繁冨 英治

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/12 19:33
 
アバター
研究者氏名
繁冨 英治
 
シゲトミ エイジ
URL
http://www.med.yamanashi.ac.jp/clinical_basic/pharmaco/1-Japanese/home.html
所属
山梨大学
部署
大学院 総合研究部 医学域基礎医学系(薬理学)
職名
助教
学位
医学博士(東京慈恵会医科大学)
科研費研究者番号
00631061

研究分野

 
 

経歴

 
2017年4月
   
 
山梨大学大学院総合研究部・薬理学講座・助教
 
2014年10月
 - 
2017年3月
山梨大学大学院総合研究部・薬理学講座
 
2012年3月
 - 
2014年9月
山梨大学大学院・医学工学総合研究部・薬理学講座 特任助教
 
2011年7月
 - 
2012年2月
Department of Physiology, UCLA Assistant Researcher TrackIII
 
2010年4月
 - 
2011年6月
Department of Physiology, UCLA Assistant Researcher TrackI
 

学歴

 
2002年4月
 - 
2005年3月
東京慈恵会医科大学大学院  医学研究科
 

受賞

 
2018年
山梨大学 平成30年度優秀教員報奨制度特別報奨
 
2015年4月
文部科学省 平成27年度科学技術分野の文部科学大臣表彰 若手科学者賞
 
2012年3月
日本薬理学会 第85回日本薬理学会年会優秀発表賞
 
2012年3月
日本生理学会 第89回日本生理学会大会ポスターアワード
 
2012年3月
日本生理学会 第13回日本生理学会奨励賞
 

論文

 
Ihara T, Mitsui T, Nakamura Y, Kanda M, Tsuchiya S, Kira S, Nakagomi H, Sawada N, Kamiyama M, Shigetomi E, Shinozaki Y, Yoshiyama M, Nakao A, Takeda M, Koizumi S
Neurourology and urodynamics   37(8) 2535-2543   2018年11月   [査読有り]
Kinoshita M, Hirayama Y, Fujishita K, Shibata K, Shinozaki Y, Shigetomi E, Takeda A, Le HPN, Hayashi H, Hiasa M, Moriyama Y, Ikenaka K, Tanaka KF, Koizumi S
EBioMedicine   32 72-83   2018年6月   [査読有り]
Saito K, Shigetomi E, Yasuda R, Sato R, Nakano M, Tashiro K, Tanaka KF, Ikenaka K, Mikoshiba K, Mizuta I, Yoshida T, Nakagawa M, Mizuno T, Koizumi S
Glia   66(5) 1053-1067   2018年5月   [査読有り]
Ihara T, Mitsui T, Nakamura Y, Kanda M, Tsuchiya S, Kira S, Nakagomi H, Sawada N, Kamiyama M, Hirayama Y, Shigetomi E, Shinozaki Y, Yoshiyama M, Nakao A, Takeda M, Koizumi S
Scientific reports   8(1) 5699   2018年4月   [査読有り]
Ihara T, Mitsui T, Nakamura Y, Kanda M, Tsuchiya S, Kira S, Nakagomi H, Sawada N, Hirayama Y, Shibata K, Shigetomi E, Shinozaki Y, Yoshiyama M, Nakao A, Takeda M, Koizumi S
Neurourology and urodynamics   37(3) 942-951   2018年3月   [査読有り]
Shigetomi E, Hirayama YJ, Ikenaka K, Tanaka KF, Koizumi S
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience   38(6) 1383-1395   2018年2月   [査読有り]
Chai H, Diaz-Castro B, Shigetomi E, Monte E, Octeau JC, Yu X, Cohn W, Rajendran PS, Vondriska TM, Whitelegge JP, Coppola G, Khakh BS
Neuron   95(3) 531-549.e9   2017年8月   [査読有り]
Morizawa YM, Hirayama Y, Ohno N, Shibata S, Shigetomi E, Sui Y, Nabekura J, Sato K, Okajima F, Takebayashi H, Okano H, Koizumi S
Nature communications   8(1) 28   2017年6月   [査読有り]
Shinozaki Y, Shibata K, Yoshida K, Shigetomi E, Gachet C, Ikenaka K, Tanaka KF, Koizumi S
Cell reports   19(6) 1151-1164   2017年5月   [査読有り]
Ihara T, Mitsui T, Nakamura Y, Kira S, Miyamoto T, Nakagomi H, Sawada N, Hirayama Y, Shibata K, Shigetomi E, Shinozaki Y, Yoshiyama M, Andersson KE, Nakao A, Takeda M, Koizumi S
Neurourology and urodynamics   36(4) 1034-1038   2017年4月   [査読有り]
Kira S, Yoshiyama M, Tsuchiya S, Shigetomi E, Miyamoto T, Nakagomi H, Shibata K, Mochizuki T, Takeda M, Koizumi S
Scientific reports   7(1) 771   2017年4月   [査読有り]
Ihara T, Mitsui T, Nakamura Y, Kira S, Nakagomi H, Sawada N, Hirayama Y, Shibata K, Shigetomi E, Shinozaki Y, Yoshiyama M, Andersson KE, Nakao A, Takeda M, Koizumi S
PloS one   12(1) e0168234   2017年   [査読有り]
Shigetomi E, Koizumi S
Nihon yakurigaku zasshi. Folia pharmacologica Japonica   148(2) 75-80   2016年8月   [査読有り]
Nakagomi H, Yoshiyama M, Mochizuki T, Miyamoto T, Komatsu R, Imura Y, Morizawa Y, Hiasa M, Miyaji T, Kira S, Araki I, Fujishita K, Shibata K, Shigetomi E, Shinozaki Y, Ichikawa R, Uneyama H, Iwatsuki K, Nomura M, de Groat WC, Moriyama Y, Takeda M, Koizumi S
Scientific reports   6 29761   2016年7月   [査読有り]
Kim SK, Hayashi H, Ishikawa T, Shibata K, Shigetomi E, Shinozaki Y, Inada H, Roh SE, Kim SJ, Lee G, Bae H, Moorhouse AJ, Mikoshiba K, Fukazawa Y, Koizumi S, Nabekura J
The Journal of clinical investigation   126(5) 1983-1997   2016年5月   [査読有り]
Shigetomi E, Patel S, Khakh BS
Trends in cell biology   26(4) 300-312   2016年4月   [査読有り]
Taguchi M, Shinozaki Y, Kashiwagi K, Shigetomi E, Robaye B, Koizumi S
Journal of neurochemistry   136(4) 741-751   2016年2月   [査読有り]
Tong X, Shigetomi E, Looger LL, Khakh BS
The Neuroscientist : a review journal bringing neurobiology, neurology and psychiatry   19(3) 274-291   2013年6月   [査読有り]
Shigetomi E, Jackson-Weaver O, Huckstepp RT, O'Dell TJ, Khakh BS
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience   33(24) 10143-10153   2013年6月   [査読有り]
Eiji SHIGETOMI,Eric A. Bushong,Martin D. Haustein,Xiaoping Tong,Olan Jackson-Weaver,Sebastian Kracun,Ji Xu,Michael V. Sofroniew,Mark H. Ellisman,Baljit S. Khakh
The Journal of General Physiology   141(5) 633-647   2013年5月   [査読有り]
Akerboom J, Chen TW, Wardill TJ, Tian L, Marvin JS, Mutlu S, Calderón NC, Esposti F, Borghuis BG, Sun XR, Gordus A, Orger MB, Portugues R, Engert F, Macklin JJ, Filosa A, Aggarwal A, Kerr RA, Takagi R, Kracun S, Shigetomi E, Khakh BS, Baier H, Lagnado L, Wang SS, Bargmann CI, Kimmel BE, Jayaraman V, Svoboda K, Kim DS, Schreiter ER, Looger LL
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience   32(40) 13819-13840   2012年10月   [査読有り]
Shigetomi E, Tong X, Kwan KY, Corey DP, Khakh BS
Nature neuroscience   15(1) 70-80   2011年12月   [査読有り]
Richler E, Shigetomi E, Khakh BS
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience   31(46) 16716-16730   2011年11月   [査読有り]
Reeves AM, Shigetomi E, Khakh BS
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience   31(25) 9353-9358   2011年6月   [査読有り]
Shigetomi E, Kracun S, Khakh BS
Neuron glia biology   6(3) 183-191   2010年8月   [査読有り]
Shigetomi E,Kracun S,Sofroniew MV,Khakh BS
Nature Neuroscience   13(6) 759-766   2010年6月   [査読有り]
Shigetomi E, Khakh BS
Journal of visualized experiments : JoVE   (26)    2009年4月   [査読有り]
Shigetomi E, Bowser DN, Sofroniew MV, Khakh BS
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience   28(26) 6659-6663   2008年6月   [査読有り]
Richler E,Chaumont S,Shigetomi E,Sagasti A,Khakh BS
Nature Methods   5(1) 87-93   2008年1月   [査読有り]
[Purinergic regulatory complex in the brain synapses].
Kato F, Imura T, Shigetomi E
Nihon shinkei seishin yakurigaku zasshi = Japanese journal of psychopharmacology   27(3) 117-126   2007年6月   [査読有り]
Kono Y,Shigetomi E,Inoue K,Kato F
European Journal of Neuroscience   25(6) 1748-1756   2007年3月   [査読有り]
Yamazaki K, Shigetomi E, Ikeda R, Nishida M, Kiyonaka S, Mori Y, Kato F
Brain research   1104(1) 103-113   2006年8月   [査読有り]
Shigetomi E, Kato F
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience   24(12) 3125-3135   2004年3月   [査読有り]
Synaptic purinoceptors - the stage for ATP to play its “dual-role”.
Kato F,Kawamura M,Shigetomi E,Tanaka J,Inoue K
Journal of Pharmacological Sciences   94 107-111   2004年2月   [査読有り]
ATP- and adenosine-mediated signaling in the central nervous system: synaptic purinoceptors: the stage for ATP to play its "dual-role".
Kato F, Kawamura M, Shigetomi E, Tanaka J, Inoue K
Journal of pharmacological sciences   94(2) 107-111   2004年2月   [査読有り]
Differential increases in P2X receptor levels in rat vagal efferent neurones following a vagal nerve section.
Atkinson L, Shigetomi E, Kato F, Deuchars J
Brain research   977(1) 112-118   2003年7月   [査読有り]
Kato F, Shigetomi E, Kawamura M, Ikeda R
Nihon yakurigaku zasshi. Folia pharmacologica Japonica   121(4) 255-263   2003年4月   [査読有り]
Distinct modulation of evoked and spontaneous EPSCs by purinoceptors in the nucleus tractus solitarii of the rat.
Kato F,Shigetomi E
The Journal of Physiology   530 469-486   2000年2月   [査読有り]

Misc

 
てんかん病態における反応性アストロサイトの役割
繁冨 英治, 小泉 修一, 佐野 史和
BIO Clinica   33(11) 1085-1090   2018年10月
難治てんかんでは、グリア細胞の一種であるアストロサイトの形態学的変化を伴う反応性アストロサイトが観察される。近年の研究により、反応性アストロサイトはてんかん発作の結果というよりはむしろ、てんかん病態において能動的な役割を果たす可能性が指摘されている。本稿では反応性アストロサイトがてんかん病態の神経過興奮に果たす能動的役割について概説する。(著者抄録)
薬理系薬学 アストロサイトによる睡眠覚醒サイクルの制御
繁冨 英治
ファルマシア   54(6) 578-578   2018年6月
難治性神経変性疾患「アレキサンダー病」の原因分子を発見
   2018年2月
難治性てんかん病態におけるグリア機能とwide-band EEG グリア性てんかん原性の分子メカニズム
小泉 修一, 佐野 史和, 繁冨 英治
臨床神経生理学   45(5) 328-328   2017年10月
グリアネットワーク変調が来たす疼痛形成機序の解明
繁冨 英治
上原記念生命科学財団研究報告集   29 1-6   2015年12月
グリア細胞の1種であるアストロサイトは、シグナル伝達物質の放出・取込みを介して神経細胞機能を制御し、その機序にアストロサイトネットワークが関与すると考えられている。また、様々な中枢神経系疾患においてアストロサイトネットワークの変調が起こり、これが病態形成の一因と考えられているが、詳細は不明である。著者等は、アストロサイトの活動が慢性疼痛の形成・維持に重要な役割を果たしている可能性が指摘されている一次体性感覚野後肢領域に着目し、慢性疼痛により惹起されるアストロサイトのカルシウム応答および形態...

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
シナプス―アストロサイト機能連関の可視化
武田科学振興財団: 医学系研究奨励
研究期間: 2018年 - 2020年    代表者: 繁冨 英治
アストロサイト由来てんかん重積誘発因子の解明
文部科学省: 科学研究費補助金 基盤研究(C)
研究期間: 2017年 - 2019年    代表者: 繁冨 英治
ペリシナプスグリアによるシナプス情報伝達制御機構の解明
文部科学省: 科学研究費補助金 国際共同研究加速基金
研究期間: 2016年 - 2019年    代表者: 繁冨 英治
貪食型アストロサイトによる脳機能制御に関する研究
文部科学省: 科学研究費補助金 基盤研究(B)
研究期間: 2016年 - 2018年    代表者: 小泉 修一
アストロサイトによるシナプス回路構築機構
加藤バイオサイエンス財団: 加藤記念研究助成
研究期間: 2015年 - 2017年    代表者: 繁冨 英治