江口洋

J-GLOBALへ         更新日: 18/09/10 20:43
 
アバター
研究者氏名
江口洋
 
エグチ ヒロシ
所属
近畿大学
部署
医学部眼科学教室
職名
准教授
学位
乙医第1724号(徳島大学)
その他の所属
香川大学医学部分子微生物学

研究分野

 
 

経歴

 
2018年4月
 - 
現在
近畿大学医学部 眼科学教室 准教授
 
2016年4月
 - 
現在
香川大学医学部分子微生物学 客員研究員(兼任)
 
2015年4月
 - 
2018年3月
近畿大学医学部堺病院眼科 准教授
 
2013年4月
 - 
2016年3月
香川大学医学部分子微生物学 非常勤講師(兼任)
 
2005年4月
 - 
2015年3月
徳島大学医学部附属病院眼科 講師
 
2003年6月
 - 
2005年3月
徳島大学医学部附属病院眼科 助手(現助教)
 
2002年6月
 - 
2003年5月
西オーストラリア大学 Lions Eye Institute clinical fellow, Royal Perth Hospital clinical assitant
 
2000年1月
 - 
2002年5月
徳島大学医学部附属病院眼科 助手(現助教)
 
1998年4月
 - 
1999年12月
徳島大学医学部附属病院眼科 医員
 
1996年4月
 - 
1998年3月
公立学校共済組合四国中央病院眼科 医員
 

委員歴

 
2016年4月
 - 
現在
日本眼感染症学会  理事
 
2013年
 - 
現在
Hindawi  Academic Editor of Case Reports in Ophthalmological Medicine
 
2010年4月
 - 
現在
日本眼感染症学会  評議員
 
2013年4月
 - 
2016年4月
日本眼科学会  プログラム委員
 

受賞

 
2013年12月
黒瞳会 第8回黒瞳賞 眼感染症診療への分子生物学の応用
 
2011年1月
第34回日本眼科手術学会総会 第6回 Ophthalmic Surgery Film Award, technique/complication management部門 Silver Award 無水晶体・無硝子体性水疱性角膜症に対するDSAEK
 

論文

 
Quantification of Eccentric Fixation Using Spectral-Domain Optical Coherence Tomography
Nakamoto Y, Takada R, Tanaka M, Matsumoto F, Aomatsu K, Tachibana K, Eguchi H, Kusaka S.
Ophthalmic Res   (in press)    2018年9月   [査読有り]
Genetic diversity and persistent colonization of Enterococcus faecalis on ocular surfaces
Todokoro D, Eguchi H, Suzuki T, Suzuki M, Nakayama-Imaohji H, Kuwahara T, Nomura T, Tomita H, Akiyama H
Jpn J Ophthalmology   (in press)    2018年8月   [査読有り]
Isolates and antibiotic susceptibilities of endogenous bacterial endophthalmitis: a retrospective multi center study in Japan.
Todokoro D, Mochizuki K, Nishida T, Eguchi H, Miyamoto T, Hattori T, Suzuki T, Inoue T, Nejima R, Hoshi S, Akiyama H.
J Infect Chemother.   24(6) 458-462   2018年2月   [査読有り]
Acute keratoconjunctivitis due to contamination of contact lens care solution with histamine-producing Raoultella species: a case report
Eguchi H, Hotta F, Kuwahara T, Imaohji H, Kusaka S, Shimomura Y
Medicine(Baltimore)   96:50(e9310)    2017年12月   [査読有り]
【前眼部疾患:スリットで分からないときに役立つ検査】微生物検査
江口 洋
眼科グラフィックス   6(6) 536-541   2017年12月   [招待有り]
Corneal Nerve Fibers Structure, Its Role in Corneal Function, and Its Changes in Corneal Diseases
Eguchi H, Hiura A, Nakagawa H, Kusaka S, Shimomura Y
Biomed Res Int.   2017:3242649. doi: 10.1155/201    2017年11月   [査読有り]
【眼科救急Q&A】 主訴・主要他覚所見ごとの救急疾患の鑑別診断 救急外来に細菌性結膜炎の疑われる眼脂の強い患者が受診しました。塗抹標本はどのように作製したらよいでしょう(Q&A/特集)
堀田扶美香, 江口 洋
あたらしい眼科   34(臨増) 7-9   2017年11月
Diagnostic Approach to Ocular Infections Using Various Techniques From Conventional Culture to Next-Generation Sequencing Analysis.
Eguchi H, Hotta F, Kuwahara T, Imaohji H, Miyazaki C, Hirose M, Kusaka S, Fukuda M, Shimomura Y.
Cornea   2017 Sep 11. doi: 10.1097/ICO.    2017年9月   [査読有り]
コンクトレンズ用語集(MPS)
立花都子, 江口 洋
日本コンタクトレンズ学会雑誌   59(2) 122-123   2017年6月   [査読有り]
Antifogging device to prevent moisture condensation during vitrectomy with non contact wide-field viewing system.
Kusaka S, Tachibana K, Tsujioka D, Hotta F, Eguchi H, Shimomura Y
Retina   37(6) 1215-1217   2017年6月   [査読有り]
Pathological analysis of ocular lesions in a murine model of Sjögren’s syndrome
Ushio A, Arakaki R, Eguchi H, Hotta F, Yamada A, Kudo Y, Ishimaru N
International Journal of Molecular Science   18(6)    2017年6月   [査読有り]
眼感染症 View Point コリネバクテリウムの薬剤感受性
江口 洋
Core-Network of Ocular Infection   19(6) 4-5   2017年6月   [招待有り]
角膜内皮移植: DSAEK 対 DMEK, 無虹彩・無硝子体眼での DSAEK
西田功一, 江口 洋
眼科   59(5) 485-489   2017年5月   [招待有り]
術中 Optical Coherence Tomography (RESCAN®700)
江口洋, 日下俊次, 堀田芙美香, 福田昌彦, 下村嘉一
臨床眼科   71(4) 509-513   2017年4月   [査読有り]
A super-infection in the cornea caused by Stemphylium, Acremonium, and α-Streptococcus.
Hotta F, Eguchi H, Nishimura K, Kogiso M, Ishimaru M, Kusaka S, Shimomura Y, Yaguchi T
Annals of Clinical Microbiology and Antimicrobials   16(1)    2017年3月   [査読有り]
【今、注目すべき眼感染症とその治療戦略】新しいコリネ属-コリネバクテリウム・オキュリ
西田功一, 江口 洋
あたらしい眼科   33(11) 13-16   2016年11月   [招待有り]
【眼感染症の傾向と対策-完全マニュアル】 知っておきたい眼感染症診療の動向 注意が必要な角膜真菌症
江口 洋
臨床眼科   70(11) 13-17   2016年10月
【角膜真菌症アップデート】 糸状菌感染症
堀田 芙美香, 江口 洋
眼科   58(10) 1041-1045   2016年10月   [招待有り]
26.0mm以上の長眼軸長眼における眼内レンズ度数計算式の術後早期の屈折誤差
高田遼太, 松本富美子, 立花都子, 江口 洋, 日下俊次
視覚の科学   37(2) 41-44   2016年8月   [査読有り]
Watanabe T, Uematsu M, Mohamed YH, Eguchi H, Imai S, Kitaoka T.
Eye Contact Lens. 2016 Aug 16. [Epub ahead of print]      2016年8月   [査読有り]
Eguchi H, Kusaka S, Arimura-Koike E, Tachibana K, Tsujioka D, Fukuda M, Shimomura Y
International Ophthalmology      2016年8月   [査読有り]
CLケア教室(第54回)MPSが抱える問題点
山下眞里佳, 江口 洋
日本コンタクトレンズ学会雑誌   58(2) 93-95   2016年6月   [招待有り]
Bernard KA, Pacheco AL, Loomer C, Burdz T, Wiebe D, Huyhn C, Kaplen B, Olson AB, Cnockaert M, Eguchi H, Kuwahara T, Nakayama-Imaohji H, Shiota H, Boudewijns M, Van Hoecke F, Vandamme P
International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology   (66) 2803-2812   2016年4月   [査読有り]
【涙道診療ABC】 涙道の炎症
岩田 明子, 江口 洋
OCULISTA   (35) 26-29   2016年2月   [招待有り]
メタゲノム解析で診断したMycoplasma faucium急性涙嚢炎の1例
長谷川 麻里子, 江口 洋, 宮崎 千歌, 廣瀬 美央
臨床眼科   70(1) 109-113   2016年1月   [査読有り]
[Multicenter Prospective Observational Study of Fungal Keratitis--Current Status of Patients' Background, Clinical Findings, Treatment and Prognosis].
Inoue Y, Ohashi Y, Suzuki T, Shimomura Y, Fukuda M, Sotozono C, Hatano H, Eguchi H, Araki-Sasaki K, Hoshi S, Sunada A, Asari S, Yaguchi T, Makimura K, Yokokura S, Mochizuki K, Monden Y, Nejima R, Multicenter Study Group of Fungal Keratitis in Japan
Nippon Ganka Gakkai zasshi   120(1) 5-16   2016年1月   [査読有り]
[Multicenter Prospective Observational Study of Fungal Keratitis--Identification and Susceptibility Test of Fungi].
Sunada A, Asari S, Inoue Y, Ohashi Y, Suzuki T, Shimomura Y, Fukuda M, Sotozono C, Hatano H, Eguchi H, Araki-Sasaki K, Hoshi S, Yaguchi T, Makimura K, Yokokura S, Mochizuki K, Monden Y, Nejima R, Multicenter Study Group of Fungal Keratitis in Japan
Nippon Ganka Gakkai zasshi   120(1) 17-27   2016年1月   [査読有り]
The basic and clinical aspects of colored contact lenses
Eguchi H, Tsukiyama J, Kodama A, Miyamoto Y, Fukuda M, Shimomura Y
Ophta   22(5) 349-350   2016年
Inoue H, Suzuki T, Inoue T, Hattori T, Nejima R, Todokoro D, Hoshi S, Eguchi H, Miyamoto H, Ohashi Y
Cornea   34(9) 1105-1109   2015年9月   [査読有り]
Todokoro D, Eguchi H, Yamada N, Sodeyama H, Hosoya R, Kishi S
Journal of Clinical Microbiology   53(9) 3092-3095   2015年9月   [査読有り]
眼感染症 View Point ブドウ球菌の薬剤耐性
江口 洋
Core-Network of Ocular Infection   17 4-5   2015年8月   [招待有り]
カラーコンタクトレンズによる角膜障害の基礎的見地からの検討
江口 洋, 岩田 明子
日本コンタクトレンズ学会誌   57(2) 82-86   2015年6月   [査読有り]
Toriyama K, Suzuki T, Inoue T, Eguchi H, Hoshi S, Inoue Y, Aizawa H, Miyoshi K, Ohkubo M, Hiwatashi E, Tachibana H, Ohashi Y
Journal of Clinical Microbiology   53(1) 273-277   2015年1月   [査読有り]
Farouk MM, Naito T, Shinomiya K, Eguchi H, Sayed KM, Nagasawa T, Katome T, Mitamura Y
Journal of Ophthalmology   2015 510459   2015年   [査読有り]
カラーコンタクトレンズ着色顔料厚と角膜上皮障害との関係
江口 洋, 宮本 龍郎, Tserennadmid Enkhmaa, 蓑手 孝宗, 谷 彰浩, 安部 翔子, 堀田 芙美香, 三田村 佳典, 檜野 栞, 松永 透, 佐藤 隆郎
日本コンタクトレンズ学会誌   56(4) 294-297   2014年12月   [査読有り]
角膜移植後ドライアイに対するジクアホソルナトリウム点眼薬の効果
堀田 芙美香, 江口 洋, 仁木 昌徳, Tserennadimid Enkhmaa, 三田村 さやか, 宮本 龍郎, 三田村 佳典
あたらしい眼科   31(11) 1692-1696   2014年11月   [査読有り]
1.5%レボフロキサシン点眼薬が奏効したキノロン耐性Corynebacterium角膜炎
佐埜 弘樹, 江口 洋, 宮本 龍郎, 堀田 芙美香, 三田村 さやか, 三田村 佳典
あたらしい眼科   31(11) 1683-1686   2014年11月   [査読有り]
Hotta F, Eguchi H, Naito T, Mitamura Y, Kusujima K, Kuwahara T
BMC Ophthalmology   14 142   2014年11月   [査読有り]
【眼感染症の治療-最近のトピックス-】 細菌感染症 コリネバクテリウム感染症「キノロン耐性との関係」
長谷川 麻里子, 江口 洋
医学と薬学   71(12) 2243-2247   2014年11月
Hayashi Y, Eguchi H, Toibana T, Mitamura Y, Yaguchi T
Cornea   33(8) 875-877   2014年8月   [査読有り]
Diagnostics 角結膜感染症診断のポイント 塗抹検鏡
江口 洋
眼科グラフィック   3(4) 357-362   2014年8月
眼部から分離された腸球菌と便中の腸球菌の比較解析
戸所 大輔, 向井 亮, 江口 洋, 岸 章治
あたらしい眼科   31(7) 1043-1046   2014年7月   [査読有り]
Eguchi H, Toibana T, Hotta F, Miyamoto T, Mitamura Y, Yaguchi T
Mycoses   58(2) 88-92   2014年   [査読有り]
Hotta F, Eguchi H, Imai S, Miyamoto T, Mitamura S, Mitamura Y.
Eye & Contact Lens   41(5) 291-296   2014年   [査読有り]
Arakaki R, Eguchi H, Yamada A, Kudo Y, Iwasa A, Enkhmaa T, Hotta F, Mitamura-Aizawa S, Mitamura Y, Hayashi Y, Ishimaru N.
PLoS ONE   9(5) e98390   2014年   [査読有り]
Niki M, Eguchi H, Hayashi Y, Miyamoto T, Hotta F, Mitamura Y
Clinical Ophthalmology   8 1075-1079   2014年   [査読有り]
【図で早わかり 実戦!眼科薬理】 眼科臨床薬理各論 外眼部・前眼部疾患 細菌性結膜炎
堀田 芙美香, 江口 洋
臨床眼科   67(11) 46-51   2013年10月
Eguchi H, Miyamoto T, Kuwahara T, Mitamura S, Mitamura Y
BMC Research Notes   6 245   2013年7月   [査読有り]
【感染性角膜炎診療ガイドライン(第2版)】
木下 茂, 塩田 洋, 浅利 誠志, 石橋 康久, 稲田 紀子, 井上 智之, 井上 幸次, 宇野 敏彦, 江口 洋, 大橋 裕一, 岡本 茂樹, 亀井 裕子, 北川 和子, 小泉 範子, 下村 嘉一, 白石 敦, 鈴木 崇, 外園 千恵, 高村 悦子, 田川 義継, 豊川 真弘, 内藤 毅, 秦野 寛, 檜垣 史郎, 福田 昌彦, 星 最智, 松本 光希, 宮崎 大, 日本眼感染症学会感染性角膜炎診療ガイドライン第2版作成委員会
日本眼科学会雑誌   117(6) 467-509   2013年6月
温度による細菌の増殖性と化学消毒剤の効果
植田喜一、江口 洋、山崎勝秀、斉藤文郎
日本コンタクトレンズ学会誌   55 14-22   2013年   [査読有り]

Misc

 
ムコスタ点眼薬UD2%のドライアイに対する効果
森 輝美, 宮本 龍郎, 江口 洋, 三田村 佳典
四国医学雑誌   70(1-2) 49-50   2014年4月
ジクアホソルナトリウムが緑内障患者の視野検査に与える影響
宮本 龍郎, 江口 洋, 堀田 芙美香, 谷 彰浩, 三田村 さやか, 三田村 佳典
日本眼科学会雑誌   118(臨増) 316-316   2014年3月
抗腫瘍薬全身投与による角結膜障害の統計
濱 紳悟, 江口 洋, 堀田 芙美香, 宮本 龍郎, 三田村 さやか, 三田村 佳典
眼科臨床紀要   6(5) 421-421   2013年5月
ドライアイに対するジクアホソルナトリウム点眼薬の有用性
宮本 龍郎, 江口 洋, 三田村 さやか, 堀田 芙美香, 三田村 佳典
眼科臨床紀要   5(8) 806-806   2012年8月
ボリコナゾール角膜実質内注射が奏効した角膜真菌症疑いの2例
三野 亜希子, 松下 新悟, 林 正和, 江口 洋
眼科臨床紀要   5(8) 806-806   2012年8月
眼感染症up to date コリネバクテリウムの薬剤耐性
江口 洋
Core-Network of Ocular Infection   14 6-6   2012年6月
ドライアイ治療の新しい展開
江口 洋
眼科臨床紀要   5(5) 483-483   2012年5月
写真セミナー Axenfeld-Rieger症候群の後部胎生環
樋端 透史, 江口 洋
あたらしい眼科   29(1) 53-54   2012年1月
写真セミナー 全層角膜移植術後のEpithelial Downgrowth
堀田 芙美香, 江口 洋
あたらしい眼科   28(11) 1571-1572   2011年11月
温度による化学消毒剤の消毒効果
植田 喜一, 江口 洋, 山崎 勝秀, 斉藤 文郎
日本眼科学会雑誌   115(10) 941-941   2011年10月
写真セミナー 角膜上皮基底膜変性症
三田村 さやか, 江口 洋
あたらしい眼科   28(9) 1279-1280   2011年9月
CLケア教室(第38回) 患者さんには寛大に手厚くがイイ?
江口 洋
日本コンタクトレンズ学会誌   53(2) 156-157   2011年6月
前眼部OCTを用いた調節機構の解明
冨田 真知子, Farouk Mahmoud M., 内藤 毅, 四宮 加容, 江口 洋, Mohammed Khulood, 長澤 利彦, 香留 崇
眼科臨床紀要   4(5) 475-476   2011年5月
アカントアメーバtrophozoiteに対するヨウ素剤の消毒効果
江口 洋, 宮本 龍郎, 三田村 佳典, 斉藤 文郎, 山崎 勝秀
日本眼科学会雑誌   115(臨増) 236-236   2011年4月
CLケース内のアカントアメーバと共生細菌に関する研究
江口 洋, 宮本 龍郎, 桑原 知巳
日本眼科学会雑誌   114(臨増) 305-305   2010年3月
健常ソフトコンタクトレンズ装用者でのレンズケース内グラム陰性桿菌と環境菌の関係
江口 洋
日本環境感染学会誌   25(Suppl.) 203-203   2009年12月
前眼部OCT(SS-1000)にて経過を観察した線維柱帯切除術後の3症例
井上 昌幸, 江口 洋
日本緑内障学会抄録集   20回 132-132   2009年11月
眼科領域で分離されるCorynebacteriumの薬剤耐性化状況の全国調査
江口 洋, 桑原 知巳, 今大路 治之
感染症学雑誌   83(6) 732-732   2009年11月
【コンタクトレンズ関連角膜感染症】 コンタクトレンズケースの微生物汚染
江口 洋
あたらしい眼科   26(9) 1187-1192   2009年9月
【眼感染症の謎を解く】 生きた基礎知識を学ぶ!眼病原体who's who 常在病原体 外眼部・上気道 コリネバクテリウム
江口 洋
眼科プラクティス   28 412-413   2009年7月
【眼感染症の謎を解く】 生きた基礎知識を学ぶ!眼病原体who's who 常在病原体 外眼部・上気道 溶連菌群
江口 洋
眼科プラクティス   28 410-411   2009年7月
【眼感染症の謎を解く】 検査を駆使する!抗原スクリーニング 免疫組織化学
江口 洋
眼科プラクティス   28 251-252   2009年7月
【眼感染症の謎を解く】 眼感染症事典 強角膜炎 コリネバクテリウム角膜炎
江口 洋
眼科プラクティス   28 132-133   2009年7月
【眼感染症の謎を解く】 眼感染症事典 強角膜炎 肺炎球菌性角膜潰瘍
江口 洋
眼科プラクティス   28 125-126   2009年7月
眼結膜由来のコリネバクテリウムにおけるフルオロキノロン感受性
桑原 知巳, 江口 洋, 今大路 治之
感染症学雑誌   83(3) 317-317   2009年5月
アカントアメーバ角膜炎の早期診断・早期治療
植 奈美, 大木 弥栄子, 江口 洋, 塩田 洋, 山根 伸太, 馬詰 裕道, 水井 研治
眼科臨床紀要   2(5) 462-462   2009年5月
日本人の眼表面から分離されるCorynebacteriumの薬剤耐性化状況全国調査
江口 洋, 桑原 知巳, 塩田 洋
日本眼科学会雑誌   113(臨増) 321-321   2009年3月
徳島県の眼科地域医療を考える
江口 洋, 四宮 加容, 秦 裕子, 内藤 毅, 川端 昌子, 盛 隆興
眼科臨床紀要   1(6) 604-604   2008年6月
ドナーアクションの必要性 なぜ海外移植しか助かる道はないのか 角膜輸入の現状
江口 洋
四国医学雑誌   64(1-2) 68-68   2008年4月
コリネバクテリウムの各種キノロン薬に対する感受性の違いとgyrA遺伝子変異との関連
香留 崇, 江口 洋, 桑原 知己, 塩田 洋, 宮本 龍郎
日本眼科学会雑誌   112(臨増) 283-283   2008年3月
チタン製支持翼に表面コーティング施行したPMMA人工角膜家兎眼挿入実験の病理学的検討
大木 武夫, 江口 洋, 塩田 洋, 工藤 英治, 村上 理一, 田中 裕之, 村上 登
日本眼科学会雑誌   112(臨増) 280-280   2008年3月
眼材料から分離されたコリネバクテリウムのキノロン耐性化状況 全国調査第2報
江口 洋, 桑原 知巳, 塩田 洋, 宮本 龍郎
日本眼科学会雑誌   112(臨増) 234-234   2008年3月
本邦および徳島県における角膜移植医療の現状と問題点
江口洋
四国医学雑誌   64 87-91   2008年
【前眼部アトラス】 角膜 アカントアメーバ角膜炎
江口 洋
眼科プラクティス   18 196-197   2007年11月
チタン製支持翼に表面コーティングを施行したPMMA人工角膜の家兎眼挿入実験
大木 武夫, 江口 洋, 福田 祐子, 湊 真奈, 塩田 洋, 村上 理一, 田中 裕之, 村上 登
日本眼科学会雑誌   111(臨増) 240-240   2007年3月
人工角膜 日本におけるAlphaCor移植術の成績
江口 洋
日本眼科学会雑誌   111(臨増) 78-78   2007年3月
キノロン耐性Corynebacteriumによる前眼部感染症の5例 gyrA遺伝子におけるアミノ酸配列とLVFX耐性との関連
土ヶ内 健史, 江口 洋, 塩田 洋, 宮本 龍郎, 桑原 知巳
眼科臨床医報   100(6) 461-461   2006年6月
AlphaCor移植眼におけるOCTの有用性
竹林 優, 江口 洋, 土ヶ内 健史, 松下 新吾, 塩田 洋
日本眼科学会雑誌   110(臨増) 158-158   2006年3月
眼科臨床分離株Corynebacteriumのキノロン耐性とgyrA遺伝子におけるアミノ酸配列変化
江口 洋, 宮本 龍郎, 土ヶ内 健史, 塩田 洋, 桑原 知巳
日本眼科学会雑誌   110(臨増) 156-156   2006年3月
江口 洋
あたらしい眼科 = Journal of the eye   23(2) 193-194   2006年2月
眼感染症セミナー スキルアップ講座 塗抹鏡検
江口 洋
あたらしい眼科   23(2) 193-194   2006年2月
感染症診療での検体の塗抹鏡検は最も古典的な検査だが,新たな診断技術が台頭してもその迅速性ではいまだに群を抜いており,特異度も高い.日常診療ではとかく敬遠され,検体をすぐに分離培養しがちだが,培養では起炎微生物が検出されるとは限らない.感染症では塗抹鏡検像に基づいた必要最小限の薬剤使用が理想である(著者抄録)
本邦で実用化されている人工角膜 AlphaCor
江口洋
日本の眼科   77 19-23   2006年
治療的全層角膜移植術を施行した難治性角膜潰瘍の1例
岩田 明子, 江口 洋, 塩田 洋, 板東 康晴, 板東 陽子
眼科臨床医報   99(6) 518-519   2005年6月
徳島大学における羊膜移植術の成績
西野 真紀, 江口 洋, 塩田 洋
眼科臨床医報   99(6) 518-518   2005年6月
全層角膜移植術後に発症した悪性緑内障の2例
江口 洋, 久保 弥栄子, 美馬 彩, 塩田 洋, 矢野 雅彦
日本眼科学会雑誌   109(臨増) 186-186   2005年2月
角膜真菌症の検討
西野 真紀, 江口 洋, 内藤 毅, 塩田 洋
日本眼科学会雑誌   109(臨増) 185-185   2005年2月
アカントアメーバ角膜炎の新病期分類
塩田 洋, 井上 昌幸, 久保 弥栄子, 江口 洋, 内藤 毅
日本眼科学会雑誌   109(臨増) 169-169   2005年2月
深層角膜移植後に不可逆性散瞳(Urrets-Zavalia症候群)をきたした1例
長澤 利彦, 江口 洋, 塩田 洋
眼科臨床医報   98(8) 736-736   2004年8月
人工角膜の歴史とAlphaCorTM移植術の臨床成績
高野 しの, 江口 洋, 塩田 洋, Hicks Celia R., Crawford Geoffrey J., Chirila Train V.
眼科臨床医報   98(8) 736-736   2004年8月
本年5月以降の徳島大学における角膜移植術
吉田 慎一, 江口 洋, 秦 聡, 塩田 洋
眼科臨床医報   98(8) 735-736   2004年8月
【コメディカルがカギをにぎる眼科感染対策】 眼科外来で出会う感染症 コンタクトレンズと感染症
江口 洋
眼科ケア   (2003夏季増刊) 134-139   2003年7月
特異な形態の後部ブドウ腫内網膜分離症の1例
土ヶ内 健史, 四宮 加容, 江口 洋, 内藤 毅, 塩田 洋, 藤江 準
眼科臨床医報   97(4) 310-311   2003年4月
CL関連角膜感染症
江口洋
眼科ケア   44 139-143   2003年
【角膜内皮細胞 最近の知見と展望】 角膜移植の基礎と臨床 角膜移植後免疫反応の病態と抑制 治療的角膜移植術の適応と問題点
江口 洋, 塩田 洋
眼科診療プラクティス   88 62-64   2002年11月
バンジージャンプによって外傷性網膜剥離を起こした1例
山添 健二, 石丸 真弓, 四宮 加容, 江口 洋, 内藤 毅, 塩田 洋, 井上 須美子
眼科臨床医報   96(8) 899-900   2002年8月
全層角膜移植術と強膜内陥同時手術を施行した1例
西野 真紀, 江口 洋, 福家 恭子, 内藤 毅, 塩田 洋
眼科臨床医報   96(8) 899-899   2002年8月
硝子体手術が著効した後部ブドウ腫内網膜分離症の1例
土ヶ内 健史, 四宮 加容, 江口 洋, 内藤 毅, 塩田 洋, 藤江 準
眼科臨床医報   96(8) 899-899   2002年8月
超音波水晶体乳化吸引・眼内レンズ挿入術後に発症した両眼悪性緑内障の1例
江口 洋, 高田 朋子, 秦 聡大, 三河 洋一, 塩田 洋, 板東 陽子
眼科臨床医報   96(8) 899-899   2002年8月
全層角膜移植術8年後に発症した縫合糸感染の1例 ナイロン糸の電子顕微鏡的観察
岡本 敬子, 江口 洋, 塩田 洋
眼科臨床医報   96(8) 897-898   2002年8月
新鮮角膜を用いた治療的全層角膜移植術
宮本 龍郎, 江口 洋, 高田 朋子, 秦 聡, 四宮 加容, 塩田 容
眼科臨床医報   96(8) 897-897   2002年8月
徳島大学における角膜移植術の統計学的観察
寺田 祐子, 江口 洋, 塩田 洋
眼科臨床医報   96(8) 897-897   2002年8月
過去6年間の徳島大学における角膜移植術 ドナー情報も含めた統計学的検討
寺田 祐子, 西野 真紀, 宮本 龍郎, 竹林 優, 秦 聡, 江口 洋, 塩田 洋
四国医学雑誌   58(1〜2) 74-74   2002年4月
非感染性角膜穿孔に対する新鮮角膜を用いた治療的全層角膜移植術
宮本龍郎、江口 洋、塩田 洋
あたらしい眼科   19(1481) 1484   2002年
OCTの前眼部への応用とその限界
岩田 明子, 佐藤 寛之, 江口 洋, 塩田 洋
眼科臨床医報   95(10) 1076-1077   2001年10月
再燃を示唆する所見として視神経浸潤を認めた緩解期AMLの1例
佐藤 寛之, 江口 洋, 賀島 誠, 塩田 洋
眼科   43(9) 1207-1210   2001年9月
38歳男.2年半前にAML(急性骨髄性白血病)を発症し,完全緩解が得られていた.今回,頭痛と左眼痛を主訴に自施設を初診し,左眼の眼底検査で視神経乳頭に腫脹を認めた.初診後1ヵ月で左眼視力は光覚弁(-)となり,眼底には網膜中心動静脈閉塞症が認められた.髄液検査を行ったところ多数の骨髄芽球が認められた為白血病細胞の視神経浸潤と診断した.ステロイドパルス療法や抗癌剤による治療を開始したが,全身状態が急激に悪化し,初診から約2ヵ月で死亡した
バンコマイシン眼軟膏による家兎MRSA角膜炎治療効果判定方法の病理学的検討
江口 洋, 佐藤 寛之, 高野 しの, 竹林 優, 塩田 洋, 笠間 俊男, 小黒 亨
日本眼科学会雑誌   105(臨増) 182-182   2001年3月
眼科領域における超音波造影剤の有用性
廣川 富彦, 江口 洋, 林 正和, 内藤 毅, 塩田 洋, 太田 良治, 諸江 雄大, 西蔭 朋子, 市場 雅美
超音波医学   27(11) 1447-1447   2000年11月
超音波カラードプラ法を用いた眼血流評価法について
廣川 富彦, 江口 洋, 林 正和, 内藤 毅, 塩田 洋
眼科臨床医報   94(7) 973-973   2000年7月
Stevens-Johnson症候群に対して高周波メス(サージトロン)を使用した結膜嚢形成術と角膜上皮形成術の同時手術を施行した1例
曽我部 真紀, 江口 洋, 塩田 洋, 保科 正之
眼科臨床医報   94(7) 971-971   2000年7月
家兎MRSA角膜炎におけるバンコマイシン眼軟膏の発症防止及び治療効果
江口 洋, 尾崎 知子, 塩田 洋, 笠間 俊男, 小黒 亨
日本化学療法学会雑誌   48(Suppl.A) 110-110   2000年4月
超音波造影剤の眼動脈系超音波カラードプラ検査における有用性
廣川 富彦, 江口 洋, 林 正和, 内藤 毅, 塩田 洋
日本眼科学会雑誌   104(臨増) 181-181   2000年3月
家兎MRSA角膜炎におけるバンコマイシン眼軟膏の治療効果
江口 洋, 尾崎 知子, 塩田 洋, 笠間 俊男, 小黒 亨
日本眼科学会雑誌   104(臨増) 146-146   2000年3月
徳島大学における過去5年間の眼瞼腫瘍の統計的観察
江口 洋, 伊勢 知弘, 藤澤 彰, 賀島 誠, 工藤 英治, 塩田 洋
眼科臨床医報   93(3) 484-484   1999年3月
網膜剥離を伴う乳癌の転移性脈絡膜腫瘍に対して光凝固術とホルモン治療で腫瘍の減退を得た1例
江口 洋
眼科臨床医報   91(7) 1141-1141   1997年7月

書籍等出版物

 
今日の治療指針 2018
江口洋
医学書院   2018年3月   
感染性眼内炎
江口洋 (担当:分担執筆, 範囲:24, 眼科疾患)
医学書院   2018年1月   
一目でわかる眼疾患の見分け方
江口洋 (担当:分担執筆, 範囲:第1章. 角結膜疾患, 細菌性角膜炎)
メジカルビュー社   2016年3月   
JAID/JSC 感染症治療ガイド 2014
江口洋 (担当:分担執筆, 範囲:14, 眼感染症, D ウイルス性角膜炎, E 細菌性角膜炎)
ライフサイエンス出版   2014年12月   
深在性真菌症の診断・治療ガイドライン2014
江口洋 (担当:分担執筆, 範囲:眼科領域)
共和企画   2014年1月   

講演・口頭発表等

 
周術期の抗菌薬使用について 〜眼表面マイクロバイオーム解析から見えること〜 [招待有り]
江口洋
第10回眼科病診連携セミナー in 佐倉   2018年7月26日   
ランチョンセミナー5: AMR を踏まえた抗菌薬の使い方「コリネバクテリウムの基礎研究と臨床」 [招待有り]
江口洋
第55回日本眼感染症学会   2018年7月15日   
Antimicrobial Resistance Mechanisms and the Appropriate Use of Antibiotics [招待有り]
江口洋
フォーサム 2018 4学会合同シンポジウム   2018年7月15日   
Investigation of the preoperative disturbances in the ocular surface micro biome using next-generation sequencing analysis
Eguchi H, Hotta F, Kuwahara T, Imaohji H, Kusaka S, Shimomura Y
The Association for Research in Vision and Ophthalmology(ARVO)2018   2018年5月1日   
Investigation of the mechanism of onset of dacryocystitis after rebamipide ophthalmic solution administration
Hotta F, Eguchi H, Hasegawa M, Miyazaki C, Hirose M, Taketani F, Sasaki T, Inoue Y, Shimomura Y, Kusaka S
The Association for Research in Vision and Ophthalmology(ARVO)2018   2018年4月29日   
A novel approach to the diagnosis of ocular surface infections: Next-generation sequencing analysis [招待有り]
江口洋
第122回日本眼科学会総会, シンポジウム12 World update of infectious keratitis from basic to clinic   2018年4月19日   
眼科臨床検体のマイクロバイオームから見えてくるもの [招待有り]
江口洋
第40回長崎県央・中地区眼科勉強会   2018年3月2日   
ランチョンセミナー1:角膜王決定戦!症例から学ぶ Ocular surface 診療 [招待有り]
江口 洋
角膜カンファランス2018   2018年2月15日   
周術期の抗菌薬使用について 〜眼表面マイクロバイオーム解析から見えること〜 [招待有り]
江口 洋
第6回中之島アイセミナー   2018年2月10日   
眼科臨床検体のマイクロバイオームから見えてくるもの [招待有り]
江口 洋
第19回沖縄眼研究フロンティア   2018年2月3日   
次世代シークエンス技術を用いた眼科臨床検体のマイクロバイオーム [招待有り]
江口 洋
第38回西中国眼疾患フォーラム   2017年11月29日   
周術期の眼感染症 [招待有り]
江口 洋
第15回香川県眼科セミナー   2017年11月25日   
眼科臨床検体のマイクロバイオームから見えてくるもの [招待有り]
江口 洋
ビジョンケアセミナー 2017   2017年11月23日   
眼科におけるマイクロバイオーム [招待有り]
江口 洋
第87回日本感染症学会西日本地方学術集会, シンポジウム10「ヒトマイクロバイオーム:メタ16S解析から機能メタゲノミクスへの新展開」   2017年10月28日   
レバミピド点眼後の涙嚢炎発生機序に関する研究
長谷川麻里子, 江口 洋, 堀田芙美香, 日下俊次, 宮崎千歌, 廣瀬美央, 竹谷太, 佐々木次壽, 井上康, 下村嘉一
2017年10月13日   
Corynebacterium simulans 角膜炎
堀田芙美香, 江口 洋, 武田純爾, 日下俊次, 桑原知巳, 今大路浩之, 宮本龍郎, 福田昌彦, 下村嘉一
第71回日本臨床眼科学会   2017年10月13日   
新種のコリネバクテリウム:Corynebacterium oculi [招待有り]
江口 洋
第71回日本臨床眼科学会, シンポジウム7「眼感染症の新しい展開ー新種・新薬・新疾患ー   2017年10月13日   
コンタクトレンズによる眼障害〜角膜感染症〜 [招待有り]
江口 洋
愛知県眼科医会コンタクトレンズ管理者継続研修   2017年9月30日   
眼感染症の症例検討 [招待有り]
江口 洋
第23回藤井寺羽曳野病診連携の会   2017年9月9日   
細菌性・真菌性角膜炎 [招待有り]
江口 洋
第54回日本眼感染症学会 パネルディスカッション   2017年7月15日   
眼感染症の今と昔 [招待有り]
江口 洋
尾張眼科セミナー 2017   2017年6月17日   
日本の眼科における耐性菌の現状 [招待有り]
江口 洋
Alcon Pharma Web Live Symposium   2017年6月8日   
ドライアイ治療が眼表面に与える影響〜副作用をどう捉えるか〜 [招待有り]
江口 洋
第3回播州眼科セミナー   2017年6月3日   
時々見かける前眼部疾患の診断と治療 [招待有り]
江口 洋
第59回神戸眼科臨床談話会   2017年5月20日   
眼感染症診断法の温故知新 〜培養から次世代シークエンス解析まで〜 [招待有り]
江口 洋
第15回 Symposium of Ocular Surface and Infection   2017年5月13日   
日常診療に役立つ眼微生物学 [招待有り]
江口 洋
平成29年度豊中市眼科医会学術研究会   2017年4月22日   
小児での Toric IOL 使用成績と optic capture の影響
立花都子, 日下俊次, 阿部考助, 辻岡大志, 堀田芙美香, 江口 洋, 下村嘉一
第121回日本眼科学会総会   2017年4月6日   
Corynebacterium oculi の薬剤感受性
堀田芙美香, 江口 洋, 日下俊次, 福田昌彦, 下村嘉一, 今大路治之, 桑原知巳, Bernard K, Vandamme P
第121回日本眼科学会総会   2017年4月6日   
術前眼表面の培養結果と分離菌のキノロン感受性
西田功一, 江口 洋, 堀田芙美香, 立花都子, 辻岡大志, 日下俊次, 福田昌彦, 下村嘉一
第121回日本眼科学会総会   2017年4月6日   
周術期の眼感染症 [招待有り]
江口 洋
大阪医大眼科オープンカンファレンス   2017年3月16日   
よく見かける前眼部疾患の診断と治療 [招待有り]
江口 洋
第92回東京医大眼科臨床談話会   2017年3月9日   
Ophthalmic microbiology for clinical practice: the usefulness of high concentration quinolone [招待有り]
Hiroshi Eguchi
Cravit 1.5 Launch Seminar in Ho Chi Minh   2017年2月19日   
Ophthalmic microbiology for clinical practice: the usefulness of high concentration quinolone [招待有り]
Hiroshi Eguchi
Cravit 1.5 Launch Seminar in Ha Noi   2017年2月17日   
Stemphylium属による角膜炎の1例
西村恵子, 清水みさと, 矢口貴志, 堀田芙美香, 江口 洋
第28回日本臨床微生物学会総会・学術集会   2017年1月21日   
前眼部疾患の診断と治療 〜ドライアイや感染症の新しい見方〜 [招待有り]
江口 洋
第50回岸和田市医師会眼科懇話会   2017年1月21日   
前眼部疾患の診断と治療 〜ドライアイや感染症の新しい見方〜 [招待有り]
江口 洋
第9回なにわ眼科勉強会   2016年12月8日   
「Pharmacology, Immunology &Infection」Future of molecular biological verification of ophthalmic samples.
Hiroshi Eguchi
The 22nd Annual Meeting of the Kyoto Cornea Club   2016年11月25日   
いくつかの前眼部疾患での厳密な診断と治療 [招待有り]
江口 洋
愛媛県眼科学術講演会   2016年11月13日   
眼感染症の今と昔 〜軽症の前眼部疾患から周術期感染対策まで〜 [招待有り]
江口 洋
第2回能登地区眼科講演会   2016年11月10日   
モーニングセミナー17(外眼部細菌感染症にまつわる見極めの巻)「感染性結膜炎の見極め」 [招待有り]
江口 洋
第70回日本臨床眼科学会   2016年11月6日   
眼科と他科から分離された腸球菌のキノロン耐性率と耐性機構
戸所大輔, 江口 洋, 堀田芙美香, 鈴木 崇, 井上智之, 星 最智, 子島良平, 服部貴明, 宮本龍郎, 秋山英雄
第70回日本臨床眼科学会   2016年11月5日   
無虹彩・無硝子体眼での内皮移植片縫着DSAEKの早期成績
西田功一, 江口 洋, 堀田芙美香, 辻岡大志, 立花都子, 日下俊次, 福田昌彦, 下村嘉一
第70回日本臨床眼科学会   2016年11月5日   
インストラクションコース IC20, 症例から学ぶ感染症・炎症性疾患~これって感染?それとも非感染?~「角膜炎」
江口 洋
第70回日本臨床眼科学会   2016年11月3日   
頻度の高い前眼部疾患の診断と治療 [招待有り]
江口 洋
第4回奈良オキュラーサーフェイスの会   2016年10月27日   
周術期の眼感染症 [招待有り]
江口 洋
第9回筑豊眼科医会講演会   2016年10月6日   
周術期の眼感染症 [招待有り]
江口 洋
第9回瀬戸内コロシアム   2016年10月2日   
頻度の高い前眼部疾患の診断と治療 [招待有り]
江口 洋
堺眼科勉強会   2016年9月10日   
白内障手術における周術期感染対策 [招待有り]
江口 洋
Cataract Surgery Seminar in 南大阪   2016年7月23日   
周術期における感染症の基礎知識 [招待有り]
江口 洋
第4回唐人町オフサルミックセミナー   2016年7月9日   
ランチョンセミナー 進化する MPS MPDS で眼障害予防. RevitaLens のバイオフィルム増殖抑制効果 [招待有り]
江口 洋
東京フォーサム2016.   2016年7月3日   
第7回 JAOI塗抹検鏡スキルトランスファー [招待有り]
江口 洋
第53回日本眼感染症学会   2016年7月2日   
細菌性内因性眼内炎の起炎菌および薬剤感受性に関する多施設後ろ向き研究
戸所大輔, 望月清文, 西田崇, 江口 洋, 宮本龍郎, 服部貴明, 鈴木崇, 井上智之, 子島良平, 星最智
第53回日本眼感染症学会   2016年7月1日   
ランチョンセミナー 感染症エキスパートでも悩む…細菌性、非細菌性角膜炎の難症例.〜最新の診断法と治療戦略も含めて〜. 「細菌性角膜炎」 [招待有り]
江口 洋
フォーサム2016   2016年7月1日   
多剤耐性・バイオフィルム低産生Staphylococcus haemolyticusによるinfectious crystalline keratopathy.
山下眞里佳, 宮本龍郎, 江口 洋, 米田早織, 日下俊次, 福田昌彦,下村嘉一, 桑原知巳
フォーサム2016   2016年7月1日   
モキシフロキサシン角膜実質注射が有効であった Moraxella catarrhalis 角膜炎の1例
平木翔子, 江口 洋, 立花都子, 米田早織, 堀田芙美香, 桑原知巳, 日下俊次, 福田昌彦, 下村嘉一
フォーサム2016   2016年7月1日   
バクテリアの基礎と臨床〜細菌叢という考え方〜 [招待有り]
江口 洋
第12回大阪角膜フォーラム   2016年6月18日   
ドライアイ治療が眼表面に与える影響〜副作用をどう捉えるか〜 [招待有り]
江口 洋
第13回東予眼科医の集い   2016年5月26日   
The current situation of ocular infections in Japan. [招待有り]
Hiroshi Eguchi
ASEAN感染症研究会   2016年5月21日   
頻度の高い角膜疾患の鑑別と治療 [招待有り]
江口 洋
第26回三河眼科研究会   2016年5月7日   
The history of KPro study in Japan.
Eguchi H, Shiota H, Fukuda M, Shimomura Y
The 10th KPro study group meeting.   2016年4月22日   
周術期の感染症の基礎知識 [招待有り]
江口 洋
第5回さかい眼科倶楽部   2016年4月15日   
角膜移植術における術中real-time OCT(RESCAN 700)
江口 洋, 小池 英子, 立花 都子, 辻岡 大志, 日下 俊次, 福田 昌彦, 下村 嘉一
第120回日本眼科学会総会   2016年4月8日   
ランチョンセミナー 抗菌薬とステロイドのさじ加減~こんな時どうしてますか?~ステロイドのさじ加減〜角膜ヘルペスと角膜真菌症を中心に〜. [招待有り]
江口 洋
第120回日本眼科学会総会   2016年4月7日   
International Symposium: Next-generation sequencing analysis of ocular samples [招待有り]
江口 洋
第120回日本眼科学会総会   2016年4月7日   
Invited Symposium: Infections, Complications and Solutions. Next-generation sequencing data of soft contact lens storage case contaminations [招待有り]
Hiroshi Eguchi
World Ophthalmology Congress. Guadalajara, Mexico.   2016年2月7日   
臨床に役立つ微生物学と角膜感染症診療 [招待有り]
江口 洋
第16回眼炎症セミナー in 福岡   2016年1月9日   
経口フルオレセインを用いた超広角眼底撮影の試み
辻岡大志, 日下俊次, 高田遼太, 松本富美子, 立花都子, 小池英子, 江口 洋,下村嘉一
第40回日本小児眼科学会総会   2015年7月30日   
カラーコンタクトレンズへのアカントアメーバ嚢子の接着性
岩田 明子, 江口 洋, 堀田 芙美香, 宮本 龍郎, 三田村 佳典
日本眼科学会雑誌   2015年3月   
ドライアイに対するサラジェン内服療法 [招待有り]
江口洋
第3回宮崎シェーグレン症候群スモールセミナー   2013年5月17日   
ムコスタ点眼薬 UD2%の効果 〜基礎医学的側面も含め〜 [招待有り]
江口洋
ムコスタ点眼液 UD2%発売1周年記念講演会 in CHIBA   2013年4月13日   
シェーグレン症候群モデルを用いたレバミピド点眼薬によるドライアイの改善効果とその作用機序
新垣 理恵子, 山田 安希子, 工藤 保誠, 江口 洋, 三田村 佳典, 林 良夫, 石丸 直澄
日本病理学会会誌   2013年4月   
ドライアイ治療が他の眼疾患に与える影響 [招待有り]
江口 洋
第5回沖縄めだま会   2012年11月22日   
ドライアイ治療が他の眼疾患に与える影響 [招待有り]
江口 洋
第15回北海道角膜セミナー   2012年11月17日   
眼感染症への分子生物学の応用 [招待有り]
江口 洋
第170回東邦大眼科学術研究会   2012年10月17日   
ドライアイ治療が他の眼疾患に与える影響 [招待有り]
江口 洋
大分オキュラーサーフェイスセミナー   2012年10月13日   
ドライアイ治療が他の眼疾患に与える影響 [招待有り]
江口 洋
秋田南部眼科研究会   2012年10月4日   
モーニングセミナー1 眼感染症コントラバーシー, 耐性菌にどう立ち向かうか
江口 洋
第66回日本臨床眼科学会   2012年10月   
ドライアイ治療が他の眼疾患に与える影響 [招待有り]
江口 洋
坂出市眼科研究会   2012年9月24日   
ランチョンセミナー ドライアイに対するサラジェン®内服療法の効果 [招待有り]
江口 洋
第21回日本シェーグレン症候群学会学術集会   2012年9月7日   
ランチョンセミナー 5: 結膜炎を紐解く〜診断と治療〜. 感染性結膜炎の治療 [招待有り]
江口 洋
フォーサム2012   2012年7月   
ドライアイ外来奮闘記紹介 [招待有り]
江口 洋
第6回箱根ドライアイクラブ   2012年5月25日   
細菌感染の基礎と臨床, コリネバクテリウム [招待有り]
江口 洋
第116回日本眼科学会総会, シンポジウム   2012年4月   
ドライアイ治療の新しい展開 [招待有り]
江口 洋
久留米ドライアイ研究会   2012年3月17日   
シェーグレン症候群モデルマウスを利用したレバミピド点眼投与による病態抑制機序の解明
新垣 理恵子, 山田 安希子, 林 良夫, 江口 洋, 三田村 さやか, 堀田 芙美香, 三田村 佳典, 石丸 直澄
日本病理学会会誌   2012年3月   
Tx-NFS/sldマウスにおけるレバミピド点眼液の効果
江口 洋, 三田村 さやか, 堀田 芙美香, 樋端 透史, 三田村 佳典, 石丸 直澄, 林 良夫
日本眼科学会雑誌   2012年3月   
Tx-NFS/sldマウスにおけるレバミピド点眼薬の効果
江口 洋, 三田村さやか, 堀田芙美香, 樋端透史, 三田村佳典, 石丸直澄, 林 良夫
第116回日本眼科学会総会   2012年4月   
Intrastromal injection of 1% voriconazole for fungal keratitis: case series
Eguchi H, Niki M, Mitamura S, Miyamoto T, Mitamura Y
APAO/SOE Busan   2012年4月   
ドライアイ治療の新しい展開 [招待有り]
江口洋
第94回香川県眼科集談会   2011年12月18日   
A national survey of multi-drug resistance in ophthalmic clinical isolates of Corynebacterium in Japan.
Eguchi H, Kuwahara T, Miyamoto T, Shiota H.
World Ophthalmology Congress (WOC). 2008.   2008年6月   
徳島件の眼科医療を考える
江口 洋, 四宮加容, 秦 裕子, 内藤 毅, 川端昌子, 盛 隆興
第69回徳島眼科集談会   2007年12月9日   
新しい角膜移植と人工角膜〜DSEK と AlphaCor〜 [招待有り]
江口 洋
第104回中国四国眼科学会, シンポジウム   2007年7月29日   
失明眼からの自己角膜移植術を施行した3例.
江口 洋, 冨田真知子, 坂口恭久, 山中清香, 伊勢知弘, 塩田 洋.
第69回日本中部眼科学会, 第100回中国四国眼科学会合同学会.   2003年10月   

競争的資金等の研究課題

 
アカントアメーバ角膜炎制御にむけたコンタクトレンズケアの実態調査
厚生労働省: 厚生労働省科学研究費補助金:健康安全確保総合研究 医薬品・医療機器等レギュラトリーサ イエンス総合研究
研究期間: 2013年4月 - 2015年3月    代表者: 大橋裕一(研究分担者:江口洋)
コンタクトレンズ保存ケース内菌群衆の DNA クローンライブラリー解析
(財)厚仁会: 第8回医学・私学奨励助成金
研究期間: 2010年3月 - 2011年4月    代表者: 江口洋
RNA干渉を応用した角膜ヘルペスの新しい治療法の開発
日本学術振興会: 科学研究費補助金:基盤研究(C)
研究期間: 2006年4月 - 2007年3月    代表者: 塩田洋(研究分担者:江口洋)
急性網膜壊死の病態解明
日本学術振興会: 科学研究費補助金:基盤研究(C)
研究期間: 2003年4月 - 2004年3月    代表者: 塩田洋(研究分担者:江口洋)
分子生物学的手法を用いた角膜真菌症迅速診断法の開発と治療指針の作成
日本学術振興会: 科学研究費補助金:基盤研究(C)
研究期間: 2001年4月 - 2002年3月    代表者: 塩田洋(研究分担者:江口洋)

社会貢献活動

 
徳島アイバンク理事
【その他】  2016年4月 - 2018年6月
大阪アイバンク評議員
【その他】  2017年7月 - 現在