共同研究・競争的資金等の研究課題

2013年4月 - 2017年3月

食物アレルギー耐性誘導のための食生活に関する研究

日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)
  • 今井 孝成
  • ,
  • 神谷 太郎
  • ,
  • 石川 良子
  • ,
  • 中村 俊紀
  • ,
  • 清水 麻由

課題番号
25350142
配分額
(総額)
5,070,000円
(直接経費)
3,900,000円
(間接経費)
1,170,000円

食物アレルギーを治癒に導くためには、少量でも原因食物を食べた方がよいのか、従来通り完全除去していた方が良いのかは結論が出ていない。
本研究では、3歳未満の明らかな鶏卵アレルギー児で、加熱全卵1/8個は食べられないが、1/32個は食べられるのを確認した患者を対象とした。対象患者は一日おきに1/32個食べる群と完全除去の群に分け、6ヶ月後に1/8個を食べさせてみた。
結果、1/32個を食べる群のほうが、1/8個を食べられる割合が明らかに多く、今後の食物アレルギー患者の食生活の送り方に関して、新たな情報を見出すことが出来た。

リンク情報
URL
https://kaken.nii.ac.jp/file/KAKENHI-PROJECT-25350142/25350142seika.pdf