田口久美子

J-GLOBALへ         更新日: 16/03/14 17:03
 
アバター
研究者氏名
田口久美子
 
タグチ クミコ
所属
星薬科大学
部署
薬学部

研究分野

 
 

経歴

 
2013年
 - 
現在
星薬科大学 薬学部 助教
 
2012年
 - 
2013年
富山大学
 
2009年
 - 
2012年
星薬科大学機能形態学研究室 研究員
 
2004年
 - 
2009年
日本ケミファ株式会社
 

受賞

 
2014年
日本薬学会 関東支部奨励賞
 
2014年
日本平滑筋学会 栗山煕賞
 
2012年
日本循環薬理学会 Young Investigator`s Award
 

論文

 
Matsumoto T, Watanabe S, Ando M, Yamada K, Iguchi M, Taguchi K, Kobayashi T
Rejuvenation research   19(1) 41-52   2016年2月   [査読有り]
Taguchi K, Hida M, Hasegawa M, Matsumoto T, Kobayashi T
Molecular nutrition & food research      2015年12月   [査読有り]
Watanabe S, Matsumoto T, Oda M, Yamada K, Takagi J, Taguchi K, Kobayashi T
Pflugers Archiv : European journal of physiology      2015年11月   [査読有り]
Matsumoto T, Goulopoulou S, Taguchi K, Tostes RC, Kobayashi T
British journal of pharmacology   172(16) 3980-4001   2015年8月   [査読有り]
田口 久美子
YAKUGAKU ZASSHI   135(8) 961-967   2015年
  A decrease in nitric oxide (NO) production may induce pathological conditions associated with endothelial dysfunction and diabetes. Although a decrease in NO production caused by impaired Akt/endothelial nitric oxide synthesis (eNOS) signaling h...

Misc

 
田口 久美子, 小林 恒雄, 松本 貴之, 鎌田 勝雄
日本平滑筋学会雑誌   15(1) "J-16"   2011年7月
石田 恵子, 松本 貴之, 田口 久美子, 小林 恒雄, 鎌田 勝雄
日本平滑筋学会雑誌   15(1) "J-30"   2011年7月
小林 恒雄, 田口 久美子, 根本 真吾, 松本 貴之, 鎌田 勝雄
日本平滑筋学会雑誌   12(1) "J-34"   2008年6月
小林 恒雄, 田口 久美子, 松本 貴之, 鎌田 勝雄
日本平滑筋学会雑誌   11(1) "J-31"   2007年6月

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2015年 - 2016年    代表者: 田口 久美子
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2013年 - 2014年    代表者: 田口 久美子
糖尿病は遺伝的素因と環境素因が複雑に絡み合い、多くの疾患を合併している場合が多く、これら疾患に共通した病理学的特徴は、血管障害であることが知られている。申請者はGRK2 (G-protein coupled receptor kinase 2) が糖尿病病態時において血管に集積し、Akt/eNOS経路を抑制することにより血管内皮障害を引き起こしていることを見出した。申請者は、本研究において、GRK2自身もしくはGRK2活性抑制分子を標的とした糖尿病性合併症の治療薬開発へと展開するための研究...

特許

 
佐久間 詔悟, 遠藤 剛, 金久保 紀子, 荒井 勝彦, 高橋 俊弘, 今井 利安, 田口 久美子, 中田 恵理子, 望月 信孝, 潮田 勝俊, 津田 誠, 井上 和秀