石川 冬樹

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/14 16:42
 
アバター
研究者氏名
石川 冬樹
eメール
f-ishikawanii.ac.jp
URL
http://research.nii.ac.jp/~f-ishikawa/
所属
国立情報学研究所
部署
アーキテクチャ科学研究系
職名
准教授
学位
博士(情報理工学)

プロフィール

国立情報学研究所 アーキテクチャ科学研究系 准教授
電気通信大学 情報システム学研究科 客員准教授

賢く頼れる次世代の新しいソフトウェアのあり方を追求するとともに,その開発・運用・進化のための技術に取り組んでいます.
詳しくは上記のリンク先URLからWebサイトをご参照下さい.

研究分野

 
 

経歴

 
2018年4月
 - 
現在
国立情報学研究所 アーキテクチャ科学研究系 准教授
 
2012年6月
 - 
現在
電気通信大学 大学院 情報システム学研究科 客員准教授
 
2012年6月
 - 
現在
総合研究大学院大学 複合科学研究科 情報学専攻 客員准教授
 
2011年11月
 - 
2018年3月
国立情報学研究所 コンテンツ科学研究系 准教授
 
2012年4月
 - 
2012年5月
総合研究大学院大学 複合科学研究科 情報学専攻 准教授
 
2007年4月
 - 
2011年10月
国立情報学研究所 コンテンツ科学研究系 助教
 
2007年4月
 - 
2012年3月
総合研究大学院大学 複合科学研究科 情報学専攻 助教
 

競争的資金等の研究課題

 
保証付き多段階システムモデルの柔軟・継続的な洗練・進化
日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤研究(B)
研究期間: 2017年4月 - 2021年3月    代表者: 石川 冬樹
しなやかなシステムを実現するマルチビュー実行時モデルフレームワーク
日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤研究(A)
研究期間: 2017年4月 - 2022年3月    代表者: 本位田 真一
メタ数理システムデザインプロジェクト
科学技術振興機構: 創造科学技術推進事業(ERATO)
研究期間: 2016年10月 - 2022年3月    代表者: 蓮尾 一郎
スマートシティにおける市民の影響力を拡張するビッグデータ・クラウド・IoT融合基盤技術
情報通信研究機構 / H2020: 欧州との連携による公共ビッグデータの利活用基盤に関する研究開発
研究期間: 2016年7月 - 2019年6月
実行時ゴールモデル追跡による想定外の検出
日本学術振興会: 科学研究費補助金 挑戦的萌芽研究
研究期間: 2015年4月 - 2017年3月    代表者: 石川 冬樹

受賞

 
2018年6月
ソフトウェア・シンポジウム2018(SS 2018) 論文奨励賞 要求獲得のためのヒアリングにおけるゴール指向要求分析の活用 ~「ゴール指向 Lite」の提案~
受賞者: 菅原 扶,室井 義彦,山口 俊彦,山崎 哲,石川 冬樹,栗田 太郎
 
2015年7月
International Symposium on Software Testing and Analysis (ISSTA 2015) Best Artifact Award Feedback-controlled Random Test Generation
受賞者: Kohsuke Yatoh, Kazunori Sakamoto, Fuyuki Ishikawa, Shinichi Honiden
 
2015年6月
European Association of Software Science and Technology Best Paper Award at The 1st Formal Methods in SW Engineering Education and Training Workshop Keys and Roles of Formal Methods Education for Industry: 10 Year Experience from Top SE Program
受賞者: Fuyuki Ishikawa, Nobukazu Yoshioka, Yoshinori Tanabe
 
2012年10月
International Joint Agent Workshop and Symposium 2012 (iJAWS 2012) Best Paper Award A Scalable Distributed Architecture for Network- and QoS-aware Service Composition
受賞者: Adrian Klein, Fuyuki Ishikawa, Shinichi Honiden
 
2010年12月
The 8th International Conference on Service-Oriented Computing (ICSOC 2010 PhD Symposium / Poster Track) Best PhD Poster Effcient, Failure-Resilient Semantic Web Service Planning
受賞者: Florian Wagner, Fuyuki Ishikawa, Shinichi Honiden
 

書籍等出版物

 
Education of Scientific Approaches to Trustworthy Systems for Industry - After 10 Years, chapter in Trustworthy Cyber-Physical Systems
Fuyuki Ishikawa, Nobukazu Yoshioka, Yoshinori Tanabe
Chapman and Hall/CRC   2016年10月   
Trustworthy Cyber-Physical Systems Engineering
Alexander Romanovsky (Editor), Fuyuki Ishikawa (Editor) (担当:編者)
Chapman and Hall/CRC   2016年10月   
Verification and Configuration of Smart Space Applications, chapter in Enablers for Smart Cities
Fuyuki Ishikawa, Shinichi Honiden
Wiley-ISTE   2016年7月   
Enablers for Smart Cities
Amal El Fallah Seghrouchni (Editor), Fuyuki Ishikawa (Editor), Laurent Hérault (Editor), Hideyuki Tokuda (Editor) (担当:編者)
Wiley-ISTE   2016年7月   
QoS-based Service Selection - chapter in Handbook on Web Services
Fuyuki Ishikawa
Springer   2013年9月   

論文

 
A Refinement based Method for Developing Distributed Protocols
Paulius Stankaitis, Alexei Iliasov, Alexander Romanovsky, Yamine Ait-Ameur, Tsutomu Kobayashi, Fuyuki Ishikawa
The 19th IEEE International Symposium on High Assurance Systems Engineering (HASE 2019)      2019年1月   [査読有り]
Analysis on Strategies of Superposition Refinement of Event-B Specifications
Tsutomu Kobayashi, Fuyuki Ishikawa
The 20th International Conference on Formal Engineering Methods (ICFEM 2018)   357-372   2018年11月   [査読有り]
Concepts in Quality Assessment for Machine Learning - From Test Data to Arguments
Fuyuki Ishikawa
The 37th International Conference on Conceptual Modeling (ER 2018, Short Paper)   536-544   2018年10月   [査読有り]
Continuous Argument Engineering: Tackling Uncertainty in Machine Learning based Systems
Fuyuki Ishikawa, Yutaka Matsuno
The 6th International Workshop on Assurance Cases for Software-intensive Systems (ASSURE 2018) at The 37th International Conference on Computer Safety, Reliability, and Security (SAFECOMP 2018)   14-21   2018年9月   [査読有り]
Continuous Argument Engineering: 機械学習システムにおける議論モデルの活用に向けて:
石川 冬樹,松野 裕
第1回機械学習工学ワークショップ(MLSE2018)      2018年7月   [査読有り]
要求獲得のためのヒアリングにおけるゴール指向要求分析の活用 ~「ゴール指向 Lite」の提案~
菅原 扶,室井 義彦,山口 俊彦,山崎 哲,石川 冬樹,栗田 太郎
ソフトウェア・シンポジウム2018(SS 2018)      2018年6月   [査読有り]
イベント駆動型IoTアプリケーションにおける自己適応のためのアーキテクチャ
石川 冬樹
信学技報   117(512) 21-26   2018年3月
Extracting Traceability between Predicates in Event-B Refinement
Shinnosuke Saruwatari, Fuyuki Ishikawa, Tsutomu Kobayashi, Shinichi Honiden
The 24th Asia-Pacific Software Engineering Conference (APSEC 2017)   61-70   2017年12月   [査読有り]
Construction of Abstract State Graphs for Understanding Event-B Models
Daichi Morita, Fuyuki Ishikawa and Shinichi Honiden
Symposium on Dependable Software Engineering (SETTA 2017)   250-265   2017年10月   [査読有り]
さまざまな視点に合わせた仕様書の作成・維持の支援方法
酒井 雄太,石川 冬樹,栗田 太郎
ソフトウェア品質シンポジウム 2017      2017年9月   [査読有り]

講演・口頭発表等

 
ドメイン特化モデリング(DSM)の記法定義およびモデリング環境構築を効率化するDSMパタンの提案
川上 真澄,石川 冬樹
ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2018(SES 2018)   2018年9月6日   
A Framework for Developing Distributed Protocols with Event-B/Rodin [招待有り]
Paulius Stankaitis, Alexei Iliasov, Tsutomu Kobayashi, Alexander Romanovsky, Fuyuki Ishikawa
Rodin Workshop 2018 at ABZ 2018   2018年6月5日   
機械学習工学はどこへ向かうか [招待有り]
石川 冬樹
機械学習工学研究会キックオフシンポジウム   2018年5月17日   
Falsification of Cyber-Physical Systems with Reinforcement Learning
Koki Kato, Fuyuki Ishikawa, Shinichi Honiden
The 3rd Workshop on Monitoring and Testing of Cyber-Physical Systems (MT-CPS 2018) at CPSWeek 2018   2018年4月10日   
機械学習における品質保証のチャレンジ ~ 産学連携による打破への期待 [招待有り]
石川 冬樹
トップエスイーシンポジウム   2018年3月23日   

Misc

 
ICSE 2018 参加報告
吉岡 信和,鵜林 尚靖,石川 冬樹,鄭 顕志,鷲崎 弘宜
コンピュータソフトウェア      2019年2月   [査読有り]
「形式手法」の“論理の力”による開発効率と品質の向上事例
石川 冬樹
Codezine      2017年11月   [依頼有り]
ソフトウェア工学の最前線 〜ソフトウェアが社会のすべてを定義する時代〜:[未来に向かって]7.不確かさを考慮したソフトウェア・テスティングおよび形式検証
石川 冬樹,來間 啓伸,中島 震
情報処理   58(8) 693-695   2017年7月   [依頼有り]
Proceedings of the Event-B Day
Fuyuki Ishikawa, Alexander Romanovsky
Technical Report, School of Computing Science, University of Newcastle upon Tyne   (CS-TR-1504)    2016年11月
Proceedings of the Workshop on Formal and Model-Driven Techniques for Developing Trustworthy Systems
Fuyuki Ishikawa, Alexander Romanovsky, Elena Troubitsyna
Technical Report, School of Computing Science, University of Newcastle upon Tyne   (CS-TR-1503)    2016年11月

担当経験のある科目

 
 

委員歴

 
2018年4月
 - 
現在
日本ソフトウェア科学会 機械学習工学研究会  主査
 
2016年6月
 - 
現在
日本ソフトウェア科学会  理事
 
2014年4月
 - 
現在
文部科学省科学技術・学術政策研究所 科学技術動向研究センター  専門調査員
 
2013年4月
 - 
現在
電子情報通信学会 情報・システムソサイエティ サービスコンピューティング研究専門委員会  専門委員
 
2013年4月
 - 
現在
SEMAT (Software Engineering Method and Theory) Japan Chapter  Executive Committee