MISC

2009年7月

「常陽」の炉容器内の観察・補修技術と炉容器内構造観察のための画像撮影装置の開発

FAPIG
  • 齊藤 隆一
  • ,
  • 今泉 和幸
  • ,
  • 岡 潔
  • ,
  • 相澤 秀之*
  • ,
  • 片桐 源一*

179
開始ページ
3
終了ページ
9
記述言語
日本語
掲載種別

日本原子力研究開発機構大洗研究開発センターでは、ナトリウム冷却型高速炉の原子炉内観察・補修技術開発の一環として、ファイバスコープ及びカメラを用いた炉内観察装置を開発し、高速実験炉「常陽」原子炉容器内の観察を通じて、その適用性,観察技術に関する知見等を得てきた。今後、炉内干渉物の対策を契機として、炉容器内の観察・補修技術のさらなる向上を図っていく予定であり、開発の最新状況については、日本原子力学会2008年度の春秋2回の年会・大会で発表されている。本報では、2回の大会に渡りシリーズ発表された「ナトリウム冷却型高速炉の原子炉容器内観察・補修技術の開発」から、「炉容器内構造観察のための画像撮影装置」について、シリーズ発表中の関連発表を交えて紹介した。

リンク情報
URL
https://jopss.jaea.go.jp/search/servlet/search?5019939
ID情報
  • ISSN : 0014-5645

エクスポート
BibTeX RIS