藤川 貴史

J-GLOBALへ         更新日: 18/10/16 09:09
 
アバター
研究者氏名
藤川 貴史
 
フジカワ タカシ
所属
国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構
部署
果樹茶業研究部門 生産・流通研究領域 病害ユニット
職名
上級研究員
学位
博士(農学)(岐阜大学), 技術士(農業部門・植物保護)(日本技術士会), 植物医師(日本植物医科学協会), 樹木医(日本緑化センター), 環境カウンセラー(事業者部門)(環境省登録)

プロフィール

博士(農学)
技術士(農業部門・植物保護)
樹木医
植物医師
環境カウンセラー(事業者部門)

 果樹を中心に植物の病害について実用研究から基礎研究まで幅広く研究を行っています。
 実用研究としては、様々な病原体の検出技術の開発や病害診断技術の改良に取り組んでいます。これまでにカンキツグリーニング病原菌の簡便な遺伝子検査法、LCR法を用いた複数の病原体を高精度に検出する技術、リベリバクター・ソラナセアルムの遺伝子検査法を開発しました。
 基礎研究としては、カンキツグリーニング病原菌、キウイフルーツかいよう病菌、モモせん孔細菌といった植物病原細菌の病原性や感染生理の解明を分子生物学的手法によって取り組んでいます。
 サイエンスコミュニケーションや市民カフェ、出前授業といったアウトリーチ活動にも積極的に取り組んでいます。

研究分野

 
 

経歴

 
2018年10月
 - 
現在
農研機構 果樹茶業研究部門 生産・流通研究領域病害ユニット 上級研究員
 
2016年4月
 - 
2018年9月
農研機構 果樹茶業研究部門 生産・流通研究領域 病害ユニット 主任研究員
 
2013年4月
 - 
2016年3月
農研機構果樹研究所 品種育成・病害虫研究領域 主任研究員
 
2010年10月
 - 
2013年3月
農研機構果樹研究所 研究員
 
2010年5月
 - 
2010年10月
農研機構花き研究所 特別研究員
 

学歴

 
2002年4月
 - 
2006年4月
岐阜大学大学院 連合農学研究科 博士後期課程
 
2000年4月
 - 
2002年3月
静岡大学大学院 農学研究科 生物生産科学専攻
 
1996年4月
 - 
2000年3月
静岡大学 農学部 生物生産科学科
 

委員歴

 
2015年4月
 - 
現在
文部科学省科学技術・学術政策研究所科学技術動向研究センター  専門調査員
 
2015年4月
 - 
2018年3月
国立研究開発法人森林総合研究所  遺伝子組換え生物等第一種使用等業務安全委員
 

受賞

 
2016年11月
公益財団法人 農学会 日本農学進歩賞 カンキツグリーニング病根絶対策を加速する簡便迅速な検出法開発
 
2014年6月
日本植物病理学会 学術奨励賞 カンキツグリーニング病原細菌の早期高感度検出技術に関する研究
 

論文

 
NGS解析および生物検定を用いたジオウ類に感染する植物ウイルスの探索
一木(植原)珠樹 ・長岡(中薗)栄子 ・山口 真輝 ・大橋美保・古平栄一・ 小島正明・五十嵐元子・花田 薫・菱田敦之・藤川貴史
日本植物病理学会報   84(3)    2018年8月   [査読有り]
Nakamura M, Fujikawa T, Nakamori D, Iwai H
Data in brief   18 691-695   2018年6月   [査読有り]
Ampeloviruses associated with incomplete flower syndrome and leaf-edge necrosis in Japanese apricot
Ryoji Nakaune, Tomoaki Takeda, Koji Numaguchi, Eiko Nakazono-Nagaoka, Takashi Fujikawa
Journal of General Plant Pathology   84 202-207   2018年5月   [査読有り]
マタタビ類斑点細菌病(新称)の原因菌であるPseudomonas syringae pv. actinidifoliorumの特徴
澤田宏之、藤川貴史、北宜裕、折原紀子、篠崎毅、清水伸一、中畝良二、瀧川雄一
日本植物病理学会報   83(3) 136-150   2017年8月   [査読有り]
Kazuki Fujiwara, Nami Uechi, Yuko Shimizu, Satoshi Toda, Hiromitsu Inoue, Takuhiro Yamaguchi, Toru Iwanami and Takashi Fujikawa
Journal of Applied Entomology   141 61-66   2017年2月   [査読有り]
Shimada T, Endo T, Rodríguez A, Fujii H, Goto S, Matsuura T, Hojo Y, Ikeda Y, Mori IC, Fujikawa T, Peña L, Omura M
Tree physiology   37(5) 654-664   2017年1月   [査読有り]
Kazuki Fujiwara and Takashi Fujikawa
Journal of Plant Pathology   98(3) 63-68   2016年11月   [査読有り]
Nakazono-Nagaoka E, Fujikawa T, Iwanami T
Archives of virology   162(3) 1-5   2016年11月   [査読有り]
T. Fujikawa, S. Miyata, T. Iwanami
Acta Horticulturae   1135 97-102   2016年7月
© 2016, International Society for Horticultural Science. All rights reserved.Citrus greening (huanglongbing; HLB) is a devastating disease of citrus trees with high economical costs to the worldwide citrus industry. Currently, infected trees have ...
Fujikawa T, Sawada H
Scientific reports   6 21399   2016年2月   [査読有り]
長岡(中薗)栄子・藤川貴史・上地奈美・岩波徹
日本植物病理学会報   81(4) 341-345   2015年11月   [査読有り]
澤田宏之・清水伸一・三好孝典・篠崎毅・楠元智子・野口真弓・成富毅誌・菊原賢次・間佐古将則・藤川貴史・中畝良二
日本植物病理学会報   81(2) 111-126   2015年5月   [査読有り]
藤川 貴史
JATAFFジャーナル = JATAFF journal : 農林水産技術   3(5) 10-15   2015年5月
RNA-Seq analysis of Candidatus Liberibacter asiaticus separated from infected trees.
Takashi Fujikawa, Shin-Ichi Miyata and Toru Iwanami
Journal of Citrus Pathology   2 12-13   2015年   [査読有り]
澤田 宏之, 清水 伸一, 三好 孝典, 篠崎 毅, 楠元 智子, 野口 真弓, 成富 毅誌, 菊原 賢次, 間佐古 将則, 藤川 貴史, 中畝 良二
日本植物病理学会報   81(2) 111-126   2015年
2014年4月以降,わが国の複数の産地において,キウイフルーツ(Actinidia chinensisおよびA. deliciosa)の幹,枝,新梢,葉,花蕾に,かいよう病様の激しい症状が新たに発生して問題となっている.枝幹部からの樹液の漏出や新梢の枯れ込み等の症状が,これまでわが国で確認されてきたかいよう病の場合より激しい事例も観察されている.愛媛,福岡,佐賀,和歌山県由来の罹病サンプルから分離した22菌株は,淡黄色で不透明の円形集落を形成した.分離菌を...
澤田宏之, 三好孝典, 清水伸一, 中畝良二, 藤川貴史
植物防疫   68(11) 660-667   2014年11月
Eiko Nakazono-Nagaoka, Shuhei Takemoto, Takashi Fujikawa, Kaori Nakajima, Hiroshi Uenishi,Toru Iwanami
Japan Agricultural Research Quarterly   48(4) 419-424   2014年10月   [査読有り]
Hiroshi Katoh, Hiromitsu Inoue, Nami Uechi, Takashi Fujikawa, Shin-ichi Miyata, Toru Iwanami
Japan Agricultural Research Quarterly   48(4) 413-417   2014年10月   [査読有り]
カンキツグリーニング病原細菌の早期高感度検出技術に関する研究
藤川 貴史
日本植物病理学会報   80(3) 143   2014年8月   [招待有り]
Takashi Fujikawa
Journal of General Plant Pathology   80 523-524   2014年7月   [査読有り][招待有り]
西村麻里江, 藤川貴史, 坂口歩, 南栄一
農林水産省農林水産技術会議事務局研究成果   (511) 108-110   2014年3月
ダイレクトPCR法による迅速で簡便なカンキツグリーニング病の検出法
藤川 貴史、宮田 伸一、岩波 徹
農研機構 普及成果情報 2013      2014年3月   [査読有り]
小林光智衣, 藤川貴史, 佐藤衛, 久松完, 神頭武嗣, 山田真, 石渡正紀
植物防疫   68(2) 53-57   2014年2月
Takashi Fujikawa
Journal of General Plant Pathology   80(6) 523-524   2014年1月   [査読有り]
Michie Kobayashi,Takeshi Kanto, Takashi Fujikawa,Makoto Yamada,Masaki Ishiwta, Mamoru Satou, Tamotsu Hisamatsu
Environment Control in Biology   51 157-163   2013年12月   [査読有り]
西村麻里江, 坂口歩, 藤川貴史, 西澤洋子, 南栄一, 矢野成和, 古賀博則, 飯哲夫
農業生物資源研究所主な研究成果   2012 16-17   2013年6月
高感度と安定性を備えたカンキツグリーニング病の診断用新規プライマーセット
藤川 貴史
農研機構 研究成果情報 2012      2013年3月   [査読有り]
Yoshimi A, Sano M, Inaba A, Kokubun Y, Fujioka T, Mizutani O, Hagiwara D, Fujikawa T, Nishimura M, Yano S, Kasahara S, Shimizu K, Yamaguchi M, Kawakami K, Abe K
PloS one   8(1) e54893   2013年1月   [査読有り]
Fujikawa T, Sakaguchi A, Nishizawa Y, Kouzai Y, Minami E, Yano S, Koga H, Meshi T, Nishimura M
PLoS pathogens   8(8) e1002882   2012年8月   [査読有り]
藤川貴史, 西村麻里江
バイオサイエンスとインダストリー   68(2) 100-101   2010年3月
吉見啓, 藤川貴史, 西村麻里江, 阿部敬悦
化学工業   61(3) 221-226   2010年3月
藤川 貴史, 西村 麻里江
バイオサイエンスとインダストリー = Bioscience & industry   68(2) 109-112   2010年3月
Gretty K. Villena, Takashi Fujikawa, Shinji Tsuyumu, Marcel Gutiérrez-Correa
Bioresource Technology   101(6) 1920-1926   2010年3月   [査読有り]
西村麻里江, 藤川貴史, 吉見啓, 阿部敬悦
化学と生物   47(12) 861-867   2009年12月
Efficient strategy for generating gene replacement mutants in M-grisea
Nishimura Marie, Moriwaki Akihiro, Fujikawa Takashi, Kito Hideki
GENES & GENETIC SYSTEMS   84(6) 501   2009年12月   [査読有り]
Nishimura M, Fukada J, Moriwaki A, Fujikawa T, Ohashi M, Hibi T, Hayashi N
Bioscience, biotechnology, and biochemistry   73(8) 1779-1786   2009年8月   [査読有り]
Fujikawa T, Kuga Y, Yano S, Yoshimi A, Tachiki T, Abe K, Nishimura M
Molecular microbiology   73(4) 553-570   2009年8月   [査読有り]
Differential gene expression of some lignocellulolytic enzymes in Aspergillus niger biofilms
Gretty K. Villena, Takashi Fujikawa, Shinji Tsuyumu, Marcel Gutiérrez-Correa
Revista Peruana de Biologia   15 97-102   2009年2月   [査読有り]
Kito H, Fujikawa T, Moriwaki A, Tomono A, Izawa M, Kamakura T, Ohashi M, Sato H, Abe K, Nishimura M
Fungal genetics and biology : FG & B   45(12) 1543-1551   2008年12月   [査読有り]
露無慎二, 藤川貴史, 駒井慶子, 駒井慶子, 木村幸, 小松節子, 平田久笑
土と微生物   62(2) 102-105   2008年10月
Shiotani H, Fujikawa T, Ishihara H, Tsuyumu S, Ozaki K
Journal of bacteriology   189(8) 3271-3279   2007年4月   [査読有り]

Misc

 
澤田 宏之, 藤川 貴史, 北 宜裕, 折原 紀子, 篠崎 毅, 清水 伸一, 中畝 良二, 瀧川 雄一
日本植物病理学会報   83(3) 136-150   2017年
<p>Pseudomonas syringae pv. actinidifoliorum(Psaf)のわが国における分布実態を把握するために,マタタビ属植物由来の国内産菌株を対象として,hopO1を標的としたPCR検定を行った.その結果,牛山ら(日植病報 58: 426–430)によって北海道のサルナシ・ミヤママタタビの斑点症状から分離された菌株(北海道分離菌),静岡県のサルナシ斑点症状から分離された菌株(静岡分離菌),および,かいよう病の発生調査...
長岡(中薗) 栄子, 藤川 貴史, 上地 奈美, 岩波 徹
日本植物病理学会報   81(4) 341-345   2015年
No viruses or viroids other than Citrus vein enation virus (CVEV) were detected from Yuzu seedlings that had clear vein enation symptoms after aphid transmission. The results indicated that the vein enation symptom of Yuzu was due to a single infe...
藤川貴史, 長岡(中薗)栄子, 岩波徹, 宮田伸一
日本植物病理学会大会プログラム・講演要旨予稿集   2013 160   2013年3月
藤川貴史, 岩波徹
日本植物病理学会報   79(1) 36   2013年2月
藤川 貴史, 阿部 敬悦, 久我 ゆかり, 西村 麻里江
日本菌学会大会講演要旨集   53(0) 26-26   2009年
動植物は病原菌の感染時に, 病原菌の細胞壁成分を認識する事で生体防御反応を引き起こし感染を阻止する. 一方で病原菌は自身の細胞壁成分を再構築することで宿主の認識を回避していることが知られている. いもち病菌(Magnaporthe grisea)は主にイネ科穀類に感染する病原糸状菌であり, イネによる細胞壁の認識を回避する何らかの機構を持っていると考えられるが, 感染時の細胞壁成分に関する知見はこれまでほとんどなかった. そこでイネ葉鞘を用いて感染時のいもち病菌の主要な細胞壁...
久我 ゆかり, 藤川 貴史, 西村 麻里江
日本菌学会大会講演要旨集   53(0) 27-27   2009年
生きている宿主細胞中に侵入し共存が成立する糸状菌病において,宿主による病原菌の認識機構と病原性との関係を解明することは重要である.近年ヒトの感染症において宿主細胞中酵母型細胞の細胞壁で新規に生成されるα-1,3-グルカン(αGlu)がβ-1,3-グルカン(βGlu)の外側に多く位置し,宿主による病原菌認識機構を抑制することが報告されている.イネいもち病菌(Magnaporthe grisea)の分生胞子は葉面で発芽して発芽管を伸ばし,付着器を形成した後表皮細胞に...
加来久敏, 石原博通, 藤川貴史, 露無慎二, 河内宏
植物微生物研究会研究交流会講演要旨集   14th (JA)26,(EN)27   2005年3月
宮田伸一, 藤川貴史, 加藤寛, 冨村健太, 井上広光, 岩波徹
日本植物病理学会大会プログラム・講演要旨予稿集   2012 165   2012年3月
藤川貴史, 岩波徹
日本植物病理学会大会プログラム・講演要旨予稿集   2012 166   2012年3月
小林光智衣, 藤川貴史, 佐藤衛, 神頭武嗣, 山田真, 石渡正紀
日本植物病理学会報   78(1) 29-30   2012年2月
加藤寛, 上地奈美, 藤川貴史, 岩波徹
日本植物病理学会報   78(1) 74-75   2012年2月
露無 慎二, 藤川 貴史, 石原 博通
化学と生物   41(3) 157-163   2003年3月
神頭武嗣, 小林光智衣, 藤川貴史, 佐藤衛, 久松完, 石渡正紀, 山田真, 松浦克成
日本植物病理学会報   78(1) 51-52   2012年2月
藤川貴史, 岩波徹
日本植物病理学会大会プログラム・講演要旨予稿集   2011 100   2011年3月
吉見啓, 佐野元昭, 藤岡智則, 水谷治, 萩原大祐, 國分優子, 稲葉梓, 藤川貴史, 西村麻里江, 阿部敬悦
日本農芸化学会大会講演要旨集   2011 95   2011年3月
藤川貴史, 佐藤衛, 神頭武嗣, 山田真, 石渡正紀
日本植物病理学会報   77(1) 43   2011年2月
藤川貴史, 佐藤衛, 神頭武嗣, 山田真, 石渡正紀
園芸学研究 別冊   9(2) 572   2010年9月
西村麻里江, 藤川貴史
農業生物資源研究所主要な研究成果   2009 6-7   2010年5月
藤川貴史, 西村麻里江
日本植物病理学会大会プログラム・講演要旨予稿集   2010 73   2010年3月
吉見啓, 佐野元昭, 藤岡智則, 國分優子, 水谷治, 萩原大祐, 藤川貴史, 西村麻里江, 阿部敬悦
日本農芸化学会大会講演要旨集   2010 198   2010年3月
藤川 貴史, 阿部 敬悦, 西村 麻里江
日本植物病理學會報   74(3)    2008年8月
藤川 貴史, 西村 麻里江
植物防疫   64(11) 740-744   2010年11月
ダイレクト PCR 法による迅速かつ簡便な カンキツグリーニング病検出法
藤川 貴史
日本政策金融公庫 技術の窓   (2013)    2014年9月
石川(末廣) 典子, 藤川 貴史, 工藤 響子, 平田 久笑, 露無 慎二
日本植物病理學會報   73(3) 273-274   2007年8月
吉見 啓, 藤川 貴史, 西村 麻里江
化学工業   61(3) 221-226   2010年3月
高塚 勇希, 藤川 貴史, 露無 慎二
日本植物病理學會報   72(4) 316-317   2006年11月
塩谷 浩, 藤川 貴史, 石原 博通, 露無 慎二
日本植物病理學會報   71(3) 296-297   2005年8月
露無 慎二, 藤川 貴史, 駒井 慶子, 木村 幸, 小松 節子, 平田 久笑
土と微生物   62(2) 102-105   2008年10月
Plants have been evolved to obtain the ability to induce the cascade of defense response upon exposure to wide variety of plant pathogens. Disease incidence, thus, should be considered as an exceptional event for the plants. One of the most import...
露無 慎二, 藤川 貴史, 石原 博通
化学と生物   41(3) 157-163   2003年
藤川 貴史, 加来 久敏, 露無 慎二
日本植物病理學會報   67(2)    2001年8月

書籍等出版物

 
Proceedings of III International Symposium on Citrus Biotechnology
藤川 貴史、宮田 伸一、岩波 徹 (担当:共著, 範囲:RNA-Seq analysis of 'Candidatus Liberibacter asiaticus' separated from infected trees)
Acta Horticulturae   2016年7月   
Genome-enabled integration of research in plant-pathogen systems. (Wolpert T, Shiraishi T, Collmer A, Akimitsu K, Glazebrook J, Leach JE and Tsuyumu S. (eds))
Shinji Tsuyumu, Takashi Fujikawa, Akihiro Yamazaki, Syoko Okude, M.R. Islam, Yoshihiro Ishiyama, Ai Matsukura, Sakiko Umekawa, Sachi Kimura and Hisae Hirata (担当:共著, 範囲:Pathogenicity determinants of Xanthomnas axonopodis pv. citri, a causative agent of citrus canker)
APS press   2010年5月   
Genomic and genetic analysis of plant parasitism and defense. (Tsuyumu S, Leach JE, Shiraishi T, Wolpert T. (eds))
Shinji Tsuyumu, Hiroyuki Matsumoto, Takashi Fujikawa, Hiromichi Ishihara, Tomonori Shiraishi (担当:共著, 範囲:Bacterial genes involved in interactions with plants)
APS press   2005年1月   
Genomic and genetic analysis of plant parasitism and defense (Tsuyumu S, Leach JE, Shiraishi T, Wolpert T. (eds))
Takashi Fujikawa, Hiromichi Ishihara, Shinji Tsuyumu (担当:共著, 範囲:Dual function of avrBs3/pthA genes of xanthomonads)
APS press   2005年1月   
「植物病の探究」(高松、小林、吉岡、豊田編)
露無慎二、石原博通、藤川貴史、G. Ponciano, J.E. Leach (担当:共著, 範囲:植物病原細菌のエフェクター)
「植物病の探求」出版会   2004年9月   

講演・口頭発表等

 
藤川貴史, 澤田宏之
日本植物病理学会大会プログラム・講演要旨予稿集   2016年3月3日   
藤原和樹, 藤川貴史
日本植物病理学会大会プログラム・講演要旨予稿集   2016年3月3日   
長岡(中薗)栄子, 藤川貴史, 岩波徹
日本植物病理学会大会プログラム・講演要旨予稿集   2016年3月3日   
一木(植原)珠樹, 長岡(中薗)栄子, 大橋美保, 佐藤豊三, 花田薫, 辰尾良秋, 高尾泰昌, 村上芳哉, 黒崎文也, 青木孝之, 藤川貴史
日本植物病理学会大会プログラム・講演要旨予稿集   2016年3月3日   
果樹病害の遺伝子診断技術について ~網羅的診断とテイラーメイド診断の可能性~ [招待有り]
藤川 貴史
神戸植物防疫所ゼミナール   2015年12月8日   
次世代シーケンサーによる次世代診断技術への可能性~植物病原体の遺伝子診断への活用例~ [招待有り]
藤川 貴史
横浜植物防疫所ゼミナール   2015年10月2日   
宮里博成, 杉本圭一郎, 杉本圭一郎, 及川和宏, 平野高広, 藤川貴史, 宮田伸一, 吉岡照高, 岩波徹, 浅川知則, 小原繁, 乾博, 乾博
香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会講演要旨集   2015年9月5日   
果樹に感染している病原体(ウイルス)を同定する実例と果樹の病原細菌のゲノム解析 [招待有り]
藤川 貴史
第4回果樹インフォマティクス・キャンプ   2015年6月29日   
中畝良二, 武田知明, 長岡(中薗)栄子, 藤川貴史
日本植物病理学会大会プログラム・講演要旨予稿集   2015年3月10日   
長岡(中薗)栄子, 藤川貴史, 岩波徹
日本植物病理学会大会プログラム・講演要旨予稿集   2015年3月10日   
井沼崇, 藤川貴史, 長岡(中薗)栄子, 岩波徹
日本植物病理学会大会プログラム・講演要旨予稿集   2015年3月10日   
澤田宏之, 清水伸一, 三好孝典, 篠崎毅, 楠元智子, 野口真弓, 成富毅誌, 菊原賢次, 間佐古将則, 藤川貴史, 中畝良二
日本植物病理学会大会プログラム・講演要旨予稿集   2015年3月10日   
藤川貴史, 岩波徹
日本植物病理学会大会プログラム・講演要旨予稿集   2015年3月10日   
加藤寛, 上地奈美, 藤川貴史, 宮田伸一, 岩波徹
九州病害虫研究会報   2014年11月28日   
加藤寛, 上地奈美, 藤川貴史, 宮田伸一, 岩波徹
九州病害虫研究会報   2014年11月28日   
カンキツグリーニング病原菌の 培養について [招待有り]
藤川 貴史
門司植物防疫所セミナー   2014年11月20日   
RNA-Seq analysis of Candidatus Liberibacter asiaticus separated from infected trees
Takashi Fujikawa, Shin-Ichi Miyata and Toru Iwanami
The 3rd International Symposium on Citrus Biotechnology   2014年11月11日   
カンキツグリーニング病の 根絶に向けた研究の現状と課題 [招待有り]
藤川 貴史、宮田伸一
農研機構セミナー 「最近の侵入病害虫リスク管理を巡る研究の現状と課題」~戦略的取り組みのために~   2014年11月5日   
カンキツグリーニング病の脅威とその対策 [招待有り]
藤川 貴史
第26回植物細菌病談話会   2014年10月10日   
長岡(中薗)栄子, 藤川貴史, 宇賀博之, 上地奈美, 宮田伸一, 岩波徹
日本植物病理学会大会プログラム・講演要旨予稿集   2014年5月10日   
藤川貴史, 長岡(中薗)栄子, 宮田伸一, 岩波徹
日本植物病理学会大会プログラム・講演要旨予稿集   2014年5月10日   
藤川貴史, 宮田伸一, 岩波徹
日本植物病理学会報   2014年2月25日   
加藤寛, 上地奈美, 井上広光, 出穂美和, 殿河内寿子, 藤川貴史, 宮田伸一, 岩波徹
九州病害虫研究会報   2013年11月29日   
カンキツグリーニング病原細菌の代謝経路予測に基づく人工培養
藤川貴史、宮田伸一、岩波徹
日本植物病理学会関東部会、平成25年度   2013年10月   
西村麻里江, 坂口歩, 藤川貴史, 西澤洋子, 南栄一, 矢野成和, 古賀博則, 飯哲夫
農業生物資源研究所主要な研究成果   2013年6月   
藤川貴史, 長岡(中薗)栄子, 岩波徹, 宮田伸一
日本植物病理学会大会プログラム・講演要旨予稿集   2013年3月21日   
加藤寛, 宮田伸一, 藤川貴史, 岩波徹
日本植物病理学会大会プログラム・講演要旨予稿集   2013年3月21日   
長岡(中薗)栄子, 藤川貴史, 宮田伸一, 岩波徹
日本植物病理学会大会プログラム・講演要旨予稿集   2013年3月21日   
病原性の異なるCitrus tristeza virus (CTV) 弱毒株が感染したユズ植物体における発現遺伝子の違い
長岡栄子,藤川貴史,宮田伸一,岩波徹
日本植物病理学会大会、平成25年度   2013年3月   
次世代シーケンサーIon PGMを用いたモモせん孔細菌のゲノム解析
藤川貴史、長岡(中薗)栄子、岩波 徹、宮田伸一
日本植物病理学会大会、平成25年度   2013年3月   
チュウゴクナシキジラミの媒介する国内未発生のファイトプラズマ病
藤川 貴史
チュウゴクナシキジラミの防除対策に関するワークショップ   2013年3月   
藤川貴史, 岩波徹
日本植物病理学会報   2013年2月25日   
佐賀県と山口県のナシ園に発生したチュウゴクナシキジラミのCOI 周辺領域の塩基配列の比較
加藤 寛、上地奈美、井上広光、出穂美和、殿河内寿子、藤川貴史、宮田伸一、岩波徹
九州病害虫研究会研究発表会、85回   2013年2月   
新規プライマーセットによるグリーニング病の早期高感度検出技術について
藤川 貴史
カンキツグリーニング病研究会、平成24年度   2013年2月   
Highly sensitive and accurate detection of viable ‘Candidatus Liberibacter asiaticus’ [招待有り]
Takashi Fujikawa, Shin-Ichi Miyata and Toru Iwanami
International Symposium on Epidemiology and Disease management of Citrus HLB Disease for Sustainable Citrus Production in ASPAC   2012年11月   
カンキツグリーニング病原細菌の培養と簡易診断キットへの応用の可能性
藤川 貴史
テクノイノベーション   2012年11月   
カンキツグリーニング病罹病樹の簡易診断用ダイレクトPCR法及び病原細菌分離法の開発
藤川貴史、岩波徹
日本植物病理学会関東部会、平成24年度 (日本植物病理学会報)   2012年9月   
Surface α‐1,3‐glucan facilitates fungal stealth infection by interfering with innate immunity in plants
Takashi Fujikawa, Ayumu Sakaguchi, Yoko Nishizawa, Eiichi Minami, Shigekazu Yano, Tetsuo Meshi, and Marie Nishimura
International congress of molecular plant-microbe interactions, 15th   2012年8月   
藤川貴史, 岩波徹
日本植物病理学会大会プログラム・講演要旨予稿集   2012年3月15日   
宮田伸一, 藤川貴史, 加藤寛, 冨村健太, 井上広光, 岩波徹
日本植物病理学会大会プログラム・講演要旨予稿集   2012年3月15日   
カンキツグリーニング病原細菌検出用PCRプライマーの性能比較と新規プライマーによる高感度検出
藤川貴史、岩波徹
日本植物病理学会大会、平成24年度(日本植物病理学会報)   2012年3月   
カンキツグリーニング病原細菌の日本産Ishi-1株に見られたゲノム大幅欠失領域の決定
宮田伸一、藤川貴史、加藤寛、冨村健太、井上広光、岩波徹
日本植物病理学会大会、平成24年度(日本植物病理学会報)   2012年3月   
カンキツグリーニング病原細菌の培養と簡易診断キットへの応用の可能性
藤川 貴史
第7回アグリ技術シーズセミナー   2012年3月   
Isolation and FISH detection of living citrus greening pathogenic (huanglongbing) bacterium
藤川貴史、岩波徹
第2回日韓合同シンポジウム、日本植物病理学会   2012年3月   
神頭武嗣, 小林光智衣, 藤川貴史, 佐藤衛, 久松完, 石渡正紀, 山田真, 松浦克成
日本植物病理学会報   2012年2月25日   
加藤寛, 上地奈美, 藤川貴史, 岩波徹
日本植物病理学会報   2012年2月25日   
小林光智衣, 藤川貴史, 佐藤衛, 神頭武嗣, 山田真, 石渡正紀
日本植物病理学会報   2012年2月25日   
カンキツグリーニング病原細菌の培養と簡易診断キットへの応用の可能性 (果樹生産の最新技術と6次産業化の可能性最前線)
藤川 貴史
Techno innovation = テクノイノベーション   2012年   
カンキツグリーニング病原細菌の沖縄本島の局所地域における単純繰り返し配列の多型の解析
加藤寛、上地奈美、藤川貴史、岩波徹
日本植物病理学会九州部会、平成23年度 (日本植物病理学会報)   2011年10月   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
有害動植物の検出・同定技術の開発
農林水産省: 温暖化適用・異常気象対応のための研究開発
研究期間: 2015年7月 - 2021年3月    代表者: 大藤 泰雄
実需者ニーズに応じた加工適正を持つ果樹品種等の開発
農林水産省: 広域・大規模生産に対応する業務・加工用作物品種の開発
研究期間: 2014年6月 - 2019年3月
キウイフルーツかいよう病の新系統病原菌による被害を克服する技術開発
農林水産省: 農林水産業・食品産業科学技術研究推進事業【実用技術開発ステージ】
研究期間: 2015年6月 - 2018年3月    代表者: 須崎 浩一
グリーニング病根絶を加速する多検体・高感度診断技術の開発および媒介虫防除技術の高度化
農林水産省: 農林水産業・食品産業科学技術研究推進事業【実用技術開発ステージ】
研究期間: 2015年6月 - 2018年3月    代表者: 藤川 貴史
ブランド化を促進する果実の生産・加工技術の実証研究
農林水産省: 食料生産地域再生のための先端技術展開事業
研究期間: 2013年 - 2017年    代表者: 小原 繁
モモせん孔細菌病の多発生産地における効果的な防除技術の開発
農林水産省: 農林水産業・食品産業科学技術研究推進事業【実用技術開発ステージ】
研究期間: 2015年6月 - 2016年3月    代表者: 中畝 良二
ジーンバンク所蔵のキウイフルーツかいよう病菌biovar3系統の比較ゲノム解析
国立研究開発法人農業生物資源研究所: 農業生物資源ジーンバンク事業
研究期間: 2015年5月 - 2016年3月    代表者: 藤川 貴史
果樹病害におけるRNA-seq法による網羅的検定技術及びテイラーメイド重複感染診断キットの開発
農研機構: 研究活動強化費 先行的・試行的研究
研究期間: 2014年 - 2016年    代表者: 藤川 貴史
キウイフルーツの新系統かいよう病に対応した診断技術、対処方法の開発
農林水産省: 農林水産業・食品産業科学技術研究推進事業【実用技術開発ステージ】
研究期間: 2014年6月 - 2015年3月    代表者: 清水 伸一
細菌鋳型の迅速作製技術を応用する食品リアルタイムセンサの開発
農林水産省: 農林水産業・食品産業科学技術研究推進事業【シーズ創出ステージ】
研究期間: 2013年 - 2015年    代表者: 長岡 勉
新規侵入害虫チュウゴク ナシキジラミの拡散防止 と被害軽減技術の開発
農林水産省: 新たな農林水産政策を推進する実用技術開発事業
研究期間: 2012年6月 - 2014年    代表者: 藤川 貴史
グリーニング病根絶事業を支援する高精度診断・最小薬剤使用・統計的手法の開発
農林水産省: 新たな農林水産政策を推進する実用技術開発事業
研究期間: 2011年 - 2013年    代表者: 宮田 伸一

社会貢献活動

 
つくばサイエンスQ 出前授業
【講師】  筑波研究学園都市交流協議会  2017年4月