TAGAWA,Fumihiko

J-GLOBAL         Last updated: Apr 17, 2018 at 19:11
 
Avatar
Name
TAGAWA,Fumihiko

Research Areas

 
 

Published Papers

 
TAGAWA Fumihiko
Journal of Indian and Buddhist Studies (Indogaku Bukkyogaku Kenkyu)   65(1) 158-162   2016
<p>Recently, an Edo-period manuscript of the hyōbyaku 表白 (invocation) used during the performance of the Kōzen'in-kō 興善院講 (Kōzen'in Assembly) at Kōfukuji 興福寺 was rediscovered and returned to the temple. The present paper uses this document ...
TAGAWA Fumihiko
Journal of Indian and Buddhist Studies (Indogaku Bukkyogaku Kenkyu)   56(2) 660-663   2008
多川 文彦
The journal of Buddhist iconography   (26) 31-46,図巻頭1p   Dec 2007
TAGAWA Fumihiko
Memoirs of the Postgraduate Research Institute, Bukkyo University   35 1-17   Mar 2007
■州大師慧沼、濮陽大師智周は法相教学の二祖・三祖であり、それぞれその肖像を描いた画幅が現在興福寺に伝存している。日本中世における祖師信仰の隆盛に伴って制作されたこの両画幅は従来仏教美術研究の俎上にあがることが無く、作品解説内で語られる次元に留まっていた作品群であった。本稿は当作品の特色について、院政期から中世にかけて多数制作された祖師画作例との様式比較を基軸にその図像形成の一端を考察し、併せて両画幅が本尊として奉懸されていた法会を射程に入れ、祖師画の図像学的考察を行い、試論を提示したものである。
TAGAWA Fumihiko
Journal of Indian and Buddhist studies   55(2) 635-639   Mar 2007