新妻靖章

J-GLOBALへ         更新日: 19/10/16 15:12
 
アバター
研究者氏名
新妻靖章
所属
名城大学農学部
部署
生物環境科学科

プロフィール

海鳥類の生理生態学的な研究を行っている.特に,海鳥類の繁殖期におけるエネルギー・ダイナミックスの研究に関心があり,近年では,野外で自由に行動する野生動物のエネルギー消費量を測定するDLW法の海鳥類への適用の開発を行いった.国内において野生動物へのDLW法の適用は本研究者唯一である.本手法を用いてウミネコ親鳥の質の違いにより,餌環境の変動に対するエネルギー消費の応答が異なることを明らかにした.最近では,水銀汚染の海鳥生態への影響についても実績がある.石炭の燃焼などにより排出された水銀は,大気や海流で北極圏に運ばれ,その地域の高次捕食動物の水銀蓄積が問題になっている.日本沿岸に繁殖するウミネコの水銀汚染のレベルが,北極圏で繁殖するカモメ類より高いことがわかり,低濃度で慢性的な汚染の繁殖への影響についても研究している.

研究キーワード

 
 

経歴

 
2014年4月
 - 
現在
名城大学 農学部生物環境科学科 教授
 
2008年4月
 - 
2014年3月
名城大学 農学部生物環境科学科 准教授
 
2006年4月
 - 
2008年3月
名城大学 農学部生物環境科学科 助教
 
2005年4月
 - 
2006年3月
名城大学 農学部生物環境科学科 講師
 

委員歴

 
2014年1月
 - 
現在
日本鳥学会  英文誌編集委員
 

論文

 
Parental birds incubating larger clutch size regulate their field metabolic rates in response to environmental changes.
Kume Y, Shirai M, Mizutani Y & Niizuma Y
Ornithological Science   18(2) 161-167   2019年7月   [査読有り]
北海道におけるミサゴ成鳥と雛の水銀濃度ミサゴの水銀濃度
庄子晶子・杉山淳・谷日向子・新妻靖章
日本鳥学会誌   in press    2019年   [査読有り]
コアホウドリPhoebastria immutabilisにおけるフォルトバーの羽根間の違い
牛田裕介・白井正樹・山下優希・伊藤光希・新妻靖章
山階鳥類学雑誌   in press    2019年   [査読有り]
Kinoshita Chihiro, Fukuoka Takuya, Niizuma Yasuaki, Narazaki Tomoko, Sato Katsufumi
JOURNAL OF EXPERIMENTAL BIOLOGY   221(13)    2018年7月   [査読有り]
Mori Tomoki, Sugiura Rina, Kato Makoto, Kato Haruki, Niizuma Yasuaki
MAMMAL STUDY   43(2) 81-90   2018年6月   [査読有り]
Mercury contents of the tissues and feathers of Black-tailed Gulls on Kabushima (Kabu Island), Aomori, Japan
Goto Ryota, Ohura Takeshi, Mizutani Yuichi, Niizuma Yasuaki
ORNITHOLOGICAL SCIENCE   17(1) 113-118   2018年1月   [査読有り]
Mizutani Yuichi, Niizuma Yasuaki, Yoda Ken
PLOS ONE   11(11)    2016年11月   [査読有り]
Shirai Masaki, Niizuma Yasuaki, Yamamoto Maki, Oda Emiko, Ebine Naoyuki, Oka Nariko, Yoda Ken
PHYSIOLOGICAL REPORTS   3(11)    2015年11月   [査読有り]
Mori Tomohiko, Miyata Naoyuki, Aoyama Jun, Niizuma Yasuaki, Sato Katsufumi
FISHERIES SCIENCE   81(5) 871-882   2015年9月   [査読有り]
Watanuki Yutaka, Yamamoto Takashi, Yamashita Ai, Ishii Chihiro, Ikenaka Yoshinori, Nakayama Shouta M. M., Ishizuka Mayumi, Suzuki Yuya, Niizuma Yasuaki, Meathrel C. E., Phillips R. A.
JOURNAL OF ORNITHOLOGY   156(3) 847-850   2015年7月   [査読有り]
Takahashi Akinori, Ito Motohiro, Suzuki Yuuya, Watanuki Yutaka, Thiebot Jean-Baptiste, Yamamoto Takashi, Iida Takahiro, Trathan Phil, Niizuma Yasuaki, Kuwae Tomohiro
MARINE ECOLOGY PROGRESS SERIES   525 229-243   2015年4月   [査読有り]
Kazama Kentaro, Murano Hirotatsu, Tomita Naoki, Hosoda Akifumi, Niizuma Yasuaki, Mizota Chitoshi
ORNITHOLOGICAL SCIENCE   14(1) 29-39   2015年1月   [査読有り]
Niizuma Yasuaki, Shirai Masaki
ORNITHOLOGICAL SCIENCE   14(1) 21-28   2015年1月   [査読有り]
Tomita Naoki, Mizutani Yuichi, Trathan Philip N., Niizuma Yasuaki
ORNITHOLOGICAL SCIENCE   14(1) 3-11   2015年1月   [査読有り]
粂 佑奈, 新妻 靖章, 風間 健太郎, 伊藤 元裕, 山下 麗, 綿貫 豊
日本鳥学会誌   64(2) 219-226   2015年   [査読有り]
ウトウCerorhinca monocerata雛にイカナゴAmmodytes personatusとナンキョクオキアミEuphausia superbaを給餌し,その消化率と成長を調べた.イカナゴについては,雛に1日あたり湿重量で79.4±3.1 gwet/d(平均±標準偏差)与え,497.2±14.9 kJのエネルギー価,4.3±0.2 gの脂質,12.3±0.5 gのタンパ...
新妻 靖章, 土屋 健児, 粂 ひとみ, 別所 透, 風間 健太郎
山階鳥類学雑誌   45(2) 93-97   2014年   [査読有り]
東海地方のカワウPhalacrocorax carboの餌組成に基づき,カワウの餌である魚類とエビ類の栄養組成とエネルギー価を測定した。2005年から2012年の間に,カワウの19の餌種を,コロニーで吐き戻しを拾ったり,コロニー付近の海や川で釣りをしたり,魚屋から購入したりすることで集めた。粗脂肪はアメリカザリガニProcambarus clarkiiの0.6%からマアナゴConger myriasterの38.2%,エネルギー価はアメリカザリガニ...
鈴木 優也, 伊藤 元裕, 風間 健太郎, 新妻 靖章, 綿貫 豊
日本鳥学会誌   63(2) 279-287   2014年   [査読有り]
プランクトン食ウミスズメ科鳥類では,繁殖前に低い栄養段階の餌(カイアシ類)を食べたメスが大きな卵を産む.北海道天売島のウトウ Cerorhinca monocerata は魚食性であるが,春にはオキアミも食べる.卵容積に影響する要因を調べるため,2010,2011,2012年に抱卵中のオス・メスを捕獲し,その体サイズと余剰栄養指標,胸の羽毛と血球の窒素安定同位体比(δ15N,栄養段階の指標)を調べた.加えて,いつの時期に食べた餌が卵形成に利用...
Kazama Kentaro, Hirata Kazuhiko, Yamamoto Takashi, Hashimoto Hiroshi, Takahashi Akinori, Niizuma Yasuaki, Trathan Philip N., Watanuki Yutaka
JOURNAL OF AVIAN BIOLOGY   44(6) 603-608   2013年11月   [査読有り]
Mizutani Yuichi, Tomita Naoki, Niizuma Yasuaki, Yoda Ken
BIOLOGY LETTERS   9(5)    2013年10月   [査読有り]
Shirai Masaki, Niizuma Yasuaki, Tsuchiya Kenji, Yamamoto Maki, Oka Nariko
ORNITHOLOGICAL SCIENCE   12(1) 57-62   2013年6月   [査読有り]
Kazama Kentaro, Murano Hirotatsu, Tsuzuki Kazuhide, Fujii Hidenori, Niizuma Yasuaki, Mizota Chitoshi
APPLIED GEOCHEMISTRY   28 128-134   2013年1月   [査読有り]
風間 健太郎, 岩本 麻未, 堀 由紀子, 新妻 靖章
山階鳥類学雑誌   45(1) 46-52   2013年   [査読有り]
屋外で人工飼育されたカワウPhalacrocorax carbo hanedae亜成鳥の摂餌量と体重を117日間毎日測定した。外気温が上昇するにつれ,飽食給餌された5個体のカワウの体重当たりの摂餌量は減少したが,体重増加率(体重に対する体重増加量の割合)は減少しなかった。外気温が上昇すると,おそらく体温調節にかかるエネルギーコストが減少するため,カワウのエネルギー消費量が低下すると考えられた。
Ito Motohiro, Kazama Kentaro, Niizuma Yasuaki, Minami Hiroshi, Tanaka Yuzan, Watanuki Yutaka
ORNITHOLOGICAL SCIENCE   11(2) 113-119   2012年12月   [査読有り]
Kazama Kentaro, Niizuma Yasuaki, Watanuki Yutaka
WATERBIRDS   35(4) 599-607   2012年12月   [査読有り]
Shirai Masaki, Ito Motohiro, Yoda Ken, Niizuma Yasuaki
BIOLOGY OPEN   1(11) 1141-1145   2012年11月   [査読有り]
Shirai Masaki, Yamamoto Maki, Ebine Naoyuki, Yamamoto Takashi, Trathan Philip N., Yoda Ken, Oka Nariko, Niizuma Yasuaki
ORNITHOLOGICAL SCIENCE   11(1) 47-55   2012年6月   [査読有り]
Kazama Kentaro, Niizuma Yasuaki, Watanuki Yutaka
JOURNAL OF ETHOLOGY   30(2) 279-288   2012年5月   [査読有り]
Yoda Ken, Tomita Naoki, Mizutani Yuichi, Narita Akira, Niizuma Yasuaki
MARINE ECOLOGY PROGRESS SERIES   466 249-259   2012年   [査読有り]
Kazama Kentaro, Niizuma Yasuaki, Sakamoto Kentaro Q., Watanuki Yutaka
CANADIAN JOURNAL OF ZOOLOGY-REVUE CANADIENNE DE ZOOLOGIE   89(10) 938-944   2011年10月   [査読有り]
Tomita Naoki, Kazama Kentaro, Sakai Hidetsugu, Sato Megumi, Saito Atsushi, Takagi Masaoki, Niizuma Yasuaki
ORNITHOLOGICAL SCIENCE   10(1) 21-25   2011年6月   [査読有り]
Niizuma Yasuaki
ORNITHOLOGICAL SCIENCE   10(1) 35-38   2011年6月   [査読有り]
Kazama Kentaro, Sakamoto Kentaro Q., Niizuma Yasuaki, Watanuki Yutaka
ORNITHOLOGICAL SCIENCE   10(1) 13-19   2011年6月   [査読有り]
Yamamoto Maki, Kato Akiko, Niizuma Yasuaki, Watanuki Yutaka, Naito Yasuhiko
ORNITHOLOGICAL SCIENCE   10(1) 27-34   2011年6月   [査読有り]
Kazama Kentaro, Niizuma Yasuaki
ORNITHOLOGICAL SCIENCE   10(1) 1-2   2011年6月   [査読有り]
Sato Takuya, Watanabe Katsutoshi, Kanaiwa Minoru, Niizuma Yasuaki, Harada Yasushi, Lafferty Kevin D.
ECOLOGY   92(1) 201-207   2011年1月   [査読有り]
Kazama Kentaro, Niizuma Yasuaki, Watanuki Yutaka
ORNITHOLOGICAL SCIENCE   9(1) 93-100   2010年6月   [査読有り]
Inoue Yukiko, Yoda Ken, Fujii Hidenori, Kuroki Hirofumi, Niizuma Yasuaki
JOURNAL OF ETHOLOGY   28(2) 221-230   2010年5月   [査読有り]
新妻 靖章
日本鳥学会誌   59(1) 31-37   2010年   [査読有り]
Schmidt-Nielsenによると生理学とは,「生き物の機能(どのようにして食べ,呼吸をし,動くか)を知ること」,さらに「どのようにして生き物が困難な環境に適応しているか」を研究することとしている.生理生態学とは,Schmidt-Nielsenのいうところの後者の研究や生理学的な手法を用いて生態学的な問題を解決しようとする学問といえる.肺呼吸する動物は水に溶けている酸素を直接利用することはできず,水は空気に比べ,約25倍速く熱を奪うため,肺呼吸で酸素を体内へ取り入れ,自らの発熱により高...
風間 健太郎, 伊藤 元裕, 新妻 靖章, 桜井 泰憲, 高田 秀重, Sydeman William J., Croxall John P., 綿貫 豊
日本鳥学会誌   59(1) 38-54   2010年   [査読有り]
海洋資源を持続的に利用するためには,生態系を考慮したマネジメントが必須である.そのためには,生態系を構成する各要素について膨大な情報を収集し統合しなければならない.しかし,それはかなり困難であるので,効果的な生態系変化のインジケーターを使うことが重要である.海鳥は気候変化にともなう海洋生態系変動,および海洋環境汚染の便利なインジケーターであると信じられている.本論文では,1) 気候変化による海洋生態系変動に対する海鳥の反応,2) 海岸に漂着した海鳥の海洋油汚染インジケーターとしての有効性と...
富田 直樹, 水谷 友一, 藤井 英紀, 杉浦 里奈, 柳井 徳麿, 淺野 玄, 新妻 靖章
日本鳥学会誌   59(1) 80-83   2010年   [査読有り]
Tomita Naoki, Niizuma Yasuaki, Takagi Masaoki, Ito Motohiro, Watanuki Yutaka
ECOLOGICAL RESEARCH   24(1) 157-162   2009年1月   [査読有り]
佐藤 真衣, 井上 裕紀子, 石垣 麻美子, 山脇 諒子, 中川 靖大, 新妻 靖章
日本鳥学会誌   58(2) 196-200   2009年   [査読有り]
カワウPhalacrocorax carboの漁業被害が問題視される一方で,科学的に根拠のある漁業被害評価はほとんど行われていない.本研究では,愛知県知多半島鵜の山の雛の吐き戻しサンプルと,矢作川有害鳥獣捕獲個体の胃内容物をそれぞれ同定し,カワウの食性が地域によって異なるか調べた.さらに,アユPlecoglossus altivelis altivelisの漁業被害が報告され有害鳥獣捕獲が行われている矢作川のカワウの胃内容物組成から,アユの食害について検討した....
Niizuma Yasuaki, Gabrielsen Geir W., Sato Katsufumi, Watanuki Yutaka, Naito Yasuhiko
COMPARATIVE BIOCHEMISTRY AND PHYSIOLOGY A-MOLECULAR & INTEGRATIVE PHYSIOLOGY   147(2) 438-444   2007年6月   [査読有り]
伊藤 珠央, 小関 右介, 新妻 靖章
野生生物保護   10(1) 1-7   2006年   [査読有り]
<p>Medaka (Oryzias latipes), an indigenous species in Japan, has decreased in population size in many areas since the first introduction of mosquitofish (Gambusia affinis) in 1916. It is known that predation and a...
Incubation capacity limits maximum clutch size in black-tailed gulls Larus crassirostris.
YNiizuma, M Takagi, M Senda, M Chochi and Y Watanuki
Journal of Avian Biology.   36 421-427   2005年   [査読有り]
Resource allocation in fledglings of the rhinoceros auklet under different feeding conditions: an experiment manipulating meal size and frequency.
M Takenaka, Y Niizuma, and Y Watanuki
Canadian Journal Zoology.   83 1476-1485   2005年   [査読有り]
Niizuma Y, Yamamura O
Comparative biochemistry and physiology. Part A, Molecular & integrative physiology   139(1) 97-101   2004年9月   [査読有り]
Watanuki Y, Niizuma Y, Gabrielsen GW, Sato K, Naito Y
Proceedings. Biological sciences   270(1514) 483-488   2003年3月   [査読有り]
Buoyancy and maximal diving depth in penguins: do they control inhaling air volume?
K. SATO, Y. NAITO, A. KATO, Y. NIIZUMA, Y. WATANUKI, J.B. CHARRASSIN, C.A. BOST, Y. HANDRICH, and Y. LE MAHO.
Journal of Experimental Biology.   205 1189-1197   2002年   [査読有り]
Sexual differences in the external measurements of Black-tailed Gull breeding at Rishiri Island, Japan. 1: 163-166.
M CHOCHI, Y NIIZUMA, and M TAKAGI.
Ornithological Science.   1 163-166   2002年   [査読有り]