比良 友佳理

J-GLOBALへ         更新日: 17/10/17 20:11
 
アバター
研究者氏名
比良 友佳理
 
ヒラ ユカリ
所属
京都教育大学
部署
社会科学科
職名
講師
学位
博士(法学)(北海道大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2012年4月
 - 
2014年3月
日本学術振興会特別研究員DC2 日本学術振興会特別研究員
 
2014年4月
 - 
2015年3月
北海道大学 大学院法学研究科附属高等法政教育センター 助教
 
2015年4月
 - 
現在
京都教育大学 社会科学科 講師
 

学歴

 
 
 - 
2009年3月
北海道大学 法学部 法学課程
 
 
 - 
2011年3月
北海道大学 法学研究科 
 
 
 - 
2014年3月
北海道大学 法学研究科 
 

受賞

 
2014年3月
北海道大学 北海道大学大塚賞
 

論文

 
著作権と表現の自由の関係がもたらすフランス著作権法のパラダイム・シフト―Klasen事件・カルメル派修道女の対話事件破毀院判決を中心に―
比良 友佳理
コピライト   57(678) 36-47   2017年10月   [査読有り]
比良 友佳理
知的財産法政策学研究 = Intellectual property law and policy journal   (49) 25-76   2017年5月
比良 友佳理
知的財産法政策学研究 = Intellectual property law and policy journal   (49) 341-387   2017年5月
論文執筆をめぐる著作権法上の諸問題―裁判例の分析を中心に―
比良 友佳理
京都教育大学紀要   (130) 71-84   2017年
比良 友佳理
知的財産法政策学研究 = Intellectual property law and policy journal   (48) 61-95   2016年9月

講演・口頭発表等

 
著作権と表現の自由に関する近時の欧州人権裁判所判決について
比良 友佳理
北海道大学知的財産法研究会   2016年11月26日   
Copyright and Freedom of Expression in the Digital Era: From an Institutional Perspective
比良 友佳理
the University of Washington School of Law, Work-in-Progress Workshop   2014年5月2日   
デジタル時代における著作権と表現の自由の衝突に関する制度論的研究
比良 友佳理
北海道大学知的財産法研究会・明治大学知的財産法政策研究所(共催)   2014年3月2日   
デジタル時代における著作権と表現の自由の衝突
比良 友佳理
北海道大学グローバルCOE研究会・知的財産法研究会・公法研究会共催シンポジウム「知的財産法と憲法」   2012年11月2日   
Le droit d’auteur et les œuvres photographiques
比良 友佳理
Campus international d'été   2012年7月12日   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
著作権の刑事罰・刑事手続が表現者に与える萎縮効果の研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2016年4月 - 現在
デジタル時代における著作権と表現の自由の衝突に関する制度論的研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2012年4月 - 2014年3月