MISC

1993年1月

MSC/NASTRANによるプルトニウム用グローブボックスの耐震解析

JAERI-M 92-206
  • 平田 勝
  • ,
  • 石川 一哉*
  • ,
  • 黒澤 誠
  • ,
  • 福島 奨
  • ,
  • 星名 博文*

開始ページ
50
終了ページ
記述言語
日本語
掲載種別
機関テクニカルレポート,技術報告書,プレプリント等
DOI
10.11484/jaeri-m-92-206

地震時におけるプルトニウム取扱用グローブボックスの構造強度解析は、プルトニウムの閉じ込め機能を評価するうえで重要である。しかしながら、プルトニウムの閉じ込め機能をより高い精度で評価するためには、地震時に発生するグローブボックス本体の窓枠とアクリル樹脂製窓面との相対変位について解析する方法を検討する必要がある。このため、有限要素法による構造解析コードMSC/NASTRANを用いて、大洗研究所燃料研究棟の標準的なグローブボックスを対象に耐震解析を行った。固有振動数および静的震度法による解析の結果から、グローブボックス窓枠周辺部の最適モデル化の手法について検討した。また、最適モデルについてグローブボックスの地震時における構造強度および窓枠周辺部の変位量を床応答スペクトル法および時刻歴応答法により詳細に評価した。

リンク情報
DOI
https://doi.org/10.11484/jaeri-m-92-206
URL
https://jopss.jaea.go.jp/search/servlet/search?2075740
ID情報
  • DOI : 10.11484/jaeri-m-92-206

エクスポート
BibTeX RIS