FUJIOKA Yasuko

J-GLOBAL         Last updated: Apr 19, 2019 at 17:43
 
Avatar
Name
FUJIOKA Yasuko
E-mail
fujiokaygku.ac.jp
Affiliation
Gifu Keizai University
Section
Faculty of Economics

Research Areas

 
 
  • Education / Education / Educational Administration

Academic & Professional Experience

 
Apr 2018
 - 
Today
Professor, Faculty of Economics, Gifu Keizai University
 
Apr 2017
 - 
Mar 2018
Professor, Department of Child Education, Suzuka University
 
Sep 2015
 - 
Mar 2017
Professor, Suzuka Junior College
 

Published Papers

 
Alternative Supervisory Administration Form for Developing ‘School Climate’ in the American Urban School Districts: Reciprocal Accountability System between School and School Board
FUJIOKA Yasuko
The 50th Anniversary of the JEAS: Trajectory and Prospect of Studies for Educational Administration, Reform of the Education System   180-186   Oct 2016   [Refereed]
Research on the Comer School Development Program: Holistic Approach to Ensure the Right of Learning of Every Child in the Urban School Districts
FUJIOKA Yasuko
Graduate School of Human Development, Aichi Prefectural University      Mar 2014   [Refereed]

Misc

 
冨本 真理子, 藤岡 恭子, 榊原 尉津子, 髙井 和男, 前澤 いすず, 髙見 啓一
鈴鹿大学・鈴鹿大学短期大学部紀要 人文科学・社会科学編 = Journal of Suzuka University and Suzuka Junior College Humanities and Social Sciences   (1) 309-331   Mar 2018
藤岡 恭子
鈴鹿大学・鈴鹿大学短期大学部紀要 人文科学・社会科学編 = Journal of Suzuka University and Suzuka Junior College Humanities and Social Sciences   (1) 229-247   Mar 2018
藤岡 恭子
生活コミュニケーション学研究所年報 生活コミュニケーション学 = Life communication studies Annual Resarch Report Life communication studies   (8) 21-34   Dec 2017
本稿は、米国都市学区におけるJ・カマーの「学校開発プログラム」(以下、「カマー・プログラム」)を検討対象として、「長期的・持続的な実践」を支える研究者によるアクション・リサーチと指導助言の在り方を検討することを目的とする。第1に、カマー・プログラムの生成に遡り、アクション・リサーチ・アプローチによる学校改善に向けた「実践」と「省察」過程を検討する。第2に、「持続性」を支える原理について、「全体論的アプローチ(holistic approach)」の構想に着目して検討する。第3に、1968年...
藤岡 恭子
鈴鹿大学短期大学部紀要 = Journal of Suzuka Junior College   37 17-27   2017
本論では,米国コネティカット州ニューヘイブン学区の「学校風土」開発を鍵とする改革事例をとりあげ,「共有型リーダーシップ」スタイルを通した教育委員会と学校との「相補的アカウンタビリティ・システム」を構築する意義と可能性を検討した。本論で明らかにした知見は,1)教育委員会は,「学習環境(通称「学校風土」)調査)」を学校の教育実践過程を支援するツールとして活用することにより,保護者・住民と協働する教職員の専門性開発を導いており,2)学校と教育委員会をリエゾンする「ファシリテーター」が,現場の悩み...
藤岡 恭子
中部教育学会紀要   (16) 1-12   Jun 2016

Research Grants & Projects

 
Japan Society for the Promotion of Science: Grants-in-Aid for Scientific Research
Project Year: Apr 2017 - Mar 2020    Investigator(s): FUJIOKA Yasuko
Japan Society for the Promotion of Science: Grants-in-Aid for Scientific Research
Project Year: Apr 2014 - Mar 2017    Investigator(s): Tsuboi Yoshimi
Japan Society for the Promotion of Science: Grants-in-Aid for Scientific Research
Project Year: Apr 2011 - Mar 2014    Investigator(s): Tsuboi Yoshimi