佐野 史和

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/20 12:41
 
アバター
研究者氏名
佐野 史和
所属
山梨大学
部署
小児科

論文

 
Kanemura H, Sano F, Ohyama T, Aihara M
Seizure   62 79-83   2018年11月   [査読有り]
Kanemura H, Sano F, Aihara M
European journal of paediatric neurology : EJPN : official journal of the European Paediatric Neurology Society      2018年11月   [査読有り]
てんかん病態における反応性アストロサイトの役割
繁冨 英治, 小泉 修一, 佐野 史和
BIO Clinica   33(11) 1085-1090   2018年10月
難治てんかんでは、グリア細胞の一種であるアストロサイトの形態学的変化を伴う反応性アストロサイトが観察される。近年の研究により、反応性アストロサイトはてんかん発作の結果というよりはむしろ、てんかん病態において能動的な役割を果たす可能性が指摘されている。本稿では反応性アストロサイトがてんかん病態の神経過興奮に果たす能動的役割について概説する。(著者抄録)
小児細菌性髄膜炎および髄膜炎後てんかんに関する検討
深尾 俊宣, 佐野 史和, 金村 英秋, 相原 正男
てんかん研究   36(1) 32-41   2018年6月
近年、本邦ではインフルエンザ菌b型ワクチンおよび小児用肺炎球菌ワクチン(以下両ワクチン)が導入されたが、両ワクチン普及前後での細菌性髄膜炎および髄膜炎後てんかんの発症状況に関する検討は乏しい。今回、両ワクチン普及前後での細菌性髄膜炎の発症状況および髄膜炎後てんかん発症の危険因子について検討した。対象は2004年4月1日から2017年3月31日に山梨県内の病院に細菌性髄膜炎のため入院した生後4ヵ月〜15歳の小児51例。両ワクチン普及前と考えられる2010年以前の発症例は45例(平均6.4例/...
Kanemura H, Sano F, Ohyama T, Sugita K, Aihara M
Journal of paediatrics and child health      2018年5月   [査読有り]
Kanemura H, Sano F, Ohyama T, Sugita K, Aihara M
Neuropediatrics   49(2) 135-141   2018年4月   [査読有り]
Ishii S, Kaga Y, Tando T, Aoyagi K, Sano F, Kanemura H, Sugita K, Aihara M
Brain & development   39(5) 395-402   2017年5月   [査読有り]
Kanemura Hideaki, Sano Fumikazu, Ohyama Tetsuo, Sugita Kanji, Aihara Masao
JOURNAL OF PEDIATRIC EPILEPSY   6(3) 133-140   2017年9月   [査読有り]
Kanemura H, Sano F, Ohyama T, Sugita K, Aihara M
Epilepsy & behavior : E&B   63 42-45   2016年10月   [査読有り]
Kanemura Hideaki, Sano Fumikazu, Ohyama Tetsuo, Sugita Kanji, Aihara Masao
JOURNAL OF PEDIATRIC EPILEPSY   6(2) 115-118   2017年6月   [査読有り]
Kanemura H, Hatakeyama K, Sano F, Yagasaki H, Sugita K, Aihara M
Neuropediatrics   47(4) 233-237   2016年8月   [査読有り]
Astrocyte-dependent formation of eplileptogenicity
Koizumi Schuchi, Sano Fumikazu, Shigetomi Eiji
JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES   133(3) S72   2017年3月   [査読有り]
一過性に右前頭・側頭部の血流低下および遂行機能障害を認めた急性脳症の1例
佐野 史和, 金村 英秋, 反頭 智子, 杉田 完爾, 相原 正男
脳と発達   48(4) 282-286   2016年7月
脳血流single photon emission computed tomography(以下SPECT)は急性脳症において急性期の異常所見の検出感度が高いことなどから、近年注目される検査の一つとなってきている。今回我々はSPECTで一過性に右前頭・側頭部の血流低下を認め、同時期に新規作業の学習困難を含む遂行機能障害を呈した急性脳症の1例を経験した。症例は5歳の男児で、遷延する意識障害で発症し、第2病日の覚醒時脳波で全般性高振幅徐波を認め急性脳症と診断した。第3病日の頭部単純MRIでは明...
Kanemura H, Sano F, Ohyama T, Sugita K, Aihara M
Epilepsy & behavior : E&B   52(Pt A) 44-48   2015年11月   [査読有り]
Aberrant Ca2+ signals in astrocytes by overexpression of P2Y1 receptors and its effect on neuronal activities
Hirayama Yukiho, Shigetomi Eiji, Sano Fumikazu, Tanaka Kenji, Ikenaka Kazuhiro, Bito Haruhiko, Koizumi Schuichi
JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES   133(3) S177   2017年3月   [査読有り]
併存障害のない注意欠陥/多動性障害児におけるquality of lifeの検討
佐野 史和, 金村 英秋, 青柳 閣郎, 反頭 智子, 杉田 完爾, 相原 正男
脳と発達   47(5) 349-353   2015年9月
【目的】併存障害のない注意欠陥/多動性障害(AD/HD)児のquality of life(QOL)を評価することがAD/HD児への早期支援に有効となりうるか検討した。【方法】小学生版・中学生版QOL尺度を用いてAD/HD児と対照群のQOLを比較し、AD/HD rating scale-IV(AD/HD RS-IV)との相関を解析した。【結果】AD/HD児22名のQOLは、対照群に比し自尊感情の項目で高値だった。QOL総得点は学校のAD/HD RS-IVと負の相関を認めた。QOLが低い児は...
Kanemura H, Sano F, Ohyama T, Mizorogi S, Sugita K, Aihara M
Epilepsy research   115 58-62   2015年9月   [査読有り]
Mizorogi S, Kanemura H, Sano F, Sugita K, Aihara M
Pediatrics international : official journal of the Japan Pediatric Society   57(4) 665-669   2015年8月   [査読有り]
Kanemura H, Sano F, Ohyama T, Aoyagi K, Sugita K, Aihara M
Epilepsy research   112 122-129   2015年5月   [査読有り]
A case of acute encephalopathy presenting with transient functional disability in various new tasks and hypoperfusion of the right frontal and temporal lobes on SPECT.
Sano F, Kanemura H, Tando T, Sugita K, Aihara M
No to hattatsu = Brain and development   48(4) 282-286   2016年7月   [査読有り]

Misc

 
外傷性の肺炎球菌性髄膜炎の1例
成澤 宏宗, 小泉 敬一, 吉沢 雅史, 西澤 琢磨, 大山 哲男, 佐野 史和, 小林 杏奈, 矢ヶ崎 英晃, 金村 英秋, 沢登 恵美, 中根 貴弥, 伯耆原 祥, 青山 香喜, 杉田 完爾
日本小児科学会雑誌   122(9) 1490-1490   2018年9月
小児局在関連てんかんの初期治療反応性と長期予後との関連
亀井 さやか, 佐野 史和, 金村 英秋, 相原 正男
脳と発達   50(Suppl.) S445-S445   2018年5月
養護教諭におけるてんかんに対する認識の実態調査 非養護教諭との比較
高田 献, 金村 英秋, 佐野 史和, 相原 正男
脳と発達   50(Suppl.) S300-S300   2018年5月
てんかん小児における続発性両側同期性に対するperampanelの効果(Effects of perampanel on secondary bilateral synchrony in children with epilepsy)
金村 英秋, 佐野 史和, 大山 哲男, 相原 正男
脳と発達   50(Suppl.) S298-S298   2018年5月
Perampanelが有効であった睡眠障害を合併した局在関連てんかんの2例
深尾 俊宣, 佐野 史和, 亀井 さやか, 金村 英秋, 杉田 完爾, 相原 正男
脳と発達   50(3) 220-220   2018年5月
甲信越地区でのてんかん診療連携
福山 哲広, 佐野 史和, 眞柄 慎一, 佐藤 俊一, 北原 明彦
脳と発達   50(3) 219-219   2018年5月
扁桃パルス療法を施行した小児期発症IgA腎症におけるOxford分類を用いた病理学的評価と臨床経過との関連性についての検討
小林 杏奈, 金井 宏明, 後藤 美和, 松下 香子, 東田 耕輔, 佐野 史和, 矢ヶ崎 英晃, 中根 貴弥, 沢登 恵美
日本小児腎臓病学会雑誌   31(1Suppl.) 208-208   2018年5月
箸による経眼窩的穿通性脳損傷と細菌性髄膜炎を併発した小児の1例
成澤 宏宗, 小泉 敬一, 原間 大輔, 西澤 琢磨, 大山 哲男, 牧野 耕一, 佐野 史和, 小林 杏奈, 矢ヶ崎 英晃, 中根 貴弥, 沢登 恵美, 伯耆原 祥, 青山 香喜, 杉田 完爾
日本小児救急医学会雑誌   17(2) 341-341   2018年4月
Vesicular ATP release遮断による臨床効果研究の最前線:次世代のプリン作動性化学伝達遮断薬の創成を目指して てんかん原性獲得におけるグリア依存的VNUT作動シグナルの役割
小泉 修一, 佐野 史和, 繁冨 英治
日本薬学会年会要旨集   138年会(1) 193-193   2018年3月
山梨県の3次救急医療における神経疾患症例の3年間のまとめ
大山 哲男, 金村 英秋, 佐野 史和, 河野 洋介, 矢ヶ崎 英晃, 小泉 敬一, 相原 正男, 杉田 完爾
日本小児科学会雑誌   122(2) 507-507   2018年2月
ローランドてんかん患児の脳波上突発性異常波に対するレベチラセタムの治療効果
金村 英秋, 佐野 史和, 大山 哲男, 杉田 完爾, 相原 正男
臨床神経生理学   45(5) 414-414   2017年10月
難治性てんかん病態におけるグリア機能とwide-band EEG グリア性てんかん原性の分子メカニズム
小泉 修一, 佐野 史和, 繁冨 英治
臨床神経生理学   45(5) 328-328   2017年10月
小児期てんかんにおける投与薬剤数と有効性に関する検討
亀井 さやか, 佐野 史和, 金村 英秋, 杉田 完爾, 相原 正男
てんかん研究   35(2) 599-599   2017年9月
小児てんかんにおける疲労度と脳波所見との関連(A relationship between interictal fatigue and EEG paroxysmal abnormality in childhood epilepsy)
金村 英秋, 佐野 史和, 大山 哲男, 杉田 完爾, 相原 正男
てんかん研究   35(2) 472-472   2017年9月
バルプロ酸投与中に多嚢胞性卵巣症候群を発症し、Kaufmann療法を併用した1例
亀井 さやか, 佐野 史和, 金村 英秋, 大森 真紀子, 平田 修司, 杉田 完爾, 相原 正男
日本小児科学会雑誌   121(8) 1433-1433   2017年8月
山梨県富士北麓地域での小児リハビリテーションの現状
畠山 和男, 青柳 閣郎, 保坂 裕美, 田丸 径, 相原 正男, 金村 英秋, 亀井 さやか, 佐野 史和, 杉田 完爾
脳と発達   49(Suppl.) S466-S466   2017年5月
前頭葉てんかんの小児においててんかんの頻度は前頭葉の機能障害と関連している(Seizure frequency is associated with frontal lobe dysfunction in children with frontal lobe epilepsy)
金村 英秋, 佐野 史和, 大山 哲男, 青柳 閣郎, 保坂 裕美, 杉田 完爾, 相原 正男
脳と発達   49(Suppl.) S353-S353   2017年5月
てんかん小児において発作は発作間欠期疲労を誘発する(Seizures induce interictal fatigue in children with epilepsy)
Kanemura Hideaki, 佐野 史和, 大山 哲男, 杉田 完爾, 相原 正男
てんかん研究   34(2) 398-398   2016年9月
アストロサイトGqPCR過剰発現による神経過興奮(Neuronal hyper-excitability induced by augmented GqPCR signals in astrocytes)
繁冨 英治, 平山 幸歩, 佐野 史和, 小泉 修一
日本神経精神薬理学会年会プログラム・抄録集   46回 150-150   2016年7月
てんかん児の発作重症度が親のスティグマに影響を与えうる(Seizure severities of children with epilepsy can affect perception of stigma in their parents)
金村 英秋, 佐野 史和, 大山 哲男, 杉田 完爾, 相原 正男
脳と発達   48(Suppl.) S300-S300   2016年5月
軽症胃腸炎関連けいれんと診断されていたPanayiotopoulos症候群の1例
亀井 さやか, 佐野 史和, 大山 哲男, 金村 英秋, 杉田 完爾, 相原 正男
日本小児科学会雑誌   120(5) 929-929   2016年5月
頭蓋内石灰化病変から当初Fahr病が疑われたミトコンドリア病の1例
藤岡 かおる, 矢ヶ崎 英晃, 佐野 史和, 大山 哲男, 金村 英秋, 杉田 完爾, 相原 正男
脳と発達   48(3) 218-218   2016年5月
未受診妊婦から出生した児の脳梗塞合併についての検討
高田 献, 金村 英秋, 亀井 さやか, 大山 哲男, 佐野 史和, 根本 篤, 内藤 敦, 杉田 完爾, 相原 正男
日本小児科学会雑誌   120(2) 228-228   2016年2月
妊娠管理に苦慮した若年ミオクロニーてんかんの1例
溝呂木 園子, 大山 哲男, 佐野 史和, 金村 英秋, 杉田 完爾, 相原 正男
てんかん研究   33(3) 712-712   2016年1月
小児てんかん診断と治療 Up to Date てんかんと発達障害 脳波からのアプローチ
金村 英秋, 佐野 史和, 大山 哲男, 相原 正男
臨床神経生理学   43(5) 392-392   2015年10月
前頭葉てんかん児における行動異常との関連因子
金村 英秋, 佐野 史和, 大山 哲男, 青柳 閣郎, 杉田 完爾, 相原 正男
認知神経科学   17(2) 102-102   2015年6月
脳死とされうる状態の小児10例の臨床経過に関する検討
後藤 裕介, 反頭 智子, 大山 哲男, 佐野 史和, 亀井 さやか, 加賀 佳美, 石井 佐綾香, 中村 幸介, 神谷 裕子, 杉田 完爾, 相原 正男
脳と発達   47(Suppl.) S260-S260   2015年5月
自殺企図のためバルプロ酸過量内服をしたキャリーオーバーてんかん患者の1例
田丸 径, 佐野 史和, 反頭 智子, 小泉 敬一, 金村 英秋, 松田 兼一, 上村 拓治, 杉田 完爾, 相原 正男
てんかん研究   32(3) 604-605   2015年1月
てんかん患児における脳波焦点部位とスティグマとの関連
金村 英秋, 佐野 史和, 大山 哲男, 杉田 完爾, 相原 正男
臨床神経生理学   42(5) 310-310   2014年10月
月1回以上の発作は小児てんかん児のスティグマに影響を与え得る(Presence of monthly seizures affects perceived stigma in children with epilepsy)
金村 英秋, 佐野 史和, 大山 哲男, 杉田 完爾, 相原 正男
てんかん研究   32(2) 382-382   2014年9月
後頭蓋窩硬膜下血腫を認め、緊急血腫除去術により救命しえた新生児例
原間 大輔, 矢ヶ崎 英晃, 佐野 史和, 戸田 孝子, 小泉 敬一, 金村 英秋, 星合 美奈子, 吉岡 秀幸, 荻原 雅和, 木内 博之, 東田 耕輔, 杉田 完爾
日本小児科学会雑誌   118(9) 1400-1400   2014年9月
Panayiotopoulos症候群重積発作既往児の認知機能の経時的推移
金村 英秋, 佐野 史和, 保坂 裕美, 青柳 閣郎, 杉田 完爾, 相原 正男
認知神経科学   16(2) 123-123   2014年6月
発達障害の診断と治療 生理学的指標に基づいた知見 発達障害児におけるてんかん性突発波と抗てんかん薬による治療効果との関連
金村 英秋, 佐野 史和, 大山 哲男, 保坂 裕美, 杉田 完爾, 相原 正男
認知神経科学   16(2) 117-117   2014年6月
Dravet症候群(SMEI)の1歳女児に対するStiripentol(STP)の使用経験
保坂 裕美, 岩崎 涼太, 齋藤 圭一, 小林 浩司, 池田 久剛, 佐野 史和, 反頭 智子, 金村 英秋
日本小児科学会雑誌   118(6) 990-990   2014年6月
早期の発作抑制にレベチラセタムが有効であった前頭葉てんかんの1例
田丸 径, 佐野 史和, 反頭 智子, 金村 英秋, 杉田 完爾, 相原 正男
日本小児科学会雑誌   118(6) 989-990   2014年6月
バルプロ酸投与中の小児てんかん児における夜尿症の検討
金村 英秋, 佐野 史和, 大山 哲男, 杉田 完爾, 相原 正男
脳と発達   46(Suppl.) S320-S320   2014年5月
新生児期に一過性骨髄異常増殖症を発症したダウン症候群の3例
須長 祐人, 渡邊 敦, 杣津 晋平, 佐野 史和, 長谷部 洋平, 矢ヶ崎 英晃, 戸田 孝子, 小泉 敬一, 星合 美奈子, 合井 久美子, 東田 耕輔, 犬飼 岳史, 杉田 完爾
日本小児科学会雑誌   118(4) 740-740   2014年4月
裂脳症における視神経低形成とてんかん、発達予後に関する検討
高田 献, 大山 哲男, 山城 大, 佐野 史和, 保坂 裕美, 金村 英秋, 相原 正男
てんかん研究   31(3) 542-543   2014年1月
てんかんと高次脳機能 てんかん児における突発性脳波異常と認知・行動障害との関連
金村 英秋, 佐野 史和, 大山 哲男, 青柳 閣郎, 保坂 裕美, 杉田 完爾, 相原 正男
臨床神経生理学   41(5) 398-398   2013年10月
注意欠陥/多動性障害の病態生理 ADHD児における突発波と抗てんかん薬の治療効果との関連
金村 英秋, 佐野 史和, 反頭 智子, 保坂 裕美, 杉田 完爾, 相原 正男
臨床神経生理学   41(5) 343-343   2013年10月
自閉症スペクトラム障害の小児てんかん患者の行動異常に対するlevetiracetamの効果(Effects of levetiracetam on behavioral problems in epilepsy children with autism spectrum disorders)
金村 英秋, 佐野 史和, 大山 哲男, 杉田 完爾, 相原 正男
てんかん研究   31(2) 418-418   2013年9月
平坦脳波および脳幹機能障害を有して長期生存した小児例の検討
大山 哲男, 後藤 裕介, 佐野 史和, 加賀 佳美, 中村 幸介, 神谷 裕子
脳と発達   45(5) 394-394   2013年9月
超低出生体重児3例における5歳時の神経心理学的評価
溝呂木 園子, 山城 大, 佐野 史和, 保坂 裕美, 反頭 智子, 内藤 敦, 金村 英秋, 杉田 完爾, 相原 正男
脳と発達   45(5) 394-394   2013年9月
てんかん患児の頭痛に対するトピラマートの有用性
金村 英秋, 佐野 史和, 反頭 智子, 杉田 完爾, 相原 正男
脳と発達   45(Suppl.) S283-S283   2013年5月
早期に血液浄化療法を施行し良好に経過したバルプロ酸(VPA)過量内服の1例
高田 献, 佐野 史和, 反頭 智子, 小泉 敬一, 金村 英秋, 松田 兼一, 杉田 完爾, 相原 正男
日本小児科学会雑誌   117(3) 672-672   2013年3月
レベチラセタムが有効だった脳腫瘍部分摘除術後のLennox-Gastaut症候群の1例
反頭 智子, 金村 英秋, 佐野 史和, 杉田 完爾, 相原 正男
てんかん研究   30(3) 532-532   2013年1月
BECT患児における発作反復の有無と脳波所見の推移
金村 英秋, 佐野 史和, 反頭 智子, 杉田 完爾, 相原 正男
臨床神経生理学   40(5) 465-465   2012年10月
小児難治性てんかんの二次性両側性同期に対するレベチラセタムの有効性(Effects of levetiracetam on secondary bilateral synchrony in refractory epileptic children)
金村 英秋, 佐野 史和, 反頭 智子, 杉田 完爾, 相原 正男
てんかん研究   30(2) 323-323   2012年9月
Neurofibromatosis type 1(NF1)によりもやもや様病変を生じた1男児例 IMP-SPECTによる経時的画像評価
高田 献, 下山 仁, 佐野 史和, 反頭 智子, 青柳 閣郎, 金丸 和也, 木内 博之, 金村 英秋, 杉田 完爾, 相原 正男
脳と発達   44(4) 346-346   2012年7月
Atypical BECT患児における認知機能の経時的推移
金村 英秋, 佐野 史和, 保坂 裕美, 溝呂木 園子, 反頭 智子, 青柳 閣郎, 杉田 完爾, 相原 正男
脳と発達   44(Suppl.) S234-S234   2012年5月
難治な経過をたどった後頭部に突発波をもつ小児てんかん(Gastaut型)の14歳女児例
反頭 智子, 佐野 史和, 石井 佐綾香, 後藤 裕介, 加賀 佳美, 金村 英秋, 杉田 完爾, 相原 正男
日本小児科学会雑誌   116(4) 765-765   2012年4月
ムンプスウイルス感染に起因し、低ナトリウム血症と一過性脳梁膨大部病変を呈した男児例
矢ヶ崎 英晃, 小松 明日香, 佐野 史和, 黒田 格, 金井 宏明, 後藤 裕介, 駒井 孝行
山梨県立中央病院年報   38 53-55   2012年3月
症例は4歳、男児。発熱、嘔吐で発症し、第3病日に異常言動と意識障害を認めたため当院へ救急搬送された。入院時低ナトリウム血症と髄液細胞数増多を認めた。ムンプスウイルス抗体価上昇のため流行性耳下腺炎による無菌性髄膜炎および、血漿AVP濃度より抗利尿ホルモン不適切分泌症候群(SIADH)と診断した。第4病日に施行した頭部MRI拡散強調画像で脳梁膨大部に高信号域を認めた。輸液、抗生剤、浸透圧利尿薬等により治療を行い、第5病日より意識レベルは改善した。第14病日の頭部MRI検査では、脳梁病変は消失し...
脳低温療法・血漿交換療法を施行した重症急性散在性脳脊髄炎の1例
小泉 敬一, 斉藤 朋洋, 佐野 史和, 反頭 智子, 金村 英秋, 原田 大希, 柳沢 政彦, 針井 則一, 松田 兼一, 杉田 完爾
日本集中治療医学会雑誌   19(Suppl.) 257-257   2012年1月
自閉性障害患児におけるてんかん発症と脳波所見との関連(EEG characteristics may predict later development of epilepsy in autism spectrum disorder)
金村 英秋, 佐野 史和, 反頭 智子, 畠山 和男, 相原 正男
てんかん研究   29(2) 307-307   2011年9月
四肢体幹の一過性の筋緊張低下と頭部MRIで可逆性の拡散能低下を認めた急性脳症の3例
後藤 裕介, 佐野 史和, 金村 英秋, 杉田 完爾, 相原 正男
脳と発達   43(Suppl.) S342-S342   2011年5月
Panayiotopoulos症候群における重積発作の既往の有無と前頭前野体積との関連 3-D MRIによる前方視的検討
金村 英秋, 佐野 史和, 畠山 和男, 杉田 完爾, 相原 正男
脳と発達   43(Suppl.) S317-S317   2011年5月
剖検で劇症肝炎回復期様の病理像を認めた超低出生体重児の1例
渡邊 敦, 山城 大, 佐野 史和, 田丸 径, 黒田 格, 根本 篤, 小山 敏雄, 尾花 和子, 内藤 敦, 寺本 勝寛
日本小児科学会雑誌   115(1) 168-169   2011年1月
無熱性けいれん初発児の脳波焦点部位とてんかん発症との関連
金村 英秋, 佐野 史和, 畑 園子, 下山 仁, 相原 正男
臨床神経生理学   38(5) 339-339   2010年10月
原発性化膿性腸腰筋炎の1例
矢ヶ崎 英晃, 佐野 史和, 本名 浩子, 後藤 裕介, 駒井 孝行, 塩田 有規
日本小児科学会雑誌   114(3) 601-602   2010年3月
敗血症を伴った原発性化膿性腸腰筋炎の小児例
矢ヶ崎 英晃, 佐野 史和, 黒田 格, 本名 浩子, 後藤 裕介, 駒井 孝行, 塩田 有規
山梨県立中央病院年報   36 54-56   2010年3月
化膿性腸腰筋炎は、抗生物質治療が進歩した現在では比較的稀な疾患となっているが、骨盤部深部感染症において鑑別が必要な疾患である。症例は11歳、女児。発熱と右股関節痛のため歩行困難となり入院した。入院時WBC16100/μl、CRP 15.2mg/dl、血液培養より黄色ブドウ球菌(MSSA)が検出された。また股関節の屈曲拘縮(腸腰筋肢位)を認め、MRI脂肪抑制画像で腸腰筋炎と診断した。抗生物質、NSAIDsの併用により症状改善し、第17病日に自力歩行で退院した。本症例では筋逸脱酵素の上昇を認め...

講演・口頭発表等

 
ミクログリアVNUT由来ATPはてんかん重積後のastrogliosis依存性てんかん発作を仲介する(Microglial VNUT derived ATP mediates astrogliosis-dependent epileptogenesis after status epilepticus)
佐野 史和, 繁冨 英治, 小泉 修一, 金村 英秋, 池中 一裕, 田中 謙二, 相原 正男
脳と発達   2018年5月   
ADHDの診断と治療評価に、画像・尺度調査をどのように活用するか? AD/HD児の早期介入のためのQOL評価(Evaluation of quality of life for early intervention in children with AD/HD)
佐野 史和, 金村 英秋, 相原 正男
脳と発達   2017年5月   
ミクログリアのVNUTはけいれん重積後のアストログリオーシスを伴うてんかん原生獲得に関与する(Microglial VNUT contribute to epileptogenesis including astrogliosis after status epilepticus)
佐野 史和, 繁冨 英治, 小泉 修一, 金村 英秋, 池中 一裕, 田中 謙二, 杉田 完爾, 相原 正男
脳と発達   2017年5月   
てんかんの併存障害を包括的に理解する てんかん児の抑うつ症状はQOL低下の予後因子である(Depressive symptoms are a predictive factor of reduced quality of life in children with epilepsy)
佐野 史和, 金村 英秋, 相原 正男
脳と発達   2017年5月   
てんかん重積持続状態後のてんかん発生に対するミクログリアにより惹起された反応性神経膠星状細胞の寄与(Contributions of reactive astrocytes triggered by microglia to epileptogenesis following status epilepticus)
佐野 史和, 繁冨 英治, 小泉 修一, 金村 英秋, 杉田 完爾, 相原 正男
てんかん研究   2016年9月   
けいれん重積後の活性化ミクログリア制御によるてんかん原生獲得の予防(Activated microglia as a potential therapeutic target for epleptogenesis after status epilepticus)
佐野 史和, 繁冨 英治, 小泉 修一, 金村 英秋, 杉田 完爾, 相原 正男
脳と発達   2016年5月   
一過性意識消失発作を主訴に小児科外来を受診した患者の臨床的検討
佐野 史和, 田丸 径, 金村 英秋, 杉田 完爾, 相原 正男
脳と発達   2015年5月   
挿管後喉頭肉芽腫に吸入ステロイドが著効した重症心身障害児の1例
佐野 史和, 廣瀬 衣子, 石井 裕貴, 鈴木 正史, 太田 正法
日本小児科学会雑誌   2015年3月   
ヒブワクチンおよび小児用肺炎球菌ワクチン普及前後での細菌性髄膜炎患者の比較
佐野 史和, 金村 英秋, 大山 哲男, 加賀 佳美, 後藤 裕介, 保坂 裕美, 杉田 完爾, 相原 正男
日本小児科学会雑誌   2015年2月   
一過性に右前頭・側頭部の脳血流低下を認め新規の作業に障害を呈した急性脳症の1例
佐野 史和, 金村 英秋, 反頭 智子, 保坂 裕美, 杉田 完爾, 相原 正男
臨床神経生理学   2014年10月   
カルバマゼピンによる副作用が疑われレベチラセタムへの変更が有用であった3例
佐野 史和, 金村 英秋, 田丸 径, 杉田 完爾, 相原 正男
てんかん研究   2014年9月   
細菌性脳動脈瘤を合併した感染性心内膜炎の2例
佐野 史和, 金村 英秋, 杉田 完爾, 相原 正男
脳と発達   2014年5月   
MRI検査時にdexmedetomidineによる鎮静を試みた自閉症の1例
佐野 史和, 反頭 智子, 金村 英秋, 杉田 完爾, 相原 正男
脳と発達   2014年5月   
小児細菌性髄膜炎後てんかんに関する検討
佐野 史和, 金村 英秋, 後藤 裕介, 杉田 完爾, 相原 正男
てんかん研究   2013年9月   
心因性視力障害が疑われた鞍上部胚細胞腫の1例
佐野 史和, 溝呂木 園子, 反頭 智子, 小林 基章, 川瀧 智之, 山根 徹, 金村 英秋, 杉田 完爾, 相原 正男
日本小児科学会雑誌   2013年8月   
注意欠陥/多動性障害児およびてんかん児におけるquality of lifeの親子間の評価の相違
佐野 史和, 反頭 智子, 金村 英秋, 杉田 莞爾, 相原 正男
脳と発達   2013年5月   
小児てんかん患児のQOLと抑うつおよび不安に関する検討
佐野 史和, 反頭 智子, 金村 英秋, 杉田 完爾, 相原 正男
てんかん研究   2012年9月   
脳動脈瘤を合併した感染性心内膜炎の1例
佐野 史和, 反頭 智子, 喜瀬 広亮, 星合 美奈子, 西山 義久, 川崎 朋範, 金村 英秋, 杉田 完爾, 相原 正男
脳と発達   2012年7月   
課題遂行困難が遷延した急性脳症の1例
佐野 史和, 反頭 智子, 金村 英秋, 杉田 完爾, 相原 正男
日本小児科学会雑誌   2012年7月   
注意欠陥/多動性障害児におけるquality of lifeの検討
佐野 史和, 反頭 智子, 金村 英秋, 杉田 完爾, 相原 正男
脳と発達   2012年5月