Fukada Takehisa

J-GLOBAL         Last updated: Nov 12, 2019 at 14:20
 
Avatar
Name
Fukada Takehisa
E-mail
ftakehisahotmail.com

Research Interests

 
 

Research Areas

 
 

Published Papers

 
可動式の固定翼を備えた気管内スパイラルチューブによる保存的治療が有用であった挿管後気管膜様部損傷の1例
湯浅 樹, 阪井 宏彰, 平山 安見子, 深田 武久, 武智 浩子, 糸井 和美
日本呼吸器外科学会雑誌   33(6) 656-660   Sep 2019
可動式の固定翼を備えた気管内スパイラルチューブによる保存的治療が有用であった挿管後気管膜様部損傷の1例を経験したので報告する。症例は85歳男性、抗生剤によるアナフィラキシーショックのため心肺停止に至り緊急挿管を行った。挿管後より皮下気腫が拡大、胸部CTと気管支鏡検査で気管分岐部より1cm頭側の気管膜様部に4cmの裂傷を確認した。胸腔内全面癒着のため、外科的修復は断念し保存的治療の方針とした。第14病日に気管切開と同時に左片肺換気から両肺換気へと移行した。この際に、可動式の固定翼を備えたスパ...
深田武久, 森田克彦, 植木貴之, 花岡伸治
胸部外科   70(6) 418‐421-421   Jun 2017
症例は83歳女性で、比較的低速の乗用車と体側面が接触し転倒、背部を打撲し救急搬送された。体表面に後頭部挫傷、両肘打撲傷を認めた。胸部X線では、臥位正面像で右肺野の透過性低下を認めた。胸腹部造影CTでは、Th12破裂骨折と右胸水を認めた。右背側の胸水中にCT値が高い領域があり、血腫を疑った。椎体前方は骨棘で上下椎間に広範囲の架僑を認めた。Th12破裂部両側に骨片、血液検査で貧血を認め、胸椎骨折による胸腔内出血を疑った。Th12の逆Chance型骨折と右胸水貯留と診断し、緊急入院した。入院2日...
Sato K, Fumimoto S, Fukada T, Ichihashi Y, Ochi K, Satomi H, Morita T, Hanaoka N, Okada Y, Katsumata T
The Annals of thoracic surgery   103(5) e393-e395   May 2017   [Refereed]
Sato K, Fumimoto S, Fukada T, Ochi K, Kataoka T, Ichihashi Y, Satomi H, Morita T, Hanaoka N, Okada Y, Katsumata T
Surgical case reports   2(1) 125   Dec 2016   [Refereed]
[Two cases of retroperitoneal liposarcoma].
Kawaoka T, Fukada T, Kuwahara T, Matsukuma S, Kaneko T, Harada T, Hiraki S, Fukuda S, Morita K, Nagashima A
Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   39(12) 2423-2425   Nov 2012   [Refereed]

Misc

 
深田武久, 湯浅樹, 阪井宏彰, 糸井和美
日本呼吸器外科学会総会(Web)   36th(3) ROMBUNNO.V5‐4 (WEB ONLY)-4   Apr 2019
武智浩子, 金咲芳郎, 湯浅樹, 深田武久, 阪井宏彰, 糸井和美
日本呼吸器外科学会総会(Web)   36th(3) ROMBUNNO.P88‐5 (WEB ONLY)-5   Apr 2019
湯浅樹, 阪井宏彰, 平山安見子, 深田武久, 武智浩子, 糸井和美
日本呼吸器外科学会総会(Web)   36th(3) ROMBUNNO.P93‐4 (WEB ONLY)-4   Apr 2019
武智浩子, 湯浅樹, 平山安見子, 深田武久, 阪井宏彰, 糸井和美
日本肺癌学会総会号   59th(6) 785-785   Oct 2018
深田武久, 阪井宏彰, 湯浅樹, 平山安見子, 武智浩子, 糸井和美
気管支学   40(Suppl.) S312-S312   May 2018
湯浅樹, 阪井宏彰, 武智浩子, 深田武久, 平山安見子, 糸井和美
日本呼吸器外科学会総会(Web)   35th(3) ROMBUNNO.P55‐7 (WEB ONLY)-7   Apr 2018
深田武久, 森田克彦, 花岡伸治
日本呼吸器外科学会総会(Web)   35th(3) ROMBUNNO.P88‐4 (WEB ONLY)-4   Apr 2018
平山安見子, 阪井宏彰, 湯浅樹, 深田武久, 武智浩子, 糸井和美
日本呼吸器外科学会総会(Web)   35th(3) ROMBUNNO.P88‐6 (WEB ONLY)-6   Apr 2018
武智浩子, 湯浅樹, 平山安見子, 深田武久, 阪井宏彰, 糸井和美
日本呼吸器外科学会総会(Web)   35th(3) ROMBUNNO.P16‐2 (WEB ONLY)-2   Apr 2018
武智浩子, 湯浅樹, 平山安見子, 深田武久, 阪井宏彰, 糸井和美
肺癌(Web)   58(2) 156(J‐STAGE)-156   Apr 2018
深田武久, 湯浅樹, 武智浩子, 阪井宏彰, 糸井和美
日本胸部外科学会定期学術集会(Web)   71st ROMBUNNO.2P2HAIP17‐1 (WEB ONLY)   2018
深田武久, 森田克彦, 花岡伸治, 糸井和美
日本肺癌学会総会号   58th(5) 515-515   Sep 2017
佐藤澄, 文元聰志, 片岡尚之, 越智薫, 市橋良夫, 深田武久, 深田武久, 森田琢也, 花岡伸治, 勝間田敬弘
日本肺癌学会総会号   58th(5) 569-569   Sep 2017
花岡伸治, 文元聰志, 深田武久, 越智薫, 市橋良夫, 佐藤澄
気管支学   39(Suppl.) S394-S394   May 2017
深田武久, 文元聰志, 市橋良夫, 越智薫, 佐藤澄, 花岡伸治
気管支学   39(Suppl.) S405-S405   May 2017
森田克彦, 栗本典昭, 野坂誠士, 深田武久
気管支学   39(Suppl.) S227-S227   May 2017
深田武久, 文元聰志, 市橋良夫, 越智薫, 佐藤澄, 花岡伸治
日本呼吸器外科学会総会(Web)   34th(3) ROMBUNNO.O20‐7 (WEB ONLY)-7   Apr 2017
文元聰志, 佐藤澄, 深田武久, 越智薫, 市橋良夫, 時津浩輔, 花岡伸治
日本呼吸器外科学会総会(Web)   34th(3) ROMBUNNO.V10‐2 (WEB ONLY)-2   Apr 2017
市橋良夫, 文元聰, 深田武久, 越智薫, 佐藤澄, 花岡伸治, 綾部忍
日本呼吸器外科学会総会(Web)   34th(3) ROMBUNNO.P64‐3 (WEB ONLY)-3   Apr 2017
花岡伸治, 文元聰志, 深田武久, 越智薫, 市橋良夫, 佐藤澄, 駒澤伸泰, 南敏明
日本呼吸器外科学会総会(Web)   34th(3) ROMBUNNO.RO3‐7 (WEB ONLY)-7   Apr 2017
越智薫, 越智薫, 文元聰志, 深田武久, 市橋良夫, 佐藤澄, 時津浩輔, 花岡伸治, 勝間田敬弘
日本呼吸器外科学会総会(Web)   34th(3) ROMBUNNO.P42‐2 (WEB ONLY)-2   Apr 2017
佐藤澄, 文元聰志, 深田武久, 越智薫, 市橋良夫, 森田琢也, 花岡伸治, 勝間田敬弘
日本呼吸器外科学会総会(Web)   34th(3) ROMBUNNO.O8‐7 (WEB ONLY)-7   Apr 2017
市橋良夫, 洪鉉寿, 文元聰志, 深田武久, 越智薫, 佐藤澄, 花岡伸治
日本肺癌学会総会号   57th(6) 780-780   Nov 2016
佐藤澄, 文元聰志, 深田武久, 越智薫, 市橋良夫, 森田琢也, 花岡伸治, 勝間田敬弘
日本肺癌学会総会号   57th(6) 740-740   Nov 2016
佐藤澄, 文元聰志, 深田武久, 越智薫, 市橋良夫, 森田琢也, 花岡伸治, 勝間田敬弘
日本肺癌学会総会号   57th(6) 594-594   Nov 2016
深田武久, 佐藤澄, 文元聰志, 市橋良夫, 越智薫, 森田琢也, 花岡伸治, 勝間田敬弘
日本肺癌学会総会号   57th(6) 716-716   Nov 2016
深田武久, 阪井宏彰, 森村祐樹, 岩切章太郎, 糸井和美
日本外科系連合学会誌   41(3) 542-542   May 2016
岩切章太郎, 森村祐樹, 深田武久, 阪井宏彰, 糸井和美
気管支学   38(Suppl.) S208-S208   May 2016
深田武久, 岩切章太郎, 森村祐樹, 阪井宏彰, 糸井和美
日本呼吸器外科学会総会(Web)   33rd(3) P61‐1 (WEB ONLY)-1   Apr 2016
阪井宏彰, 森村祐樹, 深田武久, 岩切章太郎, 糸井和美
日本呼吸器外科学会総会(Web)   33rd(3) P70‐6 (WEB ONLY)-6   Apr 2016
岩切章太郎, 森村祐樹, 深田武久, 阪井宏彰, 糸井和美
日本肺癌学会総会号   56th(5) 690-690   Oct 2015
深田武久, 阪井宏彰, 井上由貴, 松本啓孝, 森村祐樹, 細川佐和子, 前橋伸子, 斉藤恵美子, 四宮真利子, 大歳丈博, 嶋田雅俊, 二階堂純一, 堀口れい佳, 片岡裕貴, 平野勝也, 岩切章太郎, 遠藤和夫, 平林正孝, 糸井和美
日本肺癌学会総会号   56th(5) 617-617   Oct 2015
岩切章太郎, 森村祐樹, 深田武久, 阪井宏彰, 糸井和美
気管支学   37(Suppl.) S195-S195   May 2015
深田武久, 岩切章太郎, 森村祐樹, 阪井宏彰, 糸井和美
気管支学   37(Suppl.) S258-S258   May 2015
竹村知容, 中川望, 加耒佐和子, 前橋伸子, 深田武久, 四宮真利子, 武智浩子, 嶋田雅俊, 片岡裕貴, 二階堂純一, 堀口れい佳, 平野勝也, 平位知之, 岩切章太郎, 阪井宏彰, 糸井和美
日本胸部臨床   74(4) 478-483   Apr 2015
症例は92歳、男性。肺腺癌cT4N2M1b(HEP)、stageIVでEML4-ALK変異はIHC法、FISH法ともに陽性であり、クリゾチニブ500mg/日の内服を開始した。内服開始前は心拍数62回/分であった。day 13に心拍数28回/分となり、意識障害を呈した。洞性徐脈Grade 4でありクリゾチニブの内服を中止した。本症例はEML4-ALK遺伝子転座陽性クリゾチニブ投与患者としてはほぼ最高齢と思われる。高齢の肺腺癌患者でも、EML4-ALK遺伝子転座検索は行うべきである。洞性徐脈を...
呼吸器 術中迅速病理診断が困難であった末梢型定型肺カルチノイドの1例
深田 武久, 阪井 宏彰, 森村 祐樹, 細川 佐和子, 前橋 伸子, 四宮 真利子, 竹村 知容, 嶋田 雅俊, 二階堂 純一, 堀口 れい佳, 片岡 裕貴, 平野 勝也, 岩切 章太郎, 遠藤 和夫, 平林 正孝, 糸井 和美
日本外科学会定期学術集会抄録集   115回 RS-12   Apr 2015
深田武久, 阪井宏彰, 森村祐樹, 細川佐和子, 前橋伸子, 四宮真利子, 竹村知容, 嶋田雅俊, 二階堂純一, 堀口れい佳, 片岡裕貴, 平野勝也, 岩切章太郎, 遠藤和夫, 平林正孝, 糸井和美
日本外科学会定期学術集会(Web)   115th RS-12-6 (WEB ONLY)   2015
岩切章太郎, 森村祐樹, 深田武久, 阪井宏彰, 糸井和美
日本呼吸器外科学会総会(Web)   32nd(3) P31-1 (WEB ONLY)-1   Apr 2015
森村祐樹, 阪井宏彰, 深田武久, 岩切章太郎, 糸井和美
日本呼吸器外科学会総会(Web)   32nd(3) P34-5 (WEB ONLY)-5   Apr 2015
深田武久, 岩切章太郎, 森村祐樹, 阪井宏彰, 糸井和美
日本呼吸器外科学会総会(Web)   32nd(3) P36-6 (WEB ONLY)-6   Apr 2015
深田武久, 阪井宏彰, 森村祐樹, 細川佐和子, 前橋伸子, 西宮真利子, 竹村知容, 嶋田雅俊, 二階堂純一, 堀口れい佳, 片岡裕貴, 平野勝也, 岩切章太郎, 遠藤和夫, 平林正孝, 糸井和美
日本肺癌学会総会号   55th(5) 590-590   Oct 2014
岩切章太郎, 深田武久, 武智浩子, 阪井宏彰, 糸井和美
気管支学   36(1) 92-92   Jan 2014
胸膜中皮腫の外科治療 悪性胸膜中皮腫に対する胸膜肺全摘術適応例において予後良好群の術前予測は可能か?
岩切 章太郎, 深田 武久, 武智 浩子, 阪井 宏彰, 平林 正孝, 糸井 和美
日本呼吸器外科学会雑誌   28(3) SY3-2   Apr 2014
武智浩子, 阪井宏彰, 深田武久, 岩切章太郎, 糸井和美
日本呼吸器外科学会総会(Web)   31st(3) 1-P23-4 (WEB ONLY)-P23   Apr 2014
岩切章太郎, 深田武久, 武智浩子, 阪井宏彰, 平林正孝, 糸井和美
日本呼吸器外科学会総会(Web)   31st SY3-2 (WEB ONLY)   2014
深田武久, 阪井宏彰, 武智浩子, 松岡隆久, 岩切章太郎, 糸井和美
日本呼吸器外科学会総会(Web)   31st(3) 1-P37-4 (WEB ONLY)-P37   Apr 2014
前橋伸子, 平野勝也, 四宮真利子, 竹村知容, 嶋田雅俊, 二階堂純一, 堀口れい佳, 平井知之, 遠藤和夫, 平林正孝, 武智浩子, 岩切章太郎, 阪井宏彰, 糸井和美, 深田武久
日本肺癌学会総会号   54th(5) 420-420   Oct 2013
阪井宏彰, 深田武久, 武智浩子, 岩切章太郎, 糸井和美
日本呼吸器外科学会総会(Web)   31st(3) 1-P52-3 (WEB ONLY)-P52   Apr 2014
岩切章太郎, 深田武久, 武智浩子, 阪井宏彰, 前橋伸子, 四宮真利子, 竹村知容, 嶋田雅俊, 二階堂純一, 堀口れい佳, 平野勝也, 平位知之, 遠藤和夫, 平林正孝, 糸井和美
日本肺癌学会総会号   54th(5) 473-473   Oct 2013
KAWAOKA Toru, FUKADA Takehisa, KUWAHARA Taichi, MATSUKUMA Satoshi, KANEKO Tadashi, HARADA Toshio, HIRAKI Sakurao, FUKUDA Shintaro, HARIMA Youhei, URAYAMA Naoki, HISANO Fusako, MATSUZAKI Yuko, SANUKI Kazutoshi
山口医学   62(1) 21-26   Feb 2013
A 41-year-old woman was admitted to our hospital for an abdominal ultrasonography, which revealed a hypoechoic liver tumor. She had no past medical history and no risk factors for liver disease. Dynamic computed tomography and MRI revealed a protr...
KAWAOKA Toru, FUKADA Takehisa, KUWAHARA Taichi, MATSUKUMA Satoshi, KANEKO Tadashi, HARADA Toshio, HIRAKI Sakurao, FUKUDA Shintaro
山口医学   62(1) 61-66   Feb 2013
自然止血していた肝細胞癌破裂症例に対して腹腔鏡下肝外側区域切除術を施行した稀な1例を経験したので報告する.症例は61歳女性.主訴は軽度の圧痛を伴う上腹部腫瘤.CT,MRI,超音波検査にてS3に約5cm大,肝表突出型で増大傾向を伴い,早期相で不均一に造影される単発性の肝腫瘍を認めた.肝機能は異常なく,HBs-Ag(-),HCV-Ab(-)であった.術直前のAFPは45071ng/ml,PIVKA-IIは8420mAU/mlと著明高値であった.以上より肝細胞癌を疑い,腹腔鏡下肝外側区域切除術を...
河岡 徹, 深田 武久, 桑原 太一, 松隈 聰, 金子 唯, 原田 俊夫, 平木 桜夫, 福田 進太郎
山口医学 = Yamaguchi medical journal   62(1) 61-66   Feb 2013
We report a case of spontaneously hemostatic ruptured hepatocellular carcinoma(HCC)resected laparoscopically. A 61-year-old previously healthy woman was admitted to our hospital with complaint of mild pain related to the tumor in the upper abdomen...
河岡徹, 深田武久, 桑原太一, 松隈聰, 金子唯, 原田俊夫, 平木桜夫, 福田進太郎, 森田克彦, 長島淳
癌と化学療法   39(12) 2423-2425   Nov 2012
経時的な観察を行った後腹膜脂肪肉腫の2切除例を経験したので報告する。症例1:53歳、女性。主訴は、腹部の著明な膨満・呼吸困難。18kgの巨大な後腹膜脂肪腫の切除を行った。左腸腰筋前面に腫瘍基部を認めた。組織学的には高分化型脂肪肉腫であった。術後7年目に左骨盤腔内に局所再発を来し、再切除を行った。前回同様の高分化型脂肪肉腫であった。症例2:82歳、女性。7年前からCTで右後腹膜に脂肪腫を指摘されていた。半年前より右腸骨内側に雪だるま状の充実性腫瘤が出現、急激に増大した。同部を含めた後腹膜腫瘍...
KAWAOKA Toru, URAYAMA Naoki, HISANO Fusako, MATSUZAKI Yuko, SANUKI Kazutoshi, FUKADA Takehisa, KUWAHARA Taichi, MATSUKUMA Satoshi, KANEKO Tadashi, HARADA Toshio, HIRAKI Sakurao, FUKUDA Shintaro, HARIMA Youhei
Yamaguchi Medical Journal   62(1) 21-26   2013
A 41-year-old woman was admitted to our hospital for an abdominal ultrasonography, which revealed a hypoechoic liver tumor. She had no past medical history and no risk factors for liver disease. Dynamic computed tomography and MRI revealed a protr...
堀田泰久, 深田武久, 後藤賢也, 藤本哲男, 加瀬川均, 梅津光生
ライフサポート学会大会講演予稿集   15th 92   Oct 1999