藤元 裕二

J-GLOBALへ         更新日: 19/02/26 20:17
 
アバター
研究者氏名
藤元 裕二
 
フジモト ユウジ
所属
浅草寺
職名
職員
学位
博士(哲学)(学習院大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2009年1月
 - 
現在
浅草寺 職員
 
2008年4月
 - 
現在
公益財団法人 禅文化研究所 研究員
 
2002年
 - 
現在
東京都江戸川区 文化財調査員
 
2011年5月
 - 
2012年3月
学習院大学人文科学研究所 客員所員
 

学歴

 
2006年4月
 - 
2009年3月
学習院大学大学院 人文科学研究科 哲学専攻博士後期課程
 
2001年4月
 - 
2003年3月
学習院大学大学院 人文科学研究科 哲学専攻博士前期課程
 
1997年4月
 - 
2001年3月
東京学芸大学 教育学部 文化財科学科
 

論文

 
資料紹介 三重県菰野町・新福山正眼寺所蔵「仏涅槃図」
藤元 裕二
MUSEUM   (678) 57-67   2019年2月   [査読有り]
弁才天十五童子像
藤元 裕二
國華   (1477) 23-26   2018年11月   [査読有り]
岐阜市崇福寺所蔵<釈迦三尊十六羅漢図>について―先哲を含む日本中世の羅漢図の概観―
藤元 裕二
仏教芸術   (1) 83-96   2018年10月   [査読有り]
資料紹介 長野県駒ケ根市・宝積山光前寺所蔵「仏涅槃図」
藤元 裕二
MUSEUM   (674) 53-61   2018年6月   [査読有り]
南北朝から室町時代における羅漢図の変遷に関する研究
藤元 裕二
平成28年度 髙梨学術奨励基金年報   321-328   2017年11月   [招待有り]
萬福寺萬寿院所蔵・河島雪亭尚明筆「釈迦羅漢図」について―江戸時代仏画における雪舟画の再生―
藤元 裕二
黄檗文華   (136) 96-104   2017年7月   [査読有り]
釈迦十六羅漢図
藤元 裕二
國華   (1460) 27-33   2017年6月   [査読有り]
星供曼荼羅
藤元 裕二
國華   (1455) 18-24   2017年1月   [査読有り]
東京都台東区世尊寺所蔵・卓峰道秀筆<仏涅槃図>について
藤元 裕二
黄檗文華   (135) 23-34   2016年7月
東京都台東区長寿院所蔵<仏涅槃図>について
藤元 裕二・藤元 晶子
佛教藝術   (347) 71-86   2016年7月   [査読有り]
千妙寺所蔵 護法童子騎馬像
藤元 裕二
國華   (1449) 22-28   2016年7月   [査読有り]
岡田美術館所蔵 仏涅槃図
藤元 裕二
國華   (1447) 17-25   2016年5月   [査読有り]
不動明王四童子像
藤元 裕二
國華   (1442) 22-27   2015年12月   [査読有り]
月山寺所蔵 不動明王二童子像
藤元 裕二
國華   (1440) 15-18   2015年10月   [査読有り]
南北朝・室町時代における中国画図様の踏襲と再編―曜光山月山寺所蔵「十八羅漢図」と「十王図」を中心に―
藤元 裕二
佛教藝術   (342) 47-72   2015年9月   [査読有り]
浅草寺境内を彩る書―松平冠山『浅草寺志』に記録された聯と書額―
藤元 裕二
黄檗文華   (134) 24-58   2015年7月
浅草寺の文化財の概要
藤元 裕二
文化財の保護   (48) 19-38   2015年7月   [招待有り]
待乳山聖天本龍院所蔵「十六羅漢図」について―聖徳太子・空海・善導・叡尊の描かれた室町時代の羅漢図―
藤元 裕二
哲学会誌   (39) 49-71   2015年5月   [査読有り]
大梅山長福寺所蔵「仏涅槃図」再考―南宋時代職業画工の造形感覚―
藤元 裕二
佛教藝術   (338) 9-40   2015年1月   [査読有り]
亀甲山立政寺所蔵・四条堀河下野法印筆<当麻曼荼羅>
藤元 裕二
佛教藝術   (332) 61-75   2014年1月   [査読有り]

Misc

 
浅草寺と堂宇の概略
網野 義康・藤元 裕二
浅草寺什宝目録   1 13-16   2018年7月
日本 中世 一〇 美術
藤元 裕二
史学雑誌 2017年の歴史学会―回顧と展望―   127(5) 102-105   2018年5月   [依頼有り]
学芸員から 寺の文化財担当者として
藤元 裕二
國華清話会会報   (30) 16-16   2017年11月   [依頼有り]
禅宗絵画
藤元 裕二
別冊太陽   (239) 74-123   2016年5月   [依頼有り]
日本の禅と芸術。
藤元 裕二
YUCARI   (21) 24-29   2015年9月   [依頼有り]
牛頭山弘福寺所蔵・喜多元規筆「稲葉正則(泰応)像」と伝稲葉正則筆「宝舟図」
藤元 裕二
黄檗文華   (133) 1-7   2014年7月
禅宗絵画の諸相―禅機図と禅画を中心に―
藤元 裕二
別冊太陽   (215) 132-137   2014年3月   [依頼有り]
明治・大正期の売立目録における絵画の作者名について―伝詫磨派筆作品を中心として―
藤元裕二
宗学研究   (51) 133-138   2009年4月
絵師伝説―伝宅磨栄賀筆「羅漢図」と山名貫義
藤元裕二
禅文化   (202) 49-55   2006年10月

書籍等出版物

 
仏教美術論集 第6巻 組織論
藤元 裕二 (担当:共著, 範囲:良詮と栄賀―南北朝時代の絵仏師の見た「中国」―)
竹林舎   2016年6月   
宗学概論
藤元 裕二 (担当:分担執筆, 範囲:第13章 禅宗の文化)
臨済宗黄檗宗連合各派合議所   2016年4月   
中世絵画のマトリックスⅡ
藤元 裕二 (担当:分担執筆, 範囲:Ⅱ「儀礼・思想・図像」所載「京都国立博物館蔵・詫磨栄賀筆<釈迦三尊像並羅漢図>について―中世日本における中国画十八羅漢図の受容と展開」」)
青簡舎   2014年2月   ISBN:978-4-903996-72-1
豊饒の日本美術
藤元裕二 (担当:分担執筆, 範囲:第6章「神仏と王権」所載「中世の仏画―初期水墨画期に交錯する伝統と創造」)
藝華書院   2012年3月   
詫磨派研究
藤元裕二
藝華書院   2012年2月   ISBN:978-4-9904055-7-1

講演・口頭発表等

 
東睿山千妙寺の仏画―護法童子像を中心に― [招待有り]
藤元 裕二
神奈川県立金沢文庫 連続講座「顕われた神々」   2018年12月9日   
座談会「平安時代後期を中心とした絵師の工房をめぐる諸問題」コメンテーター [招待有り]
藤元 裕二
公益財団法人仏教美術研究上野記念財団 平成29年度「研究発表と座談会」」   2017年7月16日   
浅草寺所蔵高麗時代「水月観音像」について [招待有り]
藤元 裕二
韓国東亜大学校石堂学術員・地域文化研究所学術セミナー   2017年5月19日   
美しき待乳山―仏画・浮世絵鑑賞の入門― [招待有り]
藤元 裕二
待乳山聖天本龍院安全講特別講演会   2017年4月16日   
京都国立博物館所蔵・詫磨栄賀筆<釈迦三尊・羅漢図>について-中国画十八羅漢図の日本における受容と展開を中心に-
藤元 裕二
美術史学会(東支部例会)   2013年9月14日   
詫磨栄賀の図様学習とその絵画化-交錯する伝統と創意-
藤元裕二
美術史学会(第63回全国大会)   2010年5月21日   
明治・大正期の売立目録における絵画の作者名について―伝詫磨派筆作品を中心として―
藤元裕二
曹洞宗総合研究センター学術大会(第10回)   2008年11月   
正法寺所蔵・伝宅間良賀筆「仏涅槃図」について
藤元裕二
学習院大学哲学会(平成17年度研究発表会)   2005年7月   
14世紀における詫磨派の活動の一側面について ―醍醐寺南朝方門跡との関係を中心に―
藤元裕二
美術史学会(第56回全国大会)   2003年5月   
醍醐寺所蔵・長賀筆<不動明王図像>に関する一考察
藤元裕二
学習院大学哲学会(平成13年度研究発表会)   2001年6月   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
南北朝から室町時代における羅漢図の変遷に関する研究
公益財団法人髙梨学術奨励基金: 若手研究助成
研究期間: 2016年4月 - 2017年3月    代表者: 藤元 裕二
仏画師「神田宗庭」に関する基礎的研究
公益財団法人出光福祉財団: 調査・研究助成
研究期間: 2013年11月 - 2014年10月    代表者: 藤元 裕二
高麗仏画における中国画受容の再検討
学習院大学人文科学研究所: 若手研究者研究助成
研究期間: 2011年5月 - 2012年3月    代表者: 藤元裕二
『詫磨派研究』(藝華書院 平成24年2月)
日本学術振興会: 科学研究費補助金(研究成果公開促進費)
研究期間: 2011年4月 - 2012年3月    代表者: 藤元裕二
中世後期詫磨派に関する基礎的研究
メトロポリタン東洋美術研究センター: 東洋美術研究振興基金
研究期間: 2009年4月 - 2010年3月    代表者: 藤元裕二
南朝方諸勢力周辺における詫磨派絵仏師の動向に関する研究
鹿島美術財団: 美術に関する調査研究の助成
研究期間: 2007年4月 - 2008年3月    代表者: 藤元裕二

社会貢献活動

 
作品展示会の審査員
【その他】  江戸川伝統工芸会  第34回江戸川伝統工芸展  2017年9月6日

その他

 
2018年7月   浅草寺什宝研究会編『浅草寺什宝目録』第1巻 彫刻編(浅草寺 平成30年7月)
上記書籍の編集に携わる。
2017年7月   座談会 平安時代後期を中心とした絵師の工房をめぐる諸問題
上記座談会の講演録
『公益財団法人仏教美術研究上野記念財団研究報告書』第44冊(平成30年3月)所収。