藤岡 慧明

J-GLOBALへ         更新日: 19/01/18 12:48
 
アバター
研究者氏名
藤岡 慧明
 
フジオカ エミョウ
eメール
emyo.fujiokagmail.com
URL
http://www1.doshisha.ac.jp/~bioinfo/index.html
所属
同志社大学
部署
研究開発推進機構,生命医科学部
職名
特別研究員
学位
博士(工学)(同志社大学)
科研費研究者番号
00722266

プロフィール

専門は,生物音響,計測工学,聴覚,数理生物学で,
コウモリの生物ソナーシステムの解明に向けた野外研究を主に行っています.

研究分野

 
 

経歴

 
2016年4月
 - 
現在
同志社大学 研究開発推進機構 特別研究員
 
2016年4月
 - 
現在
同志社大学 生命医科学部 嘱託講師
 
2015年10月
 - 
現在
嵯峨美術大学 非常勤講師
 
2014年4月
 - 
2016年3月
同志社大学 高等研究教育機構 特任助手
 
2013年4月
 - 
2014年3月
東京大学 生産技術研究所 研究員
 

学歴

 
2009年4月
 - 
2013年3月
同志社大学大学院 生命医科学研究科 生命医科学専攻(博士後期課程)
 
2007年4月
 - 
2009年3月
同志社大学大学院 工学研究科 数理環境科学専攻(修士課程)
 
2003年4月
 - 
2007年3月
同志社大学 工学部 電子工学科
 

受賞

 
2018年6月
海洋音響学会 論文賞
 
2016年11月
NOLTA IEICE 2015 Best Paper Award
 
2013年11月
The 3rd International Symposium on Innovative Mathematical Modelling Best Presentation Award (GOLD PRIZE)
 
2012年8月
The Acoustical Society of America Student travel award
 
2010年3月
日本音響学会 学生優秀発表賞
 
2008年3月
日本音響学会 ポスター賞
 

論文

 
Kazuya Motoi, Miwa Sumiya, Emyo Fujioka and Shizuko Hiryu
The Journal of the Acoustical Society of America   141(5) EL439-EL444   2017年   [査読有り]
Miwa Sumiya, Emyo Fujioka, Kazuya Motoi, Masaru Kondo and Shizuko Hiryu
PLoS ONE   12(1) e0169995   2017年   [査読有り]
Emyo Fujioka, Ikkyu Aihara, Miwa Sumiya, Kazuyuki Aihara and Shizuko Hiryu
米国科学アカデミー紀要(PNAS)   113(17) 4848-4852   2016年   [査読有り]
Ikkyu Aihara, Yasufumi Yamada, Emyo Fujioka, and Shizuko Hiryu
Nonlinear Theory and its Applications (NOLTA), IEICE   6(2) 313-328   2015年   [査読有り]
Miwa Sumiya, Emyo Fujioka, Yoshiaki Watanabe, Shizuko Hiryu, Ikkyu Aihara
Proceedings of the International symposium on Nonlinear Theory and its Applications (NOLTA) 2015   369-372   2015年   [査読有り]
Emyo Fujioka, Ikkyu Aihara, Shotaro Watanabe, Miwa Sumiya, Shizuko Hiryu, James A Simmons, Hiroshi Riquimaroux and Yoshiaki Watanabe
Journal of the Acoustical Society of America   136(6) 3389-3400   2014年   [査読有り]
Naohiro Matsuta, Shizuko Hiryu, Emyo Fujioka, Yasufumi Yamada, Hiroshi Riquimaroux, and Yoshiaki Watanabe
The Journal of experimental biology   216 1210-1218   2013年4月   [査読有り]
A Study on the Biosonar of Bats during Natural Hunting Based on Microphone-array Measurement
藤岡慧明
同志社大学      2013年3月   [査読有り]
Ikkyu Aihara, Emyo Fujioka and Shizuko Hiryu
PloS one   8 e68635   2013年   [査読有り]
Shigeki Mantani, Shizuko Hiryu, Emyo Fujioka, Naohiro Matsuta, Hiroshi Riquimaroux, and Yoshiaki Watanabe
Journal of Comparative Physiology. A   198 741-751   2012年10月   [査読有り]
Emyo Fujioka, Shigeki Mantani, Shizuko Hiryu, Hiroshi Riquimaroux and Yoshiaki Watanabe
The Journal of the Acoustical Society of America   129(2) 1081-1088   2011年2月   [査読有り]
Harumi Sugimatsu, Tamaki Ura, Junichi Kojima, Hiroshi Shimura, Kenji Maejima, Koichi Kato, Yuki Tahara, Ayako Takahashi, Shizuko Hiryu
OCEANS, IEEE   1-9   2010年   [査読有り]
Shizuko Hiryu, Tomotaka Hagino, Emyo Fujioka, Hiroshi Riquimaroux, and Yoshiaki Watanabe
The Journal of the Acoustical Society of America   124 EL51-6   2008年8月   [査読有り]

Misc

 
山田恭史,藤岡慧明,飛龍志津子
生物の科学 遺伝   71(6) 526-532   2017年11月   [依頼有り]
藤岡慧明,氏野友裕,福井大,依田憲,飛龍志津子
ロボティクス・メカトロニクス講演会講演論文集   2A2-Q01   2017年5月
藤岡慧明
海洋音響学会誌   44(1) 1-5   2017年1月   [依頼有り]
コウモリの広帯域音波の利用とその摂餌戦略
藤岡慧明
広帯域海洋音響探査技術部会報告書   54-58   2016年   [依頼有り]
飛龍志津子,藤岡慧明
日本ロボット学会誌   34(8) 529-533   2016年   [依頼有り]
マイクロホンアレイを用いたコウモリの3次元動態音響計測 ~ 採餌飛行時におけるソナー戦略の実験的・数理的分析 ~
藤岡慧明,角谷美和,合原一究,飛龍志津子
第10回日本バイオロギング研究会シンポジウム講演論文集   23-24   2014年
藤岡慧明,角谷美和,合原一究,飛龍志津子
第52回同志社大学理工学研究所研究発表会講演論文集   129-134   2014年
藤岡慧明, 合原一究, 飛龍志津子, 力丸裕, 渡辺好章
電子情報通信学会技術研究報告   110(366(US2010 92-111)) 65-70   2011年1月
Emyo Fujioka, Ryosuke Kasai, Ikkyu Aihara, Shizuko Hiryu, Hiroshi Riquimaroux and Yoshiaki Watanabe
Proceedings of auditory research meeting   41(3) 193-198   2011年
野外におけるコウモリの超音波ソナーによる獲物探索飛行の分析 -マイクロホンアレイシステムによる3次元飛行軌跡と放射パルスの同時計測-
藤岡慧明,松田直大,飛龍志津子,力丸裕,渡辺好章
日本音響学会講演論文集   1519-1520   2010年
藤岡慧明,松田直大,飛龍志津子,力丸裕,渡辺好章
日本音響学会聴覚研究会資料   40(4) 321-326   2010年
藤岡慧明,竹永敏也,飛龍志津子,力丸裕,渡辺好章
海洋音響学会講演論文集   93-96   2009年
藤岡慧明,萬谷重樹,福田至宏,飛龍志津子,力丸裕,渡辺好章
日本音響学会講演論文集   559-560   2008年
Emyo Fujioka, Shigeki Mantani, Shizuko Hiryu, Hiroshi Riquimaroux, and Yoshiaki Watanabe
Proceedings of Symposium on Ultrasonic Electronics   29 155-156   2008年
Echolocation and flight strategies of Japanese house bats (Pipistrellus abramus) to attack a prey in the field revealed by a microphone array
Emyo Fujioka, Shigeki Mantani, Michihiro Fukuda, Shizuko Hiryu, Hiroshi Riquimaroux, and Yoshiaki Watanabe
Proceedings of Acoustics’08 Paris   5933-5937   2008年
FMコウモリの室内と野外におけるエコーロケーション行動の比較 -標的に対するソナー戦術-
藤岡慧,萩野智生,飛龍志津子,力丸裕,渡辺好章
日本音響学会聴覚研究会資料   37(4) 281-286   2007年
アブラコウモリの野外での採餌行動時におけるエコーロケーション戦略
藤岡慧,萩野智生,飛龍志津子,力丸裕,渡辺好章
海洋音響学会講演論文集   95-96   2007年

書籍等出版物

 
バイオロギングで新発見!動物たちの謎を追え
藤岡慧明 (担当:分担執筆, 範囲:pp.16-17)
あかね書房   2018年6月   
バイオロギング2:動物たちの知られざる世界を探る
藤岡慧明 (担当:分担執筆, 範囲:pp.189-190)
京都通信社   2016年   

講演・口頭発表等

 
藤岡 慧明
第36回ダイナミクスと制御研究会   2019年1月11日   
藤岡 慧明
カワイサウンド技術・音楽振興財団 第35回 研究助成講演会   2018年12月11日   
藤岡慧明
海洋音響学会2018年第一回談話会   2018年8月3日   海洋音響学会
Emyo Fujioka and Shizuko Hiryu
第65回日本生態学会大会   2018年3月15日   
Emyo Fujioka, Fumiya Hamai, Miwa Sumiya, Kazuya Motoi, Dai Fukui, Kohta I. Kobayasi, and Shizuko Hiryu
174th Meeting of the Acoustical Society of America   2017年12月4日   
野生コウモリから学ぶ音響ナビゲーションアルゴリズム [招待有り]
藤岡慧明
豊田中央研究所講演会   2017年7月11日   
藤岡慧明
第12回日本バイオロギング研究会シンポジウム   2016年12月2日   
藤岡慧明
広帯域海洋音響探査技術シンポジウム   2016年11月18日   
藤岡慧明
海洋音響学会2016年第一回談話会・シンポジウム   2016年6月22日   
藤岡慧明,合原一究,木本圭子
日本科学未来館LEDホタルワークショップ   2014年8月3日   
藤岡慧明
動物行動モデリング研究集会   2013年12月16日   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
野生コウモリによる長距離音響ナビゲーションアルゴリズムの解明
日本学術振興会: 科学研究費補助金(若手B)
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 藤岡慧明
野性コウモリから学ぶ長距離ナビゲーションアルゴリズム
一般財団法人カワイサウンド技術・音楽振興財団: 研究助成
研究期間: 2015年4月 - 2016年3月    代表者: 藤岡慧明
野生コウモリから生きるためのソナー戦略に学ぶ -獲物探索・接近飛行時における計測アルゴリズムの解明-
財団法人日本科学協会: 笹川研究助成
研究期間: 2010年4月 - 2011年3月    代表者: 藤岡慧明

社会貢献活動

 
【情報提供, 運営参加・支援】  SKIPシティ彩の国ビジュアルプラザ  映像ミュージアム企画展示  2018年4月17日 - 2018年9月2日
コウモリが放つ超音波の謎に挑む
【インタビュイー, 取材協力】  京都新聞  (28面 地域欄)  2018年4月18日
生物の「空の羅針盤」探る
【インタビュイー, 取材協力】  読売新聞  (21面 科学欄)  2017年9月22日
コウモリのルート選択;複数の獲物の位置 超音波で先読み
【インタビュイー, 情報提供】  科学新聞  (1面)  2016年5月13日
2016年4月12日に公開したプレスリリースの内容
超音波で飛行ルート選択;コウモリの効率的な捕食の仕組み解明へ
【インタビュイー, 取材協力】  毎日新聞  (22面)  2016年5月1日
2016年4月12日に公開したプレスリリースの内容
コウモリ 獲物位置先読み;最適ルートで効率的に
【取材協力】  読売新聞  (35面 社会欄)  2016年4月14日
2016年4月12日に公開したプレスリリースの内容
【インタビュイー, 取材協力】  Asian Scientist  2016年4月13日
2016年4月12日に公開したプレスリリースの内容
コウモリの狩り 効率飛行;ドローン応用期待
【インタビュイー, 取材協力】  京都新聞  (32面 社会欄)  2016年4月12日
2016年4月12日に公開したプレスリリースの内容
コウモリ 獲物”先読み”;飛行ルート「次」にらむ
【インタビュイー, 取材協力】  朝日新聞  (33面 社会欄)  2016年4月12日
2016年4月12日に公開したプレスリリースの内容
獲物2つ 同時捕捉;コウモリ,最適ルートで飛ぶ
【取材協力】  日本経済新聞  (42面 社会欄)  2016年4月12日
2016年4月12日に公開したプレスリリースの内容
複数の獲物把握し追跡;コウモリの高度な飛行解明
【インタビュイー, 取材協力】  時事通信社  時事ドットコム  2016年4月12日
2016年4月12日に公開したプレスリリースの内容
【取材協力】  Physics Today  2016年4月12日
2016年4月12日に公開したプレスリリースの内容
【情報提供, 企画, 運営参加・支援】  日本科学未来館  メディアラボ第13期展示  2014年2月19日 - 2014年9月2日
【出演, 取材協力】  WAC、BSフジ  ガリレオX  2014年8月10日
【インタビュイー】  Response  (自動車テクノロジー)  2014年2月27日