藤田博司

J-GLOBALへ         更新日: 17/10/11 17:24
 
アバター
研究者氏名
藤田博司
 
フジタ ヒロシ
URL
http://www.math.sci.ehime-u.ac.jp/%7Efujita/index.jp.html
所属
愛媛大学
部署
大学院理工学研究科 数理物質科学専攻
職名
助教
学位
博士(学術)(名古屋大学)

プロフィール

集合論とくに記述集合論を研究。キューネン『集合論』の演習問題の解答集を作っています。 (→ http://tenasaku.com/academia/answers/) よろしければご参加ください。

研究分野

 
 

経歴

 
2005年
 - 
現在
愛媛大学 大学院理工学研究科 大学院担当助教
 
1991年
 - 
2004年
愛媛大学 理学部 助手
 

Misc

 
集合のことばで幾何を扱う/位相の考え方
藤田博司
数学セミナー   56(1) 12-16   2017年1月   [依頼有り]
新入生のための数学書ガイド
井上浩行, 井ノ口順一, 乙部厳己, 狩野裕, 示野信一, 竹内慎吾, 八森正泰, 藤田博司, 山下靖
数学セミナー   52(4) 7-36   2013年4月   [依頼有り]
実数の連続体仮説
藤田博司
数理科学   49(12) 28-29   2011年11月   [依頼有り]
チコノフとツォルン
藤田博司
数学セミナー   45(12) 13-17   2006年12月   [依頼有り]

書籍等出版物

 
キューネン数学基礎論講義
ケネス・キューネン著,藤田博司訳 (担当:単訳)
日本評論社   2016年7月   ISBN:978-4-535-78747-3
名著「集合論」の著者キューネンによるロジック(数理論理学/数学基礎論)の教科書です。
魅了する無限――アキレスは本当にカメに追いついたのか
藤田博司 著
技術評論社   2009年2月   ISBN:978-4-7741-3761-2
無限の不思議を数学好きの一般読者に語ります。アキレスとカメのパラドックスを題材として、運動の数学的記述に連続体が必要不可欠であることを説明しています。
集合論――独立性証明への案内
ケネス・キューネン著 藤田博司訳
日本評論社   2008年1月   ISBN:978-4-535-78382-9
原書は Kenneth Kunen: Set Theory, An introduction to independence proofs, North-Holland, 1980. 集合論のモデル構築の強力な手法である forcing (強制法)の定番テキストです.

講演・口頭発表等

 
ルベーグの積分論の登場とその前後 [招待有り]
藤田博司
数理哲学史夏期合宿セミナー   2017年9月22日   
アンリ・ルベーグ『解析的に表示できる函数について』と記述集合論 [招待有り]
藤田博司
第175回 数学文献を読む会   2016年6月17日   
On subgroups of Polish Abelian group generated by Borel sets
藤田博司
松山TGSAセミナー   2015年4月28日   
実函数のDifference Property
藤田博司
広島大学代数学セミナー   2013年11月15日   
数理論理学の初歩から不完全性定理まで
藤田博司
数理論理学ゼミ合宿   2013年9月14日   
2013年9月14日から16日までの日程で一般参加者向けの合宿型講習を主催しました。

担当経験のある科目

 
 

論文

 
現代集合論における巨大基数
薄葉季路 藤田博司
科学基礎論研究   39(2) 83-92   2011年12月   [査読有り]
Hiroshi Fujita and Tamás Mátrai
Fundamenta Mathematicae   208(1) 57-73   2010年3月   [査読有り]
Key words and phrases: difference property, Lebesgue measurable functions, Borel functions, Baire class α functions, real-valued measurable cardinals
Hiroshi Fujita
Acta Mathematica Hungarica   117(1-2) 153-160   2007年10月   [査読有り]
A Characterization of compactly generated metric groups
Hiroshi Fujita and Dmitri Shakhmatov
Proceedings of American Mathematical Society   131(3) 953-961   2002年7月   [査読有り]
Topological groups with dense compactly generated subgroups
Hiroshi Fujita and Dmitri Shakhmatov
Applied General Topology   3(1) 85-89   2002年   [査読有り]