論文

査読有り
2003年2月

日本原子力研究所Origin3800システムにおける大規模核融合プラズマシミュレーション及びストレージグリッドの開発

プラズマ・核融合学会誌
  • 井戸村 泰宏
  • ,
  • 足立 将晶*
  • ,
  • 五來 一夫
  • ,
  • 鈴木 喜雄
  • ,
  • Wang X.*

79
2
開始ページ
172
終了ページ
187
記述言語
日本語
掲載種別
DOI
10.1585/jspf.79.172
出版者・発行元
プラズマ・核融合学会

これまで数値トカマク実験(NEXT)研究計画の下でさまざまな流体コード,粒子コード、あるいは、ハイブリッドコードが開発されてきた。これらのコードには高性能プロセッサー,高速ストレージシステム、及び、高速並列可視化システムから構成されるシミュレーション環境が必要とされる。本論文では、こういった観点から原研Origin3800システムの性能を検証した。性能評価においては、代表的な粒子コードと流体コードは512プロセッサーを用いた並列計算で$14\sim 40$\%という実効性能が示された。I/OについてはStorage Area Network (SAN)による高速並列データ転送が実現している。並列可視化処理システムに関しては、以前のワークステーションに比べて飛躍的に高速な大規模データの可視化処理が可能になっている。このように原研Origin3800システムでは非常に先進的なシミュレーション環境が実現している。また、最近では遠隔ユーザの利便性を向上するためにストレージグリッドの開発を進めている。ストレージグリッドはSANと波長分割多重伝送装置(WDM)の組み合わせにより構成される。初期テストにより、ストレージグリッドでは従来のデータ転送手法と比較して飛躍的に高速なデータ転送($\sim 100$Gbps)が広域ネットワークを経由して可能であることが示された。

リンク情報
DOI
https://doi.org/10.1585/jspf.79.172
CiNii Articles
http://ci.nii.ac.jp/naid/80015838689
CiNii Books
http://ci.nii.ac.jp/ncid/AN10401672
URL
https://jopss.jaea.go.jp/search/servlet/search?22056
ID情報
  • DOI : 10.1585/jspf.79.172
  • ISSN : 0918-7928
  • CiNii Articles ID : 80015838689
  • CiNii Books ID : AN10401672

エクスポート
BibTeX RIS