大村哲夫

J-GLOBALへ         更新日: 19/09/20 18:52
 
アバター
研究者氏名
大村哲夫
eメール
ohmuratohoku.ac.jp
URL
https://www.sal.tohoku.ac.jp/jp/research/researcher/profile/---id-78.html
所属
東北大学
部署
大学院文学研究科 
職名
准教授
学位
博士(文学)(東北大学)
その他の所属
愛知学院大学大学院福島県立総合衛生学院

プロフィール

臨床心理学と宗教学をベースとした臨床死生学,宗教心理学を研究しています.具体的には自他の死を受容する心理に関心があります.また人間がとる合理的ではない行動の中に、心理的に深い意味が込められているとして宗教・宗教性の研究を進めています。中米Guatemalaの宗教文化,マヤ系先住民の自然災害・人為災害への対応などの調査も行っています。日本版チャプレンである臨床宗教師,スピリチュアルケア学会認定スピリチュアルケア師の養成にも関わっています。

研究分野

 
 

経歴

 
2009年7月
 - 
2009年7月
国立がんセンター東病院精神腫瘍学開発部任意研修
 
2005年
 - 
2005年
国際的な視野・識見を有する中核教員を養成するための海外派遣研修 文部科学省
 
1995年2月
 - 
1995年
阪神淡路大震災に関わる災害派遣 県教育委員会
 

受賞

 
 
日本学生支援機構 特に優れた業績による返還免除
 

論文

 
マヤ司祭ーグァテマラ先住民の宗教文化ー
大村哲夫
宗教研究   92(別冊) 427-428   2019年3月
スピリチュアル・ケアとしての在宅緩和ケア: 臨床宗教師の可能性
大村哲夫
論集   45 123-138   2018年12月   [査読有り]
Diplomas for the Dead: The Great East Japan Earthquake and Memorial Services for Children in the Public Schools Where Religious Activities are Prohibited
Ohmura Tetsuo F.
INTERNATIONAL JOURNAL OF PSYCHOLOGY   51 966   2016年7月   [査読有り]
大村 哲夫
文化 = Culture   77(1) 52-32   2013年
大村 哲夫
東北宗教学   7 19-37   2011年

Misc

 
葬儀と臨床宗教師
大村哲夫
東北大学実践宗教学寄附講座ニュースレター   (14) 4-5   2019年4月
「出逢い」と「ケア」
大村哲夫
種智院大学臨床密教センター(東北大学実践宗教学寄附講座共催)第3回臨床宗教師養成講座報告書   3-4   2018年9月   [依頼有り]
穏やかで美しい看取り:生から死への移行としての認知症
大村哲夫
2018年度第11回日本スピリチュアルケア学会プログラム・抄録集   21-21   2018年9月   [依頼有り]
スピリチュアルケアとしての在宅緩和ケア
大村哲夫
緩和ケアとスピリチュアルケアについての国際緩和医療学会論文集   12-13   2018年9月   [依頼有り]
大村 哲夫
臨床心理学   18(4) 469‐470   2018年7月   [依頼有り]
宗教からみる現代人と宗教性—非合理のなかにある大切なもの
大村哲夫
心理臨床の広場   9(2)    2017年3月   [依頼有り]
セルフケアはなぜ必要か?
大村哲夫
東北大学実践宗教学寄附講座ニュースレター   (10) 5-6   2016年11月
宗教性/スピリチュアリティと精神的健康の関連 科研費研究プロジェクトの3年間の活動で見えてきたもの
中尾 将大, 川島 大輔, 大村 哲夫, 具志堅 伸隆, 酒井 克也
日本心理学会大会発表論文集   79回 SS(35)-SS(35)   2015年8月
大村哲夫
日本ヒューマン・ケア心理学会大会プログラム・発表論文集   15th 25   2013年7月
大村哲夫
医学哲学 医学倫理   (29) 83-84   2011年9月
大村 哲夫
東北宗教学   7 19-37   2011年

書籍等出版物

 
滝口俊子,大村 哲夫ほか (担当:共著)
ミネルヴァ書房   2018年7月   ISBN:4623083373
松島 公望, 川島 大輔, 西脇 良, 大村哲夫 (担当:共著, 範囲:東日本大震災の被災地から見る日本人の宗教性ー非業の死を遂げた子どもへの慰霊をめぐって)
誠信書房   2016年7月   ISBN:4414300096
滝口俊子監修,大村哲夫・佐藤雅明編著 (担当:共編者, 範囲:死にゆく人と出会う 在宅緩和ケアにおける心理臨床)
創元社   2015年1月   ISBN:4422115812
培風館   2013年9月   ISBN:4563052345
大橋英寿,大村哲夫ほか (担当:共著, 範囲:死生観とメンタルケア:「お迎え」現象と死の受容)
慶應義塾大学出版会   2013年4月   ISBN:4766420284
岡部 健,大村哲夫ほか (担当:共著)
薬ゼミ情報教育センター   2009年10月   ISBN:4904517113
清水哲朗監修 (担当:共著, 範囲:スピリチュアルケア)
弓箭書院   2009年5月   ISBN:4900354902

講演・口頭発表等

 
電話相談と倫理 [招待有り]
大村哲夫
公益財団法人浄土宗ともいき財団心といのちの電話相談員研修   2019年9月17日   
災害を生きるーグァテマラにおける宗教と文化
大村哲夫
日本宗教学会第78回学術大会   2019年9月14日   
スピリチュアルケア師の倫理:事例から学ぶ2019
大村哲夫
日本スピリチュアルケア学会第12回学術大会   2019年9月7日   
臨床宗教師と倫理 [招待有り]
大村哲夫
北海道東北臨床宗教師会北海道地区フォローアップ研修   2019年8月21日   
ケア対象者とのトラブル:倫理はあなたを守る [招待有り]
大村哲夫
アミターバ連続講座   2019年8月17日   
臨床宗教師と宗教的ケア [招待有り]
大村哲夫
北海道東北臨床宗教師会   2019年7月13日   
守る倫理・守られる倫理:お互いを生かす関係性 [招待有り]
大村哲夫
中国臨床宗教師会フォローアップ研修   2019年6月22日   
語りえぬもの こころとからだ:宗教経験の意味と影響
大村哲夫
日本心理臨床学会第38回学術大会   2019年6月9日   
グァテマラに生きる 宗教・文化・レジリエンス
大村哲夫
印度学宗教学会第61回学術大会   2019年6月8日   
Establishing Interfaith Chaplain("rinshoshukyoshi")in Japan:The Restriction on Religious Activity in Public Space as Spiritual Care Providers [招待有り]
大村哲夫
Conference of Buddhist Chaplaincy and Faith-based Social Service   2019年5月4日   
守る倫理・守られる倫理:お互いを生かす関係性
大村哲夫
日本臨床宗教師会第4回フォローアップ研修   2019年3月4日   日本臨床宗教師会
死者におくる卒業証書:東日本大震災と子どもの慰霊
大村哲夫
第7回東北大学災害科学研究拠点セミナー・第20回「災害と健康」学際研究推進セミナー   2019年2月21日   
Diplomas for the Dead: The Great East Japan Earthquake and Memorial Services for Children in Public Schools where Religious Activities are Prohibited
大村哲夫
国際ワークショップ   2019年2月12日   International Research Institute of Disaster Science
人間関係のむずかしさ [招待有り]
大村哲夫
九州臨床宗教師会フォローアップ研修   2019年1月25日   
認知症患者の世界とスピリチュアルケア [招待有り]
大村哲夫
日本認知症ケア学会東北地域部会Ⅱ講演会   2018年11月10日   
臨床宗教師と倫理:できることとやらないこと [招待有り]
大村哲夫
北海道東北臨床宗教師会フォローアップ研修   2018年11月1日   
死生論Ⅰ [招待有り]
大村哲夫
第211回メンタルケア・スペシャリスト養成講座   2018年10月14日   一般財団法人メンタルケア協会
倫理講習 臨床宗教師のできることとやらないこと [招待有り]
大村哲夫
関西臨床宗教師会フォローアップ研修   2018年10月9日   関西臨床宗教師会
穏やかで美しい看取り:生から死への移行としての認知症
大村 哲夫
日本スピリチュアルケア学会   2018年9月29日   日本スピリチュアルケア学会
専門職倫理 [招待有り]
大村哲夫
日本スピリチュアルケア学会認定講習   2018年9月28日   日本スピリチュアルケア学会

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2012年 - 2014年    代表者: 大村 哲夫
東日本大震災後2年となり、被災者,宗教者の状況も変化を見せてきた.それに応じて研究も被災者のこころのケアとそれに関わる宗教的なケアに重点を移した.当初、公共空間で活動できる宗教者を超宗派でサポートすることを始めた「心の相談室」は、やがて「臨床宗教師」を養成する東北大学大学院文学研究科実践宗教学寄附講座として発展していった。また公立学校における慰霊についても調査を実施した。
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2015年 - 2017年    代表者: 大村 哲夫

委員歴

 
2019年4月
 - 
現在
公益財団法人浄土宗ともいき財団  心といのちの電話相談室運営委員会相談役
 
2018年9月
 - 
現在
日本スピリチュアルケア学会  理事・倫理委員長
 
2018年
 - 
現在
日本スピリチュアルケア学会  研究倫理委員長
 
2016年9月
 - 
現在
日本宗教学会  評議員
 
2016年2月
 - 
現在
日本臨床宗教師会  理事,倫理副委員長
 
2014年
 - 
現在
日本スピリチュアルケア学会  学会誌編集委員
 
2015年4月
 - 
2018年3月
印度学宗教学会  事務局総務
 
2011年10月
 - 
2015年6月
宮城県臨床心理師会  倫理委員長
 
2013年
 - 
2013年9月
The 10th Asia-Pacific Congress on Pastoral Care and Counseling(APCPCC)and The 6th Japan Society of Spiritual Care(JSSC),Joint Conference 2013  事務局
 
2010年
 - 
2010年
日本民俗学会  第62回年会実行委員