MISC

2012年8月

高速実験炉「常陽」における原子炉容器内保守・補修技術開発; 高速炉における原子炉容器内観察技術開発

JAEA-Technology 2012-027
  • 今泉 和幸
  • ,
  • 齊藤 隆一
  • ,
  • 飛田 茂治
  • ,
  • 長井 秋則
  • ,
  • 北村 了一
  • ,
  • 岡崎 義広

開始ページ
49
終了ページ
記述言語
日本語
掲載種別
機関テクニカルレポート,技術報告書,プレプリント等
DOI
10.11484/jaea-technology-2012-027

原子炉容器内観察技術は、供用期間中の原子炉の安全性及び健全性を確認する技術として重要な役割が期待されている。一方で、ナトリウム冷却型高速炉にあっては、観察装置等を高温・高放射線・ナトリウム環境といった過酷な条件で使用することから、当該技術の信頼性を担保するために、実機環境下で機能確認することが重要である。「常陽」では、第15回定期検査時に発生したトラブルの原因究明を一つの契機とし、以下の観察技術を新たに開発し、実機に適用した。(1)回転プラグ貫通孔上のアクリルプレートに設置したビデオカメラを用いた集合体等頂部観察技術。(2)遠隔操作装置により狭隘部に挿入した耐放射線ファイバスコープを用いた炉心上部機構下面観察技術。本技術開発を通じて、原子炉容器内観察にかかわる装置設計・作業手順策定等にかかわる経験を蓄積するとともに、照明・放射線の影響や画像拡張処理技術にかかわる基礎データを拡充し今後の原子炉容器内観察技術に資することができた。

リンク情報
DOI
https://doi.org/10.11484/jaea-technology-2012-027
URL
https://jopss.jaea.go.jp/search/servlet/search?5035025
ID情報
  • DOI : 10.11484/jaea-technology-2012-027

エクスポート
BibTeX RIS