基本情報

学位
修士(音楽)(東京藝術大学)

J-GLOBAL ID
201801015017559902
researchmap会員ID
B000298843

外部リンク

フィドル・ハーディングフェーレ・ヴァイオリン奏者 / 音楽民族学者

東京藝術大学音楽学部楽理科卒、同大学院音楽研究科音楽文化学専攻(音楽民族学)修了。

2013年アントニン大学(レバノン)にてアラブ音楽理論とアラブ・ヴァイオリン奏法をNidaa Abu Mrad、Mustafa Said等に師事。2015年ノルウェーでハーディングフェーレ国際マスタークラスに参加し、Knut Hamre、Frank Rollandに師事。その後ノルウェーに定期的に滞在し、ハーディングフェーレ奏者として現地で国営テレビNRKや演奏会に出演、レコーディングに参加する。2019年はマイアミでベネズエラ・ヴァイオリン奏法をDaniela Padrónに師事するなど、現在も地域を広げて諸民族のヴァイオリン奏法の調査・演奏・研究を行う。


論文

  1

書籍等出版物

  1
  • 西尾 哲夫, 水野 信男, 飯野 りさ, 小田 淳一, 斎藤 完, 酒井 絵美, 谷 正人, 椿原 敦子, 樋口 美治, 堀内 正樹, 松田 嘉子 (担当:分担執筆, 範囲:第5章 東アラブ地域における〝古典器楽〟の成立 ー音楽家サーミー・アッシャウワーの功績、ラウンドテーブル 「交錯する芸術 ー中東と西洋ー」1 、「交錯する芸術 ー中東と西洋ー」2)
    スタイルノート 2016年9月

講演・口頭発表等

  4

Works(作品等)

  21