渡邉 英嗣

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/27 18:00
 
アバター
研究者氏名
渡邉 英嗣
 
ワタナベ エイジ
URL
https://kaken.nii.ac.jp/d/r/50722550.ja.html
所属
国立研究開発法人 海洋研究開発機構
部署
北極環境変動総合研究センター
職名
研究員
学位
博士(理学)
科研費研究者番号
50722550
ORCID ID
0000-0002-7959-749X

プロフィール

共著論文のリストは ResearcherID にて更新しています.
http://www.researcherid.com/rid/C-2797-2009

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
2015年4月
 - 
現在
海洋研究開発機構  北極環境変動総合研究センター  研究員
 
2014年4月
 - 
2015年3月
海洋研究開発機構  地球環境観測研究開発センター  研究員
 
2011年1月
 - 
2014年3月
海洋研究開発機構  地球環境変動領域  ポストドクトラル研究員
 
2008年7月
 - 
2010年12月
アラスカ大学フェアバンクス校  国際北極圏研究センター  特任研究員
 
2008年4月
 - 
2008年6月
東京大学  気候システム研究センター  特任研究員
 

学歴

 
2004年4月
 - 
2008年3月
東京大学大学院 理学系研究科 地球惑星科学専攻 博士課程
 
2002年4月
 - 
2004年3月
東京大学大学院 理学系研究科 地球惑星科学専攻 修士課程
 
2000年4月
 - 
2002年3月
東京大学 理学部 地球惑星物理学科
 
1998年4月
 - 
2000年3月
東京大学 教養学部 理科一類
 

委員歴

 
2017年8月
 - 
現在
北極域研究共同推進拠点 人材育成ワーキンググループ
 
2013年4月
 - 
2015年4月
北極環境研究コンソーシアム  長期構想作成ワーキンググループ
 

論文

 
Watanabe, E., J. Onodera, M. Itoh, S. Nishino, and T. Kikuchi
Deep Sea Research Part I   128 115-130   2017年8月   [査読有り]
Watanabe, E., J. Onodera, N. Harada, M. N. Aita, A. Ishida, and M. J. Kishi
Biogeosciences      2015年   [査読有り]
Watanabe, E., J. Onodera, N. Harada, M. C. Honda, K. Kimoto, T. Kikuchi, S. Nishino, K. Matsuno, A. Yamaguchi, A. Ishida, and M. J. Kishi
Nature Communications      2014年   [査読有り]
Watanabe, E. and M. Ogi
Geophysical Research Letter      2013年   [査読有り]
Watanabe, E., M. J. Kishi, A. Ishida, and M. N. Aita
Journal of Oceanography      2012年   [査読有り]
Watanabe, E., and H. Hasumi
Journal of Physical Oceanography      2009年   [査読有り]
Watanabe, E., J. Wang, A. Sumi, and H. Hasumi
Geophysical Research Letter      2006年   [査読有り]
Watanabe, E., and H. Hasumi
Journal of Geophysical Research      2005年   [査読有り]

講演・口頭発表等

 
Arctic sea ice-ocean modeling study in collaboration with sediment trap measurements [招待有り]
Watanabe, E.
IAPSO-IAMAS-IAGA Joint Assembly   2017年   
北極海環境変動における中規模渦の役割 [招待有り]
渡邉 英嗣
日本海洋学会秋季大会   2016年   
How does Arctic summer wind modulate ocean heat budget in sea ice reduction zone ? [招待有り]
Watanabe, E., and M. Ogi
Third International Symposium on the Arctic Research (ISAR-3)   2013年   
Arctic modeling study on bio-physical hot spots along the pathway of Pacific water [招待有り]
Watanabe, E.
Gordon Research Conference on Polar Marine Science   2013年   
Biological hot spots emerging along the pathway of Pacific summer water in the western Beaufort Sea [招待有り]
Watanabe, E., M. J. Kishi, A. Ishida, M. N. Aita, and T. Terui
PICES Annual Meeting   2012年   

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 2015年 - 2018年    代表者: 小野寺 丈尚太郎
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2014年 - 2016年    代表者: 渡邉 英嗣
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(S))
研究期間: 2010年 - 2014年    代表者: 原田 尚美