のブラックボックスシミュレーションでは構成することが非常に困難と思われる.Dangardは文献[4]でDiffie-Hellman仮定に関係したある非標準的計算量仮定を導入したが, 羽田と田中は文献[8]で, その仮定を用いた非ブラックボックスシミュレーションの三交信のゼロ知識証明を提案した.(最近BellareとPalacioは, 別の非...
藤崎 英一郎, 鈴木 幸太郎
電子情報通信学会技術研究報告. SITE, 技術と社会・倫理   105(192) 187-194   2005年7月
通常、t-out-of-n分散署名ではt人以上の署名者が協力した時、正しい署名を作成することができる。本論文は、署名者の下限のみではなく、上限も指定できる分散署名方式(範囲署名と呼ぶことにする)を提案する。特に上限と下限が一致する場合、署名者数を確認できる署名方式となる。このような性質を目標にした署名方式は、文献[18], [19]で提案されている。ただし、これらの文献では、署名者数に関する定義がなされていない。本論文では、分散署名における真の署名者とはなにかを定義したうえで、範囲署名を定...

書籍等出版物

 
O. ゴールドライヒ (担当:共訳)
シュプリンガー・フェアラーク東京   2001年12月   ISBN:4431708642

特許

 
安田 幹, 小林 鉄太郎, 青木 和麻呂, 藤崎 英一郎, 藤岡 淳