MISC

2008年3月

「JAEA Abstracts」と「JOPSS」; 機関リポジトリの先駆け

専門図書館
  • 權田 真幸
  • ,
  • 池田 貴儀
  • ,
  • 海老澤 直美*

228
開始ページ
26
終了ページ
32
記述言語
日本語
掲載種別
出版者・発行元
専門図書館協議会

日本原子力研究開発機構(原子力機構)は今日のように機関リポジトリが台頭する前から、インターネットを通じて研究開発成果を発信している。現在は「JAEA Abstracts」(研究開発成果抄録集)と「JOPSS」(JAEA Originated Papers Searching System、研究開発成果検索・閲覧システム)の2つのシステムを公開しており、図書館が運営している。本稿では、機関リポジトリの先例として、原子力機構図書館における研究開発成果発信の歴史を振り返るとともに、その現状と直面する課題を紹介する。

リンク情報
CiNii Articles
http://ci.nii.ac.jp/naid/120005574638
CiNii Books
http://ci.nii.ac.jp/ncid/AN0035647X
URL
https://jopss.jaea.go.jp/search/servlet/search?5012911
ID情報
  • ISSN : 0385-0188
  • CiNii Articles ID : 120005574638
  • CiNii Books ID : AN0035647X

エクスポート
BibTeX RIS