Profile Information

Affiliation
助教, 大学病院, 東北大学
Degree
博士(医学)(東北大学)

J-GLOBAL ID
201801017707199790
researchmap Member ID
B000302281

1. 地域医療の経験を背景にし、実学としての内科学一般とくに消化器内科学を研究の基盤としています。医学博士は「東日本大震災後の消化性潰瘍の増加とその特徴」に関する臨床研究で取得し、精神的ストレスは、消化性潰瘍の独立した成因であり、災害時潰瘍出血の危険因子となることを報告しました。現在も臨床の課題を克服すべく、コホートを含む臨床研究とCochrane Review memberとしてシステマティックレビューを行っており、エビデンスの実臨床への還元を目指しています。2019年7月よりCochrane Upper GI and Pancreatic diseases(その後Cochrane Gutに名称変更)のEditorとなりました。東日本大震災時の出血性潰瘍増加をきっかけとして、出血を伴う観血的内視鏡処置の学習環境の課題を明らかとし、そこから新規シミュレータ開発とそれらを用いた問題解決型シミュレーション教育の推進をしています。
一方、医療人教育として大学のみならず行政(宮城県保健福祉部)と連携し地域における若手医師育成に関わっています。医学教育学会主催の第43回富士研WSにも参加し、医学教育の基本とこれからの在り方に関して学んでおります。そして2.と関連して災害の経験を通した医療者としてのプロフェッショナリズムに関する講義を継続的に行っております。

2. 2008年岩手宮城内陸地震(M7.2)では震源地に近接する栗原中央病院での急性期トリアージと初期治療そしてDMAT受け入れを経験しました。また2011年東日本大震災(M9.0)では、南三陸町公立志津川病院で勤務医として15mを超える地震津波災害に被災、患者・住民避難とその後の災害医療体制構築に関わりTIME誌「世界で最も影響力のある100人」に選出されました。以降、災害医療領域の中でこれまで重視されてこなかった支援を受け止める「受援」の在り方を提言しています。さらに被災した人間として困難に向き合うレジリエントな社会を目指し国内外で経験と知見を共有する講演活動・いのちの教育を継続しています。2021年現在で講演はのべ230回を超え、2万2千人超の聴講者へメッセージを伝えています。
2019年10月より東北大学病院総合地域医療教育支援部助教(消化器内科兼務)として、文部科学省補助金事業(平成30年度選定)「課題解決型高度医療人材養成プログラム」"コンダクター型災害保健医療人材の養成プログラム"の運営・調整業務に携わり、社会に提案できる医療人材育成を進めています。
<リンク先:TEDxTaipei 2014講演 被災とレジリエンスについて>
http://tedxtaipei.com/talks/2014-takeshi-kanno/
※メディア関連出演の記録は社会貢献活動欄の末尾に、東北大学医学部広報一條様のご助力で一覧を作成し掲載しています。
<リンク先:コンダクター型災害保健医療人材の養成プログラム>
https://www.dcnd.hosp.tohoku.ac.jp/


Education

  2

Awards

  3

Papers

  29

Misc.

  30

Books and Other Publications

  10

Presentations

  118

Research Projects

  5

Social Activities

  95

Academic Activities

  12

Media Coverage

  1