共同研究・競争的資金等の研究課題

2019年4月 - 2022年3月

千島海溝地震による津波の避難行動モデル化と情報統合システム構築

日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)
  • 【研究代表者】橋本 雄一
  • ,
  • 【研究分担者】深田 秀実

課題番号
19K01166
担当区分
研究分担者
配分額
(総額)
3,120,000円
(直接経費)
2,400,000円
(間接経費)
720,000円

【研究代表者:橋本雄一】【研究分担者:深田秀実】本研究は,高い危険性が指摘されている千島海溝を震源とした巨大地震による津波を想定し,GISとマイクロジオデータを用いて沿岸都市における津波避難行動モデル化のための情報統合システムを構築し,防災上の課題を明確化することを目的とする。そのために (1)避難情報の最適配信モデル,(2)避難情報の受け入れ・避難先選択に関する意思決定モデル,(3)避難場所(避難ビルを含む)までの水平的移動に関する実証的空間モデル,(4)避難ビル内での垂直的移動に関するシミュレーションモデル,(5)避難場所内部における滞在モデルを連携させる。