MISC

2012年5月

高速実験炉「常陽」における原子炉容器内保守・補修技術開発; 高耐放射線ファイバスコープの開発(共同研究)

JAEA-Technology 2012-009
  • 内藤 裕之
  • ,
  • 板垣 亘
  • ,
  • 岡崎 義広
  • ,
  • 今泉 和幸
  • ,
  • 伊藤 主税
  • ,
  • 長井 秋則
  • ,
  • 北村 了一
  • ,
  • 社本 尚樹*
  • ,
  • 竹島 由将*

2012-009
開始ページ
100
終了ページ
記述言語
日本語
掲載種別
機関テクニカルレポート,技術報告書,プレプリント等
DOI
10.11484/jaea-technology-2012-009

本研究では、高速炉の炉内観察に使用するための耐熱性・耐放射線性に優れたファイバスコープを開発することを目的として、ファイバスコープの構成要素であるイメージファイバとライトガイドファイバの高温環境における耐放射線性向上策の検討と、照射試験によるファイバスコープの構成要素の照射特性の評価を実施した。ファイバの耐放射線性については純粋石英コアのファイバが優れており、不純物によって耐放射線性が左右されることがわかっている。また、光の一部はクラッドを通過するため、クラッドについても耐放射線に優れた材料にする必要がある。そこで、コアをOH基1,000ppm含有の純粋石英,クラッドをフッ素ドープ石英とすることで耐放射線性の向上を目指した。照射試験の結果、コアのOH基含有量を1,000ppmに増加したことで伝送損失の増加につながる照射による新たなプレカーサ生成を抑制できていることが確認できた。クラッドについても、フッ素ドープ石英クラッドは樹脂クラッドより伝送損失増加量や増加速度を大きく改善することができた。本研究の結果、イメージファイバ及びライトガイドファイバのコア材についてはOH基を1,000ppm含有する純粋石英,クラッド材についてはフッ素ドープ石英とし、これらでファイバスコープを構成することより、200$^{\circ}$C環境で5$\times$10$^{5}$Gy照射後でも観察できる見通しが得られた。

リンク情報
DOI
https://doi.org/10.11484/jaea-technology-2012-009
J-GLOBAL
https://jglobal.jst.go.jp/detail?JGLOBAL_ID=201402285014089019
URL
https://jopss.jaea.go.jp/search/servlet/search?5033205
ID情報
  • DOI : 10.11484/jaea-technology-2012-009
  • J-Global ID : 201402285014089019

エクスポート
BibTeX RIS