加藤 悦子

J-GLOBALへ         更新日: 19/01/24 14:43
 
アバター
研究者氏名
加藤 悦子
 
カトウ エツコ
所属
国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構
部署
高度解析センター 生体分子解析チーム
職名
主席研究員
学位
工学(東京工業大学)
その他の所属
名古屋大学

プロフィール

NMRや熱分析を用いて生体分子を解析しています。研究対象の中心はウイルス複製タンパク質の構造と機能相関です。

研究分野

 
 

経歴

 
2016年4月
 - 
現在
農研機構 高度解析センター 主席研究員
 
2006年4月
 - 
現在
名古屋大学大学院 生命農学研究科 客員教授
 
2009年4月
 - 
2016年3月
農業生物資源研究所 上級研究員
 
2005年4月
 - 
2011年3月
早稲田大学 理工学部 客員准教授
 
1999年10月
 - 
2009年3月
農業生物資源研究所 主任研究員
 

論文

 
Purification and functional characterization of tomato mosaic virus 130K protein expressed in silkworm pupae using a baculovirus vector.
Kobayashi C, Kato M, Nagaya H, Shimizu N, Ishibashi K, Ishikawa M, Katoh E.
Protein Expr Purif.   154 85-90   2018年10月   [査読有り]
Tumhom S, Krusong K, Kidokoro SI, Katoh E, Pongsawasdi P
Archives of biochemistry and biophysics   652 3-8   2018年8月   [査読有り]
イネの酢酸処理に伴うGABA生合成とその蓄積
加藤 悦子
Journal Pesticide Science   43(3) 214-219   2018年8月   [査読有り]
Nagatoishi S, Yamaguchi S, Katoh E, Kajita K, Yokotagawa T, Kanai S, Furuya T, Tsumoto K
Bioorganic & medicinal chemistry   26(8) 1929-1938   2018年5月   [査読有り]
Physical and thermodynamic characterization of the rice gibberellin receptor/gibberellin/DELLA protein complex
加藤 悦子
Scientific Reports   8(8:17719) 17719   2018年   [査読有り]

Misc

 
副田康平, 長門石暁, 加藤悦子, 山本雅, 津本浩平
日本薬学会年会要旨集(CD-ROM)   136th ROMBUNNO.28AB-AM279S   2016年
加藤 悦子, 石橋 和大
生物物理   56(1) 9-12   2016年
The Tm-1 gene of tomato encodes a 754-aa protein that binds tomato mosaic virus (ToMV) replication proteins and inhibits viral RNA replication. We determined a crystal structure of complex of an N-terminal fragment of Tm-1 and helicase doma...
石橋和大, 錦織雅樹, 相宏宇, 杉山成, 新山真由美, 加藤昌彦, 毛塚雄一郎, 小林千歩子, 井上剛, 野中孝昌, 松村浩由, 石川雅之, 加藤悦子
農業生物資源研究所主な研究成果   2014 10-11   2015年7月
福嶋大智, 瀬尾和聖, 城所俊一, 加藤悦子
日本蛋白質科学会年会プログラム・要旨集   15th 103   2015年5月
古板恭子, 西ケ谷有輝, JEE JunGoo, 田中利好, 河野俊之, 加藤悦子, 山崎俊正, 児嶋長次郎
日本蛋白質科学会年会プログラム・要旨集   15th 127   2015年5月

書籍等出版物

 
放射光利用の手引き-農水産・医療、エネルギー、環境、材料開発分野などへの応用-
加藤 悦子 (担当:分担執筆, 範囲:ウイルス複製タンパク質と宿主抵抗性タンパク質の共進化機構を解明する)
アグネ出版センター   2019年2月   
High Resolution Solid State NMR, 13C in Encycropedia of Spectroscopy and Spectrometry
加藤 悦子 (担当:分担執筆)
Academic Press, UK   1995年   

講演・口頭発表等

 
CRISPR/Cas9 による担子菌系酵母Pseudozyma antarctica の高効率相同組換え
田中拓未、國武絵美、植田浩一、鎗水透、遠藤亮、加藤悦子、北本宏子
第70回日本生物工学会大会   2018年9月6日   
of OsPhyB HKRD at a low NMR structural and functional studies of OsPhyB HKRD at a low concentrationconcentration
Naito Conference   2016年   
Tob1-CNOT7蛋白質間相互作用の機能解明に向けた阻害剤の探索
長門石曉, 山本雅, 津本浩平, 加藤 悦子
蛋白質科学会   2016年   
19F NMRを用いたフラグメントスクリーニング [招待有り]
加藤 悦子
第7回 FBDD情報交換会    2015年10月9日   
ウイルス由来スーパーファミリー1ヘリカーゼのNTP加水分解の評価
福嶋 大智,瀬尾 和聖,城所 俊一,加藤 悦子
第15回蛋白質科学会年会   2015年