中澤 文男

J-GLOBALへ         更新日: 18/03/30 17:11
 
アバター
研究者氏名
中澤 文男
 
ナカザワ フミオ
URL
http://kaken.nii.ac.jp/d/r/80432178.ja.html
所属
国立極地研究所
部署
研究教育系気水圏研究グループ/アイスコア研究センター
職名
助教
学位
博士(理学)(名古屋大学)

プロフィール

最近の研究は、氷河に含まれる花粉に着目しています(意外とたくさん見つかります)。氷河の中で長期間冷凍保存された花粉1粒ずつをDNA分析し、取得した遺伝情報を利用して、植生変遷、古気候・古環境変動の研究に新しい切り口で取り組んでいます。氷河に含まれる花粉は、世界的には未だほとんど注目されていませんが、誰よりも先に人と違うことをするのは楽しいと思っています。

2013/4/26 氷河中の花粉DNA分析に関する論文 (Nakazawa et al., 2013, ERL)の紹介記事がenvironmentalresearchwebに掲載されました。
http://environmentalresearchweb.org/cws/article/news/53194

研究分野

 
 

経歴

 
2016年4月
 - 
現在
情報・システム研究機構 国立極地研究所 研究教育系 助教
 
2006年10月
 - 
2016年3月
情報・システム研究機構 新領域融合研究センター 融合プロジェクト特任研究員
 
2006年11月
 - 
2008年3月
文科省 第48次日本南極地域観測越冬隊員 併任
 
2005年4月
 - 
2006年9月
信州大学 信州大学奨励研究員
 

委員歴

 
2016年10月
 - 
現在
日本雪氷学会 極地雪氷分科会  企画幹事
 
2010年4月
 - 
2015年4月
日本雪氷学会 関東以西支部  理事
 
2010年10月
 - 
2014年3月
日本雪氷学会 雪氷用語辞典編集委員会  編集委員
 
2009年10月
 - 
2013年9月
日本雪氷学会 雪氷化学分科会  幹事
 
2008年10月
 - 
2012年9月
日本雪氷学会 氷河情報センター  庶務幹事
 
2004年10月
 - 
2006年9月
日本雪氷学会 氷河情報センター  広報幹事
 

受賞

 
2008年9月
雪氷研究大会優秀発表賞
 
2006年1月
中谷宇吉郎科学奨励賞
 

論文

 
Species identification of Pinus pollen found in Belukha glacier, Russian Altai Mountains, using a whole-genome amplification method
Nakazawa, F., Y. Suyama, S. Imura, and H. Motoyama
in preparation      [査読有り]
Dome Fuji Ice Core Project Members: Kawamura K, Abe-Ouchi A, Motoyama H, Ageta Y, Aoki S, Azuma N, Fujii Y, Fujita K, Fujita S, Fukui K, Furukawa T, Furusaki A, Goto-Azuma K, Greve R, Hirabayashi M, Hondoh T, Hori A, Horikawa S, Horiuchi K, Igarashi M, Iizuka Y, Kameda T, Kanda H, Kohno M, Kuramoto T, Matsushi Y, Miyahara M, Miyake T, Miyamoto A, Nagashima Y, Nakayama Y, Nakazawa T, Nakazawa F, Nishio F, Obinata I, Ohgaito R, Oka A, Okuno J, Okuyama J, Oyabu I, Parrenin F, Pattyn F, Saito F, Saito T, Saito T, Sakurai T, Sasa K, Seddik H, Shibata Y, Shinbori K, Suzuki K, Suzuki T, Takahashi A, Takahashi K, Takahashi S, Takata M, Tanaka Y, Uemura R, Watanabe G, Watanabe O, Yamasaki T, Yokoyama K, Yoshimori M, Yoshimoto T (64 authors)
Science Advances   3(2) e1600446   2017年2月   [査読有り]
T. Shirakawa, T. Kadota, A. Fedorov, P. Konstantinov, T. Suzuki, H. Yabuki, F. Nakazawa, S. Tanaka, M. Miyairi, Y. Fujisawa, N. Takeuchi, R. Kusaka, S. Takahashi, H. Enomoto and T. Ohata
Bulletin of Glaciological Research   34 40   2016年8月   [査読有り]
Nakazawa, F., M. Uchida, M. Kondo, T. Kadota, T. Shirakawa, H. Enomoto, A. Fedorov, Y. Fujisawa, P. Konstantinov, R. Kusaka, M. Miyairi, T. Ohata, and H. Yabuki
Nuclear Instruments and Methods in Physics Research B   361 574-579   2015年   [査読有り]
Nakazawa, F., K. Konya, T. Kadota, and T. Ohata
Environmental Earth Sciences   74(3) 1851-1859   2015年5月   [査読有り]
藤田秀二, 福井幸太郎, 中澤文男, 榎本浩之, 杉山慎
南極資料   59(1) 87-161   2015年3月   [査読有り]
藤田秀二, 福井幸太郎, 中澤文男, 榎本浩之, 杉山慎, 藤井理行, 藤田耕史, 古川晶雄, 原圭一郎, 保科優, 五十嵐誠, 飯塚芳徳, 伊村智, 本山秀明, スーディクスィルヴィアン, 植村立
南極資料   58(3) 352-392   2014年12月   [査読有り]
Hara, K., F. Nakazawa, S. Fujita, K. Fukui, H. Enomoto, and S. Sugiyama
Atmos. Chem. Phys.   14 10211-10230   2014年   [査読有り]
Hoshina, Y., K. Fujita, F. Nakazawa, Y. Iizuka, T. Miyake, M. Hirabayashi, T. Kuramoto, S. Fujita, and H. Motoyama
Journal of Geophysical Research - Atmospheres   119(1) 274-283   2014年1月   [査読有り]
Konya, K., T. Kadota, F. Nakazawa, G. Davaa, K. Purevdagva, H. Yabuki, and T. Ohata
Bulletin of Glaciological Research   31 9-18   2013年   [査読有り]
Nakazawa F., T. Segawa, S. Kohshima, L. Gyenden, T. Fujiki, and K. Toeb
Bulletin of Glaciological Research   31 1-7   2013年   [査読有り]
Nakazawa, F., J. Uetake, Y. Suyama, R. Kaneko, N. Takeuchi, K. Fujita, H. Motoyama, S. Imura, and H. Kanda
Environmental Research Letters   8(1)    2013年2月   [査読有り]
Fujita, S., P. Holmlund, K. Matsuoka, H. Enomoto, K. Fukui, F. Nakazawa, S Sugiyama, and S. Surdyk
The Cryosphere   6(5) 1203-1219   2012年10月   [査読有り]
Nakazawa, F., K. Konya, T. Kadota, and T. Ohata
Environmental Research Letters   7(3)    2012年9月   [査読有り]
Sugiyama, S., H. Enomoto, S. Fujita, K. Fukui, F. Nakazawa, P. Holmlund, and S. Surdyk
Journal of Glaciology   58(209) 529-539   2012年6月   [査読有り]
Fujita, S., H. Enomoto, K. Fukui, Y. Iizuka, H. Motoyama, F. Nakazawa, S. Sugiyama, and S. Surdyk
The Cryosphere Discuss   6 1-35   2012年3月   [査読有り]
Iizuka, Y., A. Tsuchimoto, Y. Hoshina, T. Sakurai, M. Hansson, T. Karlin, K. Fujita, F. Nakazawa, H. Motoyama, and S. Fujita
Journal of Geophysical Research   117(D4) 4308-4308   2012年2月   [査読有り]
Han Y., Y. Huh, S. Hong, S. D. Hur, H. Motoyama, S. Fujita, F. Nakazawa, and K. Fukui
Bulletin of the Korean Chemical Society   32(12) 4258-4264   2011年12月   [査読有り]
Fujita S., P. Holmlund, I. Andersson, I. Brown, H. Enomoto, Y. Fujii, K. Fujita, K. Fukui, T. Furukawa, M. Hansson, K. Hara, Y. Hoshina, M. Igarashi, Y. Iizuka, S. Imura, S. Ingvander, T. Karlin, H. Motoyama, F. Nakazawa, H. Oerter, L. E. Sj?berg, S. Sugiyama, S. Surdyk, J. Str?m, R. Uemura, and F. Wilhelms
The Cryosphere   5 1057-1081   2011年11月   [査読有り]
Uetake, J., S. Kohshima, F. Nakazawa, N. Takeuchi, K. Fujita, T. Miyake, H. Narita, V. Aizen, and M. Nakawo
Journal of Geophysical Research   116(G1) 1-8   2011年2月   [査読有り]
Nakazawa F., T. Miyake, K. Fujita, N. Takeuchi, J. Uetake, T. Fujiki, V. Aizen and M. Nakawo
Arctic, Antarctic, and Alpine Research   43(1) 66-72   2011年2月   [査読有り]
Okamoto, S., K. Fujita, H. Narita, J. Uetake, N. Takeuchi, T. Miyake, F. Nakazawa, V. B. Aizen, S. A. Nikitin, and M. Nakawo
Journal of Geophysical Research   116(D2) 2110   2011年1月   [査読有り]
Sugiyama, S., H. Enomoto, S. Fujita, K. Fukui, F. Nakazawa, and P. Holmlund
Annals of Glaciology   51(55) 9-15   2010年   [査読有り]
Takeuchi, N., T. Miyake, F. Nakazawa, H. Narita, K. Fujita, A. Sakai, M. Nakawo, Y. Fujii, K. Duan, and T. Yao
Environmental Research Letters   4(4)    2009年   [査読有り]
Takeuchi, N., K. Fujita, F. Nakazawa, M. Nakawo, and B. Rana
Bulletin of Glaciological Research   27 25-35   2009年   [査読有り]
Nakazawa, F., and K. Suzuki
Bulletin of Glaciological Research   25 1-7   2008年   [査読有り]
Nakazawa, F., and K. Fujita
Annals of Glaciology   167-171   2006年   [査読有り]
Miyake, T., F. Nakazawa, H. Sakugawa, N. Takeuchi, T. Fujiki, K. Ohta, and M. Nakawo
Annals of Glaciology   142-147   2006年   [査読有り]
Uetake, J., S. Kohshima, F. Nakazawa, K. Suzuki, M. Kohno, T. Kameda, S. Arkhipov, and Y. Fujii
Annals of Glaciology   70-78   2006年   [査読有り]
Nakazawa, F., K. Fujita, N. Takeuchi, T. Fujiki, J. Uetake, V. Aizen, and M. Nakawo
Journal of Glaciology   51(174) 483-490   2005年   [査読有り]
Nakazawa, F., K. Ohta, N. Harada, K. Fujita, and M. Nakawo
Bulletin of Glaciological Research   22 69-74   2005年   [査読有り]
Miyake, T., F. Nakazawa, M. Kohno, J. Uetake, K. Suzuki, T. Kameda, Y. Fujii, M. Nakawo, and K. Ohta
Bulletin of Glaciological Research   22 81-87   2005年   [査読有り]
Nakazawa, F., K. Fujita, J. Uetake, M. Kohno, T. Fujiki, S. M. Arkhipov, T. Kameda, K. Suzuki, and Y. Fujii
Journal of Geophysical Research   109 F04001   2004年   [査読有り]
Kameda, T., Y. Fujii, K. Suzuki, M. Kohno, F. Nakazawa, J. Uetake, L. M. Savatyugin, S. M. Arkhipov, I. A. Ponomarev, and N. N. Mikhailov
Bulletin of Glaciological Research   21 65-69   2004年   [査読有り]
Yamada, T., N. Naito, S. Kohshima, H. Fushimi, F. Nakazawa, T. Segawa, J. Uetake, R. Suzuki, N. Sato, Karma, I. K. Chhetri, L. Gyenden, H. Yabuki, and K. Chikita
Bulletin of Glaciological Research   21 79-90   2004年   [査読有り]
Suzuki, K., T. Kameda, Y. Fujii, M. Kohno, F. Nakazawa, and J. Uetake
Polar Meteorology and Glaciology   16 140-148   2002年   [査読有り]
Fujii, Y., T. Kameda, F. Nishio, K. Suzuki, M. Kohno, F. Nakazawa, J. Uetake, L. M. Savatyugin, S. M. Arkhipov, I. A. Ponomarev, and N. N. Mikhailov
Bulletin of Glaciological Research   19 53-58   2002年   [査読有り]
Fujita, K., F. Nakazawa, and B. Rana
Bulletin of Glaciological Research   18 31-35   2001年   [査読有り]
Fujita, K., F. Nakazawa, N. Takeuchi, M. Nakawo, B. Rana, N. Azuma, and Y. Fujii
Memoirs of National Institute of Polar Research   56 59-66   2000年   [査読有り]

書籍等出版物

 
新版 雪氷辞典
日本雪氷学会編 (担当:編者)
古今書院   2014年3月   

講演・口頭発表等

 
F. Nakazawa, N. Nagatsuka, M. Hirabayashi, K.Goto-Azuma
ISAR-5 (Fifth International Symposium on Arctic Research)   2018年1月17日   Japan Consortium for Arctic Research (JCAR)
中澤文男, 永塚尚子, 平林幹啓, 東久美子
第8回極域科学シンポジウム   2017年12月8日   国立極地研究所
中澤文男, 永塚尚子, 平林幹啓, 東久美子
雪氷研究大会(2017・十日町)   2017年9月27日   (公社)日本雪氷学会 日本雪工学会
東グリーンランド深層氷床掘削プロジェクト(EGRIP)キャンプにおける2016年ピット観測から明らかになった近年の堆積量の変動
中澤文男, 永塚尚子, 東久美子, Dorthe Dahl-Jensen, Jørgen Peder Steffensen
JpGU-AGU Joint Meeting 2017   2017年5月24日   
中澤 文男
極域における最新の研究テーマとその成果   2016年12月7日   たちかわ市民交流大学
ロシアの氷河中に保存されていた 470 年前のマ ツ属花粉の DNA 分析
中澤文男, 陶山佳久, 伊村 智, 本山秀明, 竹内 望, 藤田耕史, 植竹淳
第7回極域科学シンポジウム   2016年12月2日   
ベルーハ氷河に含まれていた470年前のマツ属花粉のDNA分析
中澤文男, 陶山佳久, 伊村智, 本山秀明, 竹内望, 藤田耕史, 植竹淳
雪氷研究大会(2016・名古屋)   2016年9月30日   
東グリーンランド深層氷床掘削プロジェクト(EGRIP)における2016年の現地観測
中澤文男, 永塚尚子, 東久美子, 塚川佳美
雪氷研究大会(2016・名古屋)   2016年9月29日   
アイスコアに含まれる花粉を利用した植物種の古代ゲノム解析の可能性
中澤文男, 陶山佳久, 伊村智, 本山秀明
日本地球惑星科学連合2016年大会   2016年5月25日   
DNA分析によるロシア・アルタイ山脈ベルーハ氷河中のマ ツ属花粉の種同定
中澤文男, 陶山佳久, 伊村智, 本山秀明
第6回極域科学シンポジウム   2015年11月19日   
南極雪試料中の花粉DNA分析
中澤文男, 陶山佳久, 伊村智, 本山秀明
雪氷研究大会(2015・松本)   2015年9月14日   
全ゲノム増幅法を用いたベルーハ氷河(アルタイ山脈・ロシア)中のマツ属花粉の種同定
中澤文男, 陶山佳久, 伊村智, 本山秀明
雪氷研究大会(2015・松本)   2015年9月14日   
南極へ輸送されるバイオエアロゾル [招待有り]
中澤 文男
日本進化学会第17回大会   2015年8月21日   
Species identification of Pinus pollen found in a glacier using a whole genome amplification method
Nakazawa, F., Y. Suyama, S. Imura, H. Motoyama
XIX INQUA Congress   2015年7月31日   
中澤文男, 内田昌男, 近藤美由紀, 門田勤, 白川龍生, 榎本浩之, Alexander Fedorov, 藤澤雄太, Pavel Konstantinov, 日下稜, 宮入匡矢, 大畑哲夫, 矢吹裕伯
第5回極域科学シンポジウム   2014年12月5日   
中澤文男, 陶山佳久, 伊村智, 本山秀明
第5回極域科学シンポジウム   2014年12月2日   
Nakazawa, F., M. Uchida, M. Kondo, H. Enomoto, A. Fedorov, Y. Fujisawa, T. Kadota, P. Konstantinov, R. Kusaka, M. Miyairi, T. Ohata, T. Shirakawa, H. Yabuki
The Thirteenth International Conference on Accelerator Mass Spectrometry   2014年8月26日   
全ゲノム増幅法を用いた氷河中の花粉1粒ずつの同定
中澤文男, 陶山佳久, 伊村智, 本山秀明
日本地球惑星科学連合2014年大会   2014年4月28日   
東シベリア・スンタルハヤタ氷河中で発見された昆虫の14C年代測定
中澤文男, 内田昌男, 近藤美由紀, 榎本浩之, Alexander Fedorov, 藤澤雄太, 門田勤, Pavel Konstantinov, 日下稜, 宮入匡矢, 大畑哲夫, 白川龍生, 矢吹裕伯
第16回AMSシンポジウム   2014年3月19日   
氷河中の花粉1粒ずつの全ゲノム増幅
中澤文男, 陶山佳久
第4回極域科学シンポジウム   2013年11月12日   
中澤文男, 陶山佳久
雪氷研究大会(2013・北見)   2013年9月18日   
氷河中のマツ属花粉1粒ずつのDNA分析により示された花粉長距離輸送の可能性
中澤文男
第7回大気バイオエアロゾルシンポジウム   2013年2月1日   
DNA analysis for section identification of a pine pollen grain from the Belukha glacier, Altai Mountains, Russia
Nakazawa, F., J. Uetake, Y. Suyama, R. Kaneko, N. Takeuchi, K. Fujita, H. Motoyama, S. Imura and H. Kanda
Third International Symposium on the Arctic Research   2013年1月17日   
ベルーハ氷河中のマツ属花粉1粒ずつのDNA分析によって明らかになった花粉の長距離輸送
中澤文男, 陶山佳久, 竹内望, 藤田耕史, 伊村智, 本山秀明
第35回極域気水圏シンポジウム   2012年11月29日   
http://www.nipr.ac.jp/symposium2012/program/Pmg/J162_P_NakazawaFumio.pdf
ベルーハ氷河中のマツ属花粉1粒ずつのDNA分析から導き出された花粉長距離輸送の可能性
中澤文男, 陶山佳久, 竹内望, 藤田耕史, 伊村智, 本山秀明
雪氷研究大会(2012・福山)   2012年9月26日   
DNA analysis for identification of a Pinus pollen grain at subsection level from the Belukha glacier, Altai Mountains, Russia
Nakazawa, F., Y. Suyama, N. Takeuchi, K. Fujita, S. Imura, H. Kanda and H. Motoyama
13th International Palynological Congress and 9th International Organisation of Palaeobotany Conference - IPC/IOPC 2012   2012年8月28日   
http://www.psj3.org/ipc-iopc2012/Download_files/Abstract_SS13_0827.pdf
氷河・氷床に含まれる花粉を利用した研究について
中澤文男
日本第四紀学会2012年大会(埼玉) 公開シンポジウム「氷床コア等から得られる第四紀環境情報」   2012年8月22日   
南極の雪と氷について話そう [招待有り]
中澤文男
燕北小「ようこそ先輩」(新潟県燕市立燕北小学校)   2012年6月24日   
亜節レベルでの同定を目的としたベルーハ氷河中のマツ属花粉1粒ずつのDNA分析
中澤文男, 陶山佳久, 竹内望, 藤田耕史, 伊村智, 神田啓史, 本山秀明
日本地球惑星科学連合大会   2012年5月25日   
花粉分析によるモンゴル・アルタイ山脈ポターニン氷河上流部の堆積環境の復元
中澤文男, 紺屋恵子, 門田勤, 大畑哲夫
日本地球惑星科学連合大会   2012年5月24日   
http://www2.jpgu.org/meeting/2012/session/PDF/A-CC32/ACC32-P07.pdf
節レベルでの同定を目的としたベルーハ氷河中のマツ属花粉1粒ずつのDNA分析
中澤文男, 植竹淳, 陶山佳久, 金子亮, 竹内望, 藤田耕史, 本山秀明, 神田啓史
第2回極域科学シンポジウム   2011年11月16日   
節レベルでの同定を目的とした氷河中のマツ属花粉1粒ずつのDNA分析
中澤文男, 植竹淳, 陶山佳久, 金子亮, 竹内望, 藤田耕史, 本山秀明, 神田啓史
日本花粉学会第52 回大会   2011年10月9日   
節レベルでの識別を目的としたベルーハ氷河中のマツ属花粉1粒ずつのDNA分析
中澤文男, 植竹淳, 陶山佳久, 金子亮, 竹内望, 藤田耕史, 本山秀明, 神田啓史
雪氷研究大会(2011)   2011年9月21日   
ベルーハ氷河に含まれるマツ属花粉1 粒ずつのDNA分析
中澤文男, 植竹淳, 陶山佳久, 金子亮, 竹内望, 藤田耕史, 本山秀明, 神田啓史
日本地球惑星科学連合2011年大会   2011年5月24日   
DNA分析による氷河中のマツ属花粉の詳細分類
中澤文男, 植竹淳, 陶山佳久, 金子亮, 竹内望, 藤田耕史, 本山秀明, 神田啓史
第32回極域生物シンポジウム   2010年11月30日   
DNA分析による氷河試料中のマツ属花粉の分類
中澤文男, 植竹淳, 陶山佳久, 金子亮, 竹内望, 竹内望, 藤田耕史, 本山秀明, 神田啓史
日本花粉学会第51 回大会   2010年10月10日   
氷河試料中のマツ属花粉1粒ずつDNA 分析(2)
中澤文男, 植竹淳, 陶山佳久, 金子亮, 竹内望, 竹内望, 藤田耕史, 本山秀明, 神田啓史
雪氷研究大会(2010)   2010年9月27日   
DNA analysis of a single Pinus pollen grain in a glacier for identification of the species
Nakazawa F, J. Uetake, Y. Suyama, R. Kaneko, N. Takeuchi, K. Fujita and H. Kanda
International Symposium on Snow, Ice and Humanity in a Changing Climate   2010年6月22日   
種レベルでの花粉分析を目的とした氷河中のマツ属花粉1粒ずつのDNA分析(2)
中澤文男, 植竹淳, 陶山佳久, 金子亮, 竹内望, 藤田耕史, 神田啓史
日本地球惑星科学連合2010年大会   2010年5月27日   
DNA analysis of a single Pinus pollen grain in a glacier
Nakazawa F., J. Uetake, Y. Suyama, R. Kaneko, N. Takeuchi, K. Fujita and H. Kanda
2009 AGU Fall Meeting   2009年12月   
氷河試料中のマツ属花粉1粒ずつのDNA分析
中澤文男, 植竹淳, 陶山佳久, 金子亮, 竹内望, 藤田耕史, 神田啓史
第32回極気気水圏シンポジウム   2009年11月   
DNA analysis of a single pollen grain to determine provenance of modern pollen in Antarctic snow
Nakazawa F., J. Uetake, Y. Suyama, R. Kaneko and H. Kanda
The 2nd International Symposium on the Dome Fuji ice core and related topics   2009年11月   
環境動態解析への利用を目的とした、氷河・氷床中の花粉1 粒ずつのDNA 分析
中澤文男
第1回能登総合シンポジウム   2009年11月   
氷河試料中のマツ属花粉1粒ずつのDNA分析
中澤文男, 陶山佳久, 植竹淳, 竹内望, 藤田耕史, 神田啓史
雪氷研究大会   2009年9月   
南極に飛来する花粉の起源推定を目的とした花粉1粒ずつのDNA分析
中澤文男, 陶山佳久, 植竹淳, 神田啓史
日本地球惑星科学連合大会   2009年5月   
種レベルでの花粉分析を目的とした氷河中のマツ属花粉1粒ずつのDNA分析
中澤文男, 陶山佳久, 植竹淳, 竹内望, 藤田耕史, 神田啓史
日本地球惑星科学連合大会   2009年5月   
南極に飛来する花粉の起源推定を目的とした花粉一粒ずつのDNA分析
中澤文男, 植竹淳, 神田啓史
第3回大気バイオエアロゾルシンポジウム   2009年1月   
南極雪試料中の花粉一粒ずつを対象としたDNA分析
中澤文男, 植竹淳, 神田啓史
第31回極気気水圏・生物圏合同シンポジウム   2008年12月   
南極雪試料の花粉分析
中澤文男, 植竹淳, 神田啓史
雪氷研究大会   2008年9月   
花粉を指標としたベルーハ氷河積雪ピットの年層および季節層の決定
中澤文男
日本地球惑星科学連合2006年大会   2006年6月   
山岳積雪への花粉の沈降と積雪融解にともなう花粉濃度の変化
中澤文男, 後藤明成, 田中基樹, 南波雅治, 倉元隆之, 村本美智子, 鈴木啓助
日本地球惑星科学連合2006年大会   2006年6月   
花粉を指標としたベルーハ氷河積雪ピットの年層および季節層の決定
中澤文男, 竹内望, 植竹淳, 藤田耕史, 三宅隆之, Vladimir Aizen, 中尾正義
第28回極域気水圏シンポジウム   2005年11月   
Application of ice core from a summer-accumulation-type glacier for reconstruction of mean summer air temperature variations
Nakazawa, F., K. Fujita
International Symposium on High-Elevation Glaciers and Climate Records   2005年9月   
山岳積雪中の花粉濃度ピークの出現時期と花粉飛散時期の比較
中澤文男, 後藤明成, 藤木利之, 田中基樹, 南波雅治, 村本美智子, 鈴木啓助
2005年度日本雪氷学会全国大会   2005年9月   
Reconstruction of mean summer air temperature variations by using an ice core from a wet-snow zone on a summer-accumulation-type glacier
Nakazawa, F., and K. Fujita
Third International Symposium on the Arctic Research   2005年2月   
Application of pollen analysis for seasonal dating of alpine glacier ice cores with seasonal missing layers
Nakazawa, F., K. Fujita, N. Takeuchi, T. Fujiki, J. Uetake, V. Aizen and M. Nakawo
AGU (American Geophysical Union) Fall meeting   2004年12月   
融解の影響を受けている中低緯度氷河コアをもちいた夏期気温変動の復元可能性
中澤文男, 藤田耕史
2004年度日本雪氷学会全国大会   2004年9月   
ベルーハ氷河における花粉を指標とした季節別堆積量の復元
中澤文男, 藤田耕史, 竹内望, 植竹淳, Vladimir Aizen, 中尾正義
第26回極域気水圏シンポジウム   2003年11月   
花粉を指標とした中低緯度氷河コアの年層および季節層の決定
中澤文男, 藤田耕史, 植竹淳, 河野美香, 藤木利之, 亀田貴雄, 鈴木啓助, 藤井理行
日本花粉学会第44回大会   2003年10月   
氷河コア中の花粉を利用した季節別降水変動復元の可能性
中澤文男, 藤田耕史, 植竹淳, 藤木利之, 竹内望, Vladimir Aizen, 中尾正義
2003年度日本雪氷学会全国大会   2003年10月   
花粉を指標とした雪氷コアの年代測定に関する研究
中澤文男, 植竹淳, 河野美香, 亀田貴雄, 鈴木啓助, 藤井理行
第25回極域気水圏シンポジウム   2002年11月   
有機酸をもちいた氷コアの年層決定に関する研究
中澤文男, 的場澄人, 藤田耕史, 竹内望, 中尾正義
2001年度日本雪氷学会全国大会   2001年10月   
The potential use of amino acids as an indicator for micro-organism production in ice core analysis
Nakazawa, F., N. Harada, K. Ohta, M. Nakawo, K. Fujita, Y. Ageta and N. Takeuchi
International symposium on ice cores and climate   2001年8月   
氷コアに含まれるアミノ酸を指標とした環境復元の可能性
中澤文男, 大田啓一, 中尾正義, 藤田耕史, 幸島司郎, 竹内望
2000年度日本雪氷学会全国大会   2000年10月   
アミノ酸ラセミ化法をもちいたアイスコア年代測定に関する研究
中澤文男, 大田啓一, 中尾正義, 藤田耕史, 上田豊, 韓建康, 竹内望
第22回極域気水圏シンポジウム   1999年12月   

競争的資金等の研究課題

 
氷河掘削試料中の花粉DNA解読とその遺伝情報を用いた中央アジア半乾燥域の環境復元
日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤研究(C)
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 中澤文男
地下氷コア解析によるアラスカ永久凍土域の環境動態解明-氷床コア研究法を応用して-
日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤研究(B)
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 大野浩
アイスコアに含まれる花粉1粒ずつの遺伝情報を利用した古環境復元
日本学術振興会: 科学研究費補助金 若手研究(B)
研究期間: 2012年4月 - 2015年3月    代表者: 中澤文男
山岳氷河の掘削試料から得られた樹木花粉のDNA分析による古森林遺伝学的研究
日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤研究(A)
研究期間: 2012年4月 - 2016年3月    代表者: 陶山佳久
寒冷環境における好気性酸素非発生型光合成細菌群集の定性・定量的解析
新領域融合研究センター: 融合研究シーズ探索提案
研究期間: 2011年11月 - 2012年3月    代表者: 中澤文男
南極に飛来する花粉の起源推定を目的とした花粉1粒ずつのDNA分析
日本学術振興会: 科学研究費補助金 若手研究(B)
研究期間: 2010年4月 - 2012年3月    代表者: 中澤文男
樹木の花粉化石DNA情報を利用した森林分布変遷史の解析
日本学術振興会: 科学研究費補助金 挑戦的萌芽研究
研究期間: 2010年4月 - 2013年3月    代表者: 陶山佳久
氷河・氷床中の花粉1粒ずつのDNA分析-遺伝情報を利用した古環境復元をめざして-
住友財団: 環境研究助成
研究期間: 2009年11月 - 2011年5月    代表者: 中澤文男
南極氷床内陸表層部の層位形成の物理機構とその電波リモートセンシング
日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤研究(A)
研究期間: 2008年4月 - 2011年3月    代表者: 藤田秀二

その他

 
海外フィールド調査歴

2016年06月-07月 東グリーンランド 積雪調査
         (東グリーンランド深層氷床掘削プロジェクト(EGRIP)に参加)
2013年07月-08月 ロシア・東シベリア スンタルハヤタ氷河調査
2006年11月-2008年03月  第48次南極地域観測隊(越冬隊)参加
2002年08月-10月 ブータン・ヒマラヤ ルナナ地方 氷河・氷河湖調査
2001年07月    ロシア・アルタイ ソフィスキー氷河調査
1999年09月-10月 ネパール・ヒマラヤ ヒドゥンバレー リッカサンバ氷河調査
1998年10月    ネパール・ヒマラヤ ショロン地方 AX010氷河調査
1998年09月-10月 ネパール・ヒマラヤ ヒドゥンバレー リッカサンバ氷河調査
1997年10月-11月 ネパール・ヒマラヤ ショロン地方 AX010氷河調査